雑誌-「InRed 2018年10月号」付録紹介

September 22 [Sat], 2018, 1:58
さて今回はファッション誌の付録紹介



発売日は2018年9月7日。値段は税込920円
表紙は菅野美穂さんですね

今回は付録に力を入れているのかTVCMでやっているのを見ました



こちらは裏表紙と付録の箱



もう一つおまけに「今買うべき『推し』コスメ」の小冊子(23ページ)が付いています



付録の箱を開けると小さくたたまれたバッグとポーチが入っています。
この畳まれ方は少し感動的



表紙の付録紹介部分の拡大
サイズは高さ27×底幅36×マチ10.5センチ(トートバッグ)
11.5高さ×17.5横幅(ポーチ)

名前としては「マリークヮント特製 大人の本格トート&デイジー柄ポーチ」だそうで・・



先にポーチの紹介



中は普通ですね。外の柄が中に写っています



まずはバッグを平置きしたところ
シックな黒一色にゴールドの小さいロゴプレートが付いていますね



このバッグの一番の特徴?がこの中側の模様
中側一面にマリークワントの花柄模様がはいっています
ただポケットの類はなく、ファスナーもありません



A4サイズのインレッドの本を縦にしてもすっぽりと入ります
大きいので荷物はたくさん入りそう??泊りの際の着替えなどを入れるサブバッグとしてなどにも使えるかも

付録のバッグの紹介はこの辺りで・・
付録目当てで買って本の中身が興味がない時どうするか迷いますね・・
すぐに捨てるのは何か勿体ないような・・お店とかに寄贈できればいいんだけど

【PR】楽天ブックスで「Inred」を検索

2018/9/22 1:58(JST)


読書-下川裕治著「世界の超長距離列車を乗りつぶす」【後編】

September 19 [Wed], 2018, 0:51
前回から続く

前回の記事で紀行作家下川裕治先生の新刊「世界の超長距離列車を乗りつぶす」のトークショーに参加した話を書きました。前回のトークショーの内容と一部重複しますが本の紹介と感想を書きます。



新潮文庫 7月28日発売 680円

本の内容としては、5章構成
第1章インド・ヴィベクエクスプレス ディブラガル〜カンニャクマリ インド 4273km 4泊5日
第2章・中国青蔵鉄道 広州〜ラサ 4980km 2泊3日
第3章・ロシア・シベリア鉄道 ウラジオストック〜モスクワ 9259km 6泊7日
第4章・カナダ・大陸横断 バンクーバー〜トロント 4466km 4泊5日
第5章・アメリカ・大陸横断 シカゴ〜ロサンゼルス 4390km 3泊4日
という形で、それぞれの長距離列車の旅がまとめられています。
また本文の他に、章の終わりにガイドのような形で、路線図の他に予約方法、乗車中に実際にかかった食費がまとめられています。実際の旅行計画を立てる際の参考になりそう

第1章、インドは前回にかなり触れたので今回は簡潔に・・
この話をうちの母親にしたら、高校の修学旅行の際に旧型の3段寝台車に詰め込まれて、インドのように乗車率250%ではないものの、ベッドが足りず床で寝ている人もいたとか・・・。インドのエアコンなし列車は高度経済成長期の日本を感じられるのかも??

第2章、中国青蔵鉄道はなんといっても「中共政府によるチベット支配と青蔵鉄道の意義」を考えさせられますね。他の章に較べても「鉄道の背景」に関する記述が多いように感じますね。

鉄道趣味界(に限らず?)では政治的な話を忌避するむきもありますが、例えば日本でもJR7社分割や整備新幹線問題など政治を無視しては語れないもの多いです。鉄道と政治が切り離せないのはそれだけ鉄道が政治・経済・社会に対する影響力があり必要とされていたからこそ。ということを再認識します。
本書の中で「鉄道は航空機とバスの狭間で世界的に衰退産業である」という記述がありますが、鉄道が政治的でなくなった時が本当に鉄道の幕引きの時なのかもしれません。

