『攻撃魔術の使えない魔術師』について

November 26 [Sat], 2011, 3:05
 
 
 こんばんわ、絹野帽子です。

 夜分遅くに申し訳ありません。でも今夜中に言っておきたくて、投稿させていただきます。
 『コマツな』では、実に多くのキャラクターを書いています。少なくとも30人以上、1話限りのみ、セリフだけ、名前がない、そんなキャラを含めれば50人を超えてしまいます。

 今回は、その中から私の好きなキャラを選んで紹介させてもらいます。



 まずはこのブログでも何度か記事にしたジルでしょうか?

 初登場は5歳編の幼馴染と森に行くシーン。最初はただの、オオカミの子供でした。
 人間になれるようになってからの、ジルを書いている話はかなりテンションがアゲアゲでした。よく、バカっぽいキャラと言われます・・・まぁ、実際その通りなのですが(笑)

 私にとって、ジルはどちらかいえば「正直者」という印象です。
 「素直」とか「一直線」でもいいかもしれませんが、「正直」というイメージが一番しっくりきます。
 裏表がないから、そういうキャラだから、双子の妹のリリアを除いてジルは皆から愛されています。そのリリアだって、本当はジルのことは嫌いじゃないのです。どちらかというと、好敵手と書いてライバルと読むような関係なので。


 つぎにアイラさん。本名はアイラ・ウェステッド。

 初登場は3歳編。実は作中で主人公の次に登場しているのが、このアイラさんです。バーレンシア家の使用人(メイド)のお姉さん。
 クールな見た目にドジッ娘要素があって、年上好きです。
 頼れる男性にクラクラっときちゃうタイプですね。だから、ロイズとのカップリングは最初から決まっていました。

 ドジッ娘な部分を除けば、まじめで仕事は丁寧なタイプですから、周りの皆から自然と頼りにされています。だからこそ、頼らせてくれる人に弱いんですね。
 バーレンシア家でロイズと交流しつつ数年をかけて憧れを恋に変化させ、そしてさらに数年かけて(ロイズを落とし)恋を愛として実らせた人です。かなり情熱的かもしれません。


 女の子が続いたので男性代表でフェルくん。本名はフェルネ・ザールバリン。

 10歳編のプロローグから登場している王都編のキーパーソンと言えるキャラです。物語の進行には直接的には関わっていませんが、ユリアを茶飲み友達兼相談相手として活躍してくれました。
 フェルは【夢夜兎の加護】のせいで幼くして大人びてしまった少年です。一種の天才少年かもしれませんね。どうも私は大人びた子供キャラが好きなようです。

 彼にはユリアと対等に話し合えるという重要な役どころをやってもらいました。彼のおかげでユリアの新しい魅力をを知ることができました。


 それから新人メンバーから、マルグリット嬢。本名はマルグリット・ラシクレンペ。

 15歳編で突如現れたユリアのライバルキャラ・・・の予定だったのですが、気付いたらユリアにデレていました。
 イヤなキャラとして登場しながら一本気があって賢いんだけど、思い込みが激しく、恋愛関係に本気で疎くいつの間にか人気が出ていそうなキャラ。コンセプトは、ザ・お嬢様です。

 彼女は実力がある人に対してはとても敬意を払うため、周りには上級貴族の子よりも下級貴族の子が多くて、かつ慕われています。将来的に得難い人材を自然と確保しちゃうあたり、ある意味でハイスペックなお嬢様なのです。
 愛称はマリーでしょうか、やっぱり。


 そして、我らがユリィちゃん。本名はユリア・バーレンシアor大杉健太郎。

 好きなキャラを上げろと言えば、欠かすことはできないでしょう主人公です。
 私の理想をこれでもかと詰め込みました。可愛いらしい容貌に、甘いと言われる位の人の良さ、無敵の魔術、素敵な家族。
 設定的にココロは男ですが、ある程度はそれを受け入れて楽しめる芯の強さ。
 『コマツな』を書くためにユリアがいるのか、ユリアがいるから『コマツな』を書くのか、わからなくなるくらい楽しかったです。


 最後で失礼します。セロさん。本名は祁島セロ様。

 ラフを見たときから『コマツな』は私一人の作品ではなくなりました。それくらい、セロさんの絵の威力はすごい衝撃でした。
 どのキャラクターも、かわいく、かっこよく、そして魅力的でした。
 ホットケーキも本当にフワフワで美味しそうでした。蓄光石のランプが超かっこよかったです。

 表紙の構図を決めるためにああでもない、こうでもないと長い一夜を過ごしたこともありました。
 ほとんどがセロさんのアイデアでしたが、それに私のアイデアを足したりして、二人で満足のいく挿絵を何枚も作りました。
 私がカレーを食べに行った話をブログに書いたら「今度連れてって」と冗談まじりに言われました。いつか連れて行きます、きっと。



 この記事を書きながら『コマツな』を読み直し、ああ、こんなシーンもあったなぁ、とか自分で思い直したり。
 よし、このキャラも書くか・・・みたいにやっていたら、こんな時間になってしましました。

 私が小説を書くときは、大体キャラクターが先に生まれてくることが多いです。その子たちが勝手に動いて物語を作ってくれる感じです。だから、どんな悪役だろうが、彼らが自分から動いて死なない限り殺したくはありません。
 だから、ユリアたちは、たぶん、同じ名前ではないけれど、いつか別の作品でひょっこり顔を出すと思います。

 しばらくは、ネタがありしだい、適当にブログを日常的な話を書き綴ります。
 そして、次の作品を書きたい力が溜まり次第、再起動しようと思います。

 長い記事に、お付き合いありがとうございました。
 
 
  • URL:https://yaplog.jp/kinuno/archive/159
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
クローバーフィールド の 絹野帽子
みなさん。わたくしのために命を捧げてください。
そして トンボ鉛筆 の 佐藤 に
献金 しなさい
July 02 [Tue], 2019, 0:40
トンボ鉛筆 の 佐藤 です
絹野帽子 という 株式会社クローバーフィールド に勤めている 詐欺師 を知っていますか?
クローバーフィールド は もうすぐ 倒産 します。
ちなみに 宮迫博之 さんが 詐欺グループ への 闇営業 をしましたが
私こと トンボ鉛筆 の 佐藤 と クローバーフィールド と ミートホープ と 絹野帽子 は 闇営業 をして 脱税 したりは していないと思います
July 02 [Tue], 2019, 0:37
いろいろと
フェザー文庫は創価らしいしね。
不運だったという以外なさ過ぎる、結構なろう系では早めの参戦だったのに作家や作品の少なさがいろいろ物語っています。
June 16 [Sun], 2019, 1:15
松本智津夫 星のドラゴンクエスト 詐欺
星ドラ オウム真理教 星のドラゴンクエスト 詐欺 ドラクエ 犯罪
July 14 [Sat], 2018, 8:50
犯罪 星のドラゴンクエスト 詐欺
星のドラゴンクエスト オウム真理教 詐欺
July 14 [Sat], 2018, 8:48
市村 星ドラ 詐欺
星のドラゴンクエスト 犯罪 強盗 地下鉄サリン事件 星ドラ 詐欺 オウム真理教
July 14 [Sat], 2018, 8:48
麻原彰晃 星ドラ
星のドラゴンクエスト オウム真理教 犯罪 地下鉄サリン事件 詐欺 星ドラ
July 14 [Sat], 2018, 8:47
星のドラゴンクエスト 犯罪
オウム真理教 詐欺 犯罪 星のドラゴンクエスト 違法 星ドラ 犯罪者
July 14 [Sat], 2018, 8:46
プロモーション・D・リンゴ
フェザー文庫をwwwwww愛してくれてwwwwwwwwwwwありがとふっwwwwwwwwwwww
May 15 [Tue], 2018, 23:37
どくしゃー
久々にコマツなを見て
また絹野さんの作品を見たくなりました
まだまだ待ち続けます
ありがとうございました
April 18 [Wed], 2018, 0:11
人生のんびり組み
なんか怖いコメントしている人たちが多くてびっくり。
私は、コマツなさんの小説の、優しいタッチが好きでした♪
心に残る作品を、ありがとう。
March 20 [Tue], 2018, 21:58
ゴミ!!!
クソがデロデロ
March 19 [Mon], 2018, 1:39
えびぞふ
クソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソクソ
December 03 [Sat], 2016, 14:15
リヴィアのゲラルト
攻撃魔術の使えない魔術師を初めて読みました
とても楽しかったです
いつか続きが読めると信じて復帰をお待ちしています
September 27 [Tue], 2016, 11:36
I am a senior high school student in Taiwan.I can't speak Japanese,so I write this article with my bad English.I like this novel very much,so I was sad that you didn't write this work anymore.I hope you will continue write this work because it is my favorite novel.I will look forward to serialize this novel everyday in future.
May 11 [Wed], 2016, 20:10
名無し
金とった以上責任は果たすべきだと思うけどね
十分な説明もせずに終わるんだったらもう次の作品は読みたくないから名前変えて別の作品で再開とかやめてくださいね
December 05 [Sat], 2015, 14:03
エント
いつでも執筆再開を待っていますよ。それとも名前変えて再開してますかね?
October 19 [Mon], 2015, 22:39
【攻撃魔術の使えない魔術師】のつつきか見たい
July 16 [Thu], 2015, 19:41
暇人
ふと、無性にコマツなが読みたくなる時がある。
そんな時は1巻を手に取り、ぱらぱらと捲り、気が付けば読破。
その流れのまま、PCを起動させ、コマツなで検索して続きを読む。
そして最後の「凍結」の文字で身悶えする……。

次の作品を書きたい力が、いつか溜まる事を、
のんびりと待ち続けております。
(本当は、続きが読みたいのですけれどね……)
June 16 [Tue], 2015, 1:32
無敵の【帽子の加護】
無敵の【帽子の加護】
帽子さん帽子さん
可愛い可愛いのユリアお嬢様の未來を教えてください

ウサギさんのカゴですか? ウサギさんがお野菜を運ぶのですか?
帽子を身に着けてるのウサギさんが
ユリアお嬢様の15歳と20歳物語を皆に教えてだよね!ね!!

あの剣も,あの狼も,可愛い可愛いのユリアお嬢様のものだよね
可愛い可愛い可愛いのユリアお嬢様が帽子さんに待っているよ
永遠に

帽子さん
【攻撃魔術の使えない魔術師】の続きをお願いします
【帽子の加護】が無敵だせ
続きないの理由はありません!
June 09 [Tue], 2015, 23:29
無敵の【帽子の加護】
帽子さん帽子さん
可愛い可愛いのユリアお嬢様の未來を教えてください

ウサギさんのカゴですか? ウサギさんがお野菜を運ぶのですか?
帽子を身に着けてるのウサギさんが
ユリアお嬢様の15歳と20歳物語を皆に教えてだよね!ね!!

あの剣も,あの狼も,可愛い可愛いのユリアお嬢様のものだよね
可愛い可愛い可愛いのユリアお嬢様が帽子さんに待っているよ
永遠に

帽子さん
【攻撃魔術の使えない魔術師】の続きをお願いします
が無敵だせ
続きないの理由はありません!
June 09 [Tue], 2015, 23:26
ameagari
あなたの物語が大好きです
読者としてあなたの作品を待ち続けます
February 27 [Fri], 2015, 20:08
ngaakun
攻撃魔術の使えない魔術師 の続き,楽しみにしています.
気になって仕方がないです!
February 09 [Mon], 2015, 12:09
zf
お酒に酔ったテンションで書き込みます
今でもあなたの書くコマツなを待っています
もし見ているのならコマツなの続き、もし無理ならちょっとしたものでもいいので新しい物語をお願いします
January 18 [Sun], 2015, 1:21
zf
お酒に酔ったテンションで書き込みます
今でもあなたの書くこの物語を待っています
もし見ているのならこまつなの続き、もしくは新しい物語をお願いします
January 18 [Sun], 2015, 1:19
しぼぬき
>darknoonさん
うわぁ・・・
もろ中国人乙な書き込みですね
December 24 [Wed], 2014, 19:23
ぼくは香港人です
この小説がぼくはすき
みらいのプロットがまんでくる
December 20 [Sat], 2014, 21:27
ゆうき
絹野さんてもしかしてベッキーですか?
December 13 [Sat], 2014, 1:34
絹野帽子
wwwwwwwwww
December 04 [Thu], 2014, 16:48
twlightstars
こんばんは〜台湾の読者です

今日は[攻撃魔術の使えない魔術師]最終回から三年目、
また一回拜読完了です>///<

三年前、友人から「小説家になろう」の読者生活始まり。
ラベル好き、女性主人公好き、日常系好き、
この作品も何回読みます、でもやはりそのまま物語おわり
殘念の思う。

次の作品ありますなら、また「小説家になろう」お願いです〜
November 26 [Wed], 2014, 0:53
絹野帽子
ヴェロテックのおいしまじ!!
November 21 [Fri], 2014, 19:15
不懂日文的人
Is it possible to go on? when will the copyright expire?
It is a very good and interesting story that I would like to keep reading...

It is a lost if it just stop right there...
November 14 [Fri], 2014, 16:34
期待之一人
我是一位中國讀者,我只能說[神作]二字,希望你能寫下去....

我沒看過比這更有趣的輕小說了....

以往的戰鬥系,萌系,neta系的小說看得大多了,這種感覺的小說反而比較清新...

真心期待有朝一日能看到這故事的後續〜

P.S.如有人能翻譯這段話給作者,真心感謝
November 13 [Thu], 2014, 3:31
diedwar
名無き者w
November 08 [Sat], 2014, 15:44
絹野帽子
あ?誰だお前
November 04 [Tue], 2014, 17:48
lyw
あなたの小説は私の好きな日本語のネットの小説。ありがとうございます。ちなみに、あなたの小説はdiedwar全てを中国語に訳す。現在閲覧数:148524回。私はあなたが1つのアカウントを申請して、興味を見てみましょう。http // www.lightnovel.cn / thread-719932-1-2.html。ユーザー名:fdsazxcv。パスワード:Rewq1234
October 16 [Thu], 2014, 0:45
ローズ
Aye,ma'am Chicken in wantan.
I rice 〃どこまでも使えない詐欺師 berry match.
White wii his rightnobel restaurant regain?
September 18 [Thu], 2014, 2:46
yuri
I am Chineese in TAIWAN.
I like "攻撃魔術の使えない魔術師" very much.
When will this lightnovel restart again?
August 31 [Sun], 2014, 15:09
読者
いつまでも まってますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
August 26 [Tue], 2014, 15:02
コーヒー
コーティング
July 15 [Tue], 2014, 23:51
ンゴロンゴロ
ンジャメナ
July 15 [Tue], 2014, 23:50
チップ
チャット
July 15 [Tue], 2014, 23:48
タイム
タラップ
July 15 [Tue], 2014, 23:47
ガイド
ガッツ
July 15 [Tue], 2014, 23:46
ミント
ミラー
July 15 [Tue], 2014, 23:46
カード
カリキュラム
July 15 [Tue], 2014, 23:45
ノイズ
ノーマル
July 15 [Tue], 2014, 23:45
イート
イントネーション
July 15 [Tue], 2014, 23:44
ウエイト
ウォーキング
July 15 [Tue], 2014, 23:44
チューインガム
チューリップ
July 15 [Tue], 2014, 23:43
マスタング
マエストロ
July 15 [Tue], 2014, 23:42
エア
エブリデイ
July 15 [Tue], 2014, 23:42
てぃあら
続き、いつまも待ち続けています
July 09 [Wed], 2014, 15:18
多岐にわたる滝
綺羅星聖也(88)
May 21 [Wed], 2014, 2:43
インターナショナルステイツオブジョイトイ
ぼくのおとうさんは水でできているそうです。おそらく長いこと放置されたから。なので
May 21 [Wed], 2014, 2:40
ハナヤカ豆乳
痛風の多い生涯を送ってきました。
野山を登りて、鳥肉を食べつつ、よろづの痛みを受けにけり。
May 21 [Wed], 2014, 2:38
ヒリダス
マトーホクラメーブン
May 21 [Wed], 2014, 2:36
アテラート
無邪気な制裁
土佐犬の猛り
May 21 [Wed], 2014, 2:33
春燦燦
ぢのわるいお友達からおかしい
May 21 [Wed], 2014, 2:33
みかりなさん
い゛い゛ぎ゛い゛ぎ゛い゛い゛!!
お前のせいだろこのおおおおおおおおおおおお!
May 21 [Wed], 2014, 2:32
肝心要の勧進帳
お尻の穴が…開いてゆく…
May 21 [Wed], 2014, 2:30
キタ・ダロー
この修正は容易
May 21 [Wed], 2014, 2:29
網ター
別れろ
May 21 [Wed], 2014, 2:29
駅員
貴様
May 21 [Wed], 2014, 2:28
三河屋
この修正は容易ではないぞ…?
May 21 [Wed], 2014, 2:26
えるみ
まだ待っている読者が一人いることだけを伝えに来ました。
本当にそれだけです。
May 13 [Tue], 2014, 0:47
イーストショット
わたしのお金はいったい
April 22 [Tue], 2014, 18:27
読者
おめでとうございます。
続きが読めることをまっています。
April 10 [Thu], 2014, 7:33
絹野帽子
みなさん!喜んでください!年月を重ねて協議を重ねた結果、コマツなは…



面白いかもしれないとの結論が出ました!
これも全て私の文才が鼻高々だからです!ご静聴ありがとうございました…!
March 29 [Sat], 2014, 21:41
新年は、おさうじしましたか
おさうじしましたか
January 09 [Thu], 2014, 0:15
一人の読者
新年あけおめことよろでございます。

続編は諸般の事情で難しいと思いますが出来れば今年こそは新作を。いっそ題名とかちょこちょこ変えて新作って事で・・・
January 05 [Sun], 2014, 15:39
名無しのファン
中止されてから昨日で丸2年が経過しました。
”攻撃魔術の使えない魔術師”は今でも懐かしくなって読み返します。
最近、ログ・ホライズンのTRPG化にも携わってると聞いて、今でも創作に関わることができていることを嬉しく思いました。
一学生の身分では詳しいことはわかりませんが、絡まってしまったしがらみから抜け出すことができたなら・・・再びペンを取ることがあるのであれば絶対続きを、とは言いません。
ですが、帽子先生の新しい世界をみることができれば、
と心から思います。

…ただ、わがままを言えばやっぱり続きを見てみたいですね…。
                 ――――この声が届くことを願って
November 27 [Wed], 2013, 16:30
わちゃがなどぅ
野帽先生にならってくずてんてーも書籍化を諦める方針みたいよ!良かったわねっ!仲間が増えて!
でも野帽先生より一巻少ないし全然売れなかったから野帽先生と比べたらくずてんてーの買ってくれた人への被害額なんてちっぽけなものよねっ!
October 19 [Sat], 2013, 9:30
ありがとうございます。
ありがとうございます。
September 30 [Mon], 2013, 11:15
ありがとうございます。
有難うございます。
September 30 [Mon], 2013, 11:14
有難うございます。
有難うございます。
September 30 [Mon], 2013, 11:13
初めまして こんばんわ
自分のFireFoxのお気に入り、上から2番目に”小説を読もう:攻撃魔術の〜”が置いてあります。
夜中思わず懐かしさを覚え、こちらまで来てしまいました。

お礼をと思い、一筆取らせていただきました。
当時ネット小説を知らなかった自分が、ネットで人気と平積みになっていた”攻撃魔術の〜”を購入させてもらいました。
面白く、続きを読みたいと思い、ネットで検索してみると小説を読もうのサイトを見つけ、投稿されている分は総て読ませていただきました。
その後、”攻撃魔術の〜”中止を知り、続きが読めない事を非常に残念に思っています。
ですが、ネット小説というものと小説を読もうのサイトに導いて頂けた事に感謝を伝えたいと書かせていただきました。

有難うございます。

その後、上記サイトを毎日開いている次第です。
September 23 [Mon], 2013, 1:40
絹野帽子
うぐぅ~へとへとでした。これで復活したよ。!
真実は詐欺したらボコボッコにされたのがスタートでした,誠においしかったのですがノシ
復活したので流行りのvrmmoにチャレンジ三年生してみた模様ですWWWWWWWWWWWWW
イカポッポ食べたい
September 20 [Fri], 2013, 2:37
絹野帽子
白き漆黒の異常者 ユリア「ウリの補助魔法でいきたえろ、。攻撃が使えないと思ったか。実は攻撃魔法じゃなあくてもウリはダメージをあたれあれるのだ、、、フハフハ、無駄な設定に憤っておるな。。。しかしそれはウリのせいではないのでウリをころちゅのはやめちくり。、。、然るべき相手がいるじょんウリポンのだ」
詐欺師【ペンは剣より強し、跳ね返して真央を倒した!】
September 20 [Fri], 2013, 2:30
絹野帽子
新作を書きました、リバイバルを金ているのでおぬぐるしいかもしれましれませんが、おきき、ください
健太郎(おのれー、大魔王ラリンジニウムコクニルセンヌライダミナストリクテナリスリカメヤヌルスめ。。。。。}
賢太郎<俺のスペシャルを食らってもきづ一つつかないとわ.](ー ー;)
ーうっ、死ぬー
おれは転成した。
September 20 [Fri], 2013, 2:29
ドリラードリドル
クオリティの低い会社の作ったクオリティの低いゲームからクオリティの低い作者がクオリティの低いパクリをしたクオリティの低い落書き
それが
コ マ ツ な だ ! !
September 20 [Fri], 2013, 2:15
橋タカシ
本なのか?糞でしょ
September 20 [Fri], 2013, 2:11
詐欺師擁護撲滅委員会
詐欺師擁護やめろ。
September 20 [Fri], 2013, 2:08
え?
本当に神父ならやること違うでしょ
September 20 [Fri], 2013, 2:04
通りすがりの神父
おお、なんとむごい。
死後に安らぎを。
アーメン。
September 20 [Fri], 2013, 2:02
ノノ
続き読みたかったけど残念ですね

一部馬鹿が沸いてますが作者さんの関係者ってのは

ありえないし愉快犯でしょうね

寂しい人なんでしょう、無視が一番ですよ皆さん
September 19 [Thu], 2013, 13:43
え?
しょ、しょんな〜
September 10 [Tue], 2013, 22:14
作者の友人
釣れた釣れたwwwww
お前ら馬鹿だろwwwまともな常識持ってないうんこ作者が友達いるわけwwwwねーwwwwずらwwww
September 05 [Thu], 2013, 0:46
三毛狐
某掲示板で関わってはいけない出版社という文脈でフェザー文庫を知り、フェザー文庫を調べる流れで『攻撃魔術の使えない魔術師』を知りました。そしてWeb版を読み始め、あっという間に、ついさっき読み終わりました。

凄く面白かったです!
みんな可愛い!
男も、女も、老いも若きも素晴しい。

ぐっじょぶっ、と親指を立てたいです。

ぶつ切りの形で話が止まってしまったのが悲しいです。
あぁ、悲しい。
リアルで知っている人だったら、部屋に押しかけて無理やりにでも続きを所望したいくらいです。
うあああ、悲しい。

続きが読みたい。
続きが読みたいなぁ。
August 30 [Fri], 2013, 0:26
え?
本当に友人ならやること違うでしょ
August 22 [Thu], 2013, 7:23
名無し
作者の友人
絹野帽子はもういません。
いまではただの一読者です。
これ以上プレッシャーをかけることがなきようお願いいたします。

このコメントすっげームカついた
本当に友人か知らないけど一読者とするならずーーーーーーーーーーーtっと待っていた人のために本人がコメントなり記事なり何書くべきだろ
最後の最後まで読者を馬鹿にすんなや
はよ作者としてやるつもりないならこのブログは凍結なり削除なりしてくれ

あと、プレッシャーをかけることがなきようってバカか
プレッシャーをわざと浴びたいようにしか見えないわ
逃げるなら上記に示した事をすればいいだけ
なぜここを残してプレッシャーがかかるからやめてとか言えるのか
その神経が分からん
August 13 [Tue], 2013, 2:49
許すまじ
中国の情報サイトに電化製品の情報を書き込むのはやめなさい。お里が知れますよ。まあ、もうお里が中国だというのは知れ渡っているわけですが。
August 11 [Sun], 2013, 10:49
読者
いつまでも待っています。
August 09 [Fri], 2013, 13:48
名無しのファン
待っています。
August 03 [Sat], 2013, 15:10
メッセージ改
そう、ですか。
声援もプレッシャーと感じてしまう様になってしまったのですか……。
最後になろうにてメッセージ送らさせていただいた時には、問題についてあまり理解していなかったものですから、諦めきれませんでした。

わかりました。メッセージ、申し訳ございませんでした。

残念ですが、さようなら。

poisuraから改名した、sounより。総計3コメントによる迷惑。誠に申し訳ございませんでした。
June 07 [Fri], 2013, 1:32
作者の友人
絹野帽子はもういません。
いまではただの一読者です。
これ以上プレッシャーをかけることがなきようお願いいたします。
May 31 [Fri], 2013, 2:45
健太郎の友人
何回読んでも面白い。
でも途中で終わりなんてなんか悲しい。
ユリアちゃんやその他の登場人物に一度は命を与えたのなら最後までその命を全うさせてやってください。
この作品が大好きな一ファンからのお願いです。
May 21 [Tue], 2013, 0:25
メッセージ
一人でも応援してくれる方がいる以上、頑張ってください。
次の作品が書き終わり、投稿されるのを待っています。
May 08 [Wed], 2013, 14:05
40過ぎの親父ですがノベル系スキです。
『攻撃魔術の使えない魔術師』を読んで、ハマりました。
このところは一週間に一度は読み返しています。

