クリスマスキャンドルってどうやって保管したら良いんだろうね知ってますか

October 01 [Mon], 2018, 20:18
クリスマスが終われば、クリスマスキャンドルは不要となります。

クリスマスキャンドルとして使用したキャンドルを引き続き使用せずに、次の年のクリスマスまで保管したい時があります。
保管方法として、どのようなことに注意したらいいのでしょうか。


日本の夏は高温多湿です。

キャンドルは温度が高いと溶ける性質を持っています。
だからといって、夏になると溶けてしまうわけではありません。
しかし、キャンドルスタンドに立てたままにしておいたり、花瓶などに挿したままにしておいたりするとキャンドルが曲がってしまいます。



そのため、キャンドルを保管するときは出来るだけ涼しい所に保管しておくことが重要となります。
キャンドルを入れる容器もなるべく底が水平なものを用意したほうがいいようです。
ストレートキャンドルと呼ばれる細長いキャンドルはその器の中に倒して保管するのです。

棚に保管する場合も上の方は避けたほうがいいようです。
なぜなら部屋の熱気は部屋の上部にこもるからです。


そして色ごとに分けて保管するといいようです。
白色のキャンドルを色のついたキャンドルを同じ容器で保管すると、白いキャンドルに色が移ってしまうケースもあるようです。

保管するケースの中に乾燥剤を入れておくのもアイデアかもしれません。



北欧などでは、どのような保管方法でもキャンドルが変形してしまうことはないようです。
しかし、日本では蒸し暑い夏を越さなければなりません。

出来るだけ風通しの良いところで、涼しい所に保管しておくことがポイントとなります。
  • URL:https://yaplog.jp/kiririncho/archive/8
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。