第3章のロシア。シベリア鉄道は日本でも有名だからかWeb・書物での色々な人の旅行記を見ます。本書では2017〜18年頃の「今」のシベリア鉄道旅行を感じます。
印象的なのは外は-20度でも車内は30度近いという記述。30度近い温度だと寝てる間も含めて結構汗をかきそうというか熱中症の危機が・・。7日間シャワーを浴びれないというのはトークショーでも語られてましたが、室温の高さを考えるとシャワーの件は思うよりも過酷かも

シベリアの旅は以前の「世界最悪の鉄道旅行 ユーラシア横断2万キロ」の本の中でも雄大な自然の中を行く列車旅として魅力的に感じましたが、シベリアの鉄道にはどこか惹かれるものがありますね。

第4章・第5章のカナダ・アメリカは、日本の「ななつ星」のような下川氏いわく「シニアのご褒美旅」のような豪華?寝台列車と沿線住民の生活列車が一つの編成となっている。
割安な座席車での大陸横断は長距離バス・飛行機の格安チケットと比較しても戦えるレベルの値段。その中で、体形的に飛行機やバスに乗れない人の需要に支えられて運行している。

この辺りの話は初耳でした。本やwebで見るアムトラックの乗車記でも、わざわざ座席車で大陸横断しようという人がそうはいないのか(高い)寝台車でご褒美旅的なものに偏ってる中で、「下川氏の旅」だからこそ見えるものがあるといった感がします。
アメリカの長距離鉄道(アムトラック)は死に体で国からの補助金頼みでの運行。というのはよく聞く話ですが、鉄道が世界的に斜陽産業という中で、これからの生き残り策としても興味深いです。


先日のトークショーでは中国・ロシア以外は「お勧め出来ない」「乗ってはいけない」という話でしたが、流石に乗車率250%のインドはともかく、カナダ・アメリカは是非乗ってみたいと思いました。

鉄道ファンなら一度は鉄道で北米大陸横断・・というわけでもありませんが、座席車で連泊とはいえ新幹線のグリーン車並の広い座席。夜は空いている座席を使ったり展望車で適当に寝る。と意外に悪くなさそうな・・。
ただ本を読んでいると供食体制にかなり問題があるようで・・。「お勧めできない」理由としてこれが大きいのかなと・・・。
インドやロシアのように駅での物売りからの調達や停車時間を利用しての駅近くのお店で買い出しも無理。お湯がなく頼みのカップ麺も不可と。更に食堂車など車内調達は高くていまいちと。なんか末期の日本のブルートレインを思わせるような話が
実際に乗る際はこの辺の上手い工夫を考えないとですね

余談ですが「食堂車も味はいまいち」だそうで・・シニアのご褒美旅的な寝台車の旅は食堂車での食事が料金に込み・・だそうですが、その食事が「あまり美味しくない食堂車の食事」とするとなんとも・・。1泊程度ならともかく、大陸横断なら安い座席車の方が割り切れていいかも・・と楽観的に思ってしまいますね。

本書で残念なのは実際に旅行した年月日がよくわからないこと。文中の記述から大まかな季節・時期などはわかりますが、列車の混雑具合、景色などは時期によって変化するもの。章末のガイドページなどに記録の意味でも乗車日を付記して欲しいなと思います。

【PR】楽天ブックスで「世界の超長距離列車を乗りつぶす」を検索

2018/9/19 00:51(JST)

下川裕治著「世界の超長距離列車を乗りつぶす」発売記念トークショー【前編】

September 16 [Sun], 2018, 6:00
9月13日木曜日に開催された紀行作家下川裕治先生の「世界の超長距離列車を乗りつぶす」発売記念トークショーに参加してきました。下川裕治先生のトークショーに参加するのは昨年9月以来1年ぶり。

https://yaplog.jp/kiyop/archive/2758
2017年9月・下川裕治著「東南アジア全鉄道制覇の旅(タイ・ミャンマー迷走編)」発売記念トークショー

