月1回、松山で仕事して丸6年。

April 30 [Mon], 2018, 22:31
実は、私は、休診日にですが月1回、松山ほうじょう動物クリニックという
動物病院で、皮膚病の犬と猫の診察の仕事に行っています。

2012年5月からで、もう丸6年になるんですが、ずっと欠かさず月1回。
自分で運転して行っています。

自分はいわゆる獣医皮膚科認定医でもなく、ただの獣医師ですが、
お師匠である、獣医皮膚科のある意味伝説の仙人的な、
米倉督雄先生の治療法を受け継いで独自治療を行っています。

その独自の診断治療方法を認めてくれた、大学の同期でもある
松山の三好先生の病院で月1回仕事することは、非常に刺激に
なります。

この月1回の出張があるかないかで、自分の病院だけで仕事
をし続けるよりも、いろいろな話をしたり新しい知識を交換したり、
とてもいい刺激を受けることができるので、たんなる出張仕事と
いう意味合い以上に、当院にとっても恩恵を受けている仕事だと
思います。

そんな月1回の仕事で、たまにですが、自分が「セミナー」を担当
させて頂いています。



一般的ではない診断治療を行っているため、他の先生と
ざっくばらんにお話ししながら和やかに勉強会を行っています。

自分は他の人に何か教えたりできるような獣医師なんだろうか
という疑問は無いことは無いんですが、自分なりになんとかして
良くなるように頭をひねって取り組んでいる仕事の方法を
ご紹介するような感じのセミナーです。

私はあくまで「単なるイチ臨床獣医師」なので、大したことは
できませんが、こういうやり方、こういうモノの見方もあるよ、
というようなことを聞きたい、聞いてくれる人には惜しみなく
伝えますので、こういう機会も非常に楽しいものになります。



もともと、自分がやってみたかったのはこういう勉強会で、

知識や技術といったものも大切なんですが、考え方、見方、姿勢、
取り組み方といった、仕事の方法も含めての、堅苦しくない
同じ高さの目線でワイワイ話しながらできるセミナーまでさせて
頂いてる、松山での仕事のご紹介でした。


高知 きたむら動物病院
高知県高知市北川添24-27
088-880-5123
受付時間 
月・火・木  9:00-11:45 15:00-18:45
金     9:00-11:45 17:00-18:45
土      9:00-11:45 14:00-17:45

休診日 水曜日 日曜日 祝日
一般診療・犬と猫のアレルギー・皮膚病外来・内分泌外来

来週4月2日より、高知県にて夜間診療が開始されます。

March 27 [Tue], 2018, 0:15


来月といいますか、来週4月2日より、午後8時から10時30分が受付の、
夜間診療が開始されます。

(当院は、恐縮ですが参加動物病院ではありません。)

以下、その内容を写します。

もしその時間に診療が必要な飼い主さんは、是非熟読して頂き、
受診されるようにしてください。



当番制夜間動物病院に関するご案内

「対象動物」

犬 猫

その他の動物については、当番動物病院にご確認下さい。


「診療時間」 

午後8時から午後11時 (電話受付は10時30分まで)

診療時間内に来院できない場合はキャンセルになります。

(日曜・祝日および年末三が日は休診です。)


「診療の流れ」

1 高知県獣医師会(088-885-7002)にお電話いただき、
当日の当番動物病院を確認してください。

2 完全予約制です。必ず当番病院に電話にてご予約ください。
当番病院の獣医師の指示を受け受診してください。

3 受付時に「診療案内」を御承知して頂き「診療同意書」へ署名、
捺印をして頂きます。現在治療中の疾患がある場合は、検査結果
や薬などを持参し受付時にお申し出下さい。


「注意事項」 

1 夜間診療で、獣医師1名で対応の病院もあり、応急的診療のみ
となります。手術、入院治療および予防などは原則として行いません。

2 セキュリティ上、当番病院であっても、施錠、消灯している
場合もあります。必ず、電話受付の後、指示に従ってください。

3 ワクチン、フィラリアなど予防は行いません。

4 飼い主不明の動物や野生動物の診療はお断りする場合があります。

5 受診動物が扱える方にご来院頂きます。また、未成年者だけでの
ご来院は診療をお引き受けできません。


「お支払い」

1 診察当日、現金一括清算を原則とします。

2 クレジットカード対応病院はカード払いも可能です。電話予約時にご確認ください。

3 診察料金は、各動物病院により差があります。

4 夜間診療につき、通常の診療料金に夜間診察料金が加算されます。
簡易な処置でも、10000円から20000円以上かかる場合がありますので
予めご了承ください。


「当番制夜間診療参加動物病院」

高知市 
松宮動物病院 長崎獣医科医院 高須介良犬猫病院
アミール動物病院 かもはら動物病院

南国市
佐野獣医科病院 南国ひまわり動物病院

香美市
さくら動物病院

※当院は参加病院ではありません。


高知 きたむら動物病院
高知県高知市北川添24-27
088-880-5123
受付時間 
月・火・木  9:00-11:45 15:00-18:45
金     9:00-11:45 17:00-18:45
土      9:00-11:45 14:00-17:45

