ケンヨガスタジオで行うWSのネタが生まれたきっかけ。

June 04 [Mon], 2012, 23:53
もうすぐ6月24日に行われるケンヨガスタジオでのWSですが、在り難い事に順調にどちらのクラスも入ってくださっています。当日、受付にアヤコさんがお越しくださるそうで、当日ドロップインが可能だそうですので、仕事の都合で予定が付かず悩んでいる方も、気軽にお越しください。

しんのすけ先生が生徒さんに声掛けをしてくださっている事が一番大きく影響しているようです。
しんのすけ先生、本当にありがとうございます。

大阪でもまだしていない内容で、初披露ネタ満載です。
大阪ではアシュタンガを週に一本だけしか教えていないので、あまりアシュタンガのイメージは私のビジュアル的な問題も大きく重なって、大阪でもあまり印象がありません。(笑)
どちらかと言えば、マタニティー&キッズ&マクロビオティックの人という印象があるようです。

あともう一つ印象にないのが、アシュタンガをしている体型とは思えないくらい、ムキっとした逞しい筋肉もなければ、タイトな細さもなく、全身にまんべんなくのっぺりと張り付いている皮下脂肪で覆われている「お子様体型」
普通にトラディショナルに練習したら、やりにくい事、全然前に進まない事!怪我だけが転がっていく、意味不明なスパイラル・・・(笑)

148cmといえば、すでに物理的な所で手足短いので、本当にダイレクトに壁に無事当たり、せめてこのぽってり皮下脂肪なければなぁとか、色々思ったこともあります。
早朝に2時間かけて毎日練習する環境もないし、周りがどんどん進んで行く、ポーズの数、そして完成度。何年か前に焦って苦しんだことだってあります。
こんな事に焦って苦しむなんて、思ってても言えないし、そもそもおもっちゃダメな風潮がさらに私を奈落の底へと突き落とした4年目。

5年目からは気持ちを切り替えて、全く違うアプローチをしてみました。そこからが体の面白さ、心の面白さに目覚め、出来てもできなくてもこんなに面白いのだという事を見出しました。


なので、体重の重さや、筋力のなさ、柔軟性の問題、怪我からやりたい気持ちとの葛藤についても長く経験した事を踏まえて、あえて逆手にとってそれらを乗り越えてきた知恵をお伝えできればと思っています。

私がそれらを更に気づくきっかけとなったのが、マタニティーヨガとキッズヨガ。そしてシニアヨガ。これらを通じて、自分のプラクティスを深く見つめなおし、全く新しい事に気づきました。

女性の体って本当に面白くて、男性的なアプローチからのプラクティスをフェイドアウトして、女性特有の能力を生かして動作すれば、筋肉がなくても出来る事がいっぱいあって、しかも出来る事が楽しいという感覚から、体の持つ宇宙的な不思議さに興味が沸き、出来ない事の中にある宇宙に素晴らしいヒントが隠されている事もわかるようになりました。

二の腕ポヨポヨ、腹肉ブヨブヨ、足の肉もポテポテ。それでも可能性は無限に広がっているんです。

それを通じて、女性の宇宙を知って頂ければと思っています。

ハードなヨガに興味ない方は、午前中の卵子から見る
「マタニティーヨガの智慧から学ぼう! 卵子からみる女性の体解剖学」を受けてみてください。
不妊治療、難産、産後の疾患を通じて、女性の体っていったいどうなってるんだ?という事を何年もかけて調べ続けてきました。
座学メインですが、一時間弱くらいはエクササイズを行います。
動きも派手なものもなく、シニアヨガやマタニティーヨガで用いているものですので、幅広い方に簡単な方法で体を緩め、骨盤底筋群を活性化させる方法を行います。
これが出来ると自然に月経コントロールが出来るようになりますよ!
そして何より、筋肉質で悩まれている方も必見です。ムキムキしない、女性らしいカーブを学んでいただければと思います。

そして、午後は!!
「怪我や硬さで悩む方の為のアシュタンガヨガ - 自分が好きだといえる練習方法」
怪我の間のプラクティス方法や、筋肉痛を早い段階でフェイドアウトしていく体の仕組とケアー方法、怪我の回復を出来るだけサポートする体の仕組と、簡単な体の使い方などなど。
基本はハーフプライマリーからですが、初心者の方はもちろん、フルやセカンドシリーズを練習している方も、サードシリーズを練習してる方も、どうやってもできないポーズの壁を、斬新なアプローチと医療現場から見る解剖学の方向から、安全の範囲で動く事と安全な範囲を実際広げていく可能性についても行います。
因みに、サードシリーズは自分がやっていないので、ポーズの順番はわかりませんが、どうしてそれがやりにくいかは筋肉と骨の使い方のクセを見ると、ある程度わかるので、参加される方は、苦手な事を遠慮せず質問してくださいね。

