平成30年10月26日の食事(大和の串揚げランチ)

October 27 [Sat], 2018, 21:29
今回も食事シリーズ。10月26日金曜日の昼食です。
今回はFacebookの大和市の情報交換コミュニティーで見た大和駅近くの串揚げランチに行ってみることに



大和駅の小田急口の入口から出てすぐ。
今回のお店は準喫茶フロリダの下の南店街の中にある「しゅうちゃん」というお店
入っていくと昔ながらの飲食店街のようになっているのですが、奥の方に大き目なお店が今回の目当ての店。



今回は500円のランチAを注文。
14時5分ぐらいに行ったもののやってもらえました



まずはミニサラダ



こちらがメインの串揚げ5本
ヒレ・ナス・豚バラ・うずら・しいたけ。串カツの内容は日替わりみたいですね
これで500円は安い。ちなみにご飯大盛も無料だそうで

ちなみにソースは普通のと桃太郎トマト・激辛の3種類がありました。
2度漬け禁止と書いてありましたが、ソースの入れ物から自分でかけるタイプでした。



+100円でモツ煮込みも頼んでみました。
家で自分でもつ煮込みを作ることがあるので味の参考に・・
他にポテサラ、キャベツ、浅漬け、串カツ1本(ほぼ全品)が+100円で追加できるそう



こちらがお店の入口。準喫茶フロリダの側の他に裏からも入れるようになっていました。
夜のメニューも串カツ盛り合わせ5本600円とかお得そうなメニューがあるので気軽に入れそうですね

2018/10/27 21:29(JST)

平成30年10月18日の食事(孤独のグルメの淀橋市場)

October 20 [Sat], 2018, 0:05
さて今回は食事シリーズ、10月18日木曜日に前回の記事の下川裕治先生のトークショーに行くために都心に出てたわけですが、その日の昼食の紹介です。

昼はこれといった予定がなかったのですが、折角なのでこの機会に以前に孤独のグルメ(シーズン6)のドラマで見た新宿の淀橋青果市場にある食堂に行ってみることに。

市場といえば今話題の豊洲市場ですが、ブームが落ち着いてた頃に都営の一日乗車券を買った時にでも行ってみようかと思います。淀橋青果市場自体を孤独のグルメで見るまで知らなかった

淀橋青果市場の最寄は新宿の隣の中央線の大久保駅。夜に西荻窪まで行くので都区内フリーパスを買ったので、フリーパスで行ける駅で丁度いいですね。

大久保駅を降りて駅前のコリアタウン的になっている場所を過ぎて徒歩5分ほど。駅近くでも韓国料理のランチを安く出しているお店があって気になりますが今回は目的の淀橋市場向かいます。



青果市場の事務所棟がありますが、入口はここではなくもっと先。



案内が出ていますね。



中央線沿いのこちらが入口。右側に沿って中に入ります。中央だと車の出入りとかで危ないかもなので



こちらがお目当ての定食屋。伊勢屋の入口です
営業時間は5時〜15時で休日や市場休業日は休みの模様

孤独のグルメと同じく豚バラ生姜焼きを注文。
生姜焼きはバラとロースが選べますが、バラの生姜焼きの方が好きなので・・

ちなみに私が行ったのは14時30分近くでしたがほぼ満席近い状態で盛況でした。



ドラマと同じく漬物が選べるサービスがありました。
ゴーヤの漬物が珍しかったので、ゴーヤと茄子の漬物を選びます。



こちらが生姜焼き定食
ご飯は普通盛りで丼ぶりだそう。普通のご飯茶碗サイズもあるそう
私は丼ぶりに半分程度(ご飯茶碗よりは多め)にしました。このお店ではこれが小盛

ドラマでは生姜焼きを生姜汁で煮込むかのように作っていましたが、そのためか、出てきた生姜焼きも汁がたっぷりですね肉が小さめに切ってあって食べやすかったです。

聞かれて「初めてです」と答えたらお店の名刺をもらいました



孤独のグルメで見てくる人も多いらしく、ドラマ中で井之頭五郎氏が食べたメニューが出てました。
勧められてこの中からトマトの酢漬け(100円)を頼んでみました。これまた珍しいので・・
ちなみに全部注文すると1500円弱ぐらいみたいですね。