休診日 水曜日 日曜日 祝日
一般診療・犬と猫のアレルギー・皮膚病外来・内分泌外来

「僕の死に方」という本。

March 22 [Thu], 2018, 23:29
仕事柄、生老病死についてよく考えます。

診療科にもよると思いますが、動物病院は、ヒトのお医者さんよりも、
死に直面しないといけないことが多いかもしれません。

医師や看護師は、診療科によってホント全然違うと思うんですが、
我々は最初から10年15年という時間の後、見送ることを前提として
考えるのは共通認識かもしれません。

5年くらい前に、流通ジャーナリスト金子哲雄氏の遺作「僕の死に方」
を読み、最近、また読み直しました。

金子氏は41歳で、珍しい肺の腫瘍で亡くなったんですが、その直前
まで仕事して、それがそのまま本になりました。



いまちょうど、自分が41歳。
金子氏が亡くなったのが、今の自分の時期。
無念を考えるとやりきれない気持ちにもなります。

日常の生活に気を配っていれば、ならずに防げる病気も
たくさんあるんですが、

どんなに気をつけようとも「不運」としか言いようがない、
原因も無く突然やってくるような病気もあるし、事故もあります。
命は有限であり、有限だからこそ有り難い。

いつどうなるかなんてのは、ホントにわからない。

人生一寸先は闇であるけど、それを恐れて生きていくのも
あまり前向きではなく。

自分が40代になって明らかに変わったことは、30代の頃は
無かった、日常で「死」を感覚的に「あり得る」と感じるようになりました。

命を扱う仕事してるのでというのは大きいのですが、年齢的にもう
これから「中盤以降」になるからというのはさらに大きい。

しかし、日常で「死」を意識することは、前向きに生きることに直結します。

自分は子供が3歳前なので、少なくとも子が自分で生きて
いけるようになるまでは生きてしっかり仕事しないと、という気も
していますが、それと同時に、いつどうなっても、後悔のないように、
家族や友達との時間は大切にしたいとも思います。


この仕事してると、治療の対象は先に行く動物で、
仕事の対象は動物と人間(飼い主さん)で、
とにかく「時間の感覚」が大切になります。

動物にとっても、「1日」の長さは同じはずなんですが、人間の
何倍もの速度で生きてるということで、まさに生老病死が駆け足で。

治療でなんとかできるものも多々あり、

どうにもならないことも多々あり、

付き合っていく病気も多々あり、

それらは人間の医療も変わらないと思うんですが、
動物の仕事をしてると、長いけど速いので、時間が有限であることを
嫌でも自覚させられます。

仕事は、何するにしても最短コースでやらないといけないな、
と自分は思うようになってもう何年も経ちます。

仕事に限らずですが、自分が提供できることで他人に何かしら
価値を発生できるならば、それほど自分にとっても価値があることって
なかなかありません。

自分とうちのスタッフで、仕事することで、何かしらよかっただとか、
何かしらお役に立てたのであればいいなと思います。


自分は基本的には仕事中は、

「ひたすらその時ベストと思うことをする」

しか考えておりません。

自分がベストと思うことが、飼い主さんにも伝わっていればいいですし、
やはり仕事してるとそうでない場合もありますし、人と人との折り合い
ですので、たまにはお伝えすることが本当に難しいこともあるんですが・・・

自分はとにかく仕事の対象が駆け足の生老病死の生き物なので、
できるだけその時そのタイミングでの最善の判断で仕事するようにしています。

凡庸な言い方かもしれませんが、生老病死を意識しながら、時間を大切に、
御縁を大切に、いつどうなるか先はわからないかもしれないので、
なるようにしかならないので、その時その時自分ができるベストを行い
我々もですが、飼い主さんにとっても、後悔の無いように仕事したいものです。


自分はいろいろな本を読むというよりは、同じ本を繰り返し
読むことが多いんですが・・・

流通ジャーナリスト金子哲雄氏が、まさか自分に結構影響を
与えることになるとは当時TV見てて思いもよりませんでした。

でも、この本は、5年前も、最近読み返しても、金子氏の人柄が
手に取るように伝わる、温かい本だと思います。

高知 きたむら動物病院
高知県高知市北川添24-27
088-880-5123
受付時間 
月・火・木  9:00-11:45 15:00-18:45
金     9:00-11:45 17:00-18:45
土      9:00-11:45 14:00-17:45

休診日 水曜日 日曜日 祝日
一般診療・犬と猫のアレルギー・皮膚病外来・内分泌外来
ヤプログ!広告
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:きたむら動物病院
読者になる
日本四国高知にて平成21年1月開院いたしました動物病院です。動物病院の日常、ペットに関する話題、獣医のざっくばらんな日記などを提供していきますので、どうぞチェックしてみてください。webは→きたむら動物病院web twitterIDは→kitamuraah
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント