アーサナ対ウオーキング。議題健康。

January 20 [Sun], 2019, 7:47
寝るのが遅いとやっぱり寝坊


7時起床。随分寝坊。


ただとても寝つきがよく、快適な朝を迎えました。


昨日は高知をウロウロ歩き回り、歩いた量は9000歩超えのようです。


一緒に歩いた方が、よく歩くと眠れるという話になる。車生活してる所に、時々大阪などに出ると歩かないといけない。その時の差で歩く事の大切さに気づくという話になる


たしかにウオーキングしてる方は寝つきがいいなと思う
車の人は運動量が少ないから、体が疲れなくて眠れないのはあるかもしれない


日常的に自転車乗る人も、歩く人よりは寝つきがよろしくないのもしばしばある。自転車やめて歩いてる方は、みんな元気な方々ばかりです


ヨガはどうなのか?
アーサナ大量にすると??
といえ話になり、筋肉痛になって次の日歩くのも辛いから歩かなくなる、しんどすぎて眠れない


普段毎日アーサナするなら、筋肉痛はおきないのかもしれないけど、筋肉痛になるまでの運動は、継続にはならないし、生活の快適さを奪えば運動量が下がり、歩かなくなる


アーサナは健康にはならないな笑
結構怪我するしね笑
ヨガセラピーの理論ならいいのだろうけど、体のあらゆる場所を伸ばしすぎ、曲げすぎることをゴールとするなら、健康ではないですね


健康にいい運動レベルは喋りながら運動できるくらい


やっぱり喋り歩くことやなぁ
または、喋りながらヨガすることやね笑
火曜日のマイソールメンバーはみんな元気だ
喋りながら練習するのは、ヨガを極める事からズレても、健康からはズレない
何にブレずにいたいか?人それぞれ。


健康になりたいなら、やりすぎないことですね



飴ちゃんやで

January 20 [Sun], 2019, 7:31



相変わらず


大阪は面白い


#面白い恋人訴えられる


#オモロない変人は大阪で生息不可


#面白い変人は大阪で生息可能


#大阪では笑いとは酸素であり呼吸なのだ


#大阪で瞑想とプラナヤーマが人気のない理由

早朝マイソール準備日記@バンダの意義

January 19 [Sat], 2019, 11:52
朝早起き


久々の早起き
しかし5時過ぎ

4時半起きまであと30分


6時過ぎからの練習にも、少しずつなれ始めた。
今日もフルプラマリーからのカランダバーサナまで
サードもチクタクはしばらくお休み


肩が落ち着くまでは無理せず
昨日感じた肩の無重力


うまく取れる時と取れない時がバラバラ
コツがつかめるまで、気長に行こう


肩を痛めなかったらわかんない世界。
手首も肩も力まず、ふっと軽く持ちがる瞬間を初体験すると、プライマリーが楽しくてしょうがない。



力んでリフトしてた過去があってこそ
その積み重ねが、いつか雪解けのように溶けて、力みなしでふあっと上がる
元々力まないようにしてたけど、流石にここまでではないので、驚きはすごい


ナヴァーサナは大分慣れてきたものの、さらに楽にキープ出来るようになった


解剖学だけでない体の不思議
全身使ってやり切ってみないと、ここには来ない
今までの全てが無駄ではない


歳をとってなお練習が出来る人は、この力みのなさで練習してんだろうなあ
練習を続けていくと、怪我も増える。何もしなくても人は痛い場所は増えていく


痛みを上手に扱えるようになるのが、ストレスフリーな老年期に向かうためのステップでもあるな


今年の冬はやっぱり進むことより、フルプラマリーを一番練習していこうと思う


頭と肩は使いすぎない
もっと無になって練習
バンダわかった!バンザーイと何度思ったことか。
バンダを指導で使いたくないのは、思い込んでたものが変わっていく恐ろしさを知っているから。


しかし、今回はおそらく本物だろう(と思われる)手首も手も首も力みなくふわりと浮いてるだけ。


バンダを人に説明するのは、誤解を招きそうなので、今後も使うことはあまりないと思う。
バンダ使って、を10人いれば捉え方が違う
私の15年間の捉え方のバリエーションが色々ちがうからだ。


でも、今回体験できて良かった。
バンダは、怪我や不調においても、無理せず力まず練習を継続してくれるための友なのだ。怪我でも練習を軽減させつつも諦めずに練習してきた事で見えた世界。


練習の継続に、力みすぎはよろしくない。
それを伝えていく事だ。


早朝マイソールを持つときにきっと何かに繋がっていくはずだ



下手と絵心は別問題

January 19 [Sat], 2019, 11:27



先日、お土産を頂いたお礼も兼ねて




#イラスト奮闘中


#シニアヨガ修了書


#子どものためのプラーナヤーマ絵本


#福祉の世界からシニアヨガを学ぶ


#絵は下手


#でも絵心はあるとのこと


#美術の先生より


#ギャグ漫画家になりたかった子ども時代


@ebisuyoga_studio?

