シフトチェンジにする際に注意したいこと

June 24 [Mon], 2019, 21:58



指導前の時間


ひとみ先生の練習は雑味と癖がない


何年もかけてゆっくりこうなればいいなと個人的に思います




#えびすヨガスタジオ


#アシュタンガヨガ静岡


#カタオカマリコ


#何を積み上げるのか?


#楽しさを積み上げるもよし


#丁寧さを積み上げるのよし


#なにかを積み上げたものが日々の練習の形になる


#途中でシフトしてもいい


#私は何度もシフトしてますよ笑


#変わらない事は自主性


#依存心のままシフトばかりする事をふらふらするという


#ふらふらしてるようでふらふらでないのは強い自主性が常にあるから


#というわけでバランス取るために今更協調性学びはじめました


#素直さあればどこでもどこからでも学べます



前田さんDから学ぶ

June 21 [Fri], 2019, 21:18



インドで練習して、勘違い起こして優越感に溺れるなら、きっとインドが悪いのではなく、そもそも何をしても地に足がついていないため、そういう事が起きる。インドのせいにされては、インドもヨガも迷惑だ(笑)




因みにトイレの前で練習すれば、インドに行かなくてもしっかりとお便所の臭いに包まれ、土足絨毯の狭く埃っぽさも体験できます(笑)ドアの隙間風も寒い事。




ポイントは、自分が特別な事をしてると思わないこと。ヨガしてる事が特別だと思うと、これこそがヨガだと言い始め、特別であろうとする。あとなんでも良きことはヨガに結びつけたがる。ピラティスでも幸せな人はいるし、将棋で落ち着きを覚える人もいる。なんでもかんでもヨガがこの世で一番だと言い始めると、他のメソッドに失礼ではないか、と思う




特別でなきゃアイデンティティが保てないのは、自信のなさ。自己肯定感のなさ。今日までろくでなしであろうと、生きてこれただけ運が良い。十分特別だと思う。




普通の人が簡単に手に入らない事にお金と時間注いで、特別になる事で真の幸福度があるなら、そうしてください。特別であろうとすることがダサい事でも、愚かな事でもない。




それが本望で本物なら、心から満足する。そうなればきっと何かを批判したり、上から目線を振りかざす必要がない。私は私である、と完成するはずだ。




満足度を人生にしっかり持たせるには、真の要求に素直になること。




色々アクション起こしても、安定感ないなら、本物の要求に全力で生きてないのだと思う。




大らかに生きてる人は、本来の要求に素直で貪欲だ




特別な何かになろうと頑張ってしんどくなってるなら、本当に欲しいものは別にあるんだと思う


目線を変えて振り返ってみよう




特別な場所に行かなくでも、きっと今その場所で何かを振り返れば見つかるはず。




今立ってる場所で振り返れ。自分がここまで生きてきた軌跡の奇跡がどれだけ恵まれているか?を発見できるなら、満足度のある人生を、インドに行ってもここにいても、ヨガしてもしなくても出来る人だ




#マリーチさんD


#前田さんD


#アルダマツェンドラさん


#半分の松戸さん


#アーサナは人の名前多し

良いと酔いしれませんように

June 18 [Tue], 2019, 16:31
珍しくも、午後から練習


みなさんが帰ってから、スタジオで黙々と一人セカンドレッド


無駄な事をしないため、1時間でセブンヘッドスタンドまで行く


一人で黙々と練習する時間が頭の中を整理されていく


アーサナが多少できなかろうと、間違えてようと、それはあまり重要ではない


無になって、深く呼吸し、内側が落ち着いていけば全て良し


オールドスタイルから呼吸を徐々に今の長さと深さにまで変え、特にこの2年はさらに長めに練習してました


普段の呼吸も数が随分と減り、自然に呼吸を眺めている時間もかなり増えました


落ち着きのポイントとはなんなのか?
疲れていない心身と、普段からの呼吸回数と、物の捉え方の3つが大切だなと痛感




また、地に足のついたライフスタイルもメタ認知を養ってくれるなと思う


練習が大好きだ。しかしあくまでもクオリティオブライフのためだ


ヨガしている事が特別でも立派でもない
そう行った事をすっ飛ばした人間だけにはなりたくないな、と練習しながら日々思います


ましてやヨガを教えることが良いと酔い、鼻持ちならない考え方を持つような事にはならないように(冷めすぎてる故なりようもないけど)謙虚さを持ってマットの上に立つもの大切だ


