18名の卒業おめでとうございました!

July 16 [Mon], 2012, 21:10


マタニティーヨガTT,振替の方も入れて今回18名のご卒業おめでとうございます。
アシスタントのカナエ先生の素晴らしいアシストが皆さんを更にホコホコにしてくださいました。

母性の塊のカナエ先生と、鬼婆、シバな講師の私の陰陽、甘じょっぱい饅頭みたいなコンビです(笑)

熊本、岐阜、山口、湘南、福井、金沢、その他色々、遠方組の方々も多く、また看護婦&助産婦チーム、ヨガインストラクター、妊婦さんも多数ご参加いただき、超ディープなTTとなりました。


あと繋がる人の輪にびっくり。

ヴィラ白浜のトモコさんと繋がっていて、世の中は狭いなーって思いました。


絶対来年ヴィラ白浜にいこーって思いました。


卒業生の方々が誰に憧れる事なく、自分が自分の素晴らしさに目覚め、自分のスペシャリストになっていければ、という思いを持ってくださった事にほっとしました。


私に憧れられたら困るんです。

自分の良さに気付いて、自分の最高の理解者になり、そして人生の本当の豊かさにシフトチェンジしてほしい。

憧れの先生にはなりません。

憧れの先生です、ともほとんど言われません。

言われない事に喜びさえ感じています・・・・(笑)

なので、みなTTが終わったら自分の場所で、満タンになった満たされた気持ちを、ガス欠の人に返していってくれています。

私に返しに来繰る人はいません。

そしてその時に、うん、私ええ仕事した!って思うんです。


私も人にいっぱいもらいました。

その人には返せない場所に行ってしまった人が多い。

だから、今度は私に手を差し出してくれた人の様に、自分が返してこなくてもいい程度のものを人に明け渡します。


返してほしくなるほどのものを人に上げない様に常に心がけています。

こうやって旅立っていく。


スタジオには、もっとうまくやれって苦笑いされるけど、私はこれでいいと思っています。

私は十分皆さんからもらっているので、これ以上返されなくてもお腹いっぱいです。

自分の場所で出来る範囲に、ギフトし続けてください。

私はキッズヨガとマタニティーヨガTTを幸せのねずみ講と名付けています。

一期一会の時間を、誰かにシェアーしていってください。

悩むなら思いっきり悩みまくってください。


私はこの一期一会の全ての生徒さんが、自分らしく過ごす事をいつも祈っています。


そして殆どの人が180度、人生観、ヨガ指導の概念をぶっ壊され、やり直しさせる鬼ばばのスパルタを20時間乗り越えてた自分の強さ、忘れないでね。

自分が元々持ってるんだから、使ってね。

そして、自分らしく思うがままにやってください。


本当に女性の面白さ、毎回やっても飽きない。

最高です!!!!

ひとつの優しさ、言葉。

July 16 [Mon], 2012, 20:45
マタニティーヨガTT無事卒業されました。そのお話は後程。

今日も仕事前にマイソール。

せんせー、昨日の事が怒り炸裂で、挨拶してもしない、マット引かせてももらえなさそうな感じでしたが、とりあえず場所を与えてくださっただけで十分。

サンキューと笑顔で言うとね、ノーサンキューって冷たく言い放たれる。


こわいねー、どうしてアシュタンガの先生ってこんな感じなんだろー。


私が心配したのは、先生が怒り炸裂のままクラスを回していたので、それが他の生徒さんに影響しないかどうかってことだけが心配だったけど、後で親しい方からメールがあってやっぱりわかり過ぎるくらいセンセーの態度は響いてたらしい。


でもね、この親しい方、流石マニアの私が尊敬するだけの方、優しいメールをくださって、それだけで私の中の孤独感が癒されたんです。

その時に何かあからさまに、センセー生徒にそんな態度とっちゃ駄目だよ、っていう人がいなくても、後で大丈夫?って一言かけられる人、素敵だなって思う。

これって一ついじめのシステムで自殺予防していく方法だよな、って福祉で学んだいろんな事とリンクしました。


私はこういった団体、内輪盛り上がりの所で拒否される事が多すぎて、もう既に馴れてしまったけど、毎回気分はよろしくはないわけです。



でもこうして、気づかいできる人が、自分の無理のない範囲で何かしてくれるだけ、それだけで良かったりする。

私はいろんな意味で強い。私が望んだかどうかはわからないくらい、強い。目立たないように端っこに逃げても、何故そんなにしつこく目を付けられるのかは、学生の頃からわからない。
目立つんだからしょうがない(笑)

だから耐えれてしまう事、いっぱいあるけど、結構疲れてしまう事だって多い。

それでも立っていられる、尋常でないタフさを親からもらっている。

なので、誤解されやすい。でも誤解するような表面的にしか物事を見ない人に、興味を示す事をやめたら楽になった。


人の優しさって、やっぱりええですね。



そしてマタニティーヨガで、アシュタンガをされていた生徒さんの驚くお話一つ。

されていた、なので、もうやめちゃったんだって。
話聞いてて納得が多い。

先生がその方をたたいたらしい。


ありえないようで、アシュタンガには結構ある。私は髪の毛つかんでマットに投げつけられた事ありますしね。

機嫌が悪い事を隠さない先生。

私これで仙腸関節外しました(笑)
股関節芯損傷しました(笑)

他にも、先生のいら立ちをコントロールできないままアジャストを受けてしまっての怪我、多すぎです(笑)

私の心とは違い、体が恐ろしく繊細に出来ている体には、その人の負の感情を読み取ってしまう。


笑顔の裏の嘘とか読み取れてしまう。


でも、私はこういった方を変えようとも思わないし、逆に媚びようとも思わない。


本当に好きな人、この人とは付き合っていきたいという人に出会えていく事の方に意味があって、それらを大切にしていたいから、いろんな事に屈しない。


そういう事を強く感じられた今日の出来事、最高ですー!


私はこのアシュタンガの全てを応諾しながら、自分のやりたいようにやっていく。


ただこのメゾッドから学ぶ事、自分をまざまざと見せていただけるその恩恵は面白いからだ。

何か出来るために練習はしない。
ただ、今どんな感じなのか、今日の出来栄えを気に入るまで執拗に立ち止まる事もなく、今日はこんな自分か―と思って流れていく。


そういうプラクティス、飽きるまでやってんだろーなぁ。(笑)



月別アーカイブ
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31