写真を撮り忘れて食べてしまいましたが、トマトと酢が意外にあっていて食べやすかったですね
トマトの生さが酢で抑えられてたような・・

生姜焼きとトマト酢漬けであわせて750円。ご飯小盛は50円引きだそうです。

このお店、味もさることながら、お店の人の接客がよかったのが印象的ですね。
この手の常連客の需要が中心のようなお店は往々に「一見さんは面倒だ!」とぞんざいに扱われるようなイメージ?がありますが、このお店はむしろ逆。並のお店以上に接客がよくてビックり。

まぁ「一見客は面倒だ」ぐらいのお店だったら取材撮影を断ってそうだけど・・

市場関係者の需要で堅そう・・と思いがちですが、関係者は来る時間は決まってたりで意外に回転で稼げないとか、関係者といえども毎日1000円弱ぐらい食事にかけられない・・とか、厳しい部分もあるのかもですね。
新しいお客さんを獲得していかないとこの時代やっていけないのかもですね。
またこういう接客の良さで市場関係者の人も通いたくなって続けて行けるのかも・・

と商売の厳しさを色々考えてしまいますね。

大久保駅から少し歩きますが新宿近辺で昼食を食べたい時はお勧め。覚えておきたいお店でした

2018/10/20 00:05(JST)

下川裕治著「東南アジア全鉄道制覇の旅(インドネシア・マレーシア・ベトナム・カンボジア編)」発売記念トークショー

October 19 [Fri], 2018, 20:51
10月18日木曜日に開催された紀行作家下川裕治先生の先月発売された「東南アジア全鉄道制覇の旅(インドネシア・マレーシア・ベトナム・カンボジア編)」発売記念トークショーに参加してきました
下川先生のトークショーは前月9月に参加したばかり。

https://yaplog.jp/kiyop/archive/2869
前回の話はこちら

例のごとく会場は西荻窪の「旅の本屋のまど」で19時30分スタート。せめて19時スタートならば・・と思うのですが、都心近辺で働いている人が仕事帰りに来れる時間。ということなのでしょうかね。



東南アジア全制覇の旅シリーズは昨年秋の「タイ・ミャンマー編」に続き今回は「インドネシア・マレーシア・ベトナム・カンボジア編」の2冊。今回で完結だそうですが・・



今回は下川先生の他にインドネシア編の一部で同行した中田カメラマンも参加。
中田カメラマンも下川先生の本ではよく登場していますね。結構若い印象です。

19時20分ぐらいに下川さんが配布資料の各地の路線図を携えて登場。もしかして直前までコンビニでコピーしてたのでしょうか??さて予定通り19時30分に講演がスタート

東南アジア鉄道全制覇の前編、タイ・ミヤンマーは行かない方がいい旅。しかし今回はまぁ行ける。行けば何かには乗れる。ノウハウなども含めて紹介したい。自分は乗り方は分かるが車両にはあまり詳しくない・・

まずはインドネシアについて中田カメラマンが写真を紹介し下川さんが補足する形で進みます。
インドネシアは路線が多い。細かい支線も多くこの支線に乗るのが楽しい(中田さん)



ジャカルタ近郊。プルワカルタ駅附近の電車の墓場。こういった場所は何か所かある
大半は日本の中古車導入前の旧型車(日本で製造し輸出した車両)

インドネシアの駅舎は駅らしい駅で分かりやすい
酒類はかなり規制されていて手に入りづらい。車内販売ではノンアルコールビールなど。数年前はコンビニで酒類が買えたが今は売ってない



写真はスラバヤ市街の高架線区間。
線路両脇がバラックのスラム街になっており線路が生活道路になっている光景。
アジア圏ではよく線路の周りにスラムが発達する。線路を高架化するが線路際の建物(2〜3階建て)の屋上にバラックの家を建てる。バラックには線路から出入りするが水を運ぶために地上からの通路がある。独特の嗅覚?でそれを見つけて高架線に上がってみたところ
住んでいる人は親切。列車は1〜2時間に1本程度。列車が来たら脇によける。スコールがあるので傘を忘れずに

インドネシアでは国民的なカップラーメンのポップミー。車内でもお湯入りで販売されており老若男女が食べている

この辺りは中田カメラマンが撮影した写真や動画が紹介されますが、車内の乗客の表情などプロカメラマンが撮影した写真といった雰囲気の写真ですね。
途中からは主に下川さんが話を進めていきます

インドネシアのジャワ島とスマトラ島
ジャカルタのあるジャワ島。面白くないが、初めてアジアの列車に乗るならお勧め
スマトラ島。似た名前の地名が多く混乱するが、乗りごたえがある。中級者以上向け?

実は全線完乗はまだ出来ていない。人が多すぎて特に週末は混みあいなかなか乗れない(都市鉄道以外は普通列車・普通車含め完全指定制)。週末は観光して平日は列車に乗るがお勧め
駅窓口は当日券のみ。前売りはネット予約だがインドネシアの携帯電話番号が必要←駅員や他の人に代わりにやってもらうなど。駅にネット予約用の端末がある

朝早い列車(4〜5時台)が多いので駅近くのホテルに泊まりたい。往々に旧市街と駅が離れている(トゥクトゥク等で5〜10分程度)駅近いホテルはネット予約に出てこないことが多い。駅員に聞いて教えてもらう

車内での食事、車内販売があるが今一つ。駅では5分停車ぐらいなら買える。無許可の物売りと柵越しにとか
アジア圏は唐揚げブーム。タイでも茹で鶏よりも唐揚げが人気。日本のから揚げのように味が付いておらずソースで食べるのが主流。白飯と一緒に食べるのは苦手

ジャカルタは渋滞が酷い。市内から空港まで5時間かかって飛行機に乗り遅れた話もよく聞く。ジャカルタからの帰国はお勧めしない。最近空港鉄道が出来たのでまぁ安心?空港から出ず飛行機を乗り継ぐのがよい。

インドネシアは赤道近く季節の変化に乏しい。広大なプランテーションなど車窓は楽しい。圧倒的な緑の濃さは行かないと分からない。
スラバヤ〜ブリタールの環状区間は山岳路線などもありお勧め←下川さん
シアンタールがお勧め←中田さん



車両は座席コンセントは当たり前。冷房改造も進んでいてシャープ製の家庭用エアコンを6台程度設置(室外機は床下に設置)バスとの競合対策ではないか。
カンボジアはパナソニック製で4台程度
かなり安く買い叩いているのでは?日本メーカー製でも品質は微妙・・水漏れなど

写真の雰囲気などからにインドネシア鉄道の車内は快適な車両も多そう。日本の特急グリーン車をイメージする座席など・・。

次にカンボジア編
近々にバンコクから直通出来るようになる?バイクを列車に載せられる。ベトナムで買ってカンボジアを回り最終的に売るのもお勧め。年200ドルぐらいで労働ビザが買えるので長期滞在できる。アジア圏ではカンボジアぐらい(仕事はないよ)
鉄道はこれからに期待。

マレーシア編
半島部はあまり面白くない。かなりスムーズで初心者向けではある
サバ州の車両はかなり酷い。車両が古くかなり揺れる。この手の車両に乗るならサバ州かミャンマー
本国(半島)からの独立心が強い地域だが金がない



これがその酷いというサバ州の車両。
あくまで私の印象ですが、車体を作る技術が未熟で貨車の台枠の上に家(バラック)を作ったような雰囲気を感じますね。

ベトナム編
ホーチミン〜ハノイの南北鉄道は今後も進化するだろう。列車では15時間コースだが今はLCC飛行機で3000〜4000円なので、鉄道は快適性で勝負するしかない
一方でそれ以外のローカル線は風前の灯火。今後どうなるか分からないし来年持つかどうか。乗りたいなら早く・・
ホーチミン〜プノンペン、繋がればいいけど・・無理そう


