ニュー・アース(長文)

February 02 [Tue], 2010, 22:01
ヨガ手帳(TYGから出ているスケジュール帳)に紹介されているブルーの本「ニュー・アース」
アシュタンガの生徒さんが購入されたのを借していただき、読んでいます。

出始めは正直「よくある内容やな〜。知ってる、知ってる。文章が結構かったいな〜」

と読んでましたが、進んでいくと、それが本当に良い本で、購入決定です。

エゴと今に在る意識の重要さをここまで詳細に、分り易く表現した本はいままで読んだことがないなと思いました。
もちろんヨガ関係、精神世界の本には「今を生きる」事は全てに書かれています。

ニケタンでも再々、その事をおっしゃりますし、正直「知ってる」という気持ちが上から目線的に存在してたのですが、
これが出来ているかといえば、思いのほか全然出来ていないのですよ、毎日、毎日。

知ってるだけ、別に全然出来ていない、ただそれだけで。ただ、このできていない事が非常にやっかいなのである。

この今に在る事を色んなエゴや苦しみの感情の、あらいる角度から記載されている事と、
善と悪の表現が非常に少なく、排他的な部分があまり見当たらない事が、この手の本に珍しいかなと思うのです。
本も、人も、あんまり排他的だと、長く付き合ってられない。相手がどうとかじゃなくて、私がそれに同調してしまうから、疲れちゃうのです。ヨワッチぃですからね。。。笑

人はゆとりがないとどうしても批判的になる。もしくは、被害者意識が非常に高まってくる。
大体、ゆとりのないもの同士がこの関係で成り立つか、跳ね合うか、だと日々生活をしているといつも感じる。


感情から生まれる思考に、私は毎日どころか寝るまで支配されているなぁと思う。
いつも考えている。
答えの出ないよなつまらない、自己防衛の為にいつも頭と心を依存しあいながら考えている。
電車に乗ってはっと我に返り、またこのエンドレスの思考をしていたと幾度もなく、自分に意識を戻す事を繰り返す。


アシュタンガの練習をしていても、思いのほか頭を使っているし、考え事をしながらでもヴィンヤサは進んでいく。
筋肉や関節の動きに注意を払いながら、集中しているつもりで、それにとらわれ過ぎて考えすぎているのである。

「もっと考えないで、呼吸に集中してやってみたら?」
の先生の言葉がずーんと響く。


日常で、異常なまでに頭を酷使しているの事が問題で、20歳のときに始めたのが「マラソン」
歩くのでは、余計な事をいっぱい考えられてしまうから、意味がなかったのです。
誕生日占いの本にも、頭を非常に使う傾向にあるので、肉体を激しく動かしてバランスを・・・みたいな事が書かれていた。

怪我をして、走れなくなって、ヨガを始めたけど、本で書かれているほどのミラクルは未だ感じられないまま。
気付きや心を開いて、逃げないという行動などは、身についたけど、悟りには地球をあと100周しても届かないだろう。

アシュタンガにはまったのも、マラソンに近いからであって、出来るだけ頭を休ませ、体を同じくらい動かしてバランスを取ろうとしてたのだけど、思いのほか出来ない事も多く、それを見出していくために、めっちゃ思考を使っていたのですよね・・・・。

何も考えず、汗をかき、思考が停止ししざる終えない程の肉体への強い追い込みの当初の方向から、ずいぶん離れてしまっていた。既に、感じるヨガでもありながら、同時に考えるヨガになってしまっていたのですよね・・・・笑

ヴィンヤサが何故あって、ヴィンヤサの持つ強い浄化作用はおそらく「思考停止」であって、ジャンプバック&スルーを毎回成功させるために、問題点をいつも探し、考える事ではないって事だ・・・笑
ぶっちゃけ問題点が見つけ出せたときは嬉しいのですけど、それが目的になりつつないだろうか・・・

