クリスマスキャンドルにもいろんな色や形があるんだよね 

February 01 [Fri], 2019, 20:25
クリスマスキャンドルとしてキャンドルを選ぶ時に、どれを選んだらよいのか迷ってしまいます。
キャンドルの形には様々な種類があるからです。

テーパーキャンドルと呼ばれるものがあります。
細長い、一般的なキャンドルのことをテーパーキャンドルといいます。
テーパーキャンドルは、キャンドルを乗せる台、つまりキャンドルホルダーと呼ばれるものと合わせて使用されることが多いようです。
テーパーキャンドルを使用する時のキャンドルホルダーは、ガラスのホヤ付のものを選ぶとよいでしょう。
空調の風のことを考えると、キャンドルの炎をホヤで囲んでしまったほうがいいようです。

ラウンドキャンドルと呼ばれるものがあります。

ラウンドキャンドルとは太くてがっしりとしたキャンドルのことをいいます。
ラウンドキャンドルには50時間以上の長持ちするキャンドルもあるようです。
このようなキャンドルは食事の際のディナーキャンドルとしては不向きであるかもしれません。


友達と語りたい時やひとりで考え事をしたい時、またはぼんやりと休みたい時などに向いているのかもしれません。
キャンドルホルダーとしては、お皿がいちばんいいようです。



キャンドルの形や大きさには様々な種類があります。
色や香りも加えたら、種類は数えきれません。



クリスマスキャンドルとして、どれが最適なのか迷ってしまいます。
どこの場所で、どのように使いたいのか、いろいろ想像しながら選んでいくしかないようです。

クリスマスキャンドルにカップキャンドルっていんじゃないの・・・ 

January 01 [Tue], 2019, 20:24
小さなカップに入ったキャンドルがあります。
そのキャンドルはカップキャンドルと呼ばれています。


ホテルのレストランなどで以前からよく使われているものです。
小さいながらも燃焼時間が長く、その上使い終わればカップごと使い捨てが出来るので便利なキャンドルです。
燃焼時間は4時間前後のものが多いようです。

レストランなどでは、開店から閉店までが4時間くらいなので、開店時に火を灯せば閉店まで持つ、というところにもレストランで使用される理由があるようです。

クリスマスキャンドルとしてディナーの際に使用するには、4時間もあれば十分ではないでしょうか。



透明のプラスチックのケースやガラスに入っていることが多いようです。
大きさ自体が小さいのでカップキャンドルをシェリーグラスの中に入れることができます。
シェリーグラスではなく、もっと大きなガラスのキャンドルスタンドに入れることもできます。
大きなガラスの中に入れるほど、美しい光になるようです。

大きく囲むガラスのキャンドルスタンドであれば、そのガラスがホヤの代わりにもなるので、豊かな感じになるようです。
また、場所もとらずにたくさん並べることもできます。

ディナーに時に食前酒にカップキャンドルを添えてもてなせば、いつもと違った雰囲気を楽しむことが出来るはずです。

カップキャンドルをテーブルクロスの色に合わせて、同系色のものを選んでみたらしょうでしょうか。

このキャンドルは普通の雑貨店や通販でも販売されているので、手軽に手に入れることができます。
今年のクリスマスキャンドルはカップキャンドルを選んでみてはどうでしょうか。

クリスマスキャンドルにフローティングキャンドルを使うのが注目度アップかも 

December 01 [Sat], 2018, 20:22
今年のクリスマスキャンドルはフローティングキャンドルを選んでみてはどうでしょうか。
フローティングキャンドルは、その名のとおり水に浮かぶキャンドルです。

グラスに水を張り、その上にフローティングキャンドルを浮かべる、というものです。
この時に使用するグラスは縁がすぼまっているよりも、開いているグラスを用いたほうがいいようです。

グラスの縁がすぼまっていると、フローティングキャンドルの炎が直接グラスにあたってしまうからです。

水はグラスの半分くらいまで注ぐのがいいようです。

グラスの上まで水を注いでしまうと、フローティングキャンドルを浮かべたとき、キャンドルの炎が空調の風などに当たってしまうからです。
逆に少なすぎるのもよくないようです。