以下はインドネシアの中心に旅行のノウハウの話など

乗りごたえがあるのは、インドネシアはスマトラ島・マレーシアはサバ州・ベトナムは支線
ジャワ島やマレー半島は初心者向け。

下級列車(車両)の運賃はかなり安い。上級はそれなりに高い

インドネシアなど自分は飛行機は使わずバスでつないだが、上手に飛行機を使うのがポイント。無茶な行程は立てないこと。
これからの列車旅は飛行機(LCC)の活用がポイント。そのためには旅行中現地でのネット予約も重要。英語サイトに慣れるなど海外で買う経験を付けた方がよい。それにはネット環境の確保も重要。
入国審査は厳しく帰路の航空券の提示が求められる。地方ほど厳しい。自分は帰国日が明確でない旅をしたので、知り合いの旅行会社通じダミーの航空券を用意した。

自分のように完乗を目指すなど無理して乗るのはよくない。座席夜行はきつい(インドネシアは寝台車がない)
支線は日本のように線内ローカル列車はなく大都市からの直通のみ。

よく聞かれる治安や車内での荷物管理。トイレや買い物など・・
車内はまず大丈夫。ただ部外者が入れる駅は要注意。ベトナムやインドネシアは景気がいいので、(スリ・置き引きなど)細かい犯罪は減っている。普通に働いた方がよほど稼げるから?

南スマトラの鉄道は石炭など貨物輸送の国策鉄道。撮影なども厳しい。
ミャンマーはノービザで行けるようになったのでよく誘われるが行きたいない・・

といったところで終了して簡単な質疑応答に。
今回初めて私も質問しまして・・
本ではインドネシアで満席で足止めを喰らうような話がよくあるが、満席でも立席承知でとりあえず乗っちゃう。のようなのは無理なのか。(過去の本からも下川さんは満席で諦めるような人ではない印象なので)

→インドネシアは(都市鉄道以外)全列車・全車完全指定で立席乗車は無理で改札も厳格。車内検札もある
実際にはなぜか席無しで乗っている人もいるけど自分はまだその技は身につけていない

他の質問では・・
インドネシア鉄道の予約で携帯電話番号を持っていない人はどうすれば・・
→その辺の人に頼む(笑)。駅員とか結構やってくれる。切符の買い方など他の人の聞くなら女子大生がお勧め。(嫌らしい意味ではなく)女子大生なら英語が通じて親切に教えてくれる。男は当てにならん。
予約システムとして携帯番号を持っていない人を想定してないのではないか??インドネシアは何かと詰めが甘い。
最近の日本人旅行者もLINEなどがあるので現地SIM等でもデータonlyで音声通話電話番号を用意しない人が多いのではないか

今後の企画。他の地域で全線制覇をする予定などは
もうやりたくない・・。一生終わらないような先が見えない旅。日本の鉄道を全線制覇したような人は達成感があると思うがこちらは全然ない。しかも新線が出来たり休止路線の運転再開、外国人の乗車がが可能になるなどの話もある。自分にはアジア各地に性格が悪い(笑)友人がいるので、そういう情報提供がどんどん来る・・みんな僕に苦労させようとしてくる

鉄道は斜陽産業だが国の威信やインフラ整備など。世界銀行からお金がでちゃったから鉄道整備とか(カンボジア)
こういう制覇をしたいならしっかりした国でやるべきでは・・
バングラディシュのような小さな国なら全線制覇の挑戦をするかも・・・

といったところで終了してサイン会に。



こちらが今回の本。双葉文庫(し-13-19)。税抜657円です
例のごとく著作にサインしてもらいましたが、やはり緊張してあたふたしてしまいますね
先生曰く「鉄道の旅は案外楽だよ。バスに較べたら全然大変じゃない」そうで・・・


今回の講演は前の「お勧めできない」「乗ってはいけない」の連発ではなく、ノウハウ的な話もあったりで雰囲気が違う感じだったかなと。特にインドネシアには行ってみたくなりますね
インドネシアの鉄道といえば、近年続々と日本から輸出された中古車が走り回るジャカルタの都市鉄道の話が話題ですが、今回はほぼその話はなし(下川さんの話では、そういうのが好きな人ならお勧めと)で、都市鉄道以外のインドネシア鉄道の話。こちらは日頃日本では殆ど話題にならないだけに実際の状況など興味深い話が多かったです。

