クリスマスキャンドルにフローティングキャンドルを使うのが注目度アップかも

December 01 [Sat], 2018, 20:22
今年のクリスマスキャンドルはフローティングキャンドルを選んでみてはどうでしょうか。
フローティングキャンドルは、その名のとおり水に浮かぶキャンドルです。

グラスに水を張り、その上にフローティングキャンドルを浮かべる、というものです。
この時に使用するグラスは縁がすぼまっているよりも、開いているグラスを用いたほうがいいようです。

グラスの縁がすぼまっていると、フローティングキャンドルの炎が直接グラスにあたってしまうからです。

水はグラスの半分くらいまで注ぐのがいいようです。

グラスの上まで水を注いでしまうと、フローティングキャンドルを浮かべたとき、キャンドルの炎が空調の風などに当たってしまうからです。
逆に少なすぎるのもよくないようです。

水が少なすぎると、グラスの底にキャンドルがついてしまい、キャンドルが傾くことによってロウが流れ出てしまう可能性もあるからです。



水を注ぐグラスにも工夫を加えたいものです。
例えば、グラスの側面にカット模様が入っているものにフローティングキャンドルを浮かべたとします。
そうすればグラスのカットから放射状に美しい光がもれてくることでしょう。

その光がテーブルの上に反射して、クリスマスの気分を盛り上げてくれるはずです。


クリスマスキャンドルとしてプローティングキャンドルのみを準備すれば、特別なものを用意する必要はありません。
食器棚の中をのぞいてみて、フローティングキャンドルとして使えそうなグラスを選ぶだけです。
  • URL:https://yaplog.jp/kiririncho/archive/10
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。