水が少なすぎると、グラスの底にキャンドルがついてしまい、キャンドルが傾くことによってロウが流れ出てしまう可能性もあるからです。



水を注ぐグラスにも工夫を加えたいものです。
例えば、グラスの側面にカット模様が入っているものにフローティングキャンドルを浮かべたとします。
そうすればグラスのカットから放射状に美しい光がもれてくることでしょう。

その光がテーブルの上に反射して、クリスマスの気分を盛り上げてくれるはずです。


クリスマスキャンドルとしてプローティングキャンドルのみを準備すれば、特別なものを用意する必要はありません。
食器棚の中をのぞいてみて、フローティングキャンドルとして使えそうなグラスを選ぶだけです。

クリスマスキャンドルをウォーターキャンドルスタンドに立てて魅力度200%UP 

November 01 [Thu], 2018, 20:20
クリスマスキャンドルとしてウォーターキャンドルスタンドを使用してみるのもいいかもしれません。
ウォーターキャンドルスタンドとは、数多くあるキャンドルスタンドのひとつです。


ウォーターキャンドルに水を張って、ストレートキャンドルを底に浮かべる、というものです。
ストレートキャンドルは細くて長いものです。


そのようなキャンドルをなぜ浮かべることができるのでしょうか。
それは、ウォーターキャンドルスタンドの構造に秘密があります。
ワイングラスを想像してみてください。
ワイングラスの手で持つところを「ステム」と言いますが、そのステムの部分にも水が入るようになっている、ということでしょうか。

ウォーターキャンドルに浮かべるというよりも、ウォーターキャンドルに立てる、という表現のほうが適しているのかもしれません。



ウォーターキャンドルに立てられたストレートキャンドルは、火を灯されたあと時間とともに当然のことですが短くなっていきます。
しかし、水の上に浮いているため、短くなった分だけ、水中からキャンドルが浮いて出てくるのです。
つまり、ウォーターキャンドルの炎の位置は、灯されたあと、たとえキャンドルが短くなったとしても炎は一定の場所にある、ということです。


キャンドルの炎に位置が一定の場所に保たれているということが、とても大事なことであると考えるひとは多いようです。
そのような人には、ウォーターキャンドルスタンドはお勧めであると思います。
今年のクリスマスキャンドルとして、候補の1つに挙げてもいいと思います。

クリスマスキャンドルってどうやって保管したら良いんだろうね知ってますか 

October 01 [Mon], 2018, 20:18
クリスマスが終われば、クリスマスキャンドルは不要となります。

クリスマスキャンドルとして使用したキャンドルを引き続き使用せずに、次の年のクリスマスまで保管したい時があります。
保管方法として、どのようなことに注意したらいいのでしょうか。


日本の夏は高温多湿です。

キャンドルは温度が高いと溶ける性質を持っています。
だからといって、夏になると溶けてしまうわけではありません。
しかし、キャンドルスタンドに立てたままにしておいたり、花瓶などに挿したままにしておいたりするとキャンドルが曲がってしまいます。



そのため、キャンドルを保管するときは出来るだけ涼しい所に保管しておくことが重要となります。
キャンドルを入れる容器もなるべく底が水平なものを用意したほうがいいようです。
ストレートキャンドルと呼ばれる細長いキャンドルはその器の中に倒して保管するのです。

棚に保管する場合も上の方は避けたほうがいいようです。
なぜなら部屋の熱気は部屋の上部にこもるからです。


そして色ごとに分けて保管するといいようです。
白色のキャンドルを色のついたキャンドルを同じ容器で保管すると、白いキャンドルに色が移ってしまうケースもあるようです。

保管するケースの中に乾燥剤を入れておくのもアイデアかもしれません。



北欧などでは、どのような保管方法でもキャンドルが変形してしまうことはないようです。
しかし、日本では蒸し暑い夏を越さなければなりません。

出来るだけ風通しの良いところで、涼しい所に保管しておくことがポイントとなります。

アロマキャンドルとクリスマスキャンドルとあるけどどう違うのかね 

September 01 [Sat], 2018, 20:17
アロマキャンドルと呼ばれるものがあります。アロマキャンドルは雑貨屋やデパートで様々な種類のものが売られています。
キャンドルとしてまず思い浮かぶのがアロマキャンドルです、という人も少なくありません。
アロマキャンドルはキャンドルを作る過程で材料の中にエッセンシャルオイルや香料を混ぜ合わせたものです。
そのため、火を灯すと香料やエッセンシャルオイルの香りがしてくる、というものです。

