アホは死んでも治らない?

July 02 [Mon], 2012, 21:07
昨日は練習をオフに。

今日もなまけたろーかなと思ったけど15分だけ。


太陽礼拝をしっかり+パリブリッタパールシュヴァーコーナまで。



帰宅後ご飯食べながら・・・・

すい臓の後ろが痛い。

練習強度を落として、食べる量、しかも脂っこいものを連続で食べてたらいけません。


めっちゃ痛くなってきた・・・ゲゲゲ。



ウーン、揚げセンベイ一袋食後に食べたのが余計に来てしまったわ―。
毎回学ばない女ってのはこんな事ですね。


LBLEの記事をなんとか書き終えたらさらに痛みがー!
そんなものですよね。

緊張から解放したら、どどーんとやってくる痛み。


それに従ってちょっとのんびりするぜよー。


しばらくヤプログです。

July 02 [Mon], 2012, 10:31
アドレスチェンジしようと思ってたら、色んな所に伝える事を忘れていて、暫くヤップーです。

最近ヤップさん落ちるは記事紛失するわで面倒なんだけど、まあええか。


電車の中でまた一歳くらいの子が私をガン見しています。
不思議な生き物なんでしょうか?

子供に言葉が話せるツールが存在するなら聞いてみたい。

顔もみてるけど、肩越しや頭の上ガン見してるのが未だに謎ですが、興味持ってくれてる事はありがたいこと。


さて、昨日のWSとは異なり、少人数レギュラークラス、楽しみます。

ディレクターのWSとレギュラークラスの差がそこまであるのが謎だ、という意味を自分でも探ってみたいと思います(笑)

私は大人数も楽しいけど、数人で丁寧に向き合う事がとても好きですね。

アサーティブとヴァガアットギータ(長文+毒物です)

July 02 [Mon], 2012, 7:58
先日面白いお話を教えていただいた。

マイソールに行くと、大体先生に目を付けられて、ヤイヤイ言われ始めてその内先生キレはじめます。

なんででしょう?
自分ではそんな注意されるような練習しているつもりはありません。
ストレッチもしないし、サクサク立ち止まらず行くし、静かに練習してつもりです。


が、あくまでもつもりです。
先生大好きな方からは、どうしてアジャストに身をゆだねないのか?黙ってアジャストを受けたらいいのに、失礼だとはしばしばいわれます。

が、アジャスト必要なほと立ち止まってないし、カカト持つ事などの完璧なアライメントにこだわらなければそんなにアジャスト受けなきゃいけないほどの練習か?と言われたら、自分ではそうは思わない。
ただ、自主練ばかりしてるから、どこか歪んでいたりしてるのかもしれない。

アジャストメントについては、何かしてあげたい!気持ちをいっぱい持ってきてくれた事はもちろん知っています。
なので、本当は断るのは申し訳ないという気持ちを感じています。
それは誰に対しても、常に持っています。

あと気にかけてくれてありがとう、という気持ちも持っています。
でもね、言葉が通じない、文化が違うって結構難しい。
適切な言葉がつかえない。

通訳していただいて伝えてもらうなど工夫はしています。
ただ、それが自分の想像通りの状況が返ってくるかといえば、来ないし、また相手を変えたい、自分のやり方を認めてほしい!という気持ちでは現在言いません。

自分の弱さを払拭するために言うのです。いえば自分を変えるために。
先生に好かれたい、認められたい、先生に好かれれば、周りとも仲良くなれる。

ええ、全くないわけではないですよ。私だってさみしいがり屋の人間です。

でもその繰り返しに、真の成長はないし、表面的道徳を理由(先生に逆らってはいけない)に、自分のエゴを覆い隠して、真実から逃げる事だって出来る訳です。

痛いけど、しんどいけど、つらいけど・・・・でも先生の言う事を聞かなきゃ、先生だ好きだから黙っておこう。
または、認めてもらえないと、次のポーズもらえないから、ここは耐え時だ、とかね。

なんでこんな意地クソ悪い事書いてるのか?って??

簡単です。私そうやって思って始めの4年そうやって練習してきたからです。
気づいていたのに、無視していたのです。
自分の損得の為にどこか動いている事を、認められずに、他の理由を付けて「私はルールに従っているだけ。間違っていない」に逃げている事を。


一気に変えれたわけじゃないけど、ゆっくり、徐々に、自分の信頼を取り戻す為にこれをするんだ!と挫折ばかりだったけど、絶対にあきらめない。だってこの努力は生産性のない忍耐ではなく、確実に恩恵を受ける忍耐だからです。

時に、「きれいごとカーテンに覆い隠しちゃってさ、それあなたの損得勘定ですよ。わかります?マリコさん」、と何度も何度も何年も問いかけながら何年も繰り返してきました。
そして実際はほとんどが自分のエゴ(先生や周りとうまくやりたい)という気持ちに負けて、失敗ばかり繰り返しても来ました。


その度、私の心を支えたのが、アルジュナの優しすぎる性格とクリシュナの冒険なのか暴言なのか(笑)
ヴァガバットギータ。

アルジュナは、人を殺してはいけない、ましてや身内の兄上を殺すなんてありえない!!

