骨盤の形が変わった?事件

February 25 [Mon], 2013, 10:20
なんだか、凄く重くて休もうかと思いましたが、一応練習。がジャーヌCで退職(笑)


ただ、肩甲骨の使い方変えたら苦手なプールヴォッタナ様、人生でこんなに楽しく楽だったのか?をアシュタンガヨガ10年目にして知る(笑)


基本的ポーズから学ぶ事は相変わらずです。


後は、ジャーヌCやアルダバッタ系の左膝の痛みのリリース方法も発見。

ふむふむ、体調すぐれない時の練習にやはり恩恵多いのです。


練習後、久々に骨盤掴んだら、なんと骨盤変わっとるやないですか!!!


数mmしか動かない骨盤がこんなにも変化あるのはなんでやろか?


と考察してたら、筋肉のつき方がかなり変わった影響で骨盤の手触りが大きく違ったという事実。


うーん、こういうので骨自体、骨盤が変わるという表現しちゃダメね。
雑誌や本の表現力に振り回されちゃあきまへん。
そもそもこっちが感知できるほど動かない関節ですもん(笑)



筋肉のポジション変化によって、骨盤と筋肉の関係性が変化する、なので、手触りが変わる。


にして欲しいな(笑)


新たな発見に、またお尻美人のネタが増えたし、以前自分の様なのでフォルムの生徒さんにも光りがあるという事がわかったことが嬉しく思います。


ナイスオケツ、ゲッツ、オッケー!


が基本ですからね。


やはり坂田グルジと寛平大先生に学ぶ事は多いのだ(笑)



  • URL:https://yaplog.jp/komamekomame/archive/2618
月別アーカイブ
2013年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28