アロマキャンドルがなくても、キャンドルの灯りと香りを同時に楽しむ方法があります。

フローティングキャンドルとフローティングキャンドルを浮かべるためのグラスを用意します。
グラスに水を注ぎ、その水の中に好みのエッセンシャルオイルを数滴垂らすのです。
そこにフローティングキャンドルを浮かべて火を灯します。

すると、フローティングキャンドルの火によって、グラスの中の水が温められます。
すると、エッセンシャルオイルのほのかな香りが漂ってきます。
エッセンシャルオイルの種類を変えれば様々な香りを楽しむことができます。

アロマキャンドルですと、そのキャンドルが燃え尽きるまで同じ香りです。
この方法を用いれば、ひとつのフローティングキャンドルでいくつもの香りを楽しむことができます。
ただし、楽しもうとする香りの数だけエッセンシャルオイルが必要となりますが。



クリスマスキャンドルとして灯りを楽しむだけでなく、香りを楽しむという方法もあります。

今年のクリスマスキャンドルは香りを楽しんでみてはどうでしょうか。

クリスマスキャンドルを点火する時は十分気を付けようね 

August 06 [Mon], 2018, 20:13
クリスマスキャンドルに火を灯す時は様々なことに注意しなければなりません。
せっかくのクリスマスです。
クリスマスキャンドルを灯すことによって、トラブルが発生したら台無しになってしまいます。

クリスマスキャンドルを灯す場所が水平な場所であるかどうか確認しなければなりません。
水平な場所に置かないと、キャンドルが倒れてしまう危険があるだけでなく、キャンドルがまっすぐに燃えていきません。
そして、室内の空調の風にも注意が必要です。
クリスマスの時期は部屋に暖房が入っていると思います。

暖房の風がキャンドルに直接当たってしまうような場所は避けたほうが無難です。

キャンドルはキャンドルホルダーか、お皿の上にしっかりと固定することが大切です。

キャンドルを固定するための柔らかいロウが売られていますので、それを使用してもいいと思います。



キャンドルの周りには当然のことですが燃えやすいものは置かないことです。
特にカーテンなどは注意しなければなりません。
カーテンから離したつもりでも、窓を開けたときに風によってカーテンがなびいてキャンドルと接触する可能性もあります。



誰もいない部屋や、就寝前には必ずキャンドルの火がついていないかどうか確認することが大切です。
キャンドルを消す時は息を吹きかけると匂いが残ります。

匂いを残したくないのであれば、キャンドル用の灯消しを使用したらどうでしょうか。
1年に1回のクリスマスキャンドルです。安全に楽しみたいものです。

さっさ 

October 06 [Sat], 2007, 23:58
やる気満々で仕事に行ってきました。

今日の仕事は面倒な作業ばかりでした。

そんなこんなで業務が終わったらさっさと退社です。

今日はまたデパートに行ってきました。

今日のお目当てはミニギター 通販です。

前々からミニギター 通販がほしいと思っていたのです。

ちなみに帰宅してインターネットでミニギター 通販を探してみるとあれこれ発見できたので紹介しておきます。

ほしい香水 

October 06 [Sat], 2007, 0:18
やる気満々で会社に行ってきました。

本日の業務は平凡なものでした。

さて、業務が終わったらお楽しみです。

本日はまた駅前に行ってきました。

今日見たかったのは杉本彩 香水です。

以前から杉本彩 香水のことが気にかかっていたのです。

ところで帰ってきてインターネットで杉本彩 香水を探してみるとあれやこれやと発見できたので紹介しておきます。

気を抜いて… 

October 02 [Tue], 2007, 0:43
遅番なので昼から仕事に行ってきました。

今日の業務はいつもより大変でした。

そうして業務がはねたらお楽しみです。

今日は例のごとく駅前に寄ってきました。

目的はメリービアンコです。

前々からメリービアンコに興味があったのです。

ちなみに自宅に戻ってネットでメリービアンコを調べてみるとあれこれ発見できたので紹介しておきます。