私は南国が好きなのでインドネシアに俄然興味を持ってきましたね。モリゾーマニアなら深い緑も見たいですね
ちなみにインドネシアに行くならエアアジアでクアラルンプール乗換えでいけば行きやすい。という話でした。

ジャカルタの都市鉄道の話は以前の本で、日本中古車以外のローカル車両の方が車内の物売りとか楽しそうな雰囲気でしたね・・。今はもう無理かもだけど・・
日本の中古車は最近まで東京で走ってただけに今一つ触手が伸びないというか・・。今回の話の都市鉄道ではないインドネシア鉄道の方が興味深いです。

また座席コンセントやネット予約など思った以上(失礼な!?)に現代化して進化しているのも印象的でした。
ネット予約は「詰めが甘い」という評でしたが、まぁ日本のJRのネット予約の使いづらさも色々と既出で。JR側からすれば、使いづらくなる理由もあるのでしょうが、まぁ外国人から見たら(いや関係者でない日本人からもか)詰めが甘いと思われていそう・・。
日本の鉄道はガラパゴス化した島国で独特の進化をした。とよく言われる話を思い出しますね。


なおこの内容は分かりやすくするため、実際の講演とは順序を変えている部分があります。


【PR】楽天ブックスで下川裕治を検索

2018/10/19 20:51(JST)

【速報】きよぴ執筆記事が10月20日発売・鉄道ジャーナル2018年12月号に掲載

October 18 [Thu], 2018, 0:05
いつもこのブログをご覧のきよぴファンのみなさま!!お待たせしました

きよぴ執筆記事
「香港返還から20年・香港島2階建て路面電車の現況と車両」(赤井清水名義)
が鉄道ジャーナル2018年12月号(10月20日発売)に掲載されます
是非買ってください

鉄道ジャーナルオフィシャルサイト>2018年12月内容紹介
http://www.rjnet.jp/journal/1812.html

なお記事内容等、詳細に関しては発売後・本誌が手元に来てから改めてこちらのブログで紹介します。


2018/10/18 00:05(JST)

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」とヤマトン?

October 17 [Wed], 2018, 19:46
さて引き続いて大和の話題です。
2018年7月から9月までフジテレビ系で火曜日21時(東京近郊)でドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」が放送されました。このドラマでは架空の東京都の特別区・東区が舞台となりましたが、ロケ地として大和市役所と一部大和市内の施設が登場しました。

今回はこのドラマで微妙に登場したヤマトンシーンを紹介します。
大和市内では色々なところにヤマトンが登場。ドラマのロケとなればヤマトンの映り込みに期待したいですね

まずは第1話(7月17日放送)



こちらが大和市役所改め東区役所の外見
ちなみに大和市では昭和30年頃高座市構想として、大和・座間・海老名・綾瀬・渋谷(+藤沢・茅ヶ崎)の合併政令市化構想があったそうです。もし実現していたら大和市は高座市の中でも東側、高座市東区なっていたかもしれないのは偶然まぁ実際は「大和区」かな??

実のところ今回のドラマ、ヤマトンというよりも大和市役所本庁舎がフル出演という状態でしたね
ドラマ上の設定では市役所の近くに東区の主要な駅(ロケ地は多摩センター駅前)があるよう。
多摩センター前の歩行者デッキのレンガ模様と庁舎のレンガ模様で雰囲気が合ってましたね



で序盤のシーン。入庁式を終えて区役所に来たところで・・・



裏写りながらドアに貼ってあるベビーヤマトンのシールが確認出来ます



こちらがドラマ内の事務室の風景。このシーンは大和市役所の内部に似せて作ったセットだそうです。
実際の大和市役所は節電?でもっと照明が暗めですね

ちなみに大和市の生活保護絡みの部署は本庁舎内ではなく鶴間駅近くの保健福祉センター5階に入ってます。


第3話(7月31日放送)

ラストシーン、日下部欣也(演:吉村界人)と母の日下部聡美(演:江口のりこ)が歩きながら会話するシーン
ロケ地は大和市役所と市立病院の間の道路



なんと欣也の後ろのカーブミラーにやまとんGOバスが走り去る姿が映っています



実際のロケ地。やまとんGOバスは右の市役所。左側の市立病院に停車するのでここはやまとんGOバスがかなり頻繁に通ります。バスの写真を撮るにはいい場所ですね
市役所市立病院前の歩道橋は大和綾瀬薬剤師会のAED啓発ビデオ(youtubeで見れます)でもヤマトンが走り回ってたり意外にヤマトンスポット??


