自己責任と選択する事。

February 09 [Tue], 2010, 18:21
今朝、いつもの11時から始まるマイソールに行こうと準備してたのですが・・・
散歩から帰ったこまめの様子がおかしい。

すぐに予定を変更して、こまめの病院へ。
担当医がいなかったので、初めて当たる先生の話を聞きながら、
カルテを見ているのに、治療方針があまりに違う話しに少し戸惑いました。

その先生が問題とかではなくて、
医学知識がない患者側って怖いな。。。と思いました。
これも自己責任だと思うんですよね。
選ぶ事を先生に任せすぎるのもおかしい話なんですよ。
犬はしかもしゃべれませんしね。

医者はそれぞれの治療法を自信持ってやってるわけで、
レベルは多少あるんでしょうが、一番大切なのは、ニケタンでも習ったが、コミュニケーションである。

薬の作用や、検査リスクなど、ある程度の医学を学んでてよかった・・・・と思いました。
犬の健康状態が良くなければ、調べようとしますので、それなりの知識が身につきますが、
普段から良くて急に悪くなったとしたら・・・・
きっと興味を持つことってないので、何もしらないまま・・・・
医者の言うことだけの選択肢しかありません。

人間も一緒。
病気だらけで、薬でアレルギーがあったり、トラブルが多いとだんだん、疑問を感じて調べ始めますので、
医者の言うことを疑ってかかる訳ではありませんが、治療方法の幅が必ずある事を知っているのは大きいと思います。
治る内容を聞く以前に、治療のリスクを聞きますし、こういうのは結構持ってて邪魔にならない知識だな〜と思います。

母が元看護婦っていうのもあって、医療現場の話を聞いて育ったのもあるのかもしれないけど、
医者や治療の選択には、患者も参加するのが大切だと思いました。

こまめの病院行ってよい勉強になりました。
薬を飲んで少し落ち着いたのか、少しですが歩けるし、ご飯も食べれるように。

サポートしてくださっている全てに感謝です。

マイソールいってスカッとしたかったけど、久々に家のデットゾーンの掃除をしたり、ニケタンのオーム瞑想の論文をしたり、先週休みなしで過ごしたので、ちょっと昼寝しました。
論文は以前書いていた本文を思いっきり変更し、この2日で本文が完成。
あとは、要約、結論、被験者のデーター入力と考察、パワポの作成です。

ほっとしたのもつかの間・・・
保育園に行ったら、役員会のお便りをPCで作業するのが今月担当だった事を忘れていた・・・。
またワードとにらめっこだよ。ガーン。
このPC作業っていつになったら解放されんだろう・・・・。
最近、スタジオで働いているよりこの作業のほうが確実に長いデス。涙
月別アーカイブ
2010年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28