3月17日美脚と美尻のためのヨガ&自分の体に合わせた後屈のコツを知ろう@徳島

January 18 [Fri], 2019, 20:10
台風で行けなかった徳島
しかも満席だったのに、本当にみなさん申し訳ございませんでした
3月に再度お邪魔することになりました!

オーガナイザーのゆりさん、ありがとうございます。

残席があとわずかになったそうなので、お申し込みは早めによろしくお願いします。

以下コピーになります。

詳細はこちら


昨年7月開催予定で台風の為延期だった、
片岡まり子先生のwsをリベンジ開催させていただきます☻♡

7月の時にご予約を頂いていたお客様から
ご予約を完了させていただいておりますので、

各ws、残り僅かとなっておりますが、
是非ともご参加下さいませ^^


以下詳細です♡
↓↓↓



日本ヨガ界のトークの魔術師、
いよいよ来徳です‼
大阪、えびすヨガスタジオさんを拠点に、
全国でws、養成講座を開催、
横浜ヨガフェスタ出演、関西ヨガフェスタ出演、etc..
大人気ヨガインストラクター
片岡まり子先生のwsが、
徳島で開催されることとなりました
今回、2本立てとなります
ヨガ初心者から指導者の皆様まで、
全員が楽しめる内容となっております

気になる今回の内容と言いますと、

@美脚と美尻のためのヨガ
(10時〜12時)
ヨガやってるのに下半身が太く大きくなったという方必見!
目指せ!下半身おブス卒業!お尻のたるみ、下半身太りやむくみ、冷え。また腰痛、膝痛などにお悩みのある方にも必見。
すぐに結果が感じられるシステムを採用し、誰でも簡単に取り組める様々なケアと体の仕組みを分かりやすく学びます。
またボディケアだけではなく、歩き方、座り方、立ち方など日常生活における美脚美尻の所作をしっかり取得し、生活の動作癖を改善することで、よりスラリとした下半身を目指します。
オフザマットの美人所作に興味のある方は必見です。
見た目だけではなく、お尻が下がる事、足首のむくみ、脚全体のむくみが引き起こすと、体の不定愁訴と知らない間にリンクしていることも。
体の重さや腰、膝、股関節、その他下半身への不具合を感じている方にもおすすめです。
また苦手なヨガのポーズ、特に前屈、後屈、バランスポーズが苦手な方がメンテナンス後に試すと驚きの変化が!
ぜひご参加ください!


A自分の体に合わせた後屈のコツを知ろう(13時〜15時)




↑やりません。多分w

まり子先生の見事な後屈!

後屈、苦手な方!この指止まれ!
後屈=苦しい、苦しさ我慢して乗り越える、根性、努力のイメージを
後屈=誰でもが分かる、楽しい、笑える、取り組みやすい後屈
に大変身!
できる気がしないと感じるのは、みんな体が違うのに、
同じシステムに乗せて練習してしまうから。
色んな人の体に合わせた指導を軸にしている講師が、


参加者それぞれ個々の体の特徴(癖)に合わせた取り組み方をお伝えします!
後屈を学びつつ、自身の体の特徴を知ってみませんか?
自身を知り、プラクティス全体の可能性を広げていきましょう!



私自身、
様々な養成講座、
その他wsを受けさせて頂いているのですが、
まり子先生のトークが面白すぎて、
涙が出るくらい笑ってしまいますw
しかしながら、とてもわかりやすく、
愛情も感じるなと思いました!

