雨の仙台です

March 11 [Mon], 2019, 18:01
しとしとと雨の降る仙台です。

今日は、家でしずかに暮らしており
ます。  まあ、いつだって、にぎ
やかに暮らしてるわけではないんだ
けれど。


     ★ ★ ★

この日を、どうぞ忘れないでいられ
ますように。

なるべく、後悔しないで生きていけ
ますように。

あー。 このブログもちゃんと続けない
といけないなあと、思った日。



あけましておめでとうございます

January 01 [Tue], 2019, 12:23
みなさま、

あけましておめでとうございます。

(写真は、東海道新幹線からながめた
富士山です)

昨年はいろいろとご心配をおかけいたし
ました。 つらいときもたくさんありまし
たけれど、みなさまのあたたかなコメント
に、どれほど励まされたことか。

心から、感謝申しあげます。

ありがとう、ありがとう、ありがとう!!

今年は、なるべくおだやかに、何事もなく、
タイクツなかんじで過ごしたいです。


みなさまに、たくさんいいことありますように。

よろしかったらひと押しどうぞ。
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

おばさん箱

August 24 [Fri], 2018, 18:09
大雨のニュースが流れていて、ひとり心配
しながらテレビを見ています。 みなさま
のところはいかがですか。

どうぞ、くれぐれも、気をつけてください
ますように。 遠くから祈っています。


仙台は、きのう、虹が出ました。

きれいでした。 東の空におおきく弧を描いて、
仙台中から見えたそうです。
二重だったんですけど、このカメラではどう
でしょう。


いろいろ工夫しながら暮らしています。
例えばこういうの作りました。 
名付けて「おばさん箱」。

あ、てっちが映ってる。

中身は、ケータイとか血圧手帳とか、手帳、
綿棒、つまようじ、かゆみ止め、耳かき、
ボールペン、猫の櫛、読んでる本。
その他、写真には映ってませんが、ティッシュ
など。


リビングで寝てるときに、寝室に置いてきた
ケータイが鳴ったりするんですよねえ。
元気なら走ってくけど、今はちょっと無理
なので。 
バラけやすいものを、まとめて運んでる感じ
です。これから順次、中身が増えてく予想。

江戸時代には、きれいな木工細工の、
「年寄りばこ」というのがあったんだって。
キセル、たばこ、たばこの火、鼻紙、耳かき、
などなど入って、どこへでも運べるという。
うらやましいです。


よろしかったらひと押しどうぞ。
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

暑いですね!

July 23 [Mon], 2018, 11:09
きのうの仙台の最高気温、36,7℃。

最高気温だったとき、義母の納骨式で、お墓の
前にいたよ! 

と、言うわけで、義母はぶじ、義父といっしょに
なりました。

何日も「猛暑日」が続いているところもあるし、
たった1日36,5℃だったくらいで大騒ぎしなくても
・・・とは思うんですけど、なにしろそんな気温、
生まれて初めての経験なので、「驚天動地!」です。

わたしが子供のころ、おとなりの山形県で36℃
超えたことはあるんだけど。

しかもその日に納骨式。

でもまあ、暑いから省略しましょう、という場面
もあったし、かえって楽だったかもです。

今日の「たなくじ」はこれでした。

人間万事塞翁が馬吉。 なんか当たってる・・・。


暑い日の猫たち。




ぶんちゃんは夫のベッド。 てっちはダイニングの
椅子。 おのおの自分がいちばん心地いい場所を
見つけています。


今朝は、夫が朝ごはんを作ってくれました。

ありがとう、ありがとう。


よろしかったらひと押しどうぞ。
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

どうぞみなさま、水分をしっかり摂って、動いたら
休む! を守りましょうね。 自分じゃわからない
こともあるそうです。 気をつけて!

