絵本を使う子どものためのプラーナヤーマ講座@オハナスマイル

August 09 [Fri], 2019, 18:32
えびすヨガスタジオよりお知らせです。



絵本を使った子どものためのプラーナヤーマ集中講座
詳細はこちら





お母さん、お父さん、ヨガインストラクターのみなさん、子どもにヨガを伝えてみませんか?保育士の資格を持つヨガインストラクターが伝える、子どもの呼吸法
講師:片岡まり子
受講料 12,500円
※本ページの価格は全て税込み表示、事前振込制でお願い致します。
要:事前講座
妊婦可(必ずお問い合わせください)


日程 / 会場の詳細

こちらをクリック



講座内容

業界初!絵本を使う呼吸の指導法

近年、増え続けている子どもの口呼吸ですが、本来健全な心身の維持には、鼻呼吸が大切です。本講座は、日ごろから鼻呼吸ができるように「子どもに楽しく呼吸法を伝えるスキル」が身につく集中講座です。講師作成の絵本を使い、子どもに分かりやすく伝える技術を学びます。ヨガ未経験の方も参加可能なクラスです。
指導対象年齢は、4歳から8歳までのお子さんが対象となります。
※本講座は、お子さまがいらっしゃる方、ヨガインストラクターの方々向けの講座であり、お子さまはご参加できませんのでご了承ください。

口呼吸・鼻呼吸のメリット・デメリット

<口呼吸をおこなうデメリット>

口で息を吸うことにより身体に冷たい空気が取り込まれる
それにより身体が冷え、免疫力が低下
噛み合わせが悪くなり、肩こりや疲労の原因にも繋がる
<鼻呼吸がもたらすメリット>

身体の冷えがなくなり血流の流れが良くなる
風邪などの病気が減る
口呼吸よりも集中力が高まる
集中力がなく落ち着きがない子ども、体調をよく崩す子ども、アレルギー症状で悩んでいる子どもに効果的です
保育士資格保持者によって日本の子ども向けに作られたプログラム

これまで日本で取り扱われてきたキッズヨガは海外で発祥したものが多かったのが現状。海外と日本とでは子どもの特性や環境も異なるため、海外のプログラムを学び伝えても、日本の子どもたちは合わず、「学んだものの…いざ開催してみるとなんだかうまくクラスが開催できない」といった悩みを多く頂いていました。
本講座では、保育の学校で日本の子どもについて学んだ保育士の資格保持者であり「日本の子どもたちの現場」を知った上でプログラムを考案した片岡まり子が講師を努めます。

開催しているクラスにお子様がいらっしゃるというヨガインストラクターの方、もしくはご自身のお子様にヨガを伝えたいというご両親、まずは呼吸法を伝えることから始めませんか?



プログラム
絵本の進め方と使い方
絵本の読み方と惹きつけ方
呼吸がスムースに行う為にポーズを使う
子どもの体に合わせたプラーナヤーマ理論
呼吸方法を分かりやすく取り組む為の工夫バリエーション
指導練習
実技練習
講座概要


受講料 12,500円
参加対象
既にヨガのインストラクターとして活動されている方
ヨガを日常的に練習されている方で、これからヨガのインストラクターを目指される方
保育現場、学校、子どもの習い事などヨガを知らなくても子どもの現場に立つ方
自分の子どもや身内に呼吸法を教えてみたい方
※お子さまは一緒にご参加できませんのでご了承ください。
持ち物
ヨガマット(レンタルご希望の方は300円※要予約)
筆記用具
動きやすい格好のお着替え
タオル


注意事項
当日受付時に、クラス参加にあたって同意書へのご記入をお願いいたします。
レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
多くの方にご利用頂く関係上、ご希望される温度での調整が難しい場合がございます。各自、上着、ブランケットなど、保温できるものを必ずお持ちください。
会場の受付は講座開始30分前からとなりますのでご注意ください。
録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。
妊娠中の方のご参加も可能ですが、主治医にご相談の上、ご自身の判断の下でおこなってください。
お申し込みはこちら


キッズヨガ養成コースはこちらをご覧ください。



  • URL:https://yaplog.jp/komamekomame/archive/6818
月別アーカイブ
2019年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31