第7話(8月28日放送)

川栄李奈演じる栗橋千奈(主役・義経えみるの同僚)が学習支援ボランティアで訪れた会館



大和市グリーンアップセンター・コミュニティセンター草柳会館がロケ地として登場しました。
建物左にある掲示板の時点で大和市らしさが出てますね

ちなみに川栄李奈さんは大和市の出身だそうでその点でも話題になったよう。



上の階にあがると・・・



壁に貼ってある掲示物の中に・・・「やまとdeのど自慢」のヤマトン・ハートンのイラストを発見

私がドラマの中で発見したヤマトンシーンは残念ながらこの3つだけ。
まるでヤマトンが敢えて映らないようにしたのではないかと思うぐらいの少なさで残念ですね

どうせなら「ヤマトンとハートンが生活保護の相談に訪れる」みたいな感じで出演して欲しかったですね
「東区の緑化促進キャラとして登場したのですが、すっかりドジョウのキャラにお株を奪われイベント出演もなく生活できないトン・・」みたいに
係長「ヤマトンかぁ・・懐かしいなぁ」「そうか、義経さんたちは職員になったばかりだから知らないんだな。俺は東区の職員になって最初に観光課に配属されたんだ・・」
で「前代未聞!!ゆるキャラ夫婦が生活保護?」みたいな・・。えっ?コメディドラマになりそうって
世間ではゆるキャラがぞんざいに扱われている部分もあるので、警鐘を鳴らす意味でもよいのではないでしょうか。




さて大和市役所では10月3日〜7・9日に1階ロビーでフィルムコミッション特別展示としてTBSドラマ「チア☆ダン」とフジテレビドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」のミニ展示が行われました。



台本やグッズ・原作の本・サイン色紙などの展示



こちらが東区のキャラ・どーじょ君だそうで・・。ドラマの中ではちょくちょく出てましたね



「東区役所」の石柱?実際は発泡スチロール製のようで



これは私が6月24日に撮影したもの。このアングルも結構登場しましたね



余談ですが大和市役所本庁舎を階段で上まで上がっていくと階段にこういうヤマトンのメッセージが出てます。
5階まで上がると日の丸を持ったヤマトンに「ここまで頑張った自分を褒めてあげよう」と褒められます。
これを見るためにエレベーターは敢えて使わず階段で上まで上がるのも一興かも。
ちなみに職員の人達は原則階段を利用することになっているようです。

ヤマトンが出演したドラマ「視覚探偵日暮旅人」の話はこちら
https://yaplog.jp/kiyop/archive/2854


【PR】楽天ブックスで「健康で文化的な最低限度の生活」を検索

2018/10/17 19:46(JST)

1964年米軍機大和墜落事故の慰霊碑と泉の森

October 13 [Sat], 2018, 21:11
大和市の歴史を語る上で切り離せないのが厚木基地問題。
大和の人と話していると「大和の欠点は基地の騒音」というように基地の騒音問題の話を聞いたり、自分自身大和市内で運悪く軍用機の爆音に遭遇することもあります。

さて時は1964年。翌月に控えた東京オリンピックに沸いていたであろう頃。
9月8日午前10時55分頃、厚木基地を離陸した米軍機(F8Cクルセイダー)が離陸直後にエンジントラブルで失速し墜落。舘野鉄工場に激突爆発し鉄工所は全焼し5人死亡・4人負傷という大惨事が発生しました。
これが世にいう「1964年米軍機大和墜落事故」です。

