無事大阪入り

February 18 [Sat], 2012, 14:08
雪の影響が出なくてホッとした。


帰って食べて寝るなりよー。


神経質まりもんは、場所が変わると寝れないタイプなので、かなりの寝不足です


しかもホテルの隣人の夜中まで怪しい物音が二時間以上鳴り響き、疲れました(笑)


余りの怪しさに、実はポルターガイストなんじゃないのか?と途中疑うほど



北海道でもオカルトな事件があったので、怖いとうより、寝かせろばかーん。という気持ちの方が高かった(笑)


二日殆ど寝てない。

最悪!というニュアンスはなく、最近新しい研究を始めました。
不眠の過ごし方、人体実験です。


不眠症は小学校入る前くらいから、しばしばあり、一時期保健室で相談に通うほど悩んでたのですが、先生に睡眠薬の提案された時に、相談するのを辞めました(笑)


それだけは嫌だと、学生ながらに思いました


安易過ぎる、根本解決にならな嫌事が小さい頃からあまり好まないタイプだったので、余計に面倒な遠回りをする羽目になるわけですよ。(笑)


実験、観察、考察をするのが好きです。

一つわかったのは、ヴァータが上がると対応出来ないという事。

雅子さんの所に通い始めて、ニュートラルドーシャに戻りつつあり、その移行期なので余計に対応できにくい事。


バタバタヴァータ時代はなんともなかった事がしんどかったりする事もあるんだけど、ヴァータアゲスギ慢性化してる時に不眠が襲うと、機嫌が非常悪くなり、凶暴化してました。


近頃あまり動きまわらずやりたい事だけしたら、後はのんびりする方が楽だという事に身を任せているので、二日寝てなくてもイライラはしない。


そして東京二回目連続でいってみて良くわかった事は、雅子さんのみたて通り、カパ体質がキツイ事。

ピッタ気味かと思いきや、カパの方が実は強い!


ほんまに東京は風、ヴァータのエナジーが凄い!

それは東京の人を診て実感。

体格なんかもかなり大阪の人と東京ちゃうねん。

陰陽学も合わせてみてたのだけど、そうすると面白いのなんの。

エネルギーはオモロ〜です。



それを踏まえ、体質に逆らわせない行いをしていけばええんやな〜という事が分かってきた。

ルールは大切に、でもルールに縛られない知恵を。

ルールは案外自由を導いてくれる友なのだから。



二回目、新しいスタジオ、IYC荻窪

February 18 [Sat], 2012, 9:37
荻窪のスタジオが新しい場所になってから初めて参加。

一度参加しただけの生徒の事を覚えてくれている先生方に感謝。


自主練女子ですので、家で気をつけたらええ事はないか聞いてみました


ハンドスタンドの際に脚を揃えて入る練習を課題に頂きました

現在仙腸関節炎なので、痛くてなかなかできませんが、暖かくなって痛みが落ち着いたらトライしてみようと思います。


またここで練習したいな、と思えるスタジオでした。


自主練の延長、リズムを大切にしてくださる事に感謝。

また四月にこれたらええなあー。
東京に来る楽しみはマイソールに行ける事。


また、バリー先生の新しいスタジオや九段下のマイソールにもチャレンジしてみたいと思います。


四月楽しみ。


けいこ先生、しょうご先生、じゅんこ先生ありがとう。








子供の時間という番組の撮影がありました。

February 18 [Sat], 2012, 8:27
先日、外の気温3度、体調絶不調というなんともびっくりな環境でTV番組の撮影を10本撮りしました。





子供番組の中のキッズヨガのコーナーに出させて頂く事になりました。

急遽決まった企画だったので、体調不良の中這いつくばって、降りた事がない大国町駅へ。


大国町のとある公園で撮影。

スーツケースにブランケット、栄養剤、ホッカイロざまざまな種類、バイクに乗るときのボアが中にあるボトムの防寒着、パタゴニア雪山用のジャケット。

待ち時間は車で待たせていただけるという事で、ちょっとほっとしつつ、子役達の演技を遠くから拝見。

子役って凄いです。うちの子は絶対できませんわ。そして、まなちゃんや福君って超レベル高いんだという事も、現場に立ってみて色々わかるわけです。



ヴィオラのM下さんも付き添いで着いていってくれたのですが、帰ってからトラブル続きで苦笑いするしかありません。(笑)

