早期大腸がんを内視鏡手術する名医

April 29 [Wed], 2009, 16:11

近年、日本人の死亡率で上位にランキングされてきている、大腸ガン。
この大腸がんは、早期発見できれば、治療率100%だそうです。

そう言い切るのは「キミハブレイク」で放送された、神奈川県横浜市にある、昭和大学横浜市北部病院の工藤進英先生です。

この工藤先生は、大腸がんの内視鏡手術で日本中の医師から一目置かれる名医です。
他の病院で手術しなければいけないと言われた患者さんを内視鏡で治療できるほどの腕前を持ちます。

内視鏡を使えば、早期の大腸ガンを開腹手術しないで済むので、体にかかる負担も少なくて済みます。

大腸内視鏡検査・治療は、保険適用されるので、約2万円の費用で受けることができます。
早期発見が前提になりますので、定期的な検査を受けることが非常に重要です。

食生活の変化などで、現代人は大腸がんになりやすい環境にあるといえます。
手術となると費用や体への負担も大きなものになりますので、まずは予防、次に検査が大切です。
早期発見・早期治療を心がけましょう

スポンサードリンク

  • SEO
  • loading
  • おニューなニュース
  • URL:https://yaplog.jp/kodomooya/archive/48
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ブログランキング・にほんブログ村へ