水墨画の裏打ちの仕方

April 04 [Wed], 2018, 22:37

水墨画の講習で、裏打ちの仕方を教えて頂きました。
初めての挑戦は、いつも嬉しく、ドキドキ・ワクワクします。

用意するもの             ・刷毛2本(糊付け用と、紙を伸ばす用)
             ・のり(ホウライ糊、ヤマト糊でも可)
             ・霧吹き
             ・新聞紙
             ・ベニヤ板(作品より大きな物、テーブル等の平らな面でも可)
             ・土佐草紙(障子紙でも可、作品より7〜10cm位大きめに切る)


水墨画の裏打ちの仕方
    1.糊を水で伸ばす(糊と水の割合1:2.5〜3)
    2.板の上に新聞紙を敷き、まんべんなくぬらして、乾いた刷毛で皺を伸ばす
    3.絵を裏返しにして、新聞紙に乗せて、霧吹きをかけて、刷毛で皺を伸ばす
    4.裏打ち用の障子紙の裏を絵に乗せて、霧吹きをかけ皺を伸ばす
    5.絵に糊をつける。真ん中から端に向かい刷毛を運ぶ
    6.裏打ち紙をかぶせ、刷毛で良く伸ばす
    7.裏打ち紙の四方の端に糊をつける。
    8.新聞紙から絵と裏打ち紙をはがして、立てかけておいたベニヤ板に絵を表にして貼る
    9.そのまま乾燥するのを待って(自然乾燥の場合は、1,2日)、はがす
   10.余分な裏打ち紙を切り取る



コツは、皺にならないように、真ん中から刷毛で良くこする事のようです。
緊張して、ちょっと難しかったけれど、半紙に書いた自分の絵が、
少し立派な絵に見えてきて、とても楽しいひとときでした。

先生、私達の為に、お道具を用意して、ご指導して下さり、
また、その後に描いたクリスマスローズも沢山お持ち下さって、
本当に有難うございました。



  • URL:https://yaplog.jp/kinominomi/archive/223
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。