グルジの考えた事と私の練習。えらい遠いな・・・・・・。
アシュタンガの時、体のゆがみとかあまり考えすぎないようにしばらく練習しようと思いました。

瞑想だってそう。
ニケタンで習ったように、題目があって、それも上級者用の、自分の蓋したくなるような部分をえぐる瞑想が元々好みであり、
普段も、瞑想でも自分をメッタギリにし、一体いつ私の頭は休んでいるんだろう。
得意の追い込み瞑想から、禅瞑想(何も考えない)にしてあげるくらいで私の体の陰陽のバランスが取れるような気がした。
浄化の為に追い詰め瞑想!だからといって疲れ果ててどうするのだ・・・・笑 ただのアホウやないか。


無意識が多い事と、考えが足りない事は共通してる部分が多くあるけど、
考え込んでしまったら、囚われてしまう事と変わらないですもんね。で、意識の広がりが狭くなって、その上考えてるもんだから、違う事を受け入れるほどアホになれない訳よ。いるよな、たまにそんな人。。。頭いいけど、頭固くて、面倒な人。
いっそ無意識が多くて、考えていないアホでいれるほうが、成長が早いのかもしれない。
それは避けたいので、ともかく心を開く事だけは辞めないようにしてるけど、実際、私も面倒な人にどこかできっとなってるんだろう。裸の王様。知らないのは本人だけってヤツ。

私の中で、意識する事と考える事が非常に手を繋いでいるらしい。
考える事が、自己防衛からきてなきゃ、問題ないんでしょうがね・・・・。

今年の課題は「今に在る」
相手のエゴに反応しない。
自分のエゴに反応しない。

明日の豆まき(大晦日)に反省です。
まま、最近やっと反省が後悔と混濁してないだけ良しとしてやろう。

普段の生活の中で学べる事の尊さにようやく気付くようになりました。
自分がどうして、インドやTTCやWS、リトリートにそんなに行きたかったんだろう。
ミラクルになれると、安易に自分を変えれると思ってたんだろうな。新しい知識をいっぱい身につけて自信が欲しかったのかな。
今ここにある目の前の事から、日々学べなかったら、どこに何度行ってもみせかけの自分探しにご満足しては、また同じ事の繰り返しだというカラクリに死ぬまでどころか、死んでも気付かないままだったかもな。。。翻弄パラダイスですね。

マダマダダワン。
だから楽しいノデスワン。


逃げてマク。

February 02 [Tue], 2010, 11:45
二月逃げる。
豆をマク
海苔巻きマク
旧正月のマク明けもうすぐ。

海苔巻き食べるのは元々、大阪だけって知ってましたか?
和歌山県で育った私は、海苔巻き方角、無言で食べる。。。を知ったのは学生時代、大丸心斎橋の食品売り場でいて知った事。

というか、知らない事をびびられた・・・・
聞くと、のり屋の陰謀だと、店長に教えられた。

二月はお菓子メーカーの陰謀に、海苔の陰謀。
どれもマクだ、マク。笑


これが、ヤクでないから安全である。え?笑えないって?
すみません。


いまいち自分の育った文化でない事に、あまり関心がないというか、
ぶっちゃけ面倒なので、基本海苔巻きもしないし、買わないし、豆行事くらいである。

豆行事といえば、我が家の小豆坊や。

最近「豆しば」のキャラにはまっているのですが、ついにお菓子がでましたよね。
旦那がバライティーセットを買ってきてくれました。

味なし大豆まめしばを息子が食べ、残りは旦那が全て食べていた・・・・またメタボディーだよ・・・。

しかしみればみるほど、我が家の豆様にしか見えないのは、親の贔屓目なのか・・・・・


ちなみに、現在豆男の新しい呼び名(彼には沢山のアイドル名が存在する)
豆チワ
である。

豆チワ。

色も、形も、小ぶりな感じも
豆チワ。
なのです。

ともかく可愛いのですが、
彼をマク訳には行きません。

ただ、彼のコマクは相当ポジティブに出来ている事だけは確かである。

コマメ・可愛い・賢い
というのが、自分の名前だと思っているのですからね・・・・・笑
月別アーカイブ
2010年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28