と語る彼に、

表面的な道徳に自分のエゴを隠してるなら、やめてしまえ。
道徳以前の問題だろ、本当は負け試合したくないから、逃げてるのだから、ウダウダ言わずに、身内殺してきなさい!!
勇気のなさをそんな事で覆い隠して、スル―してもらえるとでも思うのか!バカヤロー!
的なクリシュナ。

揺れるアルジュナを鬼のようにまくしたてるお話です。ええデフォルメしてます(笑)わかりやすく言えばこんな感じ。

いじめられている子が、暴力はダメだからやり返さない。

確かにそうよね、でもエスカレートするじゃない。

本当に喧嘩が強い人がやられても手を出さない、との違いわかりますか?

前者は自分が強くなる為の努力自体を、道徳的な事を盾にそっちに逃げているだけなのです。

そのトリックモーション、許さないわよ!クリシュナちゃん。
というのがヴァカヴァットギータ。私はスートラより大好きです。
私はアルジュナの様に、暴力的な活動を練習しているのではなく、アサーティブ、適切に物事を伝える方法をまなんでいるのです。

現在進行形の練習中ですが、これは経験積み重ねてだな、とわかると、失敗があってこそ見えてくる技術なんだと理解するので、失敗を恐れず、勇気をもって、自分の素晴らしい未来を一寸も疑わず邁進するのみなのです。

小手先の未来は悲惨です(笑)小手先の未来に私は自分の人生をゆだねれるほど、欲が浅くありません。
欲深さゆえ、もっと栄光の先の、ぶれない知恵が欲しいのです。
ここまで来たら、変態です。

そういう事を特に去年一年間意識して、真剣に取り組んできた所、先日親しい方からこんな話が舞い込みました。
ある生徒さんが、
「なんでマリコさん、いつも先生にあんなに注意されるのかが分からない。だって静かに練習してるし、体ちゃんとつかえてるし。問題ない練習してるのに、どうしてあんなに先生がヤイヤイ言うんだろうねー。そのせいで、マリコさんへの印象が周りに良く映らない、って言ってたよ(笑)」

という情報をいただきました。


そのある生徒さんは結構練習も長く、私もよく知っている方で、結構体マニアの詳しい人。
長年の練習生にそう見られていたんだ、ちょっとほっとした、エゴが喜んでおります(笑)

あー、だからこの人は私に態度を変えず、いつも普通に挨拶して、しゃべりかけてくれるんだなと。
他の方は目を合わせない、話しかけても気まずい、そういうの本当に珍しくないというか、もう慣れてしまったし、ある意味本当に信頼できる人だけが手元に残るシステムを自分で構築してるから、ええ感じやな、なんて思っています。


教えてくれた方も、静かに練習してるよ。でもね、練習し始めたら凄いエネルギーが強いねん。だから気になって仕方ないのはあるかも。先生だけじゃなく、周りの練習生も気になってチラチラ見てしまうし。

先生、という所にこだわりのある人には、正直イラっとさせる所があると思う。
でも、そうじゃない人もいる。

そういうもんでしょ。

という話をしました。


先生だって人間。自分の行動や正しさがひきうけてくれなければ、寂しいよな。
私は「先生という職種についたんだから、そんな自分のさみしさや、怒りなんて、自分で何とかしろー!」って思っていました。

揚句に、自分の思い通りに受け入れられなかったからという理由で怒るものと向き合う程、時間のムダというものはない。
だって、それはあなたの問題でしょ?
私を絡ませないでくださいますか?

という超冷めきった目線で見ていました。

私は相手のさみしさというものを軽視していたかもしれません。
アサヒ スーパードライです。
自分がそういう修行や鍛錬をしていて、出来てしまうから、そういう人の気持ちがわからなかったり軽視する傾向にあるねん、という事はしばしば親しい友人から注意を受けていたけど、嗚呼無意識って怖い。

そして、また自分より相手のエゴを優先にして同じ事を繰り返す、が私のローテーションです。

いえ、でした。

いまここに触れると私は多分また人に合わせます。
だってまだ成長過程だから。

それを初めて自分で舵を取り、冷静なジャッジを持ってこの話と触れられたことを誇りに思います。

忍耐とは、生産性のある事に使わなければ、ただの抑圧しか生みません。

今は自分のステージに合わせて行動するしかないんです。

その道中に素晴らしい結果はなく、むしろ悩ましい結果だけが付きまといます。

ただ、それに自分自身が負けてしまい、甘いさに逃げる方がどれだけの後悔をするだろうか?と天秤にかけたとき、あかん!私の中のドMクリシュナを呼び起こして「アフォォォォ〜」と自分のエゴをひっぱたきます。

生ぬるい居心地良さで満足するほどの欲が浅いか?ちゃうやろが!!!
自分の欲深さ(笑)という事を理解して、 その身丈に合った事をしなきゃ、満足しないだろ〜?
って叩きのめします。(笑)

実は優しすぎる性格なんですよ。
素直すぎて、マクロビの先生にどれだけ貢いだか自分で良く知っています・・・。ホストに金突っ込んだようなものだからねー(笑)

え?誰が優しいって??
鬼か変態か。ここまで読んでいただいてそんな事誰が感じるか!!って話か。

長文お読みくださっていつもありがとうございます。




月別アーカイブ
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31