アホタンガクラスの根っこセオリー

July 26 [Thu], 2012, 18:48
今日は、東京から来られた生徒さんが、プチグレインに。

地元のスタジオに足を運んで下さるとは、本当に有難い事。

しんのすけ先生とアコさんの生徒さんで、しんのすけ先生のご紹介でお越しくださいました。

今日は基礎見直し、笑いは欠かさずに(笑)
合コン必勝練習ハウトゥーを話してたら、本当に今日合コンなんです、という方が(笑)


シンクロ過ぎです(笑)

女豹で行くのか、ウサギで行くのか、合コンにも方向性があるのです。


なんのクラスって?


ええ、アシュタンガです。


アホタンガではありませぬ。

火曜サスペンスドラマ的なシリアス感漂わせたら緊張するでしょ?

それでなくてもプラクティスを緩めながする発想がないこの流派に、バンダ、バンダ、ウージャイなんていいません。

バンダいわれてもねー、体型パンダにガンダム並みのバンダムある先生の語りに自分が適応できないわ、と感じるし、

ウージャイしつこく言われた日には、

ウザーイと叫ぶでしょう(笑)


基本的に私が言わなくても聞こえてくるでしょ?この類(笑)

壊れたレコードちゃうねんから、たまに他のフレーズ聞いてもいいんじゃね?


って思ってます。


たまには、アホみたいな事と練習をリンクさせてみて、自分のあり方見つめ直すのもありかなと思っています。

因みにポーズの出来映えだけでしか観なくなったら重症です。

それはポーズに対して果てしない劣等感があるのです。

劣等感は傷しか見なくなり、傷だけに囚われて、そこに囚われて留まって面倒なキャラとして君臨し始めます。


同じ劣等感のある方の会話だけが成立します。


世界は広がりません。
世界を広げると傷つきます。だからできない。
傷から離れたくないので、人をしまいには巻き込む人まで出てきます。

それはヨガだけでなく、色んな所にある。ママ友、飼ってるワンちゃん仲間、マクロビオティックやビーガン系にもよく見られることです。

広がらないのは、自分の不甲斐さな、弱さを迎え入れないからです。

広がらない事が悪い事ではないのですよ。
私はつまんないから留まらないだけの話し。


弱さってダサい?悪い?

そんな事はありませぬ。


弱さが良さになる事もある。
例えば謙虚さ、優しさ、思いやり、デリカシーのある態度。


この弱さの真ん中にある、ワの文字。
ネガティブなつるみ、しがらみ、団体、輪から抜け出して、孤独感に適切な認知を持ち、孤独の中にあえて向き合わせて弱さについて、色々感想を述べてみればいいのです。
団体に個人の意見が反映されない、だから持つ事が苦しくなる、気がつけば感じる事を辞めていた、その仕組みにも辿り着く事でしょう。
個人の意見に人をコントロールする力はない。それは意見が通らない事を指します。
都合良く立ち回るのか、自分の感じるを優先していくのか、どちらにもメリットデメリットはあり、双方の良き方を選べばいいのです。

ただ孤独になると、弱さの影しか見ていなった事に気がつくでしょう。


私にとってアシュタンガとはそんな存在です。色々やり方あり方使い方ありって事。

都合のいい所だけかいつまめない流れをどう扱うか?

その中で、激しい刺激に逃げ込む事も出来れば、出来る喜びに燃える人もいるでしょう。

そこには答えはなく、己がやりたいようにやればいいのです。


ポーズに囚われてはいけない。
アホでも知ってるこの言葉に振り回されて、そんな人をみては、トラディショナルではないと批判し、自分が違う事を立証するような練習や言葉、態度を示す人も出てくるでしょう。

どちらも同んなじやねんけどね。
欲にストレートな人を見て不快なのは、憧れの裏返し(笑)


どの言葉にも惑わされず、ナイフのようなこのメゾットで何が返ってくるのか試してみれば良い。

自己顕示欲が悪いと騒ぐ人がいるから、自分の欲を良く観察出来ないのです。


自己顕示欲のまま生きたらどうなるか、やる価値はあるんじゃない?
頭の想定ではなく、体験して感じてみたら、本当の事分かるんじゃないかな?


なので、私はありえへん、と発言もするけど、根っこでは、あんまり思わない。

やって見てしか分からん事あるからね。

ヨガする人真面目だから、たまには不真面目もええんちゃうかな?楽しいよ、ダサい事、しゅっとしてない自分(笑)


それが誰にどうこう批評を浴びても気にする事はない。


気にするなら、それは自分のやり方を認めて欲しくてしているだけで、やりたくてしてる訳ではない事を知るだけの話し。


やりたくてやっている事が、人の目が気になるのは多分悩むほどは起こらない。


このナイフの扱い方次第で吉凶の出方を楽しむのです。


凶を恐れず、波に乗って楽しめばいい。


それだけだ。

そのうち、色んな理由を付けて逃げている事実を認める日がくるでしょう。


それでいいのだー!


天才ではない、天災(鳥の糞率高め)バカボンまりもより。



歪んでいるけど、愛をこめて。

もうすぐ東京到着だー!

おはようございます

July 26 [Thu], 2012, 9:05
なでしこじゃぱーん!


おめでとうございます

女性が元気な社会は経済面で衰退と言われてるそうですが、やはり同じ女性として、女性が自由に活動出来る今の時代は本当に嬉しく、感謝しております。


女という生き物の幅、深さ、面白さ、その分背負うものの重さ、複雑さ、めんどくささを今世は満喫したいと思います。

すごろくゲームをこのまま上がりたいけど、戻るの地雷踏んだら、またここにくるかもしれないし、それについて、絶対嫌だとか、あんまり持つ事を辞めたら、楽になった。


どちらでもええわー。

どれがきても平気、何が起きても平気。


これこそ女の力!

これを学べるのは幸せです。


こうじゃなきゃ嫌だから頑張るがなくなっていく。

やらなきゃいけない目の前の事は当たり前にこなしながら、それ以上の事は任せていく。


今はまだこれの修行中なので、40代からこの感覚が自然に出てくるようにぼちぼち今日も歩みます。
月別アーカイブ
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31