お見舞い申し上げます

July 13 [Fri], 2018, 10:14
暑い毎日です。

東日本大震災のときは、寒いのがとにかく
たいへんで、たいへんで。 わたしは、
揺れたときには日本にいませんでしたが、
家に帰ったあと、寒い中で片づけをして、
ずいぶんつらかった記憶があります。

もう少しあたたかい季節だったら、みんなの
苦労も少し減っただろうになあ。

だから冬の災害はいやだと、ずっと思ってた
んだけれど、夏ではもっともっと大変だった
んだなあ、と、自分の想像力のなさに、ショ
ックを受けています。

災害に遭われた方々に、心からのお見舞いを
申し上げます。

どうぞくれぐれも、お身体を大切になさって
ください。 一日も早く、落ち着いた生活を
取り戻せますよう、遠くからお祈り申し上げ
ます。




おいしいもの仲間

July 05 [Thu], 2018, 9:29
こういうご報告って、どうなのかなと思う
のですけど、わたしにとっては重要なこと
なのでお知らせします。

義母が、亡くなりました。

ほんとに神様みたいなしゅうとめで、わたし
みたいな女も認めてくれて、励ましてくれて
ほめてくれて、それに何よりも

「おいしいもの仲間」

でした。

「こまちゃん、おいしいもの見つけたわよ」
「こまちゃん、こういうものがあるって知っ
ておくといいわ」

そしてわたしも、「母が喜ぶようなおいしい
ものはないかな?」と、いろんなところを
さがしてキョロキョロする、という・・・。

喪失感が、すごく大きいです。

これから、夫の実家に向かいます。

超合理的なひとだったから、生きていたら

「こまちゃん、来なくていいわよ!」
「ほんっとに来なくていいんだからね!」
「わかった? 来なくていいったら来なくていい、
まわりが困るんだから!」

と、3回も5回も電話をよこしそうな気がします。



猫たちがね・・・退院してから甘えるんですよ。
「もう、どこにも行かないからね」と言ってた
のになあ。 


すぐに帰ってくるからね。


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

リンデンバウムのクッキー、と、名画靴下

June 26 [Tue], 2018, 11:29
こういうさわぎになる前は、小太りオバサン
でした。 コレステロール値もちょっと
高く、薬を飲んだほうがいいかも、と言われ
ていたわけです。 2〜3キロやせれば解決
するのに、というくらいの体重オーバー。

で、このたびの絶食さわぎで8キロやせて。

  〜写真は今週の「たなくじ」〜
 

その後、おいしく食べて3キロ増えたから、
目標はあと5キロ! なんですけど・・・にわ
かに「いだましい」きもちになっちゃったん
ですよねえ。

「いだましい」というのはこちらの方言で、
もったいない、なくしたものを惜しむ、という
ような意味。

コレステロール値は低くなったし〜、お店の
前を歩くと、ウインドウに映る自分が、少し
やせててカッコイイし〜
      ・・・あー、まあ、前よりは。

せっかく減った体重、もったいないなあ。

ま、考えてもしかたがないので、おいしいものを
おいしくいただく、という気持ちで暮らそうと
思います。

写真は、寝室のベッドのわきで、「夜食くれよ」
と鳴くぶんすけ。 

いや、夜食は太るよ? もう寝なよ。


京都のリンデンバウムから、お見舞いをいただき
ました。 大好きなクッキーです。


そして靴下。 これ履いて歩いてくださいって。
歩いて体力がついたら、京都に来てくださいって。
真珠の耳飾りの少女。耳に、本当にパールビーズ
が付いてるの、かわいいの。


おっと、猫の毛がいっぱい付いてた。 ガムテープ
できれいにして〜、


ありがとう、ありがとう、ありがとう!


治療が終わったら、京都も行きたいし、軽井沢も
もう一度行きたい。 大阪だって大好きだし。
行きたいところがたくさんあります。


よろしかったらひと押しどうぞ。
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

料理本のはなし

February 27 [Tue], 2018, 12:12
きのう、午前中は血液検査、午後からは少々
用事があって外出したため、
「疲れた」
と言う理由でお弁当はお休みです。

で、今朝は更新しないつもりで片付けもの
なんかやってたんだけど、ふとこんなことを
思いついたのでした。
もしかしてみなさん、わたしの持ってる
お弁当の本とか、見たかったりするかな?