私は背がとても低い上に、手が極端に小さく、ダイナミックなアジャストはできません。
そのおかげで発展できたものが、相手の状況をしっかり見極めて、わかりやすく口頭で説明する事です。出来るだけ相手と向き合って、腑に落ちるまで説明するスタイルを取っています。

私も筋力をほとんど使わず、筋肉と骨の流れと体の陰陽のバランスを計算して、最小限にアジャストします。

という事は、これはセルフで出来るという事なんです。
自分でアジャストできるといいと思いませんか?
アジャストのない環境が長すぎて、自分で工夫して開発を重ねました・・・(笑)

特にスプタクルマは手足の短さから、どこから足と腕の長さを作るのかを長年研究を重ねました(笑)
バックベンド系ではこれでもかという程背骨の怪我で悩んだ末、ニュートラルポジションと後屈をいう事を見つけました。それに必要なのは、以外にもお尻だったという事もWSでは3時間もあるので説明できるかなと思っています。

参加者の練習の進み具合に応じて、ハーフプライマリーから枝分かれする様々なポーズの説明を入れながら、苦手なポーズにチャンレンジする時間を作る予定です。

目から鱗と笑いで楽しいアシュタンガです。

詳細はこちら 
皆様とお会い出来る事を楽しみにしております!



明日の予約状況です。

June 04 [Mon], 2012, 23:30
明日のミトラさんの予約はナシですので、明日は休講となります。

動きっぱなしでしたので、明日は体と心のお休み日和という事で、この時間を大切にさせていただきたいと思います。

明日もオフなのですが、野暮用で京都に行かないといけないので、明日が休み時。鍼灸いってメンテナンスしてきます。

今月はTT座学ラスト月で、夜の最後のお仕事が明後日にあります。この日が結構バタバタなので、特に今週のオフは大切にしておきたいと思いますー!

いつもすべての物の恩恵に感謝しておやすみなさい。

ほんの少しだけど。

June 04 [Mon], 2012, 20:18
今日は満月。
最近わざわざ座ってまで長期瞑想する事は少なくなったけど、動の中で瞑想を感じられるようになってきたので、普段はプラクティスの中で瞑想に持って行けるように心がけています。

今日は練習はオフなのですが、スタンディングだけして、少し内観。

内観はテーマを決めてするとやりやすいので、いつも自分の至らなさ、戒め、厳しさ持って行うのをちょっとやめて、ポジティブで、楽しい事を内観テーマにしてみました。


ほっておくと内観療法の上級者用の厳しいテーマに走ってしまうので、これもまたバランスとしては崩れます。

朝と夕方、ほんの数分一人に成れた時間を生かして、前向きな声掛けとフィードバック。


たまに大切ですね。
厳しい事ばかりでは、人は伸びないですね。

心を静かにしてた時に、息子と旦那が返ってきました。

無心になっている瞬間は、中断されても大丈夫。

集中と夢中がだんだん切り離せるようになってきた。

熱中は気が済むにはいいけれど、やはり周りも見えず、客観性に欠けてしまう。

どんな状況でも一歩引き下がっての精神を持って己を観ていたいです。

良い満月ですね。

今日は部分月食だけど、大阪は曇り。

残念。

でも雲の向こう側を目だけに頼って感じず、6センスで感じます。

ではではよい夜を。

全ての人や生き物が本当に愛おしい夜です。

小松菜ケーキ

June 04 [Mon], 2012, 10:22
スタンディングだけ練習。


食べ過ぎで、重いのでちょっとだけダルさ回避。

今日のマクロビスイーツは、小松菜ケーキです。


女性の為のヨガセラピー、本日元気にやってます。

ドロップインオッケーです。

ムーンムンムンデイ。

June 04 [Mon], 2012, 8:34
満月。練習は休み。

子供が学校休みで京都水族館にとーちんとデビューするので、弁当をこしらえる。

竹の葉で出来たかわいい弁当箱に入れてみた。


私は仕事ゆえ、行けないけど男同士楽しんできてほしいです。


まさこさんと食事した時に、セルフアビアンガを学びながら、ヨガやマクロビ、アーユルベーダの講座を受けれるようなリトリートが出来たらええなと思いつき、現在場所探しに奮闘中。
といっても、来年以降の話になりますが、色々探していますが難しいですね。

大阪から気軽に行ける場所、ご存じの方いたら教えてくださいませ。

交通は片道二時間以内で考えてます。

伊勢や和歌山、奈良、滋賀、京都、淡路島か、新幹線使うなら、名古屋方面、広島までかなーと思っています。

私は和歌山びいきゆえ、ついつい和歌山ばかりみてしまうのだけど・・・・(笑)

うちの地元最高でっせーという声あればよろしくお願いします。
月別アーカイブ
2012年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30