菊川の西垣

March 30 [Wed], 2016, 15:49
みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、積極的な葉酸の摂取が求められています。ママの体も赤ちゃんも、共に元気であるように、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。





葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというととても大変ですから、サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。一度流産を経験しました。



流産してから1年後くらい経つと、また、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、妊活を始めました。妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性を治そうと運動を始めてみました。運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低体温が改善し、基礎体温が上がったので冷え性も良くなったので、本当によかったです。





妊娠しやすい体を作る食べ物は、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども妊娠に欠かせない栄養素を含むので、意識して摂取していきたいですね。ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良く一つの食品群に偏らないことが妊娠にも産後にも有効です。





その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので産後までは我慢したほうが良いですね。大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸のサプリの話題が上ったのですが、使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが一番良いと、目をつけているようでした。



私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと母から聞いたことがありましたから、その友達に教えてあげました。







友達には悲しんで欲しくないですし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって思います。

まだ妊娠できないと悩んでいるときは、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。







簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。

基礎体温表を作るには、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という決まりがあるので、それを守ってつけていくことが大事です。



一日忘れても根気よく続けていきましょう。

なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、普段の食生活の見直しも大事でしょう。







精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、乱れた食習慣を続けていては受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、望むほうが無理なのではないでしょうか。







妊娠を望むなら、まずは体作りです。

規則的で栄養バランスに配慮した食事を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。







ときには友人や家族の励ましや、本人の不安などが不妊治療中のストレスとなるケースもしばしば見られ、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。穏やかな気持ちで治療を続けることは不妊治療には大いに助けになると思います。ビタミンB群のひとつである葉酸は、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。



葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。





それは摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けることが出来るという報告があるのです。



理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠の初期の段階で1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。

そのような場合は葉酸のサプリを利用するのが良いと思います。皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。妊活中の方をサポートし、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。





妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を防ぎ、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、他には、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。妊活中の夫婦それぞれに多くの効果が見込めるサプリだという事です。妊活は女性がやるものだという印象が強いかと思います。



ですが、男性にも出来る妊活があるんです。それが葉酸の摂取です。流産や不妊におけるリスク要因は女性にあるとは限らず、男性にあるというケースもあるわけです。特に注意すべきは精子の染色体異常です。受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。

葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。



ですので、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。
  • URL:https://yaplog.jp/kolegtalbsobda/archive/1
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マリア
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる