日記で記憶・思考力改善

  • URL:https://yaplog.jp/kioku_jutu/archive/164

記憶術 > 目次 > 記憶  > 日記で記憶・思考力改善



小学校で、夏休みに日記をつける宿題がでても、

結局、8月終わりのまとめてつけることになり、

インターネットで天気を調べる子供が多くいます。

小学校の宿題で日記がでるのは、日記をつけることがいいことで、

習慣として日記をつけさせたいという思いからでしょう。



大人でも、日記をつけるのは、

仕事でもいいことですが、三日坊主でなかなか続きません。

面倒とか、わざわざ机に向かう時間がとれないとか、

ノートを開くきっかけがないとかさまざまな理由があると思います。



仕事では、今日あったことをメモに残し、

アイディアがあれば書き、今後の予定・計画などを考える時間になります。

少ない時間ながら、一日を整理して、将来を考える時間にもなりますので、

三日坊主になっても、何回でもチャレンジしたいものです。



実は脳にとって、日記を書くということは、

いいトレーニングになっています。



まず、一日に何があったか思い出すことが、

記憶力アップにいい訓練になります。

記憶力改善のトレーニングには、

夜寝る前に、一日にあったことを、

5−10分イメージで思い出しなさいと言うのがありますが、

日記をつけることで、自然に、このトレーニングをやることができます。



後で、いつ何があったか確認もできますし、

何をどう考えて行動したのかもチェックでき、

反省する時にも使えます。



また、人は物を考える時に言葉で考え、言葉で相手に考えを伝えています。

きちんと文章を毎日書くことで、考える力がついてきますので、

自分の思いを相手に的確に伝える練習にもなります。



ビジネスの世界では、上司・同僚・部下・顧客・取引先と、頻繁に接しますが、

自分の考えを伝え、相手の考えを的確に知ることは、

仕事をトラブルなく進めるためには、重要な能力になっています。

このようなコミュニケーション能力は、言語思考がベースになっていて、

きちんとした思考ができなければ、コミュニケーションもうまくいきません。




日記を毎日つけることは、慣れないうちは面倒ですが、

習慣になれば、自然に日記をつけることができるようになります。



ボケ防止や仕事のために、チャレンジする価値は十分にあります。





(注)漢字を思い出して使うためには、

パソコンではなく、ノートに手書きのほうが、

よいと思います。




[PR]
右脳を活性化し、頭をよくするには、

こちらの>> 川村明宏のジニアス記憶術 <<をご覧ください。








記憶術 > 目次 > 記憶  > 日記で記憶・思考力改善





Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
-->