その間にも数回トークショーの開催があったのですが、会場が西荻窪で平日の22時近く終了。とスケジュールがあわなかったりで参加できませんでした今回はテーマが鉄道の旅ということで参加することにしました。



会場は例のごとく西荻窪の「旅の本屋のまど」
参加費用は1000円(書籍代別途)。受付時に支払います



予定通り19時30分に講演がスタート。今回は下川先生の著作ではよく登場する阿部カメラマンが一緒。
下川先生の姿は本に掲載されている写真で時々登場しますが、阿部カメラマンの登場はあったかどうか・・・レアですね

近頃は自分のことを世間では負の紀行作家。本は負の旅行書。読めば読むほど行きたくなくなる。と呼ばれているようだ・・。今回の本の旅も乗っていいのはシベリアと中国だけ。この二つは一生のうち一度は乗っておいた方がいい。それ以外(インド・アメリカ・カナダ)は乗るべきではない。

シベリア鉄道は7日間乗りとおすと自信がつく。シャワー無しで過ごしても案外大丈夫。日数の無駄遣いをしているような気分になるほど暇。車窓の変化に乏しい・・紀行書等を読んだだけでは騙される(端折られてるので)
何もない中でどれだけ楽しめるか?が旅の能力の一つ

という下川さんの出だしで始まり、ここからは本の各章毎の話に。
中国西蔵鉄道
景色がよく天気もいい。いつ行っても景色が保証される。自分は雨男(雨女)だけど・・という人でも大丈夫
星空も凄い。空や山や景色が素晴らしい。一生に一度は載るべきな。
ただ人がいいとかふれあいとかそういうのは期待できない
混雑が激しく列車の予約や入境許可証が取りづらい。夏は中国人の観光客が多く特に激混み。冬の方が空いている。行程が決まっていて自由さはない

旅行会社を通さないで旅行する場合、現地でのチケット確保のため日数の余裕が必要。シベリア鉄道の場合、モスクワから飛行機で日本に帰るとして全体で2週間ぐらいはみる必要がある
チベットは許可証を取る手間がかかる。c-tripなど

インド
チケットはなんとか取れるが寝台車に席がない(無指定券)。そこは車掌が調整する
寝台車としては世界最悪。リネンや枕がない。着替えなどは不可能
車両の窓に金網や鉄格子があるのはベトナムとインドぐらい。−窓から人が乗れないようするためだと分かった(そうしないと収拾がつかない)
車掌の寝台管理や調整はIT大国インドならぬ手作業の紙の台帳。定員8人のユニット(3段寝台×2と通路を挟んで寝台2段)に20人は乗せる
インドでは南は米食文化。ナンやチャパティなどパン食は北部。南部インドから日本に来たインド人がインド料理屋で働いて初めてナンを食べる・・といった余談も。南インドで食器としてよく使うバナナの葉を北部から列車で輸送する場面も
列車を降りた若者はまずは駅のコンセントでスマホの充電をする
旅行中通貨切換で500ルピー・1000ルピーの高額紙幣廃止にあい一苦労。タンス預金など銀行に持っていけない裏金を排出させる政策だが・・後日政府は失敗を認めたよう

中国
車内での食事は事前に買いだめしたカップ麺を食つなぐ。車内販売は高くて不味いがホームで売ってた肉まんが美味しかった。
車内販売は避ける→ホームで買う→停車時間が限られる→迷わずさっと買うのがコツ。
向こうの列車はダイヤからづれることが多く停車時間が読めない→まぁ最近の日本もそうだけど
海外の列車は走り出しが遅いことが多いので、飛び乗る手もあるがドアを閉められてしまうと難しい
西蔵鉄道は2段寝台×2の4人個室のタイプなので気が合う4人で貸切になれば宴会なり楽しめる
沿線風景、五体投地をしている人が見る→実は体力勝負で腹筋が鍛えられる。線路沿いにいる保安員(地元のチベット人)が列車に敬礼をしている。ラサ駅のホームは異様に広い。→西蔵鉄道の政治的意味を非常に感じる(チベット同化政策)

