ヨガではない、瞑想方法

January 19 [Sun], 2014, 7:50
おはようございます。
雪が降ってます


最近、クリアリングのワークをスタートさせたのですが、悶絶中。




とりあえず、三ヶ月アレンジと工夫しならがらしばらく観察です。




今のところ、ミラクルはふなっしーの年賀状ですかねー(笑)




いやいや、盲腸ではなく無事だったことも。




いやいや、家内安全も。




あ、言い出したらきりがない(笑)




でもこれ、クリアリングと関係あんのか?




いや、ないかもしんないし、あるのかもしんない(笑)




表変える為のワークじゃないから、本来特に何も変わらないんですけどね(笑)


表変える癖から、本来に帰るワークなので。




教えてもらったのが、私のレベルではむつかしいので、キッズヨガの方法をアレンジしてやってます。




自尊心の欠落、罪悪感、または劣等感の足かせの外せれたら、また何かで講座に取り入れてシェアしたいと思います。




あ、ニーズあればですけどね(笑)




私個人がヨガではなかなか外せない人なので(笑)

その場から自由になれる

September 23 [Sun], 2012, 5:57
落ち込んだ時に、最近している事があります。
どんな事でも与えられている事を実感できる方法です。


都合が良くない事を与えられると、逃げ出したり、否定したくなるけど、本当はそんな時こそチャンスなんだとつくづく感じるようになりました。


その場に居たまま、振り返るだけです。
目の前に見えるものは、太陽を背にした影の世界。


その影を変えるために、または消すために私は物凄くエネルギーを注いできましたが、許されている事を受け入れる瞑想を繰り返していると、ハッとすることが出てきました。


振り返って太陽をみればいいんです。
太陽に背にした世界をあんまり見すぎると、私は駄目らしい。


とても影が面白い世界を作り出していればいるほど、見入ってしまい、影のコントロールをしてしまう。


影の世界がうまくいかないほど、振り返って太陽をみる機会が増えます。

理由つけのないまま、許される私を体感できます。


影ながらばかりまみてると、理由がないと駄目な感じになってくる。


影を変える為の知恵を山ほど身につけてきたけど、今は振り返る事を覚えたので、そういう本を処分してみようかなと思いました。


影の世界が辛くなればなるほど、太陽を見れる機会が増える。


だからやっぱり悪い事など、なにひとつ私の前にはないんだという事に、ホテルで瞑想しながら、気づかされました。


感謝が本当に足りていなかった。
向き合ってる場所が違っただけ。
振り返って太陽を見ると、どんな事や行動や過去が私に何も影響しない事に気づかされます。

どこに視点を置くか、は大切だなと思いました。


太陽を見る事は無限です。
影を見る事は有限です。

そしてどちらがいい悪いではなく、自由にスイッチングすればええんですよね。


生活しなが、悟りの方法は見つかる気がします。

何かから離れなくても、生活の中で見つけられます。

それを忘れてしまった時に、ストレスがかかるんだと思います。


後悔や未来の不安がする時に試してみてください。

全ての人がキラキラに見える。
太陽を見れば洗い流される。


太陽の方を見なされと諭してくれる人が、悲しい気持ちにさせてくれる人です。メッセンジャーです。


最高なギフトですね。

ほんの少しだけど。

June 04 [Mon], 2012, 20:18
今日は満月。
最近わざわざ座ってまで長期瞑想する事は少なくなったけど、動の中で瞑想を感じられるようになってきたので、普段はプラクティスの中で瞑想に持って行けるように心がけています。

今日は練習はオフなのですが、スタンディングだけして、少し内観。

内観はテーマを決めてするとやりやすいので、いつも自分の至らなさ、戒め、厳しさ持って行うのをちょっとやめて、ポジティブで、楽しい事を内観テーマにしてみました。


ほっておくと内観療法の上級者用の厳しいテーマに走ってしまうので、これもまたバランスとしては崩れます。

朝と夕方、ほんの数分一人に成れた時間を生かして、前向きな声掛けとフィードバック。


たまに大切ですね。
厳しい事ばかりでは、人は伸びないですね。

心を静かにしてた時に、息子と旦那が返ってきました。

無心になっている瞬間は、中断されても大丈夫。

集中と夢中がだんだん切り離せるようになってきた。

熱中は気が済むにはいいけれど、やはり周りも見えず、客観性に欠けてしまう。

どんな状況でも一歩引き下がっての精神を持って己を観ていたいです。

良い満月ですね。

今日は部分月食だけど、大阪は曇り。

残念。

でも雲の向こう側を目だけに頼って感じず、6センスで感じます。

ではではよい夜を。

全ての人や生き物が本当に愛おしい夜です。

穴を埋めない忍耐力

May 17 [Thu], 2012, 17:13
最近瞑想していると出てくる妄想。
瞑想じゃないですね、迷想ですね(笑)


小さい頃から、現実の状況が頭の中で違う映像で反映されます。


例えば逃げたい気持ちを諭すように、逃げたしても、なにも変わらないというのが、はっきりとわかる映像が出てきます。

砂漠にレンガのでっかい壁があって、行きたい向こう側にはそれを乗り越えるしかなく、向き合うのをやめて、楽な場所探して壁に沿ってあるいても穴もなく、逃げても結局意味がない、という事が小学生低学年ではこの映像がありました。



最近はこれ。


穴がぽっかり空いています。


それは傷や寂しさの穴。
人生の溝です。

穴があると耐えれない模様で、それを埋めて無くす為に、食べたり、物を買ったり、テレビ、インターネットをしたり、人と会話して埋めようとします。ともかくこの穴が耐えれない。もしかしたら、ヨガのポーズをする事事も時にはあるかもしれない。


寂しいまま、傷ついたまま、その状態のまま向き合う事を恐れていて、その時間を出来る限り別の刺激で誤魔化していたい訳です。


穴をどうしてそんなに恐れるのか?


寂しさへのネガティブな認知の問題でしょう。

最近傷ついた時、この溝っこに光を当てます。


紫外線で消毒します。
ついでに温めて血流の流れなど良くして、怪我の回復を促してみたりします。

溝が在ることが耐えれない事から、捉え方を変えて、感じ方を変えどんな反応するかみています。


必ず穴を埋める事がなくなるわけじゃないけど、穴に何かを詰め込んでいくことは徐々に控えめな感じになってきました。



食べすぎ、飲み過ぎ、買い物しすぎ、ネットしすぎ、色々。

寂しさと向き合う事を恐れての反応です。


寂しさは毒ではありません。

これを上手く取り入れ、一人の時間で寂しさを通じ、賢者になるのです。


寂しさを本当に癒してくれるものが沈黙の中にある自己へな慈悲なのです。


漢字の通り悲しみに慈しむ事。

それは静かで、状況をよくする為に動く計画や行動ではなく、変わらない状況のまま自分を自分に迎え入れる事。

そのイメージが穴に太陽のような光をテリテリ当てておく。


溝は埋まりもしないし、変わらないのだけど、溝の繰り返しと何も取り戻さない繰り返しで、いつか何もかもがなくなり、削られる物さえ持たずに済む日がきます。



それが囚われのなさ、けずり取られていくものは私の中のエゴ。


削られちゃってー。
そして出来るだけ埋めるのを卒業していく為の忍耐力。


物後を変える為にどっしり構える忍耐力ではない、変えない事、手を出さない事への忍耐力。


子育てにもいるだろうなあー。

自分育ては手ごわいのだ。

そんな瞑想でした。

今日の瞑想

May 15 [Tue], 2012, 13:31
新しいネットサイトの記事を書くお仕事で疲れ果て、練習やめたろかー!と思いつつ、レディガガをかけて練習(笑)

たまに調子が乗らないとこんな事をしています。
スタンディングの途中で大概消します。やっぱり邪魔だ(笑)


今日の瞑想で見えた事は、魂の年齢について。
若いから悪い訳でもなく、年を重ねてるから偉い訳でもなく、自分の魂の年齢に合わせた生き方を選ばないとダメですね。


因みに有名だから、特化して何か出来るから年齢が高い事とは一致しません。
不思議な事にこれはなんとなくわかるんです。人を見ていると言葉を超えて見えてくる。


因みにわがままを押し切り、それが周りのストレスになる人は生まれたての魂です。
それを育てる人は魂が大人です。

赤ちゃんは悪い訳でもなんでもありません。手間と無償の愛を受ける立場にあるだけです。人の助けもいっぱいもらえます。語弊のないように!