だから、何度も受けたいと思ってしまいます。
これを機会に、皆様にもご参加いただけたらなと思っております♪
よろしくお願い申し上げます


【日時】3/17(日)
@美脚と美尻のためのヨガ
(10時〜12時)
A自分の体に合わせた後屈のコツを知ろう(13時〜15時)
(両方でも1本でもwelcomeです)
【場所】東宗院(徳島県徳島市寺町90)
お近くのパーキングをご利用ください。

【必要な物】
ヨガマット(レンタル希望の方はご予約時、お知らせください)、
動きやすい服装、お水、タオル
【料金】
@4320円
A4320円
(両ws、受付時にてお支払いになります※混雑を防ぐため、
お釣りが出ないようにご協力をお願い致します)

【講師】片岡まり子
大阪「えびすヨガスタジオ」主宰。
独学でヨガを約10年学び、その後大手スタジオで9年間養成講師として活動。
2017年5月「えびすヨガスタジオ」をオープン。
大阪、東京、札幌、博多、名古屋、沖縄、高知、その他各地でヨガインストラクター養成講座やWSを開催し、日本最大級のヨガイベントでは毎回満席になるほど人気。
様々な職種で得た経験と、幼少期からの波乱万丈の人生を通じて経験した事を元に難しい事を誰にでもわかりやすく伝える事を心がけている。
生まれつきの関節疾患や、イレギュラーな体のために、アライメント通りに体がついていけなかった経験を通じ、形に囚われすぎず、体に学べをモットーに、独学でヨガのポーズを分析してきている。
幼少期から接骨院、鍼灸院で治療するきっかけを通じて解剖学を学び、医療からみる解剖学を基軸にしてきており、
さらにマクロビオティックでの食餌療法を通じて、子育てと食事の繋がりの大切さを伝えるなど幅広く活動している。
現在では、小さな子供から、シニア、マタニティーまでさまざまな方に合わせたクラスを実施。
大阪を中心とした保育園、養護施設、福祉施設、福祉学校にて職員向けにも活動中。
その他、保育士資格や不妊症と難産、育児等での壮絶な経験を活かし、マタニティーヨガ養成講師、キッズヨガ養成講師、シニア養成講師、としても全国で活動中。
笑いと情熱、日常生活に生かせる事をテーマに指導を行ってる。
元調理師。保育師、パン講師資格、調理師免許、レイキ3rd degree、ヨーガ療法士。
横浜ヨガフェスタ出演、関西ヨガフェスタ出演
絵本「こどもの為のプラーナヤーマ」出版
えびすヨガスタジオさんのHPはココをclick!




【お問い合わせ、お申込み先】
Mail yurry410@gmail.com
LINE@ @yogaya0321
(お名前、ご住所、ご連絡先、参加希望ws明記の上、市川友理まで)



yoga屋の女将/yoga・pilates インストラクター+練習生/歯科衛生士/徳島/singer/yoga用アカウント→@yuri_yoga410/※DMを送ってくださった方、コメントを頂けたら幸いです☻



力みのなさにもレベルあり

January 18 [Fri], 2019, 17:21
肩の痛みがなかなか厳しい。


赤パン先生が、解剖学ではなくエネルギーの意識を勧められ、わからないなりに工夫


力を使わず、意識をそこに置く


目をつぶらないでドリスティ見て


目を閉じると、個人的には呼吸が深まりやすい
ただ、ルールとしてはアウト
意識がぼやけてダメなんだとか


2日休んで久々に練習
プライマリーを丁寧に、出来るだけ目を開けて、意識をそこに置くだけの、わかっているような分からないような練習を淡々と進めていく


途中、おー!これは!という初めての感覚に出会い、肩にかかる負担が軽減されていく


ダウンドッグの取り方が偶然ハマり、呼吸の取り方、ドリスティを守ることで安定が広がっていく


明日は瞑るかもしれない
ドライアイによる、激痛がひどい時は諦めて目を閉じる


でも、久々に目を開けて練習してみることをトライしてもいいかもしれない。




トラディショナルな練習は、練習が深まり、経験値が増えていくと、謎のルールもなんとなく理解できてくる


それに15年くらいはかかる鈍臭い練習生もここにいる


いや、案外器用だと初めから当たり前すぎて、やっと意味がわかった!出会えた!という感動が薄そうかもね
薄いから、案外器用な人ほど続かない
アーサナ早くもらえたら続く、という方法もあるけど(笑)
簡単にくれない先生の元で続く人は、練習の中に現れるリラックスを体感していける瞬間は多そうだ




最近つくづく思うのは、インドに通っているオーソライズはやっぱりそれだけの意義がある。
オーソライズでなくても、定期的にKPJAYIに通ってる先生は違う。


練習に対しての意識はやっぱり高い。あまり改ざんしていないこと。
練習が深まるまでは、案外改ざんされた方が良かったりする。ある時期アイアンガー的なものやストレッチ、筋トレなど必要な場合も人によっては存在する。
でもそのうち、深まるとシンプルなものがハマってくる