ロシア
ウラジオストックは正確にはウラジ・ボストーク。ボストークは支配のような意味。宇宙船のボストーク等
沿線は川が凍って道路になる。外は−15度〜−20度だが車内は30度前後(32度という表示も)
車内禁酒禁煙が建前だが車掌に見つからなければOK。アルコールは隠れて飲む・・タバコはホームや車掌の目を盗んで連結面で・・。



途中駅から北京発モスクワ行きの列車と並走する(写真右)

北京発モスクワ行き、今は運賃が高くお勧めできない。乗客も1両に一人いるかどうかレベル。車掌と一対一のような空いている列車旅をしたければ・・。中ソ友好の建前で走らせているようなもの
モンゴル経由で旅をしたければ、国内列車を乗り継ぎ国境は徒歩で越えるのが値段的にお勧め。

最近のアジア圏では食堂車は楽しめない。車内販売の弁当を作る厨房の役割になっているか、あっても高くてお勧めできない

カナダ
快適で車両の設備も良いが貨物列車優先でダイヤが読めない。
バンクーバーからジャスパーまではお勧めだか、その先は・・座席車で4連泊はするものじゃない。
座席上に指定客の行先の紙があるのでそれを見て空席で適当に寝る

アメリカ
体形的に飛行機・バスに乗れない人が列車を支えている
長距離列車の旅は山に行くのが好きな人にはいいかも。買い込んだ食料の配分などの計画立て
車掌は乗客の乗降の手伝いなどのケア(体形的に自分で歩けない人等々)
カナダ・アメリカは座席車と寝台車で階級が全く違う。食堂車は両者が利用できる
寝台の客は食堂は無料だが座席車の客は有料。座席車の人は行かない方がいい

乗ってはいけない
アメリカ・カナダは高い車両(寝台)ならよい
インド、予約の意味を考えさせられる。予約ありなしの客が混在して一つの寝台を分けあう
下川さんも20前ぐらいの女性がやってきて寝台で一緒に寝る羽目に・・・。奥さんにはとても見せられない
席無し券(寝台無指定)は本来はNGか??途中で車掌が来て席が取れたといって差額100ルピー徴収されたが・・
予約あり客なし客で場所をわけあうのはインド社会の優しさを感じる→だからお勧めとか乗れという意味ではない。誤解しないで
なぜ予約するのか??インド社会の奥深さ、独特さ。人口が多い中でやりくりする工夫か
大きな駅の外国人窓口できっぷを買うと空いている列車になることが多い。主要駅同士を結ぶ急行など駅員が配慮して発券してくれるようだが、途中の小駅で買うと今回のような相席状態

ロシアビザーウラジオストックで取れるという話だが、シベリア鉄道に乗るなら10ユーロぐらい出して事前に手配した方がスムーズ。シベリア鉄道の切符はウラジオストックで買う手もある

世界一周旅行が昔流行ったが・・、飛行機なら割と簡単。陸路(鉄道)なら1か月コース。シベリア鉄道経由ならそんなに難しくない(中央アジアはお勧めしがたい)

といったところで概ね1時間30分が経過。この後、今回の本に登場した5か所(インド・中国・ロシア・アメリカ・カナダ)の旅から風景などを3分強程度の動画で紹介

質疑応答では、「下川さんが好きな交通手段は・・」
消去法で鉄道が好き。飛行機やバスは嫌い。鉄道は世界的に衰退産業。効率を考えると・・
アメリカ・カナダは座席で全区間乗車の人は意外にいる。シベリア鉄道は全区間乗車は少ない。沿線の人の生活列車。

「車内の治安、特に大混雑のインド。財布の盗難など」
人がいればいるほど安心。最初に乗った1両に数人の状態の方が危険→車掌が頻繁に来て荷物をチェーンで繋げとか気にしてくれたがお陰で寝れない
街中の方が危険。車内では乗客同士の相互監視??もしなくなったら周りの人に言った方がいい。
もの凄い混んでいるので脱いだ靴がどっかに行っちゃう・・など