まず車のバッテリーがあがって途中利用できず、昼休憩に会社まで徒歩で休憩に。


午後から凄い雪で撮影禁止。


どんどん撮影が押し、時間が間に合わなくなりつつあったときに、突然市役所から委託されたおじさんが滑り台を凄い音で削り始め、撮影中止・・・(笑)


なんとか最低撮らないといけないパート部分に15分時間くださいと頭を下げて、撮影。

その間、子役のアクシデント、何故か放送カー、飛行機、突風、バイクの爆音・・・・


連続撮りなので、ヨガウエアーで体を寒さにさらしたまま、思ったことは・・・


女優さんとモデルさんは美人でスタイルいいから出来るもんじゃない。

これ、絶対体力と根性がある人じゃないと出来へんわ・・・・と思いました・・・(笑)



途中、別の公園に移動して撮影。

夕方になり、光が入らなくなっていて、押しに押して4時半前に外ロケ終了です。



会社に戻ってから、室内撮りをして急いで息子を迎えに行きました。


人生で初めての経験を通じて、本当にTVを作っている方の大変さを思い知る事となり、
簡単に「あのTVおもろないな〜」なんて言えなくなりました。


音声さんを眺めながら、腱鞘炎にならないのかな?とかカメラマンに関しては、足腰と背筋が強くないとこの仕事出来ないのですな、とか、ADさんは本当に気遣いいっぱいできないと絶対に馴れないだろうし、ディレクターは本当に頭が良くないと出来ないし、絵がうまくないとそもそもダメなんだとか、見た事もない世界に社会勉強させていただけたことも本当に良かったなと思いました。


元気なら、子役達ともっとコミュニケーション取ったのに、トホホホ。


スタッフや親御さんの言う事をなかなか聞かない事もあったり、時間が長引くと疲れたり、寒さで咳き込みがみんな激しくなってしまったり、子供たちもほんまによく頑張ったなと思いました。


何故か不思議に子供に気に入られる傾向のある性質にあるのは、ここでも発揮。


やる気も落ちてきたときにコミョニケーションや冗談を交えながら、テンションを上げつつ、撮影に協力してもらえた時、日頃から子供っぽい思考を持っている事がこんな時に役立つので、アホっぽいのも決して損ばかりではないなぁと思うのです。


どうやら私には子供と大人にある枠組みのどちらにも属していないという事が、最近わかってきました。

どっちの世界にも属さないんだけど、どっちの世界に片足くらい突っ込む器用さはあるという事です。


しかし、どちらにも属さないので結局ヘンテコ人種としてぽつりといるポジションなんだなあという事もわかってきました。

仲間はいません。
ただの良くわからない世界で生きてる変態です。

唯一このヘンテコ人種のノリでいられるのが、宮古島出身の友達。
この子も私の同じ匂いの子。


妙に子供に好かれるからといって、子供の世界に属せる訳でもなく、また大人の世界でそんなに上手く泳げないけど、まあそれなりに溺れないようには生きている。

いつも二人でぼーっとしながら、笑いながら、解決しようもない事を二人でだらだら会話全く繋がっていなくてもノンストレスなのです。

そう、同じ穴のムジナというのは、孤独な心を癒してくれる良いパートナー、沢山いなくてもそうやって数人いてくれている事も感謝ですね。


ちなみのこの番組はケーブルテレビで枚方を中心に放映しているそうなので、かなりマイナーなものでございます。
詳細が決まり次第UPしてきますので、ご興味ある方はどうぞ。











月別アーカイブ
2012年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29