そこで、何冊か写真を撮ってみましたので、
見てってくださいね。

まずは、これ。

新装普及版日本料理惣菜辞典 志の島忠著 講談社刊

すごく親切な本で、肉、魚、野菜ごとの材料別に
なっており、アイウエオ順に書いてあります。

若いころ、夫の転勤で、半年ごとに引っ越す
ってことが何年か続きまして。知らない土地では
知らない材料があるんですよ。
「これはどうやって料理するんだろう?」
「どう作ればおいしいんだろう?」
と、これ読んで調べました。 志の島忠先生は、
そう言うわけでわたしの先生なのです。
インターネットがない時代でした。


こちらは、ご存じ小林カツ代さんのお弁当本。

お弁当づくりハッと驚く秘訣集 小林カツ代著 主婦と生活社刊

この本がすごいのは、写真が一枚もないこと。
でも、お弁当を初めて作ったときに、どれほど
参考になったかわかりません。献立のたてかた、
詰めかたなどなど。


こちらは、ちょっと分厚い本。

弁当の料理と仕出し重 志の島忠著 
              旭屋出版刊
一流料理長の和食宝典 野崎洋光ほか著 
           世界文化社

どちらも、写真がとてもきれいなんですよ。
読んでると、「ああ作りたいな」と思います。

志の島さんの本は、一つの材料でも切り方が
こんなにあるとか、例えばエビの揚げものだったら
新挽き粉にゆかり、けしの実など十数種、写真で
見せてくれます。 あんまり何度も読み返した
ものだから、ページがバラバラになっちゃった。

弁当の料理と仕出し重の中の、切り方の例。


一流料理長・・・のほうは、眺めるのが楽しい
本です。作りたいもののページに付箋をつけて
るけど、作ったことないな〜。



痛みにくいお弁当&作りおきおかず 成美堂出版
基礎から学ぶ器と盛り付け 辻調理学校畑耕一郎著 
             柴田書店刊

「痛みにくい」、これがいちばん大事ですもんね。 
かなり参考にしています。 それと、この本は
「赤いおかず」とか「黄色いおかず」とか、
色別におかずが載ってるのがありがたい。 
参考になります。
基礎から学ぶ・・・のほうは、眺めて楽しむ
感じかな。

お見せした以外にも、いろいろあるのですが、
今日はここまで。


そして、てっち。


よろしかったらひと押しどうぞ。
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

あけましておめでとうございます

January 02 [Tue], 2018, 19:19
新年、あけましておめでとうございます。



旧年中はなにかとお世話になりまして、
ありがとうございました。
心から感謝申し上げます。

       ☆ ☆ ☆

娘と孫が帰って行って、嵐が去ったあとの何か、
たとえて言えば「抜けがら」みたいな
にゃんこま家です。 

「かわいい嵐だったわねえ」
「ほんとだねえ」

男の子って、たいへんなもんなんだと、今回
思い知りました。 男の子を育てている
お母さんたち、大、大、大尊敬です。

なにこの勢い! 走って走って走ってころんで
泣く、女とちがう異質の生きもの! 

        ☆ ☆ ☆

昨年の11月に、デパ地下の「おせち」を、注文
しようかどうしようか、悩みに悩んだのでした。
が、注文して大正解! 作る時間が、ほんとに
物理的に、ありませんでしたから。



そして、プロが作った料理は、きれいですし
おいしいです。

        ☆ ☆ ☆

わが家の餅料理。



みなさまに、今年も、いいことがたくさん
ありますように!


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

よいお年をお迎えください

December 31 [Sun], 2017, 20:21
「十年日記」というものをつけています。
1ページが、一日分で、十年分。
たとえば、元旦の1ページに、10年分の
元旦の書き込みができるわけで。


ふと見返してみたら、12月はけっこういろいろ
起きてるんですね。 義母が入院したり、
わたしが風邪をひいて寝込んだり。 12月は
みんな忙しいから、気を付けないといけない
なあ、いやほんと。


と、いうことで、本年の書き込みはこれにて
終了させていただきます。 この一年、みな
さまに読んでいただき、このブログはとても
幸せなブログでございます。

年の最後に、アタフタな事態になってしまい
ましたが、みなさまにあたたかいコメントを
いただき、感謝感謝です。
ありがとうございます。


来年もまた、なるべく平和に、たのしく更新して
行きたいとおもいます。 お見守りいただけ
ましたらさいわいです。

みなさまも、どうぞよいお年をお迎えください
ますよう、心からお祈り申し上げます。


お疲れてっち。


でもがんばるわ! の、てっち。


心からの感謝を込めて。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村