早朝マイソール担当して2ヶ月。私もシャラも新しくなります

March 30 [Sat], 2019, 10:34
2ヶ月はみなさんの様子を見ようと、あまり多くを言わずにきましたが、早朝マイソールのシャラをどうしていきたいのか?と言うことが明確になったため、今週から指導を変え始めました。

厳しいといえば厳しいですし、基礎的なことをゼロから学べるといえば学べる環境になりました。

大阪人の特徴
注意をされない、言われなったら、「それは正しいことをしている。」と認識し、

東京だと、言われないことは逆に「何か先生の言うことをちゃんと聞いていなかったから見てもらえなくなったのではないか?」と落ち度を考える方が多いです。

全国色々行き来して、民族性って色々あるな〜と思ってます。
関西は、言う文化。特に大阪。
だから言わないのは「伝わらない」ということになります
(京都はちょっと違うけど)

練習において、自己解釈で脱線していきやすいことも考慮し、分かるまで言う。出来るまで諦めず伝え続けるstyleに変えることにしました

私はめげません。一度決めたら、テコでも動かずやり抜いていきます。
しつこくうざいくらいになってますが、どうなったかというと・・・

たった数日で、みんな色々変化が始まったのですよ。
先生が正しく教えることを放棄されてしまうと、生徒にとってどれだけ残念なことなのか・・・
先生が生徒とぶつかることを恐れて(大阪は態度を露骨にもだすので)何も言わなくなる。
そうやってマナーがよろしくない「大阪」と周りから言われてしまう。

これは、生徒の問題か?と言われたら、先生の怠惰ではないかな?と思うのです。

うるさくいう先生のクラスは、大阪でもマナーはもちろん、練習の質も高いです。
もともと明るい商人の街。
その気になって正しくやれば、伸びしろ半端ないのが関西人のはず。

基礎となるヴィンヤサの見直し、所作の丁寧さ、そして何より呼吸の的確さ。
打てば響く、やればできる。たった数日で、これだけ出来ることが増えれば、正しくやることの「素晴らしさ」に気がついていただけると思うのです。

ただ体を動かしてスッキリしたいなら、何も言いません。でも上手になる伸びしろを放置するのは、私にはできない。

怪我しないように練習するための、基礎を4月からモモエ先生とともに、ぶれることなく伝えていこうと思います。

なんとなくやってしまっている・・・今更ちゃんと教えてもらえないかも・・・て方も是非お越しください。

根気よく、粘りつよく、そして「言葉の魔術師マリコビッチお得意の
「その人それぞれが納得できる言葉がけ」を個性に合わせて指導します。もちろん骨格の特徴なども全て踏まえて無理をしないラインを考慮して指導します。

本当に今日はバックベンドも軽々上がってくる人も多くて、私もウキウキです。この2ヶ月で私がアジャストすることがほぼなく、スプタクールマーサナも自力で自分なりに出来るようになった人がぐんと増えました。

力強いアジャストができない分、自分で出来るようになる楽しさをアシストしています。アジャストされないと成立しないヨガって寂しいじゃないですか。せっかくやるなら、「自力で出来る」喜びを知っていただくためにも、基礎の細かいところからお伝えしています。

えびすヨガスタジオの早朝マイソールは、参加された方の才能を伸ばすお手伝いをさせていただきます。
そのために伝統的に正しくすることを推奨していきます。

カタオカマリコ、ちょっと厳しくなってるやん!ですが・・・それもまた楽しんでもらえればと思います


(私の10時以降のクラスは、変わりなくフリーダムですので、優しく自由にしたい方はそちらへどうぞ)










  • URL:https://yaplog.jp/komamekomame/archive/9031
月別アーカイブ
2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31