思考で服を着て似合う人似合わない人

June 02 [Sun], 2019, 21:47



ヨガウエアを着ない日


時々オシャレしないと何着ていいか分からなくなる


特に骨格診断勉強してから、頭で選んでしまい、直感的に着れなくなる。


あれはダメだったなぁと反省中。


あくまでも個性が強すぎないかたのためのものだな。


#骨格診断ファッションが似合わない


#顔診断は顔死んだ いやいやこれはしっくりきた


#しかしあまりそれらに従っても個性死ぬと分かる


#個性のきつい人は思うように着た方が似合う


#青好き


#赤多め


#デニム好き


#レギンス好き


#スキニーデニム


#ライダースはデニム


#カタオカマリコ?


#diesel #yanukdenim?


#tods #ysl #lululemon が下にこっそり

縁がないときは他の縁があるときだ

August 31 [Fri], 2018, 6:08
サンダルが壊れ、 サンダルを買いに翻弄


しかし、夏も終わるこの時期に、理想のサンダルが見つかるわけもなく撃沈


鍼灸の先生より、カカトのある靴を履いてください
出来ればサンダルは冷えるから辞めてね


と指摘され、せめてカカトのあるサンダルをば!


とさがしても見当たらず。




中古屋で試し履きしたブランド靴が履き心地良くて、そのブランドへ。




サンダルに縁がなかったのは、靴を履け、という意味だった模様


冬の靴は、スーツ、ヨガウエアにもあうサイドゴアブーツを持っているけど、しっかり歩けるタイプになると、夏用にはスニーカー以外持っていない。


歳も歳だし、雨の日のビーサン対策以外は、靴を履くことに


いい靴を履くことは、体にも、そしてどこかホテルに呼ばれた時にも失礼がない。


ビーサンで入った私に、はじめブランド側は、お上りさんと思い、態度が微妙(ハイブランドにそんな格好でいくのは当然の対応)でしたが、足型が合えば買うつもりであることを伝えたら、全力で接客し始めた。


ビーサンできた経緯(サンダル壊れた)を話すと、さらに態度は柔らかくなり、2人もついてくれて接客してくれた


ホテルでバイトしてた事もあるから、その辺はよくわかる


靴でみる、それはサービス業のある程度の知識


いい靴を履いていると、いい所やいい人に会えるように導いてくれる


というセリフを漫画で読んだことがある


体を守るためにも、そしてちゃんとしたところへ行く際のマナーとしても、靴は質の良いものを履くように心がけよう。




とはいえ、私のビーサン先生。あの子は賢いようで、ちゃんと必要な所へ導いてくれました
というわけで、海と雨の日、コンビニ行く時に絶賛あの子を履こうと思います(笑)


ビーサンに導かれ、靴屋自体に自体にお呼ばれし、靴が私の道を作ってくれたような数日でした



機能低下のパンツスタイル

July 15 [Sun], 2018, 8:53
膝上スカートを履くと
雑に座る事が出来ない。


パンツばかり履いて
雑になってるのか!


男性がスタート好きなのは、生足が見えてる事だけではなく、きっと女性らしい仕草なんだろうな


男に媚びるために女性らしい仕草はあらず


筋力いるから、老後の体力作りにいいですね


暑いシーズンは、やっぱり膝上スカートを履いて過ごすべし


そしてスカートは、おディーン(フジオカ)様も好きらしいので!笑


今年の夏は暑いし、スカート三昧でいこう

フルフワテロのキタ

May 14 [Mon], 2018, 15:20
大阪到着


というわけで、ファッションビル街に到着


スタジオ周辺の心斎橋ほど外国人がいないので、久々に日本人を大阪で大量に見かける


ミナミとキタで雰囲気ちゃうなー


割とみんな同じ格好してる梅田。


大きめトップスとボトムス
首抜き
ハイウエスト
洗いざらし感


2年連続このブーム。
似合う人を選ぶファッション
背が低いのに、でかいサイズブームだと本当に困る。
ハイウエストならアンダーバストより上になるし、ゆったり目が裏目に出てます。


フリフリゆったりテロテロ素材、アシュタンガしすぎの肩と腕に全く合わない。


どこにいっても、フリフワテロ祭り


早くこのブームがオ終わって欲しい。
個性的な人間が着る服が店舗に並びますように。







無駄を嗜むくらいの余裕を学ぶ

April 26 [Thu], 2018, 12:47
駅でお洒落なマダムを発見


骨格診断は、細身のストレート
デザインはストレート骨格の方向けなんだけど、生地がウエーブ骨格。
無造作に見せつつ、ちゃんとスタイリングされてるショートカット。

あんな着こなしがあるのか。
でもなんでこんなに素敵ングに見え、ラッシュ時の電車の中で輝いているのだろう?


