クリスマスキャンドルをウォーターキャンドルスタンドに立てて魅力度200%UP

November 01 [Thu], 2018, 20:20
クリスマスキャンドルとしてウォーターキャンドルスタンドを使用してみるのもいいかもしれません。
ウォーターキャンドルスタンドとは、数多くあるキャンドルスタンドのひとつです。


ウォーターキャンドルに水を張って、ストレートキャンドルを底に浮かべる、というものです。
ストレートキャンドルは細くて長いものです。


そのようなキャンドルをなぜ浮かべることができるのでしょうか。
それは、ウォーターキャンドルスタンドの構造に秘密があります。
ワイングラスを想像してみてください。
ワイングラスの手で持つところを「ステム」と言いますが、そのステムの部分にも水が入るようになっている、ということでしょうか。

ウォーターキャンドルに浮かべるというよりも、ウォーターキャンドルに立てる、という表現のほうが適しているのかもしれません。



ウォーターキャンドルに立てられたストレートキャンドルは、火を灯されたあと時間とともに当然のことですが短くなっていきます。
しかし、水の上に浮いているため、短くなった分だけ、水中からキャンドルが浮いて出てくるのです。
つまり、ウォーターキャンドルの炎の位置は、灯されたあと、たとえキャンドルが短くなったとしても炎は一定の場所にある、ということです。


キャンドルの炎に位置が一定の場所に保たれているということが、とても大事なことであると考えるひとは多いようです。
そのような人には、ウォーターキャンドルスタンドはお勧めであると思います。
今年のクリスマスキャンドルとして、候補の1つに挙げてもいいと思います。