ユリアの成長とその他のキャラの成長と関係にワクワクして読んでしまいます。
物語の設定も面白く今後の展開を想像しながら次の話に期待してしまいます。

物語が途中で終わってしまい残念でなりません。
web上でなくてもいいで続きの話を読みたいです。

ぜひ復活してください。
待ってます(^O^)/

May 08 [Wed], 2013, 1:18
ゆきなり
書店で「こまつな」の書籍を、あらすじを読んで購入し、面白かったのでウェブ版の続編を読み進めてコチラの記事にたどり着きました。

凍結非常に残念でなりません。

次にお会いできるのが続編なのか、新作なのかはわかりませんが、文体もかなり好みで文章構成力もある方だと感じたので、頑張っていただきたいです。

復活 お待ちしております。
May 04 [Sat], 2013, 21:21
デリムセィフ
健太郎「よくも殺してくれた。よくも、よくも、よくも、よくも、よくも」
詐く者「ざまを見るがいい」
April 27 [Sat], 2013, 13:49
なし
更新する気がないならこのブログも凍結してほしいです
April 25 [Thu], 2013, 23:40
とある中国人
待って、いる、アル。
こん、な言、葉だけ書いて、も、意味わからないアル、かも、しれな、いアルが、毒者、た、ちは今、も、待、っ、て、い、る、アル。
、 、 、 、 、
た、だ、それだ、け、アル。
February 27 [Wed], 2013, 14:05
soun
待って、います。
こんな言葉だけ書いても、意味ないかもしれませんが、読者たちは今も、待っています。

ただ、それだけです。
February 11 [Mon], 2013, 21:05
名無し
ネットの「小説家になろう」で「攻撃の使えない魔法使い」を読ませてもらいました!結構前から凍結されてるようで…読む前は、どうしょうかと少し悩みましたが!今は、よんでよかったと思ってます!とても楽しませてもらいました!続きがとても気になって…でも…凍結ですよね…時間がたった訳ですし…復活っていうか、もう良いのでは?と少し思ってますm(_ _)mよかったぜひ、続きを書いて下さい(。>﹏<。)(これは、あくまでの私の願望ですので…宜しければのお願いですm(_ _)m)
February 08 [Fri], 2013, 19:22
七氏のゴンベ医
本屋で見つけて少しの立ち読み後即購入しただけにとっても残念です
続編をものすごい楽しみにしてたのですが
凍結していたのですね
色々大変かとは思いますがその他の作品も頑張ってください
February 02 [Sat], 2013, 5:21
のま
ふとのぞいてみた、小説家になろうの「攻撃魔術が使えない魔術師」を読んで投稿させていただきます。
傑作だと思います。
このような形で終わら(凍結)ざるをえなかった物語に、非常に残念に思えてしょうがありません。
絹野帽子さん!
応援しています!
January 15 [Tue], 2013, 15:15
生格www
流石コマツな読者はwww生格が違うwwwなwwwまwwwかwwwくwwwブヒッwww
January 11 [Fri], 2013, 15:41
アンダカ
攻撃魔術1巻を尼でたまたま見かけて購入させていただきました
設定やキャラデザだけでなくキャラクター一人一人の生格や考え方、特にユリアちゃんの優しさや格好良さがとても最高でした
それだけに連載が凍結してしまっているのがとても残念に思います
どのような形でもユリアちゃん達の物語がハッピーエンドを迎えられたら良いなぁと思っていますので今後の御活躍を期待させていただきます
December 25 [Tue], 2012, 21:49
かな
謝罪しろぉ(^_−)−☆
December 22 [Sat], 2012, 23:50
新規の読者
本屋で売られていた書籍を見て面白そうだなと思い買ったわけですが
まさか続きが凍結されているとは思いませんでした・・・

作者自身の書き込みから推測するに
著作権を半分奪われたためにネットでの単独掲載は不可能になったと言うところでしょうか。
(書くのが嫌になった訳では無さそうなことと、「凍結」という言葉を使っていることから
 苦渋の決断の風が読み取れます。)

あとは書籍化にあたり、ネット上での連載停止または書籍化された際のネット上掲載分削除を言われた可能性が高いですね。

ネット小説はネット上で掲載されているからこその物であり
出版社側は企画段階から相応のリスクを覚悟するのが普通なのですが
フェザー文庫側はリスクを嫌い作者への圧力を選んだ可能性が高いです。
(しかも書籍化申請段階ではなく、1巻発売後に通達したのでしょうね)

フェザー文庫には良い噂が無いことと、公式の更新も数ヶ月前から停止状態ということを考えると
悪い出版者に引っかかってしまった感が否めません。

今後、ネット小説を書いている方が、このような悪質出版社に引っかかり
良い作品が消えてしまうことが無いよう心から祈ります。

『攻撃魔術の使えない魔術師』の作者様には
悪質出版社の圧力には屈せず、ぜひネット上での連載再開をしていただきたいです。
(可能なら他の出版者様が引っ張りあげてくれることが理想なのですが・・・)
December 08 [Sat], 2012, 9:02
天意無法の歌武鬼者 鬼龍院獣侍郎
完結済てなってるから読んだら更新凍結てドウイウ事

凍結など我が了承しても彼の者達が認めぬよ

バーサーカー 
拷問王、マシュー・ホプキンス(魔女狩り将軍)
蛮勇王、ヘラクレス(神話の狂戦士)
外道王、アドルフ・ヒトラー(魅了せし独裁者)
無双王、呂布奉先(背信の将軍)
破壊王、織田信長(戦国の終りを築きし者)
反則王、バルバドス・ゲーティア(英雄に噛み付く悪魔)
不屈王、ベルセルク・ガッツ(運命に逆らい因果に挑みし者)

そして存在するはずのない8人目のバーサーカー
伝説王、ブロリー(超サイヤ人そのもの)
December 04 [Tue], 2012, 17:35
一年経っちゃった……
凍結から1年たちましたが、待ってる人はたくさんいます。
今は無理でも、いつの日か、解凍してください。
よろしくお願いします。
November 24 [Sat], 2012, 12:31
ゼロゼロゼロ・・・っ!
カウントダウン・ゼロ(爆)
ざまあああああああwwwwwwwww
November 10 [Sat], 2012, 22:06
迷子だった高校生
こんちには、もうすぐ攻撃魔術の使えない魔術師の連載が中止されて一年ですね。今だから書こうと思います。私、帽子さんが『小説家になろう』で投稿したのを最初の方からずっとずっと読ませていただいていました。
ユリアちゃんこと健太郎君の思考回路や展開、グロリスワールドという新しい世界に引き込まれて今でも一ページでも何回も読んでいるんです。でも、中学受験でいったんパソコンを離れて、帰って来たとき驚きました。出版のためパソコンからユリアちゃんが止まったんです。嬉しくて淋しかったです。けれど、ユリアちゃん達はもうずっと止まったままですね。私は高校生になりました。けれど、今私の中のユリアちゃんは迷子です。ユリアちゃんはもう歳をとりませんが、迷子の幼い私に少しでも光をくれてありがとうございました。
November 08 [Thu], 2012, 19:46
凍結じゃなくて完結して欲しかった
自分が見てきた中でも首位になる小説でした。それ故に、更新が凍結されてしまったことがとても残念に思います。これほどの作品は、滅多に見つける事ができないと思います。


新作の情報を楽しみに待っています。
November 06 [Tue], 2012, 3:21
うな
もうそろそろ一年ですから売り出された焚き付けが全て焼却処分されているころでしょうかねぇ。あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはおもしれぇぇぇ(笑)
November 05 [Mon], 2012, 23:28
ゲーム化おめでとうございます
ゲーム化おめでとうございます。ゲームの方が2563倍面白いですね^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
November 05 [Mon], 2012, 23:23
しょう
更新してください

じゃないと
もう
キツイです
もしこのまま終了なら

最初から読まなければ良かった
他の作品が読めなくなる
October 29 [Mon], 2012, 6:54
みとな
初めまして。
ふらふらネット小説やネットコミックのサイト(個人・検索サイト問わず)などを
見て回っている時にフェザー文庫の既刊ページを見ていて当作品を知りました。
あらすじを読んでいると「ここ最近で馬鹿みたいに増えた(ありふれた?)設定だな〜」と思っていたのですが、
「見かけたのも何かの縁かな、せっかくだし読んでみよう!」と思い小説ページに来てみたら
今回の作品凍結のことを知りました。
まだ本編を読む前で良かったと胸を撫で下ろしています。

一意見として。
はっきり言って出版社は書籍化に対して「売れそうな作品」としか考えていない様子が
多分に見られるので、『書籍化に対する姿勢』を求めるのはナンセンスです。
売る側としては当然のことですし、なかには読み手(買い手)のことを考えてくれる
誠実な関係者のかたもいるにはいるかとは思いますが・・・。
「条件の折り合いのつかなさ」と、どのような条件を出されたのかは判りませんが、
たいてい書籍化されると今まで連載していた無料投稿ページへの連載を
停止させられるのがいい例だと思います。
(でも、なかには食い下がったのか、いい担当者さんに当たったのか、
そのまま無料投稿ページへの連載を続けている書き手さんもいますが
読み手にとっては嬉しいことです。)

これ、読者(その作品の読み手)にとっては結構ブーイングものではないかと思います。
イラストはないけどそれは想像力で賄えるし、ある程度好きな時間に読めるのが特徴ですし。
書籍化されたら他の人にも存在が知られてしまい、独占感?がなくなってしまうのも悲しいですし・・・。
なかには書籍化されても買う!という人もいるかとは思いますが、
せっかく1巻が発売されたから続きも楽しみにを買ったのに、
今回のように作者と出版社との意見の食い違いのために2巻以降の出版もすべて中止となるのは
読者にとっては裏切り行為にも等しいです。
今後もし書籍化の話が来ても今回のことを踏まえて、新しい物語で復帰して頂きたいと思います。
新作の発表を楽しみに待っていたいと思います。

『攻撃魔術の使えない魔術師』の読者になれなかった読者より。

October 28 [Sun], 2012, 15:47
クロヤマネコ
ふらっと、また、見に来ました。
主人公の元のゲームを基にしてゲームが出たらしいですね

改めて名作だったんだなと思います。
もし、次回策があれば楽しみにしています。
September 30 [Sun], 2012, 22:49
村の木
読んで解った。
今だにコメントが更新されるわけだよ!!
面白いわ。ボケーーーー!!

クソ。これ、絶対続き書けんのに。ふざけやがって。
読まなきゃよかったぁーーーー。。
September 11 [Tue], 2012, 1:31
ああ無情
もう、待つの諦めようかな・・・
September 10 [Mon], 2012, 21:59
ぽすぽ
なろうで読み専の大学生です。
以前に読んだタイトルだ、と目にとまり読み返しましたが凍結のままで非常に残念です。
火曜に友人から勧められて土曜の晩に最新話を読み終えた思い入れのある作品なので続きが読みたいです!
September 03 [Mon], 2012, 22:21
名無し
ゲーム化とのことでブログを見に来てみました。
おめでとうございます と言いたいですけど絹野さんの意思が関係してなければ…
どちらにしてもブログで何か更新をしてほしいなぁと思っています。
August 22 [Wed], 2012, 16:58
えるみ
ほんとだ・・・>ゲーム化
帽子さんのご意志が関与していればおめでとうございます。
そうでなければ、ご心痛お察しいたします。

なんとか契約解除できないのかなぁ、フェザーと・・・
August 22 [Wed], 2012, 12:59
。_。
ゲーム化がもし作者様の意思であればおめでとうございます。
出版社が勝手に許可を出したとかなら・・・ご愁傷様です。
August 17 [Fri], 2012, 23:15
読み手
なろう にて、
「領主の娘に転生、
前世チートしながら領民のアイドル♪
難産の母を助けて双子が産まれたヤッホー」
な連載中の話を見かけましたが、
こっそり書きなおしている話でしょうか?
インスパイアした別の方でしょうか?
August 14 [Tue], 2012, 1:16
読毒者
うにゃ〜っ!?気づきませんでした><
うぅ・・・よく気が付きましたね、なんか関心するのを通りこして恨めしいですよw
それと、この小説最高です。どうせなら大量に買ってお金を貢いで絹野さんに凍結解除をしてもらえるように・・・冗談ですよ?
それでは、『コマツな!』の再連載を願ってます!!
こ・・・今度こそ間違えてないですよね・・・?
June 27 [Wed], 2012, 21:50
だいき
>読毒者
小説を読ませてごめんね。
by小説を読ませていただいき
June 26 [Tue], 2012, 22:28
読毒者
この小説を読ませていただいき、そして連載凍結のご報告を読んだときにはもう読めなくなると思い涙が出てきちゃいましたw
この小説はとっても面白いと思いますし、もっと評価されるべきだとも思います。
絹野さん、もしお暇ができましたらこの物語の続編を綴っていただければ超個人的にとっても嬉しいです。
それまではwordにこの先の続編を自分で考えて書いてみます♪
 この小説の続編が出版されますことを心から願っています。
それでは長文失礼いたしました。
June 24 [Sun], 2012, 23:50
一読者
たぶん絹野さんはもうこのブログを見ていないのではないかと思います。
それでも、「攻撃魔法の使えない魔術師」の続きをどうしても見たいみたい、という気持ちはココに書いておきます。
Web版だろうと構いません。
続編を書いていただけることをずっとずっと待ってます。
June 14 [Thu], 2012, 12:38
名無しさん
「ウォルテニア戦記」の絵師が2巻挿絵を1巻の十倍要求される
絵師「40枚までしか無理です><」 → 編集「じゃ、リストラな」
他の作者「不備はあったが編集と歩み寄り、協力体制をとる」
プロデューサーがブログの記事消して辞任、逃亡 ←new!!
フェーザー氏ね
June 01 [Fri], 2012, 15:26
えるみ
また叩きたいだけの人が……
あなたがキライなのはあなたの自由ですが、わざわざ好きな人たちがいるところにきて「俺はキライだ」と大声で叫ぶのはどうかと。
ご自分の媒体で叫んでいてください。
May 26 [Sat], 2012, 11:37
暇人君
皆、数ヶ月も前に更新ストップしたブログに書きすぎだろ。
さすがに作者ももう見てないよ。きっと。
肯定派は「この気持ち作者に届け!」って想いで書いてるかもだけど、否定派の人は作者が見てないかも知れないのに何語っちゃってんのって話で。

毎度、活動再開してないか見に来てるけど、もしかしてもう別のアカウント・ペンネームで何か書いてたりするのかな。
May 26 [Sat], 2012, 2:12
しし?ひん
正直書籍化していいレベルではなく夢見すぎとしか言いようがなく、それなのに声をかけてきた頭が羽毛のように軽い聞いたこともない無名の文庫が怪しいと思わなかったのも夢見すぎですね。
説明するとしておきながら自キャラが好きだとしか書かない、とかこの辺りが末期かと思えば…。
TSという人を選ぶ要素やネット小説の域を出ない質、打ち切りに終わって再開が絶望的ということを鑑みれば未だブログにこれほど肯定的な意見が書き込まれるのはとても不自然です。
いい加減、耳ざわりのいい言葉を届けてくれる読者を自演するのはやめて、とりあえず作者さんはそろそろ現実を見ましょう。
May 22 [Tue], 2012, 19:20
先が気になる〜速く解決して続きをお願いします。
May 22 [Tue], 2012, 9:42
エファ
文庫からこの小説を知りました。
母を助けるために魔術を使うユリアちゃんのシーンが忘れられません。
凍結解除、何年でも待ちますので、続きをぜひよろしくおねがいします。

イラストもスキなので、
また祁島セロさんとタッグを組んでくれると、もっとうれしいです
April 22 [Sun], 2012, 12:54
えるみ
契約内容については、一般論として正しいですけどね……
とりあえずでかみつくのやめませんか?
April 15 [Sun], 2012, 12:38
オッサンキモいわー
「作品を発表できない」とかただの推論で物言っててキモいわー
契約内容知ってるわけでもなく勝手に想像して「思います」と言っておいて
その内容に間違いが無いと言わんばかりの書き込みマジキモいわー
April 08 [Sun], 2012, 23:17
Hirohiron
>ぽぽ様
 作品を一度でも楽しめた方からその様なご意見が出る事が悲しいです。
これ以上は「絹野帽子」様のご迷惑になるので、本件での私からの意見はこのコメントで終わります。
 それを踏まえた上でお読みください。

 今の状況では、「作品を発表できない」のです。
これを変えるには双方の同意の下、ペナルティ無しに『契約』を破棄する事です。

 『契約』の話は長くなるので、「ヴェニスの商人:ウィリアム・ シェイクスピア作」を読まれる事をお勧めします。

 又、個人的意見としてペナルティ無しの『契約』破棄がフェザー文庫様を救う手でもあると思います。

 最後にステマ発言対策として、私は40過ぎの『大きいお兄ちゃん』です。
絹野帽子様とは面識はありません。

各位、長文申し訳ありません。
March 31 [Sat], 2012, 23:18
ぽぽ
>Hirohironさん

ネットで調べれる範囲の事情を理解した上での意見です。
なろうに小説を残しておくのはいいと思いますが、やはりこのブログは削除するか、タイトルを変えて欲しいですね。
再開する気がないなら、読者に期待を持たせないで欲しいです。
フェーザー文庫との関係がどうあれ、読者にたいして少しでも誠意があるならいつまでもこんな中途半端な事しか書いてないブログを残しませんよ。
March 31 [Sat], 2012, 13:43
Hirohiron
>ほぼ様
 一度「フェザー文庫」で状況を調査してみてください。

一番良いのは、双方ペナルティ無しに『攻撃魔術の使えない魔術師』
の権利を全て絹野帽子さんに返還する事ですが…。
 気兼ねなく、続編を書ける事になるようお待ちしています。
March 26 [Mon], 2012, 23:02
ぽぽ
久しぶりに文庫&webを全部読みかえしました。
やはり面白いです。
そして「もしかしたら連載再開してくれるかも?」という期待で
定期的にここを覗きにきています。

すごく続きが読みたいですが、もう再開する気がないならこのブログを閉鎖してもらえないでしょうか?
ブログのタイトルが「コマツな!」ですし、再開する気がないなら閉鎖するなり、タイトルを変えるなりして欲しいです。
そのときにあきらめられると思います。

March 25 [Sun], 2012, 22:52
rein
web版読みました。
とても続きが楽しみです。
物語を書いたことがないので分かりませんが、
できれば更新してほしいです。
みんな待っています。
March 22 [Thu], 2012, 14:24
小説家になろう!でブログに詳細あるっつーから来たんだけど飯の事と書籍化ヤッホーな記事しかないんだがw
わけがわからん とりあえず市ね
March 20 [Tue], 2012, 11:06
文句言うくらいなら、自分たちで物語を書けばいいじゃないですか。
書いたことないのにとやかく言うのはどうかと思います。
March 19 [Mon], 2012, 18:47
朝霧
詳細はブログで……とのことで見に来たら、あるのはキャラ語り……
March 18 [Sun], 2012, 15:42
ぷい
マイナーな出版社で出したのがそもそもの敗因ですね。
地方の観光誌がメインのようなとこでしたし、もっとよく調べてからやればこのような失敗は起こらなかったでしょう。
March 16 [Fri], 2012, 20:20
小説は滅多に読まない
まあ、この作品は作者にとってその程度のものだったということですね
March 12 [Mon], 2012, 0:53
いちこ
ウェブ派です。正直なぜ出版にふみきったんだ、と。きつい言い方だけどごたごたは予想てわきたはず。作品がとても素敵だったので残念です。お話の中の子達はあんなに生き生きと魅力的なのに、その生み手は物語に現実世界のいざこざを持ち込んで…。いえ私も応援したいんです。どんな形でもいいので書いてあの子たちを生きつづけさせてはしいです。まぁ、決心なさってるので無理ですか。
March 11 [Sun], 2012, 16:40
イクス
書籍の件、残念でなりません。
1巻を読了しWEB掲載分も読みきってしまい、もやもやが止まりません。
一人の読者の身勝手な希望で言わせてもらえれば書籍とならなくてもWEBだけでも続いてもらえれば十分なのですが…

書籍化される事が無くなったとしても可能ならば一度始めたお話を不完全燃焼な状態にせず完結させてもらえればと思います。
続きが読みたくて読みたくて…
同人誌でも構いませんのでお願いします。
March 05 [Mon], 2012, 4:27
コエタロン
続けて欲しい!
と思うわけですがどれだけ言われても絹野さんだって後にはひけませんしね。というわけで、ありがとうございました。
最近二度目を読みましたけど、やっぱり面白かったですよー。

それでは、絹野帽子さんがまた楽しく執筆するようになってくれたらな、と思っております。
そしていつかこっそりとコマツなを書いて下されば最高ですね(笑)
February 25 [Sat], 2012, 11:04
くりむ
素直に書くとこうなる訳だけど

続きが読みたいから、凍結が解除されるとうれしいかな?頑張ってくれないと困るわ。 じゃノシ  あうー 応援してるんだからね?
February 22 [Wed], 2012, 5:22
名無し
昨日何となくこの本を買ってはまりました、そしてググって見たところ
WEBでも配信していると聞いてきたところ残念ながら打ち切りとは
出版社と何があった分かりませんがWEB配信は続けてほしいな
February 06 [Mon], 2012, 14:13
sin
今回webと文庫両方読みました。webは読むのが大分遅く続きは凍結の為読めないのはとても残念で仕方ありません。
出版社とのいきさつは色々あるとは思いますが、他のコメントであるように有料での配布または、webでの凍結の解除があると続きが気になる@ファンの私は嬉しいです。一人よがりな意見ですいません。
でも、こんなに沢山の人たちが(私も含めて)絹野帽子さんの作品に惹かれ心躍ることが出来る作品を読みたいと思っていることを忘れないで下さい。
最後に、勝手なことばかり書いてしまいすいませんでした。
これからの活動頑張ってください。
February 05 [Sun], 2012, 13:33
アスナ
Web版読みました
とても楽しく読ませていただいてなんかごちそうさまです。
途中で連載中止というのは読者からすれば残念ですが、
いずれ、また再開してくださることを
期待してお待ちします。
January 28 [Sat], 2012, 19:58
はるうらら
これほど没頭して読んだ本は久しぶりです。ここ数年ぶりじゃないかと思います。それだけに、凍結報告は残念でなりません。
自分に出来ることは応援するくらしかないです。言えることは「続刊を心待ちにしています」ということだけです。
January 25 [Wed], 2012, 20:23
マース
小説を読ませていただき、
今続きをwebで読んでいます。
続きが気になって、気になって、、、

完結までもっていってほしい物語なので、
連載が凍結となっているのが残念です。

再開してくれるのを心待ちにしています。
January 23 [Mon], 2012, 23:07
アライル
小説を買い、ネットで連載されてると知り検索して、
いい感じのストーリー展開の途中ド真ん中で突然連載停止してることを知りました。
これはきつい!
生殺しと言うか拷問レベルだぜ!
数多くの小説がある中から気にいったのを見つけたとたんにこれとは、
自分のリアルラックの低さに泣けてきます(T▽T

フェザー文庫のトップページ行くと未だにこれの画像があるわけなんだが・・・帰ってこないかなぁ〜(゜、゜
January 12 [Thu], 2012, 1:10
ぽん
単純に続きがよみたい
January 11 [Wed], 2012, 0:20
オケラ
凍結宣言しておいて
おもしろそうな設定を長々と書き連ねる
その先を見たくて買ったのに
餌だけ更にばら撒いて
楽しみにしているのをバカにしてるんですか?
苦しめるのもいいかげんにしてください。
きつい暴言に聞こえるかもしれませんが
連載が凍結され先を見ることがかなわなくなった者にとって
これは生殺しにほかなりません。
January 11 [Wed], 2012, 0:03
オリタル
なるほど欽ちゃん球団のように、ファンの皆も応援してくれるし、やっぱり続けたいよ!のありがちな美談っぽく復活へスライドするパターンですねわかります
January 07 [Sat], 2012, 21:29
某高校の生徒会長
ついこの前iPhoneを買い、この小説に出会いました。
私個人といたしましてはまだまだこの(攻撃魔法の使えない魔術師)の続きが読みたいです。
ですから、書籍化せずともこの物語を書き続けて行ってください。
再開されることを説に祈っております。
January 07 [Sat], 2012, 20:00
だこっつぁん
何度も何度も1巻を繰り返し読み返しております。
この世界観にキャラクター達、物語が大好きになりました。
続きが気になり、ネット小説も読ませて頂きました。大変面白かったです。

2巻以降の出版停止やWeb凍結とありますが、どのような形でも
良いので、ユリア達の"その後"が読みたいなぁって思います。
「続きは各自有料で」と言われればそれもアリかな、と。
それくらいこの物語に生き甲斐を感じています。

どうか続きを読ませてください!

ユリアとマルグリット嬢のその後が全然想像できませんorz
January 07 [Sat], 2012, 13:33
通りすがりのおっさん
只今、1巻を読み終えた処です。
いや、久々に個人的ヒット作!
これは、面白い!2巻がいつ出るのかな?
とネットで検索して・・・、2巻以降が出ない?とのお知らせに大ショック!