空いている状態のインドの3段寝台車
中段のベッドを出すとクリアランスがなくて下段に座れないのが問題。と言っていましたが、一つのベッドに2人以上相席にさせるような実情を設計者は想定していなかったような・・まさか日本の設計とかだったりして



今回も著作にサインしてもらえました
ツーショットで写真を撮ってもらいたかったものの、私一人にあまりに長い時間を取らせるのも悪いと思ったのと、また表情が硬くなったら恥ずかしいので

アメリカとカナダがお勧めできないのは意外ですね・・と話したら、設備はいいんだけど如何せんシステムがねぇ・・と。本を読むに食料の確保に難点がある印象ですね。

今回、本は開始前に買いました。その際にサイン会終了後に質問会など2次会のようなものがあるのか?と聞いたら、そういったものはなく、サイン会後に流れ解散のようで・・
2次会があるなら帰るのを諦めて最後まで参加してネカフェなどに泊まるのも手かと思ったのですが

前回のミャンマー鉄道の時ほどではなかったものの「お勧めできない・乗ってはいけない」的な話が結構ありましたね読者などから「本を読んで同じような旅に出たら酷い目にあった」というクレームがあったのでしょうか??

自分は海外の過酷な旅を紹介しているが、決してみなさんにお勧めしているわけではない。というのが、下川先生の優しさを感じますね

記事執筆の都合などで、内容は講演の順番とは一部異なっています

本の内容や私の感想については次回の本の紹介編で書きます。

次回に続く

【PR】楽天ブックスで「下川裕治」を検索

2018/9/16 6:00(JST)

平成30年9月13日の食事(海老名駅の海鮮丼)

September 15 [Sat], 2018, 23:51
2か月ぶりに食事シリーズ、今回は9月13日木曜日の昼食です。
今回は相鉄海老名駅の改札前(改札外側)にある海鮮丼のお店です



500円のねぎとろ丼を注文。
ねぎとろ好きなので・・味は良かったですが量は控えめ。ボリューム重視の人だと物足りないかもですね



このお店、朝はおにぎり、昼は海鮮丼、夜は立ち飲みと時間帯によって業態が変わるスタイル。
背が高い椅子があって朝昼は座って食べれます。(夜は不明)



ブログサイズだと見づらいですが・・、昼のメニューはネギトロ丼は500円、マグロ丼が540円、マグロカツ丼610円などがあります。夜も海鮮丼が注文できるのかは不明ですね。

このお店の左側には吉野家や箱根そばがあります。
海老名駅は駅前に手軽な飲食店がないので(松屋とかラーメン屋はあるものの少し歩く)、乗換えの合間などに寄れるのは便利ですね。

2018/9/15 23:51(JST)

鉄道模型-Nゲージ路面モジュール作り(その6・ストラクチャー「トミックス・スクエアビル後編」)

September 13 [Thu], 2018, 0:05
前回から続く

さて前回紹介したトミックスのスクエアビル。
この製品、成形色が今一つでそのままモジュールに置けない、塗装しようにも窓ガラスが外れないので外壁の塗装が難しいという今一つ困った状態ですが・・・。



まずはビル全体をマスキングして屋根をグレー(MrカラーのNo35・明灰白色)で塗ります。また外しておいた床板も同じく塗ります
スプレーでの塗装は慣れていないとムラが出来たり失敗してしまいますが、実物の路面や建物を見ると新築直後でもない限り結構雨跡などで汚れていたり、日焼けしていたりするものなので・・
なのでムラが出来てもウェザリングのようなものだと割り切れば・・・。ということで、ストラクチャーや路面の塗装は車両の塗装に較べて気軽に出来るのがいいですね

