武蔵野の定義

July 19 [Sat], 2008, 21:15
何か色んな人が見てくれているのがわかったから
できるだけちゃんと書きますよ。

僕は最初、こうやってブログを書くことに抵抗があった。
日記は小5のときからつけていた
25の時に、あまり自分の家に帰らなくなってつけなくなった。
当時僕は姉と東久留米の公団住宅に住んでいた。
僕が生まれたのは杉並で、育ったのは小金井
そのあと東久留米の団地、そして今は吉祥寺。
「武蔵野」とは元々埼玉と東京(隅田川より東)の武蔵野台地のことで
令制の武蔵国は更に神奈川の半分くらいの地域を含む。
横浜だって品川だって、それから武蔵小杉(神奈川)とか、武州長瀬(埼玉)とか、
そんな感じの地名の残っているところはみんな武蔵だ
でも、僕がいつも散歩している武蔵野市の印象で
この狭い地域を指す意味になってしまった気がする。
その狭い意味の武蔵野の中にある井の頭公園の池の回りを
今日は意味もなく二周しました。部屋より涼しいんだ。
公園にはまだ舗装されてない土の部分がけっこうあるんだけど
あれって昔からの大地なのかな?
あなたは今日、舗装されてない大地を踏みましたか?
「舗装された道が近くにありませーん」
って声が福島あたりから聞こえそう。いるんだ、友達に。

あら、また話が飛んだ。
今日は日記と原稿、そしてブログの違いについて
書こうと思っていたんだけど、
あまり長いと読んでいるあなた(今読んでるあなたですよ)
も疲れるかなと思って、このへんで筆を置きます。
というかキーボードにタッチするのをやめます。
というか、書いたものを記事に投稿します。続きはまたね。
今日は貼り付ける絵を思い浮かばないから、イメージ検索で拾ったもの。
これは何年か前のビームスでの個展のDMだ。
変なポーズの絵ばかり描いたやつ。Tシャツも作った。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:キン・シオタニ
読者になる
基本イラストレーター。学生時代は貧乏旅行にあけくれる。YMOの作詞で知られるクリス・モズデルに師事。95年に発表された「長い題名シリーズ」ポストカードで注目され、以降多くのメディアにイラストや文章を提供。教科書の表紙、書店のブックカバー、映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の劇中イラストなども手がけ、片桐仁(ラーメンズ)主演の「根津サンセットカフェ」(TBS)ではイラストの他、脚本でも参加。また新作落語を書いたり、作詞をしたりと、表現のジャンルを問わない。井の頭公園での路上販売は今も時々行っている。近年はドローイングシアターという独特のパフォーマンスを国内外で行っているほか、「キンシオ」という散歩番組をtvk他で放送している。
ツイッターは@kinshio 
お仕事のメールのご依頼は
kinshio@hotmail.comまでお願いします。
スケジュール

5/25(土)13時45分
調布市グリーンホール
「キンぱれ」
出演、立川晴の輔、キン・シオタニ
前売り各プレイガイドにて発売中