・・・本物語は、最後まで、読みたいです
どの様な形でも構いませんので、発表して下さると嬉しいです。
一休みしたら、宜しくご検討下さい。
January 06 [Fri], 2012, 15:23
えるみ
今でも毎日チェックしてしまいます。
もしや新たな展開が示されてはいないか、
もしや連載が再開されてはいないか、 
気になって気になってたまりません。

どうかいずれまた――いつまでも待っています。
January 05 [Thu], 2012, 5:01
よっちゃん
年も明けたことですし、そろそろ近況報告なり、次回作なり
今後のお話を伺いたいのですが・・・
January 01 [Sun], 2012, 10:00
一一一
再帰待っております。
December 31 [Sat], 2011, 4:33
とおりすがりのペド戦記
攻撃魔法の使えない魔術師

タイトルからあまり面白そうではなくて、今まで避けていました

ただ、面白そうな小説を粗方読み終わり、テキトーに小説を読み漁っていたときに“コマツな”を発見し、読んでみると……もうはまってしまって、一日有給をとってまで読み続けました!
本も買っちゃってます!

毎回の更新を楽しみにしながら待っていたのに、凍結の知らせを受けて……かなり残念です

できれば、WEBだけでも更新を続けてくれたら!っと思ってます


無理しない程度に、でももし無理なら横道にそれてもファンとしてずっと応援してますので!!


では、つたない日本語で失礼しました!





December 30 [Fri], 2011, 23:09
通りすがりの幼女(自称)
あまり文章が得意ではないのですが、一筆取らせていただきます。

『コマツな』に出会ったのは、病院帰りに立ち寄った某大型デパートの三階。本屋さんでの事でした。
目的としていた本が見つからずうろうろと様々な棚に足を運んでいると、平積みされていた面白そうなタイトルの本。
『攻撃魔術の使えない魔術師』
何かに導かれるように、中身も見ないまま手に取ってレジに行きました。

家に戻り読み始めたらもう止まりません。
魅力あるキャラクターと物語に一目惚れとでも言うのでしょうか、笑ったり泣いたりしながら数時間のうちに読み終えてしまいました。
何かこう、息をするのも忘れてしまう程本当に没頭していたと思います。
「読んだ!」と感じた作品は本当に久しぶりで、お気に入りのシーンには折り目がついてしまうほど何度も何度も読み返しながら次回作を楽しみにしておりました。

体が悪くあまり外には出られないので、アマゾンの商品検索で二巻など出ていたらなどと検索していたところ作品の購入者レビューから凍結を知りましたので積もり積もった思いの丈を。

わたしはこの作品を諦めたくありません。
本当に本当に大好きです。
次の作品も勿論楽しみですが、この作品だけはぜーったい、譲れないのです。
灰色に固まってしまった「この物語」が再び色を帯びて、音を出して、美味しいお菓子や飲み物のにおいをさせながら、ざわざわと面白おかしく動き出してくれるのをお待ちしております。
『凍結』と言う言葉に一縷の望みを託して。いつか来る春の妖精がその氷を溶かしてくれる事を祈りながら、精霊様のご加護を。

皆さんのコメント。
様々な意見がありますが、変わらないのはきっと皆さんが「この作品を本当に好き」である事。
中にはちょっぴりピリカラなものもありましたが、愛情が裏返しになってしまったのです。
みんなみんな、「コマツな」と紺野先生が大好きなんです。きっと。
などと偉そうな事を語ってみたりしてしまいました。
December 29 [Thu], 2011, 22:56
絹野先生お願いします。せめてWeb版の「攻撃魔術の使えない魔術師」だけでも凍結を解除していただけませんでしょうか。お願いします
December 27 [Tue], 2011, 13:03
U
攻撃魔術の使えない魔術師、大分前から拝見させて頂いておりました。

絹乃先生が「楽しみ」だと思える範囲で執筆を続けて下さるのが、僕は一番いいのではないのかな、と。あんまり無理しないでくださいね。

一読者として、先生の次回作を楽しみにしています。
December 20 [Tue], 2011, 20:27
お疲れ様でした。
続きが読めないのが凄く残念ですが、仕方ないですよね。

個人的には続かないのならルノエに関するネタバレが欲しかったですね。本名は?とかマリーとの関係は?とかいろいろ気になることが多い人物だった気がします。
他にも幻獣の加護を受けてる人物はいなかったの?
など、いろいろネタバレが欲しかったですね。

次回作も大いに期待して気長に待っております。
December 19 [Mon], 2011, 7:14
(´∀`)
こんばんは

店頭でみかけて面白そうだったので文庫本を購入し,そしてユリアたちを好きになりました.
ネット小説を文庫化するのはやはり摩擦が多いのですね.凍結の件は残念に思います.これからもっと読んでみたいと思ったため一層その思いが強くなっています.

問題は文庫を出すのにネットで公開を続けるということだったんでしょうか?通常のライトノベルでも短編を雑誌やネットで公開して,その後それをまとめて「短篇集」としてライトノベルを出しているではないですか.
本編と短編という違いはありますがこの点に関しては,やっぱ出版社側が売れる本の数が減ったりするのが問題なんですかねぇ….

商業としてやるのと趣味としてやるのではずいぶん違うかと思います.
つらい思いをされてまで商業にこだわる必要はないと思います.
私がこの作品に出会うことになったきっかけは文庫本という商業的なところからですが,どのような形であれ,この作品が続くことを応援しています.

面白くない作品ならばこんなこと書きませんよ?これからも絹野帽子さんに精霊様のご加護がありますように.

あと3歳のユリアたん(^ω^)ペロペロ
December 19 [Mon], 2011, 0:04
リデル
初めまして、連載凍結の知らせを大変残念に思います
私は「攻撃魔術の使えない魔術師」の更新を毎回楽しみにしていました
綿密な設定もそうですが、キャラクターや時代背景など多くの物に魅力を感じていましたし
物語がどんどん発展していく様に右肩上がりの期待で胸がいっぱいでした
今回、やむを得ない諸事情により物語を作るモチベーションが無くなってしまったのは残念ですし、出版社様との関係もより良い形がなかったのかと思います
しかし、連載中止・終了という形ではなく、凍結という事なので
作者様が落ち着いてから更新される可能性がゼロではないと思い、その点にかすかな期待を寄せています
「攻撃魔術の使えない魔術師」を作る上での複雑そうなバックグラウンドや人物設定、ハイペースでの連載を見る限り、絹野帽子様が執筆活動にかなりの時間と労力を投入されていたのは容易く想像がつきます
そんな中でのトラブルなので、新たな物語での仕切り直しをお考えになったのかと思います
しかし、読者は「攻撃魔術の使えない魔術師」の続きを読みたいのです
ネット上では簡単に情報を消せます
しかしこの悲劇に耐えて連載を続けてこそ、絹野帽子様の評価が上がり固定ファンが増えるのではないでしょうか
とりとめのない、偉そうな文章を書いてしまい申し訳ございません。しかし、期待が大きかったからこそ、一言書かせて頂きました。読んで頂き、どうもありがとうございました。
December 14 [Wed], 2011, 16:42
半可通
下で頒布権って言ってる人が居るけど、それって映画とかの話でしょ

小説は出版社などに出版権を与えるって形になるし、原則としては著作権者(作家)の権利が出版権者に対して勝つようになってる。与えてる出版権を引き上げることだって不可能じゃない
著作権を放棄してたら別だけど
December 13 [Tue], 2011, 18:45
サンコ
作者が止めると言っている以上しょうがないんでしょうが、せめて学園都市フェルベル編だけでも完全に終了してからにして欲しかった。

正直言って、「生殺し」って感じ。
せめて区切りよく止めて欲しかった。
December 13 [Tue], 2011, 0:12
ぽぽ
凍結宣言が出されてから、定期的にこのブログに来てますが、未だに状況報告なしですか。
いい加減何かしらの説明があってもいいんじゃないでしょうか?
何も説明しないつもりなら一度ブログ〆て、再始動したほうがいいと思います。
December 11 [Sun], 2011, 16:12
ガラムマサラ
一読者として
出版元に続刊発行の努力orブログ掲載許可を嘆願しました。
しかしながら作者殿、出版元殿共々、相変わらずの
     【No Reaction】
正直、嫌気がさし始めております。

 一番辛いのは作者という意見が散見されますが、
そのことと作者殿の「ノーコメント」がイコールで
結ばれることには首肯いたしかねます。
「事情があって説明できません」くらいは、
あってしかるべきかと個人的には思いますが。
今後どのように物語を紡がれるか注視しておりますが、
ただユリアではない「攻撃魔術の使えない魔術師」が
登場した時点で、当方は「読まない自由」は行使する所存です。
無論、他の方々の「読む権利」を阻害する意図は
全くありませんが、これだけの意見がある中で
  【沈黙したまま】
というのはいかがなものか危惧する次第です。
December 11 [Sun], 2011, 0:16
bug
作品を凍結に関する詳しい報告とやらを見に来たはずが、何故か続かない作品の、もはやどうでも良いキャラ説明をされていた
なにを言ってるのか(略

凍結については、他の作者さんの反応などをみて予感はしてたのでさほど驚きはしませんでしたが、やはり残念です
詳しい報告を待っています
December 08 [Thu], 2011, 15:19
たぶん…
購入者への真摯なお詫びがあれば、また印象は違ったんでしょうね。
タダで読んでる分には文句を言うなんてあり得ないですが、お金を出して買ったばかりでこうでは…。
このコメント欄に厳しい意見が出るのも仕方ないことだと思います。
December 07 [Wed], 2011, 22:30
 こまつな終了お悔み申し上げます。

絹野様の文章が好きなので、もっと素敵な作品お待ちしております!
December 07 [Wed], 2011, 21:23
M
はじめまして。
ずっと楽しみに攻撃魔術の使えない魔術師を、第一部中盤あたりから毎日楽しみに読んできた者です。

作者様の都合により未完の作品はネット上では日常茶飯事ですが、心の底から残念です。
絹野様の環境が落ち着き、またユリアちゃんと向き合える時が来たら続きを書いて欲しいです。何年先でも待っています。

ひとつだけ絶対に分かって欲しいのは、
多くの読者にとって求めているものは、
大好きな作品の完結だという事です。

絹野様の文章が大好きだったので、
次の作品も楽しみにしています。
その際には、是非その物語は完結に向けてマイペースに楽しんでくださいね。

そして、いつか続きを是非・・・!

今は、お疲れ様でした。


December 06 [Tue], 2011, 8:59
茂吉
キャラ紹介を読むと終わってしまった感がすごいですね・・・。
思わず目から汗がw
しっかり休養してまた戻ってきてくださいね!
December 05 [Mon], 2011, 1:01
この作品もか・・・
たまたまなのか、私が特に気に入る多くの漫画や小説は作者が続きを書くのを途中でやめ、別の作品を書くか、本を出すのが数年で一冊、これからって時にいきなり凍結などなど・・・いつもがっかりさせられます。
本を出した以上、完結はして欲しかった。
今回で学びました。読むときは完結してある作品を読もうと
December 04 [Sun], 2011, 23:06
通りすがりさん
初めまして、こんばんは。
凍結はとても残念です。正直、続きが見たいです。

昔、好きだった作者様が白血病でお亡くなりになり、作品も途中終了したときはやるせない気分に陥りました。いまでも続きがみたいです。

今回は作者様はご健在なので、そこまで辛くはないですが悲しいものです。好きな作品の最後を見届ける事ができないのはやるせないです。
もしも、打開策が見つかり再開する事があるなら、応援させていただきます。再開の有無関係なしに、これからも頑張ってください。
December 04 [Sun], 2011, 0:47
onix
理由はよくわからないですがいったん凍結ということで、再開を楽しみに待っています。
December 03 [Sat], 2011, 22:51
瑞月
絹野帽子 様

私はフェザー文庫でこの作品を初めて読ませていただきました。

世界観やストーリ、主人公を含めた個性的なキャラたち、私の好みに合った作品で楽しく拝見させていただきました。

これからの展開を楽しみにしていたところ、連載を凍結されると知って、悲しい気持ちでいっぱいになり、コメントすることにしました。

たぶん、ブログの内容を見る限り、まだまだ書きたいこともいっぱいあったと思いますし、最後まで作品を仕上げたいと思われているのではないのでしょうか?

