実験ランチ

July 04 [Wed], 2012, 12:54
セロリ
レーズン
アボカド種ごと
バナナ
豆乳

スムージー。

セロリ、アボカド、レーズンはナイスコンビネーションかも。

マクロビオティックから離れるものが多いので、ドライものを入れるのがコツです。

切り干し大根やひじきもいれてみよう

医療と関わる人間も賢くあれ。

July 04 [Wed], 2012, 11:29
珍しく病院に。子宮頸がんと体癌の検診へ。
血液状態も気になるので、内科も。

婦人科ではおじさん先生、病気見逃凄いタイプやろうなー、とすぐにわかったので、きちんと医学用語と、主訴を的確に伝える。

患者の話をまともに聞かず、適当な検査されて、私何度かえらい目に会った経験から、ある程度検査して頂きたい項目に当てはまる主訴を述べるようにしています。

何度か説明して、医師が結びつきそうな事をやっと理解し、血液検査と、内診を増やしてもらった。


頭ごなしに患者の症状想定して、検査適当は避けたい。
相手はスーパーマンではないし、医師ってピンキリだと、業界の人からはしばしば聞いているから、自分が自分の体に責任持って医療に関わる事をするのは、非常に重要です

選択権は、最終的に患者にあるという事、言われたまま鵜呑みにして、しなくていい手術、薬飲んで後悔はしたくないからです。

しかし、このおじさん、内診雑すぎ。
私は不妊治療歴も長いお陰で、内診経験豊富?なので雑な作業はばれてます。

しかも体癌検査、手際悪すぎてびっくり。
以前受けた病院は手際良かった。

だから混んでたのかー!(笑)
今回並ぶのしんどかったから、暇そうな婦人科選んだら、そりゃ暇は暇なりの理由ありよね(笑)

医師のクライヘントへの対処は、カウンセリング時点で大体わかるなー。
今までで最も雑な医師No.1です(笑)

ここは、重症でくるとこじゃないことが分かっただけで大収穫。

あとは子宮後屈がわかり、それが色んなものに影響していることも発覚。

思い当たる節もあり、子宮後屈とプラクティスという部分も、自分の体を通じて繋がる部分も発覚。

暫くこれを意識して、実験です。

正常から離れた人生と肉体。

損といえば損、でも私はラッキーだと思ってる。


同じ女性であっても、後屈でないとわからないことあるはずです。
五人に1人の子宮後屈。
分からない不都合を持つことで、子宮後屈の影響を知ること、そして快適に過ごす方法を研究出来るのは幸せです。

子宮後屈とプラクティスについて研究するのは楽しみが増えたと思えばなんて事ありません。

これ自体は病気ではないけど、人によっては体の不快を作るものでもあります。

自分の体を通じて、体当たりで実験です(笑)

ユーモア展開で、前向きゴー!です(笑)





計画停電

July 04 [Wed], 2012, 8:13
息子の学校から計画停電の手紙が来た。


下校になるそうです。

計画停電になったら冷蔵庫どうなるんだろー?

これも色んな柵とかあるのだろうか?

日本の国民の声と柵の声がなんだかバラバラのような気がするなー
月別アーカイブ
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31