ダイエットとヨガのコツコラム1

April 06 [Sat], 2019, 5:13
ダイエットとヨガについて。
私はよく体重の増減が大きく、回数も多いです。
10キロの体重を行き来したことは3回ほどあります。

ストレスが溜まると食べれなくなる人がいる一方、やけ食いに走る人もいる。私は特にお菓子、果物などの二糖類、甘いものを食べる傾向があります。そしてそれが夜食・・・・笑

夜食を止めようと色々工夫したのもの、10年くらい辞めれませんでしたが、去年乱行型の血糖値の問題により、二糖類摂取がストップがかかりました。

アシュタンガを始めてからの体重の増減で10キロを行き来したことは産後の卒乳時くらいのもので、5キロの行き来程度に収まり、近年は多くても4キロくらいの増減で済んでいます。もともと腎臓があまり強くないためむくみやすく、1日で2キロ変わることは珍しいことではありません。

体重の増減がない時期に共通すること
それは、運動を欠かさずしている時です。

「欠かさず」です

ムラがあると、とても太りやすくなります。
妊娠前は、以前はマラソンをしていたので、走り込みが安定しているときは、あまり増減はなかったのですが、関節を痛めて走れなくなってから、すぐに10キロ増えました。

アシュタンガヨガを始めてから、毎日練習する習慣がつくため、30歳になる頃には、増減があっても30歳の時の体重は、今も変わりません。これに4キロ足した数字を行き来する程度です。私にすれはとても安定した数字です。

食べる量は申し訳ないほど、多く「食べ過ぎ」は否めません。一緒にご飯を食べたことがある方ならびっくりするかもしれませんが、元々大食いのため食事をコントロールすることが大変難しいタイプなのです。
牡牛座に月が入る人は、ダイエットがもっとも難しいと言われるほど「快楽:飲食」

ストレスが溜まると、飲食に走ります。お酒が飲めないので、砂糖でできてるのか?を思うほどの糖分を摂ります。


よくあれだけ食べて体重をコントロールできてたな・・・と思うのは、若い頃と比べて思います。

アシュタンガヨガをすると、筋力がアップするため、カロリー消費がしやすくなります。そのため体重は変わらなくても、体脂肪率は10%減りました。つまり見た目は随分小さくなったと思います。

ダイエットが成功しない方、早朝に動く習慣を身につけると、1日の代謝も上がり、朝っぱらから動く自分の努力に自信がついて、ストレス解消に暴飲暴食を選ぶことが徐々に減っていきますよ。

一人で朝ヨガを始めるのは続かないもの。
あと怪我の原因にもなるため、せっかくやるなら正しいやり方をしっかり学んでいきましょう。

えびすヨガスタジオでは、早朝マイソール(朝ヨガ)を開催しています。
令和元年から太らない体を作るぞ〜って方はお越しください。

  • URL:https://yaplog.jp/komamekomame/archive/9052
月別アーカイブ
2019年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30