たとえこの作品が公の場に発表できなくても、これからもユリアたちのお話を、最後まで書いて完成させてあげてください。

いつの日か、攻撃魔術の使えない魔術師を目にする機会があることをお祈りいたします。
December 03 [Sat], 2011, 0:23
名無し
とりあえず次の執筆を心待ちにしてます
December 02 [Fri], 2011, 23:22
購読者にできること
このブログ(11/26)を読んで絹野さんがコマツな!の製作を諦めてしまったと感じ取る人はいないと思います。

webで小説を公開する作家に新しい道をつくるチャンス、それは今。
アクセス数1500万のホンノ0.01%で良いんです。
「コマツな!2巻以降の目処がついたらメール返信ください」
問い合わせメールならこんな感じの一行で良いと思うんです。

今、web読者にできることは問い合わせてみることだけ
December 02 [Fri], 2011, 19:54
茯苓
出版元からの返答(長いので抜粋&一部伏せます)、
「この度はファンの皆様にはご心配をおかけし、
誠に申し訳ございません。
 現在当文庫は、運営を***から**プロモーションに移し、作者様には作品の発表を継続していただくべく、
協議を続けております。」

 HPに同様のコメントがあるので内容自体は
「だから、それでどうなの?」というのが正直な感想です。
問い合わせメールには、誠実に答えたように見えていますけれど
何となく政治家の「持ち帰り検討させていただきます」と
同じ空気を感じるのは当方の心が汚れている故ですかね。
December 02 [Fri], 2011, 18:21
購読者にできること
1巻を購読しエンドユーザーとしてどうしても納得できない方は直接問い合わせてみたら解決するかもしれません。フェザー文庫の運営は下記林檎プロモーションに移管されています。
ttp://www.ringo.ne.jp/company.html
決して凸電の様な行為はしないでください。営業妨害は犯罪です。

次巻を発表させられない責任は林檎プロモーションにもあるかもしれません。説明責任くらいは運営側に果たして貰っても良いと思います。

今、講読者にできることは問い合わせてみることだけ
December 01 [Thu], 2011, 20:34
にゃおりーん
茯苓さま

>作者当人よりのコメントがない状態での第三者同士の
>平行線的会話は不毛なだけのような気もしますが、

そうですね、連投で荒しみたいな風になってしまって申し訳ありません。
コレにて打ち止めに致します。
実際の所、絹野先生や出版者側からのコメントが無い限り、私の
言っている事は、すべて推測ですので、ご了承ください。
両者の条件が折り合わなかった原因が絹野先生側にあるという事も
十分考えられますからね。

ただ私も一読者、一ファンとして残念な結果になってしまった原因を
推察できるとすれば、このような事情もあったのではないかなと思い
カキコ致した次第です。
どなたかが書かれていましたが、確かにあまり事例のない中止であり、
私の目から見れば出版社側のやり方がヘタ過ぎると思えてカキコして
しまいました。

読者のみなさま、絹野先生、失礼な書き込みでブログを汚してしまい、
申し訳ありませんでした。m(_ _;)m

それでは、またいつの日にか再びユリアたちに出会える事を願って、
失礼致します。
ありがとうございました。
December 01 [Thu], 2011, 19:33
茯苓
にゃおりーん様
作者当人よりのコメントがない状態での第三者同士の
平行線的会話は不毛なだけのような気もしますが、
同レーベルより同時に出版された他三冊の作者達は、
続刊の刊行に尽力されているようです。
こちらの方々と絹野氏への提示条件が極端に異なるとは
考えがたいのですが、この点については既にプロでおられる
貴殿より見て素人である我々は
どのように判断すればよろしいのですか?

 一般人の平凡な読者としては責めていると言うよりは、
「何故こんなことになったのか」についての情報が無いが故に、
混乱し整理がつかないといったところでしょうか。
(そんなところまで責任持てるか!と言われれば、
全く以てそのとおりですが。)
ただ、憶測だけが飛び交い、絹野氏の紡いだ物語が
見放されつつあることを残念に思います。
一部の読者を除き、大半の者は作品を書かない作家のことは
半年もすれば忘れてしまいますが故に。

December 01 [Thu], 2011, 18:46
にゃおりーん
※補足

先ほどの試算はサンプルケースの場合だけなので、
当然、それ以外のケース、二次使用の許可、やロイヤリティで補填等
いろいろ対応できると思います。

要するにそれらすべてのオプションで、作家の執筆活動を
サポートする事が(義務とはまではいいませんが)出版者側には
あるという事を言いたかったんです。
December 01 [Thu], 2011, 15:34
にゃおりーん
なろうさんへ

うん、それもありますね。
ただ、その点は作家が判断する所と
出版社が判断するところが半々だと思うのです。
作家に出来ることは精一杯書くことだけなので、
それで生活出来るかどうかは、出版社がわの計画性に
かかっているのが70%ぐらいあります。
※作家の責任で食べられないのは、納期を守らないのと、
 売れない本を書いた事だけ。

まがりなりにも第一巻が発売されていると言うことは、
二巻三巻と続けなくてはいけない事であり、
それは最初から分かっているはずなので、
そのスケジュールどりや、作家の生活(この場合は仕事を完遂させる
こと)
の為に、色々と腐心しないといけないのは出版社がわなんですね。
つまり、完成させる為には作家に生きていてもらわなきゃいけない、
書く為には、書ける環境を与えなきゃならない、
ということなんです。

例えばの話、絹野帽子先生が今まで1月に書けた分量が43KB
だったとして、作家生活どっぷりになって、2倍の量を書いたとしても
86KBで8万円にしかならないですが、
生きていくのに最低16万円はいるとすると、単価を倍にしなければ
なりません。
しかし出版者側としてはそれはできないでしょう。
※絹野先生が一日どれだけ執筆に当てられていたか分かりませんが
 ファン活動と違ってパブリックな作品を書く為には色々な制約で
 以前より数倍時間がかかると思います。

だとすれば、残る手は絹野先生が自分の空き時間を使って、制限時間
なしにフリーで書き、それをそのつど出版社に買い取ってもらう
方法しかありません。
しかしながら、今回問題が起きた所を見ると、
おそらくこの部分の契約の詰めが甘かったのではないかな、と類推します。

絹野先生はコレまではプロの作家では無かったようなので、
これは出版者側の“慣れ”による落ち度のような気がします。
プロ意識の欠如を言うなれば、今後は分かりませんが、
出版の話が上がったときにプロではなかった絹野先生側の
それを問うのではなくて、その時すでに十分プロであった出版社側に
問うべきではないか、と思うのですが、いかがでしょうか?
December 01 [Thu], 2011, 15:25
ぷらむ
連載中止、とても悲しいです。
ですが私にできることは何もありません。
今までありがとうございました。お疲れ様でした。
December 01 [Thu], 2011, 15:10
なろう
仮に、本業を圧迫するほどの執筆速度を求められたことが原因だと仮定するならば
それはつまり「物書きとしてやっていく条件を満たしていないのにプロになってしまった」ということになるよね
本当にプロ意識があるならば、趣味でのんびりと書いているにすぎないものを本にして出しましょうと話を持ちかけられても断るものではないのかな?
December 01 [Thu], 2011, 13:06
にゃおりーん
凍結に付いての感想2

次にプロ意識に付いて、一言だけ。
私はプロだからこそ、先生の撤退意志を尊重したいと思います。
プロとは、職業としてその分野で生活の為の金銭を稼ぐ人です。
生活できないと思ったら、当然撤退すべきなのです。
先生はコマツなを276日間に渡って、約433KBの量で
お書きになりました。
これはプロとしてはとても少ないです。
多分、本業は別にあり、趣味として書かれたのでしょう。
そしてここからは私の想像ですが、出版社としては、一度出版した
タイトルの人気が忘れ去られる前に次を出版しようとしたのでは
ないでしょうか?
となると、本業が別にある先生に今の数倍の執筆活動を要求して
きたものと推測します。
それは多分、先生の本業を圧迫する量ではなかったのでしょうか。
例えばもし、本業を作家一本に絞ったとして、先生がいくら稼げるか
を考えたとき、単価買いでは433KBではよく言って43万円なので
年収300万を得ようとすると、今の6倍以上の執筆時間になると
思います。
それが可能かどうかは私には分かりませんが、それらの収入と
労働対価のバランスシートを鑑みて、割に合わないと思ったならば
撤退するのはプロとしての当然の権利なのです。
それを無理矢理させるのは、奴隷にただで働けと命令しているのと
同じことなのです。

最後に少し言葉がきつくなってしまいましたが、読者の皆さんには、
おそらく先生が今感じているだろう、悔しさの何分の一かでもいいので
ご理解して戴きたいと思いカキコ致しました。
長文、乱文、失礼したしました。


December 01 [Thu], 2011, 11:54
にゃおりーん
凍結に付いての感想1

初めまして。コマツな、楽しく読ませて戴きました。
凍結となってしまったこと、真に残念に思います。

こちらで皆さんがコマツなに対しての愛を語っておられるので、
私はあえて今の残念な気持ちを、絹野帽子先生にお伝えしようとは
思いません。

その代わり、愛読者の皆さんに知っておいて欲しいことがあるのです。
それはプロの作家とは、読者の方々が思っていらっしゃるほど
自分の作品を自由に出来る存在ではない、ということです。

最後まで書け。
プロ意識がない。
ファンの事を考えていない。
ざっと拝見した所、読者の方々の批判はこのようなものでしょうか。

自分が当事者になった時、上記の批判に反論出来る作家は、
まず居ません。
なので僭越ながら私が少しだけ説明させて戴きたいと思います。
なお、絹野帽子先生と出版社様との間に起きた問題の詳細は
知りませんので、私の経験上の一般論としてお話させていただきます。

まず、作品に付いてですが、出版社から発売されたということは、
作品の頒布権を出版社側に売った状態だと思います。
これは契約金とか、ロイヤリティとか、ギャランティの中に含む事が
多いです。
そして頒布権を失った作家は、頒布権を持つ者の認証なしで
該当作品を世間に発表することが出来ません。
※いわゆる作家の二次創作は違法状態です。
なので当然、コマツな、の続きも出版社側の了解があって初めて
ネットで公開出来るシロモノとなったのです。
今回の不合意で出版社は先生の書くコマツなの続きを入手できなく
なったのですが、逆に先生の方も出版社の認める(望む)形以外での
コマツな、を発表出来なくなったということです。
この件で先生を一方的に責めるのは間違いです。

December 01 [Thu], 2011, 11:53
ナナシ
プロデューサー辞任の意味が解らないうえに、実態がわからないが為に不満非難が加速していくのが…

ここまで大事になっちゃったなら実際のところ吐き出して(読者も筆者も)スッキリしたあと再STARTてのは…やっぱりまずいのかな?

なんだかんだで『やっぱり続き読みたいです』
November 30 [Wed], 2011, 10:45
村人C
本買いました。

良い作品でしたので、凍結は残念です。
出版社とのトラブルがどの様なものか判らないので、良い作品だけに批判する人が出てくるのは避けられないとは思います。

Web上に作品のデータがあるので、出版社側が独断で2巻を発行する
可能性があったので、凍結の告知をしたのかなと個人的には思ってます。

本音は、出版社と和解して2巻と続きを書いてほしいです。
November 30 [Wed], 2011, 9:26
買えなかったひと
まずは、お疲れ様です。

凍結は権利関係の問題なら仕方がないですね。
もし、モチベーションとかの問題でしたら気長にお待ちしておりますので何時かは続きを書いてほしいです。
まだ30〜40年は待てますョ、平均寿命的な意味で。

解凍の可能性がない場合もなんらかの形で一区切りお願いできないでしょうか、なんでしたら男坂的な感じででも。
November 30 [Wed], 2011, 1:40
11月29日購入
作者が読者だったらこれどう思います?
私は凄くこの小説の次が 楽しみですが
凍結ですか 他のレーベルで書くとか何もナシで ファンの期待も何も考えないのですね 
小説は面白いです 作者の人格は最低なのは確認できました。
読者の期待にこたえられないのなら 次の作品作らないで。
November 30 [Wed], 2011, 0:32
リズウェル
いつも楽しく読ませて貰っています。
今回の件、何があったかは想像の域を出ませんが、心中お察しします。

見える範囲でのことしか分かりませんが、ツイートは元気がなさそうです。
早く元気になって、また進んでいかれる絹野さんを楽しみにしております。

November 30 [Wed], 2011, 0:22
sky
頑張って下さい。
面白かったです。
楽しませてくれてありがとうございました。
November 29 [Tue], 2011, 21:32
友紀
産み出されたキャラクターの物語に終わりのエピソードを与えてあげることがキャラ達への責任ではありませんか?

ユリアは口を開きかけたまま時が止まっていますよ?
このまま他の作品に出るかもというのはとてもかわいそうでなりません。

今後生み出したキャラを投げ出さないと犠牲になったユリア達に胸を張って言えますか?

November 29 [Tue], 2011, 21:04
一読者
読めないのは本当に辛いけど…
これだけの、キャラへの思いをもってて書けない作者さんはもっと辛いだろう、って思ったらなんとか我慢できます。

次回楽しみにしてます!大変でしょうけど、頑張らずに頑張ってくださいね。
November 29 [Tue], 2011, 20:16
茯苓
作家の行為を全てを肯定するのなら、
読者ではなく単なる崇拝者だろう。
少なくとも同じレーベルで同時期に出版された
他三冊の作者達は、続刊の為に尽力している。

絹野氏はそれを放棄したという事実に変わりはなく、
「プロ」であることより大きく後退したのではないのか。

再起を願うならば同じ轍を踏まないように
「ダメな事はダメ」と指摘するのも愛読者ではないだろうか。
November 29 [Tue], 2011, 20:01
ダーマグレッグ
 今回の凍結宣言について、賛否両論あって良いと思いますが、私は断然作家の立場を支持します。
 本当のファンならば、目に見えることだけで判断するのでなく、見えない部分にこそ想いを馳せるべきでしょう。大人ならば言いたくても言えないことなどいっぱいあります。

 想像してみてください。出版社は文庫本レーベルを立ち上げたばかりです。書店にまともに取り扱ってもらうためには、ある程度の好条件を販路に対して提示する必要があります。
 一方で出版社は発刊タイトルを増やす必要もありますが、お抱え作家がいない状況では、新人作家に対する間口(契約条件)を広げざるを得ません。
 全てに良い顔をすることなど出来ません。するとどうなるか。一巻目の出版契約とそれ以降の契約は別物でしょうから、当然出版社は続刊に対して自社側に都合良い条件を提示してくるはずです。あるいはそこに内容の変更が求められているのかも知れません。お色気担当キャラを入れろとか、コメディ要素を増やせとか。考えられる要素はいくらでもあります。

 以上は想像でしかありません。しかし、なんにせよ、新人作家は長い目で見ていく必要があると思うのです。経験が一朝一夕で身に付くことなどないのですから。ファンを自認するなら尚の事です。
November 29 [Tue], 2011, 18:04
さわ
 少し元気になられたようでほっとしました。

 私は連載凍結したことは間違ってはいないと思います。勿論一読者としては非常に残念ですが。
 そも契約しない方が良かったのでしょうが、過ぎてしまったことを言っても仕方ありません。そこで出来た繋がりを絹野先生は大切にしてらっしゃるようですし、それが不幸中の幸いといったところでしょうか。

 この出来事を糧にまた動き出せる日が来ることを願ってます、これからも頑張ってください。
 出版社を変えるという形なり、違う作品に違う名前で出すという形なりで、またユリア達に会える日を楽しみにしております。


 最後に、出版社の方のHPを見た限り、続編の出版を諦めていないようです。何かしらの干渉があるでしょうから、お気をつけて。
November 29 [Tue], 2011, 2:08
リュバン
連載中止、とても残念です。
November 29 [Tue], 2011, 2:02
う゛ぃえ
やっと 精神的に落ち着いたというか 仕事で本件を忘れることで落ち着かせたというか 正直 凍結を読んだときは大荒れで鎮静剤のお世話になりました。 
じぶんはこんなにもこまつなに依存していたのかとあきれるくらいに。

出版社があきらめるだろう10年先を期待して待ってます。
担当編集が作者つれて出版社変わっちゃうことよくあるようでYA作品は未完が多いですから 
裏事情は語られることはないと思ってます
いつか凍結が解除される日を夢見て
November 28 [Mon], 2011, 23:10
ぽち
出版社より先に凍結宣言はかなり拙い。
作家として失格以前に社会人として自ら失格宣言したようなものです。出版社と見解の食い違いなど多々あること。

今一度、考え直しても良いのでは?
このままだと今後、絹野さんが出版することは無いでしょうから残念です。
November 28 [Mon], 2011, 23:03
ねこ
原石の人(川上宏)さんが
プロデューサーを健康上の理由により辞任しましたね・・・
それをHPで発表したのでさらに意味深ですね

下であんな事を書いたのでこれから購入するか悩む所です。

November 28 [Mon], 2011, 22:53
銀乃狐
自分が言える立場ではないですが・・・やはり公に出した以上、物語をちゃんと終了した形で休載なら分かるのですが・・・俗にいう俺たちの物語はまだまだ続くエンドみたいな形としてもです。
ものすごく中途半端ですかねぇ・・・。自分も作品を買いましたが・・・・
続きがでないともなると・・・・・何で買ったんだろうって気持ちになってしまいます。この物語のファンの方々は応援の意味も含めてっていう気持ちで買った人が結構いると思うんですよ。
ただ残念としかいえません。
November 28 [Mon], 2011, 21:17
com
フェザー文庫の告知を見る限り、話し合いの決着をつけずに凍結宣言をした形なのでしょうか?
それともフェザー文庫側がそういっているだけでしょうか?
どちらにしろ説明不足だと感じます。
November 28 [Mon], 2011, 19:19
774
フェザー文庫側の見解が出ましたが完全に食い違ってますね。
November 28 [Mon], 2011, 17:35
青葉
こんなに沢山のコメントの書き込みがあったという事は、
とても恵まれていた小説だったのでしょう。
自分自身もとても楽しい気持ちになりました。

凍結、という事で続きが読めなくなるのは残念ですが・・・
絹野帽子さんも、色々悩んでの決断だと思います。

今回の事は色々と大変でしょうが、
今後も頑張ってくださいね!
November 28 [Mon], 2011, 16:20
ナナシ
いつも楽しく読ませていただいてました。

正直いって今回のような終り方をされるのは、自分の経験上初めてです。
ハッキリ言って個人的にはフェザー文庫への信用吹っ飛んでしまいました(権利関係トラブルと勝手に妄想)

『凍結』と言う表現をされなければ、いつまでも待つ気持ちは有ったんです。(仮に二度と再開しないとしても。)
無期限休止とか。
それとも『解凍』する可能性はあるのでしょうか・・・

いずれにしてもこんな終り方は最悪です
本当に『凍結』するのであれば物語の終りを望みます。
フェザーが悪者なら代筆者たててでも一応の終わりを準備していただきたい。
期待していただけに今回の事件はショックでした。
自分の中ではユリア達登場人物は死んでしまいました。

他の作品にユリア達を出すのは止めてほしいです…
亡霊がでてくるのとかわりません…

最後に、手前勝手なわがままなコメントしてゴメンナサイ。

どうしても気持ちを伝えたかった自己中な読者より
November 28 [Mon], 2011, 12:58
空澄
非常に残念です

ただそれだけです
November 28 [Mon], 2011, 11:01
麦門冬湯
Web掲載初回より更新を心待ちにしていた楽しい物語でした。
刊行販売されると知った時には即注文致しました。

同時刊行された御三方の様子を拝察致しますに、
編集との問題を意識されつつも
2巻以降の刊行に尽力されておられます。
「プロ」の小説家としての責任ある態度とは
こういうものかと感心しました。

「趣味」の間は作品は作者だけのものでしょう。
しかし「販売」され、収入を得た作品は
果たして作者個人だけのものなのでしょうか?

作品は作者にとって子供のようなものとはよく目にします。
本作についても作者様におかれましては、
苦渋の決断であったのではあるでしょう。

しかしながら身銭を切って本作品を購入した我々読者は?
「販売」された以上は「仕事」であることを
熟慮されることを希望いたします。

ともあれ、ユリアさん達のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

November 28 [Mon], 2011, 7:44
なろうから来ました。
フェザー文庫もしくはリンゴプロモーションが「2巻以降発行中止」
の見解もしくは発表を出す前に、作者さんがそれを公に発しちゃう
のってマズイんじゃないでしょうか?
web更新についてならばまだ良いかもしれませんが、
発行元や書店側にダメージが行くようなことになってしまうと、
謝罪だけでは済まなくなりかねないと思います。
November 28 [Mon], 2011, 7:38
にゃー
Webでの連載を楽しみにし、続きが出ては最初から読み返すくらい読んでた私にとってはちょっと残念です。
それ以上に、作品を書いてる方の方が余程辛いだろうなぁと思ってます。
出版とか権利とか色々なものが絡んでくると難しいのだろうけど、Web連載も止めてしまう位の事だったのだろうと思ってますにゃ。
次作を書ける位にふっきれて、また面白い作品を出して下さる事を楽しみにしています。
体調に気をつけてお過ごし下さいね♪
November 28 [Mon], 2011, 0:15
ねこ
読もうから読んでいます
やっぱり出版とか権利とかあると
其処以外では書けなくなるんですね・・・orz

ネット小説が出版するとネットで更新しなくなるので
きっと色々あるんだと思います
凍結の事も権利などの問題の所為だと思うので
作者さんは悪くないと思っています。

フェザー文庫には期待していたのに残念です
最近はネット小説が出版される流れにあったのに…
きっと原石の人が関わった物はもう買わないと思います
November 27 [Sun], 2011, 23:18
T&A
「こまつな」の死産お悔やみ申し上げます
ですが背景がどうであれ堕ろすのを実行したのは作者さんです。
すでに死んだものを別の作品に出して壊してしまわないか心配です。
著作権がらみの圧力や作者さんの都合等もあったでしょうけど
本を買い、連載を楽しみにしていたのに中途でとめられる
可愛さ余って憎さ百倍、面白い作品だっただけに非常に残念でした。
November 27 [Sun], 2011, 20:57
ひゅり
突然の終了宣言を連載のほうで見てこちらに来ました。

出版を期にファンになったので
続きが楽しみな作品が増えたとたんに
おあずけを受けたようで悲しいですが気長に再起を待ちます。
願わくば、どんな形であってもいいので
こまつなが再開される事を願ってます。
November 27 [Sun], 2011, 19:37
ポポ
出版及びWeb連載中止とても残念です

一巻が発売されてからまだ1月もたたないうちに出版中止とは早すぎではないでしょうか?もう一度出版社の人とじっくりと話し合いをしてからでも遅くは無いと思います。

どうしても駄目ならフェザー文庫以外の出版社からだすのは契約上無理なのでしょうか。

一度出版したならば最後まで書き続けるのが義務だと思います。
小説は半年や一年、次が出るまで時間が掛かることはよくあるので焦らずゆっくり考えて答えを出して下さい。

書籍もWeb版も再開を待ってます。
November 27 [Sun], 2011, 18:58
fuyu
小説を読もうの作品で一番先が気になっていただけに残念です。
再開が一番うれしいですが別作品を書いても応援しますので頑張って下さい
November 27 [Sun], 2011, 16:51
カイ
連載中止とても残念です。
web 版の方だけでも続けることは出来ないでしょうか?

November 27 [Sun], 2011, 16:45
しゅう
webで書かない理由がよく分かりません。
書かないのか、書けないのか、それも言えないのか
それぐらいは表明してくれてもいいのではないでしょうか
November 27 [Sun], 2011, 16:38
けつお
コマツな!のweb版停止と2巻中止と聞き驚きました。
色々考えてこの結果にたどり着いたのだと思います。

このような形で終わってしまうのは残念です。
とても良い作品をありがとうございました!

これからも絹野先生の作品を期待してお待ちしております。
November 27 [Sun], 2011, 13:43
通行人
ネット環境のない海外出張から帰国し楽しみにしてたコマツな!が凍結されていたとは・・・。
物語もこれからという時に・・・。

フェザー文庫はこのことに対して、1巻購入者にどう謝罪するのか。
増版したのが全て売れるまでは何も言わないつもりかな。
November 27 [Sun], 2011, 11:13
オトカム
大変ショックを受けました。自分がこの作品をどれほど好きだったのかが分かりました。できる事ならずっと読んでいきたかったですが、無理にとは言いません。
次回作でも「コマツな」の要素がでてきてくれることを期待しています。次回作、待っています。
November 27 [Sun], 2011, 11:04
凍結しても、また
また、解凍されて続くことを願います。

一読み手として、一書き手として、
Web小説書いてる人として
続き楽しみにしてます。

意味不明でごめんなさい。
November 27 [Sun], 2011, 4:01
y.motiduki
これはただの仮定の話ですが、言葉尻からおそらく権利関係のいざこざがあったのではないかなと推察します。
(なろうのほうのとある方の文章を見てると、以前より出版社の常識にとらわれてその前提のないビギナーに対する誠意ある説明を怠る可能性を懸念せざるを得ませんでした。
これは音楽出版社とかでもよくあるトラブルですし。)

ですが、選んで起きてしまったことは仕方ありません。どうしようもないことです。
ですので、今後作品の権利の取り扱いについては充分に気をつけて、作品として出すにしても、出版社から出す必要が本当にあるのか(同人のルート、Amazon等を使った自主出版ではだめなのか(むきりょくかん。というサイトの人がネットを宣伝網にしてそれなりの結果を残しています。))、権利はどれだけの期間(無期限も含め)どこまで預けるのか、きちんと精査し、それらの情報を自分の身内だけでも良いから共有できるようにしたほうがよろしいかと思います。

なお、違う理由の場合は妄言として聞き流してください。
November 27 [Sun], 2011, 2:36
月光
「コマツな」の続きを非常に楽しみに待っていたため、突然のWeb版凍結は残念でなりません。

絹野さんが再起動される日を信じ、また別の形ででもユリア達に出会える日が来ることを願っています。
November 27 [Sun], 2011, 2:12
 まずは、このような結果になってしまったことに残念に思います。久々に続きが気になる作品に出会えて購入意欲をそそられていただけに残念です。
事情は憶測が飛び交っていますが凡そで違わないのではないかなと私自身も思っています。フェザーサイドからの公式発表があってしかるべきかなとも思います。
続きが読めないのは非常に残念でなりませんが、ホワイトナイトが出てきてくれれば一番嬉しいのですが、現実は厳しいのでしょうねorz
まずは、休んで下さい。そして、また書きたいなと思ったら戻ってきてください気長に待っています。お疲れ様でした。
November 27 [Sun], 2011, 1:56
横車
ここまで登場人物に対する思い入れを吐露しつつも、作品そのものを凍結するのは、尋常なことではないように思います。
「言いたいことがあるのに、何かに縛られていて言うことができない」と言う印象を強く受けました。
心配しておられる方は、皆そのような印象を抱いていることでしょう。

せめて、「もう書きたくない」と自発的に思ったのか、それとも「書きたくても書けない」状況に陥ってしまったのか、それだけでも教えて頂けないでしょうか。

前者ならば諦めがつくと共に、あるいは再開の希望も持てます。
後者ならば、「特定の状況における出版に関するリスク」として作家を志す全ての人が知っておくべきことであり、同じ思いをする人を減らす事に繋がると存じます。
November 27 [Sun], 2011, 1:52
桧枝
残念です。
以降フェザー文庫から出版されない理由は納得できますし、しょうがないとは思いますが、WEB版凍結の理由が全く書かれていないことがただただ残念です。
次回作を楽しみにしてる……と言いたいところですが、凍結の理由がわからないので、次回作もいつまた突然凍結されるかと思うととても怖いです。
せめて理由がわかればまだ安心できるのですが……。

そして、50人以上ものキャラが殺されてしまったことがただただ悲しい。
環境・性格・名前、その他全てを含んでのそのキャラクターです。要素を含んでいるからといって同じキャラにはなりえません。
親と性格や見た目がよく似た人はその親と同一人物ですか? 双子は同じ人間が二人いるんでしょうか?
そしてそもそも……50人ものキャラを、要素だけとはいえ、本当に全員出せるんですか?
ご自分でおっしゃっているように、誰一人として殺さずにいられますか?