?
同じ駅で降りたので、途中追いかけてみた(笑)
振る舞いが綺麗だった事
歩き方も美しい


力みなしできちんとしてる
力みなしのついでに緩み切って、だらしない私と違うね(笑)

力みなしできちんとするには、筋肉筋力必須
だらしなさは、筋力ないからおきてしまうという持論を展開中(笑)


力まないくらいの筋力って素敵ングだわ


アラフィフのマダムは、程よい緊張感がある
振る舞いが雑だと、良い服もおしゃれに見えない


こうなると年齢関係なく、意識の高さと筋力だわ。


物で誤魔化さず、振る舞いの美しさによるお洒落は、アラフォーからは本当に大切だなと改めて思いました


着心地と便利な服ばっかり選んでる自分に喝、着物頑張って練習しよう


シニアヨガのクラスで着物を見せると、畳み方から指導が入りました(笑)
着物みて、どんな品質か、これは夏大変暑いわね、おはしょり作るときに背たけからすると、もたつくわね、など、的確な指摘がバンバン。


着物を着れる畳めるシニアの方々の多さに感動


丁寧さとは、無駄を嫌がらない事だね
合理的に何でも処理してると、豊かさとゆとりと大らかさはどっかへ消えちゃうのね。


合理的な事が好きなのに、元IT社長さんや、元芸人のり絵本作家さん見て、魅力を感じないのは、合理的に偏り過ぎて粋な生き方を通り越えて、生意気に見えてしまっているからかもしれない。


楽に
早く
便利に
手っ取り早く
安く
量産


まるで何度かメッキだな。
簡単にできる良さと、なんでも簡単だと愛着生まれず飽きちゃう。
あえて遠回り、時間をかける良さを美しいマダムから学べた1日でした
優雅さは、合理主義からは育まれないと思う

ヨガも合理主義で考えないことやね

丁寧のやりすぎも、どうなんだって話なので、何事もバランスですね


きつい服でお勉強

April 12 [Thu], 2018, 19:29
久々にジャケット


動きの制限ある服は、楽な姿勢が出来ないので、気付く事満載


サードで肩の筋肉パンプして、キツすぎ!


今年もしっかりジャケット着るぞ
そして着物も着るぞー


ヨガウエア着用し過ぎは、雑な所作になるから控えたい(笑)







服着替える
手間かける
そんな余裕を作る努力に生活のゆとりと、性格にゆとりが出ると思います


なんでも便利、合理化取ると、ストレスに弱くなる


不便と理不尽さを取り入れて、自分がその中で対応する力を持とうと思う

骨格診断とパーソナルカラーの落とし穴

October 27 [Fri], 2017, 8:08
頭でファッションを理解した影響は、恐ろしいもので・・・・

必要な人には絶対必要だと思う。


パーソナルカラーと骨格診断を受けたり、勉強して分かったことは、仕事や婚活の時はいいかと思うのですが、そうでない場合ファッションの根本的なことを失わせることを実感。


1年ほどヨガを好きになって、正しいことを学びたい、深く学びたい、と軽い気持ちでアライアンスを学びに行って「迷子になる」と同じだった件。

つまり頭ばかりデカくなって、硬くなる。

オシャレが楽しくて、似合う服を学びに行って、好きだった服を思い出せなくなり、ファッション本来の「モチベーション」を上げることを目的とした部分が欠落してしまった。


先日、セレクトショップオーナーを経験されたイントラさんにこの話をすると、とても深く頷かれていた。
その方の、いつも肩の力が抜けた自然体のオシャレが好きで、会うたび個人的ファッションチェックが好きなのです。その辺の雑誌よりはるかオシャレ!
服が馴染んでる。骨格診断で見れば、そのファッションではないのに似合ってる。


本当にファッションを愛し、仕事にされている方は、そこじゃないんだな・・・と知る。


それを知ったのはパーソナルカラー
ブルーベースが似合うと言われて、買っていたメイク道具

正直、全然ピンとこない・・・
ウインターカラーって本当に似合ってるのか?
浮いたカラーじゃねえのか?
まで思い始めるほどである。

そもそも最も興味のない色がウインターカラー。
仕方がないので、服の色も、メイクも寄せてましたが、しっくりこない。それは楽しくなかったからだ。

先日パチュリさんの会話で金星牡羊座の「牡羊座のメイク」は、真っ赤な口紅だけが目立つ感じかな。かっこいい女性が牡羊座らしさ。

という話にはっ!となり、ルージュのインパクトといえば、「マック」
プロのお姉さんに「パーソナルカラーを受けて、迷子になった。仕事の時と、オフの時を切り替える色を探して欲しい。アレルギーでメイクができないので、口紅だけでパッと映えるものを探してください」

とオーダーすると、さすがはプロ。

パーソナルカラーに振り回されず、全体的なことをバランス良くとった色を2色選んでくれました。

その3本が「オレンジ」や「イエローベース」だったこと。

女性はきっと返信願望があるはずだ。
メイクに関心がなかったから気がつかなかったけど、そういう願望をキチンともっておくほうが、老年期も頭が冴えている。

メリハリが女性の人生を豊かにする。
好きなものを着よう、好きな色を身につけよう

深キョンはフリフリがアウトの骨格だけど、やっぱり深キョンはフリフリでいててほしい。
きっと性格や、仕草、それが好きという気持ちが、似合う方向に進んで行くはずだ。


とこんなことを言ってますが・・・・
頭がでかくなりすぎた私は、好きなものをもう思い出せない。
スキニージーンズと、Tシャツと、ボーダ、紺色、古着。
思い出せるのはこれだけ・・・・笑

もっと沢山あったのに、どこに行ったんだろう・・・・

でも骨格診断とパーソナルカラーには感謝している
そう行った知識で潰されるものは「本物」の好きじゃない。

良い断捨離をさせてもらいました(相当高くついたけど)

これから、もっと自由になろう。
頭で決めた正しいことは、ほどほどに。
生き生き生きたい野生性の高い私に、お利口さんは要らない。
ただ、公的な場所に行く時だけは、ちゃんとする。
そのために頭を使ったファッションの勉強は良かったなと思います。

さよなら〜、経験値が伴わない知識。
自信がなければないほど、正しい知識にしがみつく。

自分の快適さを大切にしていけば、自然と良い方向にいくもの。
快適性を探すことを改めて推奨したいと思います。

マタニティヨガ養成コースで言い続けている言葉を「ファッション」にも取り入れていこうと思います。

ブレないってそういうことだ。




ピンクのフレアー

May 31 [Wed], 2017, 16:27
女の子は外見のフォルムではなく、所作で決まるな


電車の中で短いかめのフレアースカートの足元を60センチ以上広げて、今時のポンポンチーク系のメイクをする女性を目の前にして気がつく


かわいいのに、どこか美しさがない
足を閉じれないなら、パンツを履かんとあかんね


年齢上がるとスカートを履かなくなるのは、寒い、動きにくい、足を閉じれない

からかもしれない

ヨガウエアでウロウロし続けてたとしたら、私も結構な雑さだったのだなと反省。


着心地よい服は、時々人を怠惰にするのかな

おしゃれではなく、筋力と所作を高めるためにスカートを履こうと思わせてくれた、ピンクのフレア女の子でした






福祉学校の校長までにも注意される件

May 24 [Wed], 2017, 18:19
最近行く回数の増えた母校への仕事。


子連れでヨガを行なうクラス。

毎回勉強になることがいっぱい。



終わった後に、保母さん達との交流がまた何より楽しい。


子ども、お母さん、そして裏方
全ての現場のリアルに触れる事がありがたいなと思います。
また養成コースなどにフィードバック出来るようにまとめていこうと思います。

偏った母子へのケアにならないように日々研究。


そんな会話をしてる中、いつもの先生がいない。
この仕事を呼んでくれている元担任の先生がいないので、どーしたのか?聞くと


色々あり、急遽大人の事情で校長になりました
聞いてません?


は???


聞いてないし(笑)



終わった後、先生になんで言ってくれないのよーー!と会話が始まり、また先生にスタジオやることになったことを報告


校長になるほどの先生なので、帝王学を色々アドバイス貰いました


その中に


外見なんとかしなさい
服装、メイク、全部地味
手を抜きすぎ
華やかな格好をしなさい。ヒラヒラ、キラキラしなさい
ボーイッシュすぎる、シンプルすぎる。
人は見た目で納得するもんです
夢売る仕事でしょう?それ何にも憧れる要素ないで。


先生、いや校長!(笑)さすが鋭い。


人は見た目で判断しない系福祉学校の担任にまで言わせるほど、あかんかったのでしょう。


ファッションの勉強に行ったはずで、全く出来てない(笑)


私の骨格に、キラキラ、ヒラヒラはご法度なので、診断通りにまとめたけど、うーん、すっぴん風メイク(薄化粧だろ)がそもそもアウトかもしれない




自力では無理なのか。


その格好は、雇われなら良くても、上に立つにはダメなファッションね


が頭でグルグル回る円広志的な1日でした(笑)


教えてくれる人がいる幸せ、ありがたいなー。



骨格診断@もしパンプスが辛い人はどうする?

April 09 [Sun], 2017, 12:09
先日東京へ骨格診断士の勉強の際に先生が着せてくれた服が大好評で、先生にスタイリストをお願いしたいという連絡がくるほどだった。


先生が先日着せてくれた時に履いた靴がとてもよく、阪急梅田店にあるとのことで、昨日見学。


パンプスやバレエシューズ、ローファーなどに何度チャレンジしても靴ズレとの戦い。
石鹸塗る、踵の保護をつけるなどしても一向に改善されない。


先生が勧めてくれた靴は、秘書の方にご愛用メーカーだそうで、走れる上にオシャレパンプスなんだとか。だからどのメーカよりも履きやすい。だけど歩くと何をしても合わない。カカトがどうやっても抜ける
きちんとサイズを合わせてもカカトが抜ける



横にいたスタッフに聞くと、偶然にも骨格に強いシューズ販売員。

前に合わせるときつく歩けない。
カカトはずりむけで辛い
筋トレしてもパンプスが履けない。
そんな人間にも合うパンプス存在するのか?と聞くと

一言


ないですよ。冠婚葬祭で我慢して1時間履いて脱いでください。


正直な販売員、流石百貨店。


しかしここからがこの販売員の凄いところ
きちんと何故そうなのか?を理論的に説明してくれました。


アッパーの横広より、踵の骨の幅が華奢だとどのパンプスも履きこなせない
これは同じ骨格の人間でないと分からないため、シートを入れる、貼り付けるなどやっても何もならない対策をアドバイスされるだけ。
この足型に合うのはかかとのないミュールか、ストラップがある靴で、出来ばこの形が良いですよ、
という靴を出してもらうと


奇跡的に履ける!なんだこれは!


あまりいない足型だそうで、それに合わせて靴は作られないんだそうです?
例えば、オーダーをかけても結果その足に合うのはオシャレなパンプスではないそうです。ガーーン!


踵が小さいのにも色々あります
運動不足や歩き方の問題により、アキレス腱が縮んで踵が引っ込んでしまった場合
しかしこの先、骨の横広は無関係なので、おそらくくるぶしの下が不快だと思われます
つまり踵が浅い。
私は踵の骨自体が細いので、運動云々ではなく、先天性のものになります。


骨格診断を受けた縁で、オシャレと足型の骨格にも出会え、益々骨オタク街道はまっしぐらです




どう頑張ってもパンプスやヒールが履けないタイプが存在し、それにいろんな面で自分が該当する虚しさ(笑)


ヨガを好きになる人は、この骨格多い気がする。パンプス履かなくても脚長になる事をヨガで模索してるんじゃないか?と


骨格が自分に似ている人は、大体パンプスを履けない人が多い。
足のデザイン、爪の形、股関節の形状、骨盤のデザイン、背骨のアーチがかかる場所など。


たとえ適応しづらい体だったとしても、どんなプロに会えるか?が大切だと思う。




ヒールはダメです
体が硬いからこのポーズダメです


とかじゃなくて、他の前向きになれる提案ができるかどうか?


靴の定員さん曰く、私もこんな仕事をしながらこれでしょ?この職場はパンプス必須。でもそれでは骨格が理由で履けない。
だから頭を使って、うちのメーカーはミュールも販売してるので、と説明して履かないようにしてるんですよ。


何事も工夫する頭の柔らかさですね
因みにこのメーカーはオーサキ。
型が決まれば、表側は好きな生地や色、柄を選べますよ




それなりにオシャレは楽しみたい。ストレート骨格のオシャレにパンプスはマストアイテム。




あとは履いて歩ける筋力をつけることな。肥大させずに綺麗な足元目指し日々ヨガです
月別アーカイブ
2019年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30