少しの工夫と心がけで、ささやかながらも楽しい毎日

■プロフィール■
 ■ 名前 ■  NINO
■誕生日■ 1972.6.19
■血液型■ B型
■ 家族 ■  主人と娘と息子
■モットー■                     背伸びしない。                                              自分の大切なことを見失わない。                                   毎日を心豊かに楽しく過ごす!
■メールアドレス■              nino60c@yahoo.co.jp
月別アーカイブ

«2014年07月14日 | Main | 2014年07月10日»
立場変われば / 2014年07月13日(日)


20代のまだ若かりし頃、母が作ってくれたワンピース。

アイディアは浮かべど、ミシンが苦手&洋服のパターンをひけない私が、母に丸投げ&口だけ出して作ってもらった。

ブラックの方は、おば様用通販カタログにあったハイネックのレーシーなノースリーブシャツ(ジャケットの下に着用するような服だと思われます)からアレンジ。ハイウエストで切り替えのあるワンピースに仕立ててもらいました。ヒールが太くて高いエナメルのパンプスと合わせるが定番で、友人の結婚式に2度着用。

ブルーの方は、自分の結婚式2次会用に。両肩にはフェイクの苺や花で作ったミニブーケを留めてある(若かったなあ、、、遠い目)。その後、友人の結婚式にも少なくとも4回は着たお気入り。うち1回は親子で出席させてもらったので、余り布で娘のワンピースも作ってくれた。



10数年ぶりに、箪笥の奥からこれらワンピースを引っ張り出してきたきっかけは、娘がミュージカル用の衣装を探していた時。結局、このワンピは衣装には使われなかったけれど、わたしに懐かしい記憶の数々を思い出させてくれた。と共に、母への感謝も。今、自分も同じように子どもを持つ身になり、手でモノを作る立場になってみて分かる、お母さんって結構忙しいし(当時実家では寝たきりの祖母の介護もしていました)、誰かのイメージを一から形にすることがパワーを要することを。にも関わらず母が「忙しい」とか「大変」との類の言葉を発した記憶もなく、気楽な娘の立場で喜んで受け取るだけだった私。立場変わって母となり作り手の端くれとなり、遅ればせながらそのふるまいのすごさ理解し始めました。

 
Posted at 06:20 / お気に入り / この記事のURL
コメント(0)
メインサイトへ
satosatosa
satosatosa
2014年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像nino
大学2年生、夏休みの記録 (2019年09月29日)
アイコン画像nino
庭の百日紅 (2019年09月22日)
アイコン画像月tsuki
庭の百日紅 (2019年09月21日)
アイコン画像nino
秋の気配とお知らせと (2019年09月05日)
アイコン画像kotokoto
秋の気配とお知らせと (2019年09月05日)
アイコン画像nino
母の日 (2019年05月15日)
アイコン画像kotokoto
母の日 (2019年05月15日)

 
Powered by yaplog!