初心者や不慣れな人はストラクチャーの塗装で慣れてから車両を塗装に移るのが実はお勧めだと思います。



窓部分を大まかにマスキングして一応?気休めにつや消しクリアをスプレーしておきます。



こちら横浜の馬車道駅近くでみかけたビル。1階が店舗・上層がマンションという複合的なビルです
このビルの1〜2階部分は表面にレンガ模様の装飾を施していて景観がいいですね。
このビルの真似をして表面にシールで装飾することにします

本当はこういう1階が店舗、上がマンション(アパート)という形状のビルをモジュールに配置したかったのですが、ちょうどいいのが製品化されていないのが残念です



今回、この以前に買ってあった光沢ラベル用紙を使うとします。



A-oneのラベル屋さん.comというアプリを使って、Web素材で見つけたレンガ模様をはがきサイズの用紙一面に配置します。


このラベル屋さん.comアプリはダウンロード版の他、インストール不要でWeb上で使えるバージョンもあるので手軽ですね。私は一度PDFで出力してそれを印刷しています。PDFを保存しておけば今後必要になってもその都度印刷できるので・・



印刷したところ



現物あわせで寸法を測りながらカットして貼っていきます



窓部分が結構面倒ですが・・・、切り口の塗料が剥がれて白くなってしまうのが残念ですね・・。また爪を立てると塗料が剥がれてしまうので要注意。爪を切ってから始めた方がいいかも・・
白が目立つ部分はグレーのマニキュアを塗って誤魔化しておきます。
今回、光沢シール用紙を使いましたが、デカール用紙などを使った方がもっと実感的になるかも

今回、正面と左側面のみ貼りました。右側面はとなりの建物と隣接しているので分からない、後ろは森なので装飾は省略・・・ビルのオーナーが目立たない部分は装飾を省いて節約したという設定で



先ほどのアプリで看板のシールも作ります。
文字の大きさはポイント数で設定しますが、Webで検索すると「10ポイント文字で3.53mm」のような対照表が出てくるので付属のシールの文字の大きさを参考に似たサイズで作ります。



ヤマトン推しな現実にあると嬉しいビルになりました
お店の名前に地名を入れたりで、モジュールの設定の大和市らしさを出します
1・2階がクリニック。3階が保育所という設定ですね。クリニックと連携して病児保育もやってそう

LRT路線がある=現実に較べて街の人口が多い。ということで子育て支援施設を充実させないと
LRTを新設するときに線路を通す場所を確保する為に道路脇を用地買収して拡幅しているはずですが、このビルは道路拡幅後に新たに建築された。という設定ですね。

ネット検索で見る限り「上草柳クリニック」も「まほろば保育所」も現時点では実存していないはず・・。



屋上の塔屋(階段室)の扉パーツを外して、クリーム色のマニュキュアで塗っておきます。
塔屋自体はグレーのスプレーで塗装します



もう一つ、このままモジュールに取り付けると、台座の厚みの2mm分、歩道との間に段差が出来てしまいます。
やすりで台座の角を削る感じで削って緩いスロープ状にして段差を出来るだけ減らしておきます。



屋根上の塔屋と柵を接着して完成。後はモジュールに取り付けるだけですね

<次回に続く>

2018/9/13 00:05(JST)

鉄道模型-Nゲージ路面モジュール作り(その5・ストラクチャー「トミックス・スクエアビル前編」)

September 12 [Wed], 2018, 19:37
前回から続く

Nゲージ路面モジュール作り。前回までで軌道・道路と歩道が出来たところで今回は配置する建物を紹介します。
建物は市販のストラクチャーを使いますが、こういった市販のストラクチャー(建物など)の詳細や付属品・寸法などがネット検索で探してもよくわからないことが多く、購入の検討などがしずらいので、折角なので今回はその部分も詳しめに紹介します

まずストラクチャー一つ目として近年に新築された風の3階建てぐらいの低層のビルが欲しいかったので、TOMIXのスクエアビルを買いました。今回はこのスクエアビルを紹介します

4階建て以上のビルだと「商業ビル」などバリエーションもあるのですが2~3階というのがなかなかなくて・・。ジオコレは昭和の時代のものが多くて平成中期~終わりに新築された。という設定だと今一つマッチしないです。
建物も建築模型のように自作できればいいのですが・・・将来の課題ですね。