だから少々間違えていても、本来そこは問題じゃない
あまり細かい事に飲み込まれて、ミイラ取りがミイラにならんこっちゃなぁ

東京生活3日目

June 15 [Sat], 2019, 5:24
東京雨靴のカバーを取り付ける


旅で荷物を減らすには、こうしたちょっとしたグッズが助かる


さて、練習行ってきます
昨日買ったマドンナのニューアルバム聴きなが、ヨガ友の顔を拝んできます

長レッド、流れっど、禅語で考える

June 14 [Fri], 2019, 9:07
今朝も吐き気と怠さが抜けない。
練習中もその辺の痛みが抜けていかない。
疲労の蓄積が半端ない事を体感する朝。


こんな時でも、練習はする。理由はアホだから笑
こんな日はマイソールがいいのだけど、金曜といえばレッド。殆ど東京はレッドだ。
それに自主練してるとレッドは体験できないため、今回から早起きしてレッドを受ける事に


きっちりどっぷり90分のレッドを受けにマイソール東京へ


あきさんのレッドは、日本語のガイドが入るため、その分待つことも求められる


カウントも長い
普段ちゃんとフルプラマリーを練習していないとついていけない


膝を曲げたりすれば、なんとか耐えれるかもしれないけど、膝伸ばして!としっかり日本語ガイドが入るため、曲げてる人が伸ばすまでまつ羽目になる事もある。


つまり真面目にしないと、みんなもしんどくなる笑


私はどれも手を抜かず、やったため、ガイド待ちの時はキツイです
特にバックベンドとインバージョンは長い
ウップルティヒは、1分超える長さ


最高に苦しさもありつつも、集中力がしっかりと上がるため、本当にレッドでした


集中力と、呼吸を深く出来るように努めて行くこと。常に忙しい頭の中も、徐々に落ち着いて行く。


私自身は、ストイックに練習することが楽しめるようになったけど、人それぞれ。
これ読んで、ストイックにしなきゃ!なんて囚われないようにしてください。ダラダラ自分に優しく練習12年くらいは練習してました、からの!今です。


人はどこからでもやり直しはできるし、スタートも切れる。ただし、あまりに怠け過ぎた所から変革を起こす場合は、真にタフな人だけが頑張れるのは確か(自主練15年して悩む事もなく、ストレスがないのだから多分元々タフなんです)。どこからでもやり直しは出来るけど、誰もかれもが、ではない。
膨大な負債を払うくらいなら、現状維持がいい。これも正常な反応です。


というわけで、ちゃんとしたいと心のどこかに持ってるなら、極力早い段階でちゃんとしたスタイルを学んだ方がいい。


ただ、ストイックは気をつけないといけない事もある。出来る限りの慈悲を持って練習する事。
献身的な姿勢は、外側に意識を向けての場合も多い。そういうのを"身を削り型献身性"と名付けたいほどです