この事故の慰霊碑があるということを知り行ってみることにしました。

まずは慰霊碑近くの東名大和バス停。



東名大和バス停までは大和駅からは相鉄側改札口を出てドキワクランド(パチンコ店)の前を通って江ノ島線の線路沿いの側道をとにかく歩き、東名高速道路と交点で左折してすぐ。といった感じで大和駅から徒歩15分。

駅からは少々歩きますが、ここからなら大和市役所やオークシティにも15分ぐらいで歩けるので、知っていると意外に便利です



余談ですが今年(2018年)9月1日から東名大和バス停には本厚木駅〜羽田空港の空港アクセスバスが停車するように。便利になったとはいえ、羽田空港行き最終が東名大和17時20分と早いなどダイヤ面は今一つ。海老名駅〜羽田空港線が出来て利用者が減ったのかも。
羽田空港便の東名大和停車はテコ入れをしたいバス会社と、公共交通利便性の向上や東名大和バス停活性化を狙う大和市の思惑が一致したのかもですね。



さて今回訪れる慰霊碑はここから徒歩5分弱ほど。
東名高速バス停から東名高速名古屋方面に向かう形で「泉の森」の看板を目印に少し歩きます。



住宅地を抜けると前方に森が見えてきます。
手前に見えるバス停は大和市コミュニティバス・やまとんGOバスの東原北自治会館前バス停(南林間駅〜相模大塚駅線)



森の中に入って左を見ながら歩くとフェンスの向こう側に木柱の慰霊碑があります。



残念ながらフェンスの内側には入れません。
この場所は事故後、緩衝地帯として国が買い上げ国有地となっています。
2016年にはこの場所を慰霊公園化する陳情が大和市議会に提出されたものの結果実現せず。そもそも国有地であるこの場所にこの慰霊碑を建立すること自体の許可がなかなかされずに紆余曲折があった他に、現在でも国に土地使用料を支払った上で慰霊祭をおこなっているよう
(東京新聞2018/9/9「米軍機墜落事故から54年『深い傷、今も心に』参照)

この場所は住所としては大和市上草柳6丁目。大和駅から徒歩20分、相模大塚駅から徒歩15分ほど。
大和駅からなら散策がてら、ふれあいの森を歩くのも良いかと思います。
またバスなら前述の東名大和バス停か南林間駅〜相模大塚駅のやまとんGOバスが便利です。



googleストリートビューを見ると、慰霊碑の前のフェンスに目印のごとく千羽鶴が吊り下げられていますが、残念ながら私が訪問した時はなかったです。がまぁ左側(南側)を見ながら歩いてれば碑がわかります。
この道路、大和市を東西に横断する道路の一つ。東西に横断できる箇所が少ないので、森の中の雰囲気に反して意外に通行量が多いです



慰霊碑周辺が緩衝地帯となっている一方で道路を挟んで反対側(北側)を見ると森とかした国有地の狭間に住宅の姿もみえます

事故の犠牲となった舘野鉄工所の経営者の舘野氏は事故発生時、会合で市役所に行っており無事だったものの、従業員だった家族を亡くします。
そして事故後の土地の買収で同じ場所での再建は出来ず、更には米軍と国の狭間で十分な補償もされず代替地提供の約束も反故にされるなど鉄工所再興の望みを絶たれ穏やかな人生を取り戻すことなく2004年に亡くなったそうです

この辺りの話は

sitebg>第4章:時の「死角」〜町田・大和・横浜での米軍機墜落事故〜その3「大和米軍機墜落事故」
http://www.sitebg.com/?p=1567


に詳しいです



この日は連休明けだからか基地への軍用機の発着が頻繁にありました。騒音が低いタイプなのか、高度を稼いでいるからか爆音というほど五月蠅くはないですが・・。

今年3月末までに空母艦載機が岩国基地に移駐したため厚木基地の騒音は減っているそうです。



慰霊碑横を通過するやまとんGOバス
慰霊碑があるのは先ほどの東原北自治会館前バス停と泉の森バス停の間。今まで何回もバスで通っているもののここに慰霊碑があるのは気が付かなかったです。