オーソドックスとシンプル
今の私にはこれがベストだなと改めて思う


無になっていくためには、リラックスは欠かせない
そしてある程度の筋力、体力。
柔らかいだけでは、無にもリラックスにもなれない
手抜きで力を抜いてきたマリコビッチには、追い詰められた後にやってくる向こう側を体験した事をキッカケに、いろんな世界がある事を認識。
力を抜くにもレベルあり
努力や気張ってもいないままでのリラックスと、力み切った後にあるリラックス
陣痛時のリラックスと同じ。

負荷のないリラックスと負荷のある時のリラックス
どちらも楽しんでいきたい
バランスのとれた、力みのない練習を日々体感していければいいなと、前向きな形で怪我に感謝。怪我は人には勧められませんが、私は色々学べる事が多いから、全て否定する気にはなれない。
ただ、しないに越したことがないので、しないようにしましょう笑





家族の理解あってこそ

January 18 [Fri], 2019, 10:10
久々に家族で3日過ごす


ご飯一緒に食べたり、事務所に旦那さんと荷物を運んだり、何気ない日常を満喫中

家族が見るカレンダーに家に帰る日、帰らない日を本日書き込んでみると、来月ほぼ帰れないのか。


ほんの短時間でもいいから、帰って顔を見ようと思う


家族の理解あってこその仕事。


本当に感謝しかないです


体に気をつけて、地道にコツコツとやろうと改めて思います

押し付けない教育を心がけています@キッズヨガ養成コース

January 17 [Thu], 2019, 11:55
休み明けの仕事はキッズヨガから


子どもの落ち着きや集中力をどうやって押し付けずに楽しく運ぶか?


難しく、大変だけど、そんな事を考えているのが物凄く楽しい


子どものままの部分を残してると、日本の大人社会ではめんどくさい事が多いけど、シーンが変わると楽なこともある。めんどくさいとは、社会性は育たない、という事も含みます


先日、発達障害がい寄りのお子さんを持つ母親から、片岡先生のように社会性が身につきますか?


というご意見をいただいた。
答えはあるよでない。
立つ社会でそれは変わる。
日本は高い社会性を求められるけど、海外は違う
だから、無理して日本で仕事しなくていい


というのが持論です


自分の発達障害がいを隠してはいないので、社会適応しながら生きてる発達障がいの大人を見て、励みになることもあれば、逆にどうすれば我が子が社会で適応出来るか?という事も湧いてくる


落ち着きが身につけば、社会的な適応は見えてくる
ただし、それは日本においては、である。


日本では、空気も読めて、足並み揃えて、周りのために自分に嘘をつく


これが大人の嗜みだ


自分に正直でいるために、周りに嘘をつく事でうまくやる、という方法を取るのが、外国風。
あとは、約束を守らない、というのもやり方としてある。そこまで他人に責任持たない。それは肩も凝らないですねぇ笑


真面目過ぎてもまた大変。
なんで?理由もなく納得できない事をしなきゃいけないの?


という人に、とりあえず、という言葉を使っても前には進んでいかない。


日本社会は、自分に嘘をつくことにストレスがないか、さほど自分の意見がない人か、それくらいでないとノンストレスでは生きていけない




自我が強い人は、人の上に立たない限りストレスだらけだ
日本人で我の強い人で適応してるなら、それは何かしらで優秀で上に立った人だと思う


ただ発達障害がい関係なく、全員が長けた能力と強い野心があるわけじゃない


特に発達障害がいでなくても、今の日本は生きづらい。周りの声を聞こうとすればするほど生きづらい。


社会性とは、周りの声を聞ける量と共に、それに応えられる能力だ。


周りの声を聞けても、応えられる量がそれ以下なら誰でも機能不全を起こしかねない




私はある一面では、社会性があるけど、銀行員や硬い仕事をするほどの社会性はない。


何をもって社会性なのか?
自分が潰れない程度の社会性のレベルを見抜き、その社会を選んでいけたなら、それは社会性がある、と言ってもいいと思う。


人それぞれの社会性のレベルがある
高い人は硬い仕事で頑張れる
ない人は、無理してつけず、自分の社会性に合わせた社会と、それなりの生活レベルを受け入れていく事だ


高い人は、比例して社会的にお金も地位も高くなる


要は身丈に合わせた人生を愛していけるかどうか?