値段はヨドバシドットコムで1400円(+10%ポイント)
色はグリーン(ブラウンは注文不可でした)・3階建てと2階建ての2棟入り



パッケージ裏面の説明
2階建ての方は分解可能で3階建てのビルに組み合わせることで5階建てビル1つにすることも可能。
3階建ての方は、屋根と床板を外せるだけで分解不可能



説明書は付属パーツやシールの使い方



付属パーツは、屋上の塔屋(階段室)、角型・丸形計2つ。エレベーター・階段パーツ各1つ、歩道パーツ、白色のランナーの植栽用プランター(10個)・屋上の柵(ビル1つ分)・ベンチ・看板パーツ・歩道の柵



付属シール。鉄道専門学校・ミュージックホール・そのものずばりな「スクエアビルディング」の3種
今回は殆ど使わず自作シールを使います



ビル本体は3階建てと2階建ての2つがセット。
ビル一つの大きさは、台座の床板込みで7cm×7cmの正方形。ビル本体のみは6cm×6cm
高さは3階建てで柵・塔屋をのぞいて台座から8cm、塔屋込みで約9.8cm、台座の厚さは2mm
台座が厚めなのでモジュールに取り付けの際は注意ですね



屋根をはずしたところ。床板は最下層の台座部分のみで2階以上はありません。
また透明プラスチックの窓ガラスパーツは硬く、1階エントランス部分(強めに押せば外せます)を除いて接着されていて外せません。



ビル側面は細長い窓が並んでいます



ビル裏側。

ビル側面の配管や1階部分も含めて非常口などの表現はなし。
またビル表面は未塗装なもののガラスが外れないので自分で塗装が出来ないor窓を一つずつマスキングする必要があるので非常に手間・・というなんとも微妙な製品ですね。
買ってきて小パーツを付ければそのまま置ける。という手軽さはないです。



屋上の塔屋パーツ。ドア部分のパーツは透明パーツ
このパーツはスライドすれば外れます

今回はこの3階建てと2階建ての2つのうち、3階建ての方を使います。
もう一つこのスクエアビルを買えば、3階建てビルもう一つの他に、3+2+2で7階建てのビルが作れますね・・。

このトミックスのスクエアビル、窓の雰囲気から小さいオフィスビルや小規模ビジネスホテルなどのベースに出来そうです。香港にはこういう小さいけど背が異様に高い。みたいな細長いビルが沢山あるので香港の情景を作るにはいいかも・・。

次回はこのスクエアビルをモジュールに配置するための加工を紹介します

次回に続く

【PR】楽天市場で「TOMIX ビル」を検索

2018/9/12 19:37(JST)

スポンサードリンク



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:八草きよぴ(kiyop)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1981年4月14日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・鉄道
    ・音楽-大塚愛/絢香/西野カナ
読者になる
@morizokiyop
comment(最新コメント)
アイコン画像八草きよぴ(kiyop)
» 松田駅でパスモを使う(あさぎり) (2018年09月22日)
アイコン画像ぼらちょ
» 松田駅でパスモを使う(あさぎり) (2018年09月07日)
アイコン画像ごーん
» 愛甲石田駅の主役?−日産連絡バス (2018年06月19日)
アイコン画像八草きよぴ(kiyop)
» 2018年4月名古屋へのお出かけ(その3・モリコロパーク) (2018年05月19日)
アイコン画像あやな
» 【2018年】あけましておめでとうございます (2018年01月07日)
アイコン画像八草きよぴ
» 2017年9月香港の旅(その7・ミニバスで青衣駅に)9/22 (2017年11月07日)
アイコン画像前田
» 平成29年7月14日の食事(横浜家系ラーメン) (2017年07月19日)
アイコン画像八草きよぴ
» PRONT党Edy-Rカードを買ったよ (2017年05月28日)
2018年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/kiyop/index1_0.rdf