もらう人、与える人、本当はどちらも同じなんだけど、行動、物質的にはそんな感じ。


年齢の高さはある意味人生のハードル量が多
く、むしろ一般的な、バカンスっぽい楽しさはそんなにありません。もちろんハードルは基本的に一人で超えるので、孤独です。

大人の魂で生まれているのに、それを受け入れられず、子どもの魂のマネしたり、仲間入りを望むととんでもない目に合います


みにくいアヒルの子の絵本は、魂年齢の違いなのです。と私は読み解いています。


年齢が若いと物事の違和感が少なく、いつも人とつるんでいます。それは自分らしく今のステージを命いっぱい生きているから。


子どもが子どもらしく遊ぶ姿って素敵でしょ?


魂の年齢が大人だということを受け入れていないと、学生時代に戻りたいー!といってすぐ目の前の現実、会社をやめてしまうのです。



私は大人の魂です。別にそれが偉いわけでもなんでもなく、それ自体を全く受け入れていないアホな大人魂なのです。


それを今日はっきり内観して気づきました。


あなたの場所はここじゃないのよ、と周りが気づかせてくれています。それは居心地の悪さがその知らせです。

それは意地悪でもなんでもなく、私へのアシストだという事に気づけました。

私の年齢、調べてみたいと思います。
多分本当はかなりいってしまってる気がします(笑)


かなりアダルトなのに、未だそれを受け入れていない往生際の悪い若作りみたいな感じが今のありのままの自分です


年齢に応じた振る舞いが大切です


それを自分の目と耳と全身でみつけます。


そのために皆、アシストしてくれてますねん。


だからやはり不都合な事を与えてくれる人にも感謝なのです。


自分を知らない、無知さは本当の幸せじゃないなー。


信じる事

January 08 [Sun], 2012, 5:59
自分を信じていないと、他人の話を聞き入れすぎてしまったり、外の情報にふりまわされやすい。もしくは、話を聞き入れなさすぎたり。


どうやったら、あの人にこれ以上何か言われない様にするには、どんな立ち振舞いをとればいいのか?


じゃなく、自分への信頼をただ試されているだけなんだ。


自分の信じた選択をすれば、必ず必要な事が与えられます。


信じた事とは、都合の良い事を引き寄せるとう意味ではありません。


都合の良い事をかき集めようとすれば、自分を疑う事であふれるでしょう。


信じた道とは、自分を生かす道。

それを活かす知恵を、信じた道から与えられた何かから見出して行くんだと思います。


信じた道に知恵があり。


都合の良い事から学ぶ事は案外難しいような気がします。


今日の瞑想が教えてくれた事。

グレーな空(クウ)

October 11 [Tue], 2011, 19:43
改めて思う事。


正しさが豊かさと結びつく事は少ない。


素晴らしい時、豊かさはおのずと傍に寄り添っている。



素晴らしい事を感じ、学んでいたい。



もちろん都合のいい事だけを集めたい、と言っている訳ではなく。


もしかしたら正しさに囚われていると、都合のいい事だけを集めようとするのかもしれません。



良いも悪いで世の中をすべて見たりしないで、


そういうものはやっぱりある程度の目安であって、


正しさを目指すために、行動を起こす事にお腹いっぱいになってきた。



これからも、もしかしたら知らない間に正しさの為に何かする事もあるかもしれない。


もっと飽きるまでそうしてみてもいいじゃないか、とさえ思ってくる。



欲しいと思っているモノに飽きるなんて事が出来る人はいない。



貪りまくって、しばらく食べたくもないという程、食い尽くしてから手放せばいいんじゃないかな。



正しさと間違いにこだわるのが人間。オール オア ナッシング的な事です。


嘘か真かで見るのが仏。



私は残念ながら、オール仏では生きていません。


ただ、思いっきり人間過ぎて生きるにはあまりにもお腹がいっぱいになっている。



だから、せめて真ん中、グレーを取って、素晴らしく感じるか、そうでないか、の心で見ていたい。


うん、そうだ、そうしてみよう。


と思える今日この頃なのでした。



グレーな空に、心地よさを感じられるように。白も黒もなく、そして、そこには何もなく。

正しさではなく、素敵ングを。

October 10 [Mon], 2011, 10:33
最近瞑想でふとひらめいたこと。

私はヨガやマクロビオティックの素晴らしさを感じる旅に出ていたい。


そして体感したことを素直に伝えていたい。



ヨガやマクロビオティックの正しさ追及する事ではなくて。



どれだけ正しいか?