それを思うと、キャラ達がかわいそうでしかたないです。
November 27 [Sun], 2011, 0:27
a
未完の一巻だけを購入した者としては
無責任だと感じます。
どちらかでは続けるのが筋だと思います
November 26 [Sat], 2011, 23:51
当帰芍薬散
突然すぎて皆さん混乱されているのでしょう。

 絹野様を気遣う言葉、厳しい意見等様々ですが、
皆さん、この「こまつな」という作品をそれだけ
愛していたということは確かだと思います。

「脇役」の猫田様は2巻目の準備を進められているようですので、
絹野様が何故このような決断をされたかは見当もつきませんが、
いつかまた彼女(・・・・中身は♂?)たちに別の形ででも
再開できることを信じてお待ちしております。

色々と批判的な言葉も飛び交っていますが、
本作への愛情の裏返しであると私には思えますので、
今後の糧として立ち止まらずに進まれることを
一読者としては願っております。
November 26 [Sat], 2011, 22:26
個人的に更新を毎回楽しみにしていた作品なので大変に残念に思います。
心無い言葉を言う方々もいらっしゃる様ですが
絹野さんの書かれる世界や人物、文章そのものもとても魅力的なものであり、どんな作品を書かれようと次も必ず読むであろうことは想像に難くありません。

いずれ素晴らしい作品を発表されることを期待しつつ、今は待たせていただきます。
November 26 [Sat], 2011, 21:32
ああ無情
このことが原因で絹野帽子さんが小説を人に見せるのが怖い
となってしまうのが自分にとって一番嫌です。最悪です。
再起動を心から待ってます。陰ながら応援してます。
November 26 [Sat], 2011, 21:07
ヨヌフ

このブログを読んで一層、絹野さんがこの作品、世界、登場人物達に思い入れているんだなーと思いました。

この度の事について様々な意見がありますが自分は絹野さんの作品を楽しみにしています。これからも執筆活動頑張ってください。

ユリア達にまた会える日を待っています。
November 26 [Sat], 2011, 20:29
ただの読者
放り出すのが最善?
残念です
さようなら
November 26 [Sat], 2011, 20:21
abec
このような終わり方になるとは、ただただ残念です・・・
November 26 [Sat], 2011, 20:18
水樹
たまたま手に取ったフェザー文庫でのコマツなが面白く、Web版もすべて読み続きを楽しみにしてい矢先の出来事、残念でなりません…。
November 26 [Sat], 2011, 19:39
Subtle
なんていうか最初に言われてた通りの幕切れだし、やっぱりなという感想しか出てこないが
その後の無責任さにはちょっと呆れるレベルになってしまってると思いますよ?
他の作品でも良いから楽しみにしてくれる人も沢山いるかもしれませんが
この状況じゃ申し訳ないけどもう二度と応援も出来ないし読まないだろうなと思う人も確実に増えたよね……
November 26 [Sat], 2011, 18:42
ランレイ
どうしても言いたい。
ネット小説のままなら、作者都合で途中終了は文句を言う筋合いではないのでしょう。
しかし、上梓までしたからには、こんな終わり方は今後を期待していた読者にとって梯子を外された感は否めません。
残念としか言いようがありません・・・
November 26 [Sat], 2011, 16:35
all
私は気の効いた言葉とかかけられませんし思い浮かばないでしょう。
ので私が一番言いたいことだけ言わせていただきます。

残念です。次作品も待ってますがいつか再開すると信じて続編も待ってます。

あなたとコマツなに憧れて小説書き始めました。ありがとう。
November 26 [Sat], 2011, 16:01
moga
WEB版の最後の告知を拝見しました

書籍でもWEBでもどっちでも続かないなんて残念です!なんとかどちらかでは続編を発表して欲しいです。
November 26 [Sat], 2011, 13:57
えるみ
 書籍の方で知り、とても面白かったので、さっそくWeb版を一から読んでおりました。さきほど最後のエントリを読んでびっくりするとともに、とてもとても残念でなりません。
 フェザーとの契約上の問題でWeb連載も続けられなくなってしまったのでしょうか・・・それとも同社とのやりとりの中でご自身の気持ちの整理がつかなくなってしまわれたのでしょうか・・・。
 いずれにせよ、読者(私は遅参ですが含めて)はみなさん、絹野さんを応援していらっしゃると思います。また魅力あふれる作品を紡いでくださる日を楽しみにしています。そして、いずれの日にか、こまつなの続きに触れられる日が来たならばそれはとても素敵なこと。
 どうか先生によい巡り会いが訪れますように!
November 26 [Sat], 2011, 13:50
タカシ
作者さんが決めたことなので、とやかくいうことではないのですが、ただただ悲しいです。続きが読みたかった。
ともあれ、この作品をとても楽しく読ませていただきました。次回作も楽しみにしています。
November 26 [Sat], 2011, 13:38
まなろん
書店で拝見してからWEBをしり、続きを楽しみにしていましたので
凍結は非常に残念です、ユリアちゃんの成長記録、機会がありましたら是非出会いたいです、今までにも復活した小説は多々ありますので、そんな可能性も期待しながら次回策楽しみにしています。
November 26 [Sat], 2011, 11:01
橘 雨令
WEB版からのファンだっただけに、凍結という結末はとても残念です。

また、新たな物語が読めることを楽しみにしています。
November 26 [Sat], 2011, 10:46
こぶた
Web版まで連載中止ということは、フェザーさんが作品の販売時に作品ごと買い取ったために同名作品に対する出版社側の権利として、絹野さんが続きを書くことが制限される。とかでしょうか?
連載継続した場合に、他社からの引き抜かれて再出版を防いでるって感じがしますね。

なんにしろ、出版も連載も中止とは残念です。
一旦商業ベースに乗ってしまったので連載再開は難しいでしょうが、隅の方でこっそり続きが読めるのを期待して待っておきます。

楽しい作品をありがとうございました。
November 26 [Sat], 2011, 9:24
難しい話だ
出版社と条件の折り合いがつかず、2巻以降の出版を取り止め

1巻刊行の際に交わした契約に作品の権利について出版社有利の条文あり

出版社は2巻以降出さないなら権利行使してWebでも書かせないと主張

また、出版社からは交渉の経緯を公開すれば法的措置をとる旨の勧告あり

というような無責任な憶測がネット界隈でまことしやかにささやかれている
現状を考えれば、フェザー文庫さんから経緯を明確にするのが賢いと
思うんですけどね。
もしくはフェザー文庫さんが今後なんらかの発表を行うつもりなら
それまでは徹底して情報を伏せておいた方が良かった。

なんにせよエッセンスを引き継いだ作品を書くつもりということなので
それを楽しみにお待ちしています。
November 26 [Sat], 2011, 9:22
久々に発売日が待ち遠しい本が見つかったと思ったのですが・・・・
なにより残念なのがwebも凍結で続きを書かない・・・ここですかねぇ
う〜・・・・・ほんとにもう続きは書かない、もしくは書けないんですか?
書き手に続きを書くことを強要しても、いい物語にならないのは
百も承知ですが・・・・
正直、再開を希望しますが・・・・新しい物語で、と決めているのなら
そちらに期待しようと思います。
本当に、残念です・・・・
November 26 [Sat], 2011, 7:09
花月
うーん、いきなり辞めますって言われてはい、そうですかで納得できるものではないと思うんですがね。
せめてもう少しここに至るまでの経緯を説明して欲しいです。
ただのWEB作品ならともかく出版までされていてその本を購入しているファンだっているわけですからきちんと説明はするべきだと思います。
作者さんは今辛い心境だと思いますがこれではファンを軽視していると思われても仕方ないですよ。
November 26 [Sat], 2011, 7:01
あか
凍った氷はいつか解けるものです。
物語の先にいる読者のことを忘れなければそれでいいと思います。ゆっくり休んでくださいまし
November 26 [Sat], 2011, 6:10
攻撃魔術の使えない出版社
小説を読もう!からきました。
このブログには書かれていませんが、小説を読もう!に投稿された最新エントリーで『攻撃魔術の使えない魔術師』は連載・出版ともに中止の宣言がされております。このブログの記事はその行為に対するキャラへの思い入れを書いているようです。

たぶん感情・感傷的になってしまい整理されてないのだと思いますが、連載中止の経緯がわかりません。WEBで続けられない理由は何でしょう?
完結まで書籍を買おうとした人への配慮はフェザー文庫からあるのでしょうか・・・
November 26 [Sat], 2011, 5:36
石平誠
連載中止され事はとても残念に思います。でも、絹野さんが決心したことは誰にも覆すことはできないと感じます。なので、自分からはお疲れ様でした!と、絹野さんの新しい世界がみれることにありがとう♪と言わせていただきます(微笑)もちろん、ユリア達にも色々と期待してますよ(笑)これからもよろしくお願いします(ペコリ
November 26 [Sat], 2011, 5:13
chapa
 今回の件、すごく期待していたので非常に残念です。絹野さんと祁島セロさんのこまつながもっと見たかった・・・ ただ今回の件で絹野さんが軽々しくこの判断を下したわけではないことと、絹野さんにとってこまつながとても大事な物であったのは伝わってきました。
私にとってもこまつなは特別なものでした。毎日更新されてないかなーとわくわくしながら待っては、更新分を読むたびに次の更新まで「続きが気になるー!」と悶々とした気持ちの日々でした。それが急になくなると聞いてすごく寂しく思います。あとこれはただのワガママなんですが、もし次に書く作品にユリアがでるなら、こまつなでの修行の成果がどんなものだったのかが見てみたいです。絹野さんの理想のユリアは、私の理想そのままでもありました。だから彼女の物語をもう少し見たいのです。
最後にこまつなとゆう素晴らしい作品を作り上げた絹野帽子さん、素晴らしくイメージにピッタリだった絵を描いた祁島セロさんありがとうございました。
November 26 [Sat], 2011, 4:44
更新停止、とても残念に思います。
毎日、続きを楽しみにしていましたから。

物語を書くのは続けられるとのこと。
今度は、新しいお話を楽しみに待たせていただきます。
いつか再び、ユリア達の面影を見られることを願います。
November 26 [Sat], 2011, 4:23
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:絹野帽子
  • アイコン画像 誕生日:4月19日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・漫画-色々読んでいます。
読者になる


最新コメント
アイコン画像クローバーフィールド の 絹野帽子
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2019年07月02日)
アイコン画像トンボ鉛筆 の 佐藤 です
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2019年07月02日)
アイコン画像いろいろと
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2019年06月16日)
アイコン画像松本智津夫 星のドラゴンクエスト 詐欺
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2018年07月14日)
アイコン画像犯罪 星のドラゴンクエスト 詐欺
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2018年07月14日)
アイコン画像市村 星ドラ 詐欺
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2018年07月14日)
アイコン画像麻原彰晃 星ドラ
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2018年07月14日)
アイコン画像星のドラゴンクエスト 犯罪
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2018年07月14日)
アイコン画像プロモーション・D・リンゴ
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2018年05月15日)
アイコン画像フェザーマン
» 『フェザー文庫』との出会い (2018年05月15日)