アヤシュィタンガ(怪しいアシュタンガ)

September 17 [Thu], 2009, 23:17
2日ぶりにブログみたら、普段の3倍のアクセス数が・・・
プラクティス、に興味ある方が多いのでしょうか?

昨日、ヨガトモさんと用事を兼ねて天満橋にあるインド料理「アルナーチャルム」?で店の名前あってんのかな?行ってきました。
やっぱりベジカレー最高、ビバビバインド料理。

で、朝起きたら「鼻タレ小僧」に・・・笑
私の体は結構面白いな〜と思うのでした。
かなりのド陰性料理だったせいか、今日は陽性のものが食べたくてしょうがなく、夜食にオーガニックのそばをゆでて食べました。いや明日は「重い。。。動かない」とか悶絶しながら過ごす事は承知の上で・・・笑

意識化が高くなればなるほど、あらいる事に理解が深まり、本を読んでも、生徒さんのアサナの状況を見ていても、メンタル状態や心の癖が浮き彫りになる事が感じられます。
最近アシュタンガのクラスが数人しか来ない状況が続いてるのでみんなに何する?
と相談しながらやる事が殆どで、基礎を見直したい、といの声でスリアナマスカラAを見直しました。

3人にまず動いてもらって、陰陽のチェック、メンタル状態、長い間の心の癖を観察。
決して体か硬いとか、筋力がないから、だけの理由でポーズの状態が完全に決まるという事はありません。
無意識が多ければ、自分がポーズによって表現されている手放せない事、普段の心のあり方をさらけ出している状態になります。
別に占い師ではなし、当る当らないとかいう次元でなく、単にそう感じるだけの話である。
本人がそう感じなければそれでいいんですよ。ほんとそれだけ。
私がそう感じるだけで、それが正解でも間違いでもない。
これが人を感じる事だと私は思っています。

当てよう、成功しよう、上手にしようと思うと、いろんな我執が入ってそれが原因でよく分からなくなるんですよ。
ちなみに私はそんな経験ありました。
ただ感じるだけの話、無心になって向き合うだけなんです。


よくそれを誰に習ったのか?とか、基準は?と聞かれる事もあるけど、
習った事もないし、ポーズ自体を指導していただいた事自体がほとんどありません。
一時期はそんなんでアシュタンガ指導するのか?みたいな声もいただいた事もあったし、自分でもそう思ってたのたのですが、それがいいという人が集まってきてくださっているならそれでいいかなと思えるようになりました。

それに、習わなかった事がきっと良かったんだろうと最近思う。
全く未知の世界で12年、実験と研究を重ね、独自の統計の集約が今のスタイルとなりました。
なので、万人受けするかどうかは非常に難しいなと自分でよく分かっているので、
伝える場所をそろそろまじめに考えなければいけないな・・・と思うようになりました。

顎関節症が少し和らぎ、まだもう少しが残っている・・・・
うーん。
あれだよな、あれ。

4月からスポーツクラブを休職願いだそうと思っていたのですが・・・・
思い切って・・・・契約解除することにしました。

あほだとは分かっているんですけど、凄い倍率でオーディションの切符いただいた上に、入れていただいているのにもかかわらず。

査定という作業で人間判断されるのか・・・と思うと私には向いてないな・・・と思い、
あまり持ちすぎても重くなるのでサヨナラすることに。

本社に言う前に事業所に説明をして、承諾をいただいたので
明日本社に電話を入れて、迷わないうちに辞めようとお思いました。

迷っちゃうと条件良いですからね・・・笑
そんなに出来てませんし、アタクシ・・・笑

でもこれで何かまた大きく変わる気がする。
徹底して、必要だと感じる事だけをやってみる道に勇気を振り絞って歩いてみる事が一体どんな事を生み出していくのか、どんな場所に行き着くのか、決め付ける事なくただ歩いてみたいと思うのです。


カレーの写真はまた後日。
  • URL:https://yaplog.jp/komamekomame/archive/535
月別アーカイブ
2009年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30