さて泉の森まで歩いてみるとします。



ヤマトンのイラスト入りの大きな看板がお出迎え



泉の森の一部のようになっている釣り堀・草柳園。
東京都心から30〜40km圏の大和市内とは思えないような鄙びた温泉街を思わせるような光景ですね
ここから北側が泉の森、南側がふれあいの森として広い森林公園として整備されています



こちらが泉の森。引地川の源流となる水源地とその周辺42ヘクタールが森林公園になっています。
森の木の葉の妖精ヤマトンもここで生まれ住んでいます。

一見長閑な雰囲気ですが、ふれあいの森共々厚木基地の滑走路の延長線上、爆音の直撃をうける場所であるのも事実です。

泉の森にある「自然観察センターしらかしの家」とそのボランティアグループが発行している「泉の森なんでも情報館」によれば泉の森の自然が今に残った要因として

引地川の水源涵養林として周囲の森は県企業庁水道局によって永く保存されて来たこと
度々起きた墜落事故の対策として昭和35年頃から国に収容され、移転した民家の跡地に木が植えられ森となった
(+それに加え平成9年までに新たに買収賃借された分をあわせ整備)

とあります(2011年1月。第1号より)

東京都心から30〜40km圏の都市近郊で平坦かつ交通至便でありながら泉の森をはじめ多くの緑地があるのが大和市の魅力の一つですが、厚木基地の悲惨な事故と騒音問題という喜べない複雑な背景があります。

戦後から1960年代の時期、朝鮮戦争やベトナム戦争など在日米軍の活発な活動に比例するかの如く厚木基地周辺では頻繁に米軍機の墜落事故が発生。
1964年9月の大和墜落事故の5か月前の4月には町田駅付近にも墜落して4人の死者が出ています。更に民間人の犠牲はないものの搭乗員が亡くなったもの、民間人・搭乗員共に犠牲者が出なかったものまで含めると数十件以上にのぼるよう。

一方で1960年代のこの時期、大和では渋谷村が合併編入し現在の市域が確立。更に市制が施行(1959年)されます。大都市近郊の地の利から急激な人口増加や工場の進出で急速に都市化が進み、里山の街から都市へと変貌していきます。

1960年・70年の安保闘争の背景にはこういった多発する米軍機による事故と騒音問題があったのではないかと思うと歴史への理解がより深まるように思います。
そして今なお続く沖縄の基地問題はこういった悲惨な事故が過去の歴史の記録ではなく、現代でも身近なものであるという背景があるのではないか?と考えると先日の沖縄県知事選など色々と考えさせられるものがあります。

大和市は平成13(2001)年8月15日、市のホームページ上に「やまとバーチャル平和祈念館」を開設。
http://www.city.yamato.lg.jp/web/koucho/heiwa-virtual.html
存在を知らなければ探せないような深い階層で当時のhtmlサイトの構成のまま「平和都市大和」の願いを今に伝えています。

【PR】楽天市場で「厚木基地」を検索

2018/10/13 21:11(JST)

スポンサードリンク



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:八草きよぴ(kiyop)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1981年4月14日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・鉄道
    ・音楽-大塚愛/絢香/西野カナ
読者になる
@morizokiyop
comment(最新コメント)
アイコン画像八草きよぴ
» xperiaAをandorid5.1.1にアップデート(ROM焼き改造)したよ (2018年10月18日)
アイコン画像八草きよぴ(kiyop)
» 雑誌-「InRed 2018年10月号」付録紹介 (2018年10月12日)
アイコン画像ラテ
» 雑誌-「InRed 2018年10月号」付録紹介 (2018年09月22日)
アイコン画像八草きよぴ(kiyop)
» 松田駅でパスモを使う(あさぎり) (2018年09月22日)
アイコン画像ぼらちょ
» 松田駅でパスモを使う(あさぎり) (2018年09月07日)
アイコン画像ごーん
» 愛甲石田駅の主役?−日産連絡バス (2018年06月19日)
アイコン画像八草きよぴ(kiyop)
» 2018年4月名古屋へのお出かけ(その3・モリコロパーク) (2018年05月19日)
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/kiyop/index1_0.rdf