これは育つ環境で決まりやすい。
親が高いライフスタイルが成功であり、それをゴールとして育てたなら、その子のレベルが社会性が足りない時、社会に出ていく事は薄くなる


プライドが高くて許されるのは、社会性の高さのある人だ。


社会性が高くないので、私はプライドは持たないようにしている。ないものは、プライドも持たぬ事。これも社会適応性の高さだと思う。


社会性が低いという事は、大体怒られる、虐げられる、バカにされる、搾取を受ける。
残念ながら避けて通れない。避けたければ、社会性を高くすればいいだけだ
頑張っても身につかないのだから、その辺は諦めてなんぼ。淡々とその事実を受け入れてやれる事をやるだけだ。シンプルに捉えれば簡単だ。


何をもって社会性と呼ぶのか?
どこに所属して生きていくのか?


子どものうちに決めつけてはいけないけど、ある程度その子の器用さは眺めていると分かると思うです


高い社会性を、あまり器用ではない子どもに押し付けすぎてしまわない事


これからの親に必要な事じゃないかな?と思う。


ただ社会性があるないにしろ、
落ち着きは、あると便利
できるだけ楽しく、そうしたくなるような事を勧めていけるように。決して押し付けではない形をとり続けられるか?


子どもとの関わりは、取り組めば取り組むほど苦悩が多い。だから面白い。


キッズヨガ養成コースでは、子どもの未来を考えて関わることまで学んでいきます
現場で長く立ち、いろんな子どもを見てきたからこそ関われるバリエーションを惜しみなくシェアしていきます


ただ、アーサナをさせたいだけなら、私は不適合者です
アーサナはどっちでもいいから、子どもに適切な関わりを身に付けたい方は、是非お越しください

二月東京こちら




二月博多こちら

急速休息とクレンジング日和

January 17 [Thu], 2019, 9:29
火曜の夜から木曜の朝まで、寝倒す


久々にただ寝ただけの一日中
ヨガもしないし
食べて寝て、食べて寝て
家族のご飯作って食べてまた寝て
気持ちよすぎて、永遠に寝れそうだった


流石に今日から仕事なので6時過ぎに起床


二月からの早起きに間に合うのか?いや間に合わせるために、中弛みを作って充電、という事で(笑)


月に一度は、この様な怠惰な一日が個人的には、リラックスになりますが、健康には良くないらしいです


今朝もヨガの練習は辞めて、仕事行くまで、家の掃除


掃除は面倒だけど、ヨガの練習後のようなすっきり感が素晴らしい


何もしない
少しずつ身の回りを整える
仕事する
その上でヨガの練習をする


明日から徐々にエンジンかけて練習をスタートしていこう


自由に自分らしく練習をする事ができる火曜クラス

January 15 [Tue], 2019, 18:21
火曜の楽しくマイソール


先週と打って変わり、珍しくも大人数。



喋りながら練習を楽しむ人もいれば、黙々と練習する人もいる


気楽にリラックスしてるせいか、上手になっていく


もちろんみんなの集中力はすごい。


喋ってても、練習やるぞ!となった時は切り替えも早い




体も心も自立した練習をしてるため、自分で出来る範囲をたのしみ、そして自分で出来るようになる事を目標に頑張ってます


何よりいつも楽しそう
練習を楽しむ
自分と向き合う時間は、楽しい時間にする


こういう積み重なりが、穏やかで明るい生き方になるんだなぁと毎回感心してます


アーサナを欲しがるわけでもなく、ただ自分の決めたゴールを目指して練習する


無言で練習するのが苦手な人は、喋りながら練習する


誰もが黙々と練習する事が向いてるわけではない


火曜のクラスは、無言が苦手な方にもオススメです











月別アーカイブ
2019年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カタオカマリコ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1977年3月23日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 職業:自営業
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-温泉&自然
    ・ヨガ-旅行を兼ねて旅先のスタジオに出没
    ・読書-なんでも読む
読者になる
大阪堺筋本町えびすヨガスタジオ主宰
5月1日プレオープンスケジュール
えびすヨガ公式
フェイスブックえびすヨガスタジオ公式サイト
出版 子どものためのプラーナヤーマ(スタジオにて販売中) さよなら死んでれら症候群(ギャラクシー出版)アマゾンにて販売中