マクロビ陰陽講座3回目終了しました。

March 08 [Mon], 2010, 19:44
ヴィオラトリコロールで行われている連続講座も3回目。
一番の難所「五行」です。
毎回五行の指導方法を変えるのですが・・・・
え?変えてるの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが・・・

もっともっと分かり易く伝えるために進化させている・・・つもり・・・笑
あとは集まった方がより興味が持てるように、そのクラスのレベル、興味に応じて内容を変えて伝えていきます。

五行は何回やっても難しい。
私も難しい。

五行のステップアップクラスを2クルー以上行ったらする予定です。
皆さんが「このまま継続クラスで」の声が多い事は非常にありがたい事です。

五行に関係ないことも、陰陽に関係ないこともなんでも質問していただけるようにしてます。
今日は「虐待についてどう思いますか」という質問を頂ました。

ここで書くとディープすぎる&長すぎるので割愛させていただきますが、
五行を学んだ上で虐待をいろんな角度から見てみる事を提案してみました。

ネグレクト「極陰性の育児」→タマス
DV「極陽性の育児」→タマス

身近な者で満足出来なくて、外側のもので満たそうとして家族(子供)が邪魔になるケース→極陰
身近な者に執着しすぎて、必要以上に求めていく場合→極陽

結局どちらも微細な意識を自分へ向けれていない人間が陥りやすい状態です。
その方向性が外に走ったか、身近なものに走ったか。

親だけを責めてなくなるなら、なんぼでも責めさせていただきますが、虐待する側がそんな簡単な問題ではないという事。
その向こう側を見ない限りなくなることは難しい。
正直連鎖しますし、それを断ち切るにはいったい何が必要なのか。
そんな話をしました。

こうやって、健康やダイエット、美容や肉体的な事以外の疑問のディスカッションできるのもこのクラスの良いところだと思っています。

五行が分かると、原因の最低2つ〜3つを探り当てる事が出来るのです。
大腸が悪い。
悪いという大まかな捉え方から
行き過ぎたのか、足りなさ過ぎたのか?

という思考を生み出し、それを思い切ってどっちをも取り入れる。
「とりあえず見つけたら、この2つの原因体を試す。これはある程度プロで予測がついても、絶対はないのでともかく”実践”するのみ」

ともかくやる。
ちなみに行動を「辞める」という行動も「辞める」事をやっている状態になるので
別に前に進めという事を助長している訳ではありません。

足すか、
引くか。
とめるのか。

試してみる。
押してだめなら引くしかない。
引いてだめならまた押してみる。
それでだめなら止まってみる。

やってみる。
とりあえずどれか試して
やりっぱなしにしないで、観察する。

そうやって体で失敗を積み上げながら見つけていく事を推奨するクラスです。
マクロビに興味のない方でも、というか、ないほうが面白いかもしれません。
興味のある方は、参加してみてくださいね。

次回は夏前開催予定です。

月別アーカイブ
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31