慈悲を持って、自分にとってハッピーな(スタジオで練習する人はそこにいる人も含めて)練習が一番ですね。




レッドで学ぶことは先生に対して、
"流れに逆らわず、しかし流れに身を任せず"
禅語的な考えで行くといいんじゃないかな?と。


ストイックという流れに飲み込まれて、気がついたら溺れ命を奪われませんように


いつも意識は自分が持っておく
ここが、身を任せず、じゃないかなると思います



キッズヨガでかえるで暴れる

June 12 [Wed], 2019, 13:44
本日のキッズヨガ

保育士さんのレポートはこちら





子どもに関わることは面白い。

今週金曜日から、東京にてキッズヨガ養成コースが開催されます。

また来週月曜日には、子どものためのプラーナヤーマ集中講座が開講されます(軸トレヴィンヤサヨガもあります)
ぜひみなさんお越しくださいね。



家族寝てる間に練習2日目

June 12 [Wed], 2019, 5:31
自宅早起き2日目
理由は蚊に8箇所噛まれて、痒すぎて起きることに笑


蚊に刺されたご縁で今日もボロボロ木造建築二階で練習スタート


マット滑るのがなんとかならんかぁ


やっぱりマット買っちゃうか?笑

パシャーサナ、パシャリ。パシリなヨガは卒業です

June 11 [Tue], 2019, 19:49



パシャーサナをパシャリ


セカンドに進むタイミングを、フルプライマリーを全部やるとついついそこに意識が向きがち


そしてほぼ全員、この落とし穴にはまり込む




簡単にくれる先生を選ぶのもまた良し


簡単にはくれない先生と向き合うも良し




私は、後者でブチ切れて、前者に走り、いま後者に戻りました




サード手放して、セカンドまでを改めてやり直し




その気持ちを汲み取ってくれた先生が、インド基準の厳しさを与えてくれるようになりました。


先生が、インドに行けない事情を知ってから特に目をかけてくれるようになった




それは進まず、もっと細かく丁寧に見直す事




途中たっぷり怠けて分を、ゆっくり取り戻していく


急がば回れ。アーサナが出来ること以上に、腑抜けた精神から叩き直し。




その厳しさを受け入れられる器になれた自分が好きだ




成長しないと、厳しさの伴う愛情は理解できないもんだ






#えびすヨガスタジオ


#カタオカマリコ


#アシュタンガヨガ


#来月から早朝は木曜のみ担当となります


#家庭にもどります


#練習生のみにもどります


#練習生として足りていない事を認める


#教えるには未熟すぎるから


#自信を持って出来る仕事に邁進します


#ドンピシャリハマる日が来る事を信じて練習


#過程を楽しむ天才


#家庭を楽しんでるつもりの嫁


#仮定がいつもずれている


#課程を今更頑張ってる


#呼吸が苦しくなるけど呼吸を頑張る


#呼吸に意識する事は


#自分を全うする事だ


#マットの上で毎日全うするのが趣味


#マットの上以外真っ当な事はできません


#マット運動とはヨガもそうなのか?


#マット先生の課題を守る


#アーサナをサクサクもらえない事は先生が生徒を見捨てていない事だそうな


#サクサク貰ってるから先生が生徒として受け入れ認めてるわけではない


#未熟なまま進ませてもらえない愛情を今分かるようになる


#手をかけてもらう事とはアーサナが進まない事のようです


#放棄されたら真髄は教えてもらえない


#放棄された方が楽な人もいるからそれぞれ


#放棄されてそれを喜び


#そこから這い上がれたのは奇跡


#這い上がることは特技


#素直に認めてすぐ行動を改める


#そして決して諦めず


#自分が納得出来る生き方を誰がなんと言おうと貫く力があれば


#人はどこからでも変われるし這い上がってこれる



あえて自宅練習を

June 11 [Tue], 2019, 7:19
旦那さんがお休みのため、早朝ヨガに行っていいよ、と声をかけてくれた
四時に起きて、このまま寝ようかと思ったのだけど、気合い入れてヨガに行く準備


いや、今日から自宅練習復活と決めたので、五時から練習開始。


ボロ屋の木造建築二階でセカンド練習
プライマリーをするには、マット幅50センチはない笑


幅狭な上に、下が歪んだ畳
マットは濡れればグリップが効くタイプのため、カポターサナで手を歩くのが一苦労


滑る一方なので、歩けるだけ歩いて久々にダイレクトキャッチ。やはり歩いて取る方が良いなと思う。
次の難関
音がなるアーサナ
ピンチャマユーラとカランダバーサナのスイッチバックは取りやめ、歩いて降りる。
マユーラサナは、ジャンプ取りやめ
ナクラーサナは低く極力音を出さず。


スプタウールドヴァパダヴァジュラーサナのコロコロで大きな音を立ててしまい、犬に吠えられる笑
2回目のコロコロでそっとしようとし過ぎて、絡んだまま停止。バグってしまう


サードは幅狭過ぎて、体をサイドプランクするもの全てが、畳でしないといけない。


そもそもダウンドッグしても畳に手が出る
体の痛めそう笑


チクタクなどは論外。
家で出来る事をしっかりやって、週一家でできない事を練習していけば、大丈夫。


主婦の方々、家族が起きるまでの時間を狙うか、家族のいない時間を狙う、家での練習は畳、家族が寝てる、古過ぎる木造建築、マットがヘボいなど、色々あるかと思います。


思い切って練習するためには、週一はスタジオで練習するといいかと思います
それ以外は、こうやって環境に合わせて練習していくのもまた学びです


完璧にできない事にとらわれず、出来る事はしっかりやっていく事そのものが練習。


共に宅練を満喫しましょう!



散漫は緩みでも起こる

June 09 [Sun], 2019, 20:43
鍼灸にて、舌の生まれつきの疾患を最近始めたのですが、頭蓋骨周りをいじるため、緩むと集中力が入らない


緊張感とは、頭蓋骨の締まりであると実感
閉まるから頭も回転出来るんだなぁと思う


が、これも過ぎれば頭痛や苛立ちの原因にもなりかねません


金曜日の針以降、練習に力が入らない
頭の中が緩みすぎて、ぼんやりしたまま


こういうときは、無理せず。集中力が散漫とした場合に怪我も起きやすいので、無理のない範囲を満喫




アーサナにも締まりはないけど、無いなりに楽しんでいくのもおもろいです


なんでも楽しむ
修行っぽさを好みつつも、やはりここに面白さを見出そうとする姿勢が、苦行を私なりに継続するコツなのかもしれません


面白さを見出さないで、単なる苦行をどうやって楽しむのだろうか?


面白さを見出さないで、苦行を趣味にしてる人に一度意見を聞いてみたいもんです


ストイックにも面白がるタイプと、ただ決めた事が達成できる事への快楽型と、別れるのかもしれないなぁ?


頭蓋骨の緩みは、何日続くのか観察したいと思います
月別アーカイブ
2019年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30