2005年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
白蓮会館神戸支部オフィシャルサイト
大会結果ブログ
大会結果ブログ
月ごとに読む
« カロリーメイト買占め | Main | 格闘技通信12月23日号 »
白蓮会館 柔法篇 逆技の極意 / 2005年11月23日(水)
先週からイマイチな体調だったこともあり、今日もゆっくりしようと自宅でDVD観賞

しかし、映画ではなく「白蓮会館 柔法篇 逆技の極意」を何度も観ました。



柔法というのは突き蹴りではなく主に関節技です。(これが技術体系にあるのが、白蓮空手の最大の特徴かもしれません)

ビデオ版も持っていましたが、繰り返し見るにはDVDの方がはるかにいいのでまた買いました。

出演者は杉原館長、弟先生、百々師範、南館長代行です。

実は久しぶりに見たのですが、感想を一言で言うと『痛そう・・・』です

私は「白蓮会館 剛法篇 最強の組手」に少し出演(かなり若いです)しているのですが、こっちでよかった



実際に技を掛けられると「痛いっ」って言葉は出てきません。

たいてい、「あっ」とか「うっ」とか言いながらタップします。

この撮影中はメチャクチャ痛かったんだろうと想像ができます。

以前雑誌の取材で柔法の相手をさせていただいたことがあるのですが、このような場合たいていマジに掛けられます。

発売された雑誌に載った私の顔を見て、何人かの生徒から「痛そうですねー」とか言われましたが、「痛いっちゅーねん」としか言えませんでした。

技術を覚えようと見たつもりが掛けられた人の表情ばかりに目が行ってしまったので二度目からは昇段科目の技を念入りに見ました。

しかし、一つの技が解説にない・・・

しかも私の苦手な技・・・

ピンチです・・・

館長は「3年かかる」って言われてたし・・・

今度の新人戦の時に先輩方に教えてもらおう。

それまでは大会に出ない生徒たちに相手をしてもらおう。

昇段審査までお付き合いよろしくお願いします(少し痛いかもしれないけど・・・)



Posted at 23:59 / 支部長日記 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/kobenews/archive/345
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

ブログ内検索
最新コメント
アイコン画像BANDO
10周年食事会 (2019年10月07日)
アイコン画像Hママ
10周年食事会 (2019年10月06日)
アイコン画像BANDO
部位鍛錬 (2019年08月09日)
アイコン画像おかむら
部位鍛錬 (2019年08月09日)
アイコン画像BANDO
最後の挨拶に (2019年04月25日)
アイコン画像k
最後の挨拶に (2019年04月25日)
アイコン画像神戸支部事務局
春季交流試合に向けて! (2019年03月02日)
アイコン画像山本
春季交流試合に向けて! (2019年03月01日)
アイコン画像BANDO
全九州大会 (2017年06月20日)
アイコン画像シナハコの親
全九州大会 (2017年06月20日)
   
GMO Internet, Inc.