というようなニュアンスを決して人に伝えたいとは思わない。



素晴らしさは人を追い込んだりすることは少ないと思う。



正しさは時に人を追い込んでいく事は多々あると思う。




ナイフのように使ってしまわないように。




素敵ングな事を感じ、そして伝える側でいたいと思います。



この素敵ングは都合のいい事ばかりでなく、


酸いも甘いもすべて素敵だという事を全身で感じ、伝えていく事です。



正しさは私を突き動かしたりもうしないと思う。いえ、そうなって毎日を生きていたいのです。



間違いだと思っている事に素敵な事だってたくさんあるから。




自分自身の内側で取り組んでいる事、いえば魂、肉体、精神でシェアーしている事をきっと他人とシェアーしていくんだと思います。

自分が正しさをシェアーしてれば、人に同じ共感を求めると思います。

自分が本当に何をシェアーしているのかな?と知りたいなら、何かぶつかったものをみるといいかもしれません。

例えば、私が本当に正しさをシェアーしていなければ、正しさをシェアーしたいと思っている人とももうぶつかる必要もない時が訪れるという事です。


それとまだぶつかるとき、私はまだ心のどこかで正しさをシェアーしているんだと思います。


そんな自分を見つけた時に、嗚呼私はまたこんな失敗や過ちをしてしまった、と裁かないときが来たときに、


本当の意味で正しさからの卒業なんだと。




私を縛る、正しさ。




それにこだわっている事実から一切逃げる事なく、直そうと躍起にもならず、真正面からただ認めてから、正しさにこだわっている自分自身を大きな波、それは素敵だと感じる心で飲み込んでいきたいと思います。



自分のフィルターの浄化を毎日歯を磨くようにできますように。

もののけ、そこのけ、私をのけて

October 01 [Sat], 2011, 12:46
毎朝行うプチ瞑想。




内側にもののけがうじゃうじゃいます。



げんなりします。



でも、もののけを悪だと思っているからげんなりする事を知っています。




もののけA子は、きちんとという苗字が付いています。



きちんとしない人に会う時、A子が暴れまくります。



それを私は怒りと名付けています。




もののけB子の苗字は怒りやと付きます。




怒りを撒き散らしている人をみるのがとても嫌なようで、その場を和ませようと頑張ります。それでも回らない時は、B子は安全性の低い原発になります。外敵の衝撃でいつ爆発するかハラハラものです。

もちろん、私、が怒る事を見逃がさず、それどころか私が怒るとメルトダウン、メルトスルーを起こして、その後はご想像通り、被害は拡大。




メルトダウンを起こさない為に、しっかりとした建築、安全策をし続け34年。




私の原発は未だ解決に至りません。



もののけC子が、メルトダウンのB子に悪い、悪い、と呼びます。
ご紹介遅れましたが、苗字はヤーヤー、囃し立てと言うミドルネーム付きのハーフガール。




このように私の内側はぐちゃぐちゃ、もののけうじゃうじゃ。




誰が問題なのか?




誰でもなく、私がこのもののけをコントロールしたり、それが無理なら排除したい気持ちが、彼女達のガソリンとなっているのです。





きちんと、をやめる。



怒ってはダメ、をやめる。




悪い事をしてはいけない、をやめる。




3人を解放しないのは、私。



追い払う事と解放は違います。




彼女達が開放感溢れるようにサポートしてあげればまた流れは変わるかもしれません。




ノンブレーキで感じる。最高の開放感で。




むかつく、だけを最大限に。




感じ、反応しているその場所から目を背けない練習。



それが私の瞑想。

頭の中の依存症。

September 08 [Thu], 2011, 8:11
先日ついに魂の科学を読み上げました。
手にしてから4年。


読んで内容があまりわかりませんでしたが、はっとさせられる事がいくつかあり、瞑想のサポートとしてはとてもいい本だと思います。


意思鞘と理知鞘の繋がり、見えない依存関係、支配関係。


ぞっとする事、無意識な事、色々見せられました。



繋がりながら、足の引っ張り合い、つまり依存させない。



全てにおいて。


自立させているからこそ、助け合い、良質なつながりが生まれる。


頼る、は直す、治すとはだいぶ違うもの。


ハッピーな時はこんなことに目を向けないので、今年の不運はやっぱりちょうどいいんだろうな。
月別アーカイブ
2014年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31