「仕立て屋の匳」登場 『必殺2009』#13

April 26 [Sun], 2009, 17:27
『必殺仕事人2009』13話『給付金VS新仕事人』

『必殺』シリーズの良さは、アルコール入りの良さではないかしら?
と、ふと思いました。

当ブログはドラマ専門と言うわけではないのですが、このところはずっとドラマの話題ばかりですね〜。今季はじたばたせずにドラマで突っ走るしかないのか・・・。

前記事でも『陽炎の辻3』の意欲的な展開について熱く語ったばかりなのですが、そのライバル(と勝手に決めている)『必殺』も良かったんですよ。

からくり屋の源太が最期を迎えた11回。続く12回は寂しげな渡辺小五郎が二人分の的を片付け、いよいよ新仕事人を迎える今回を迎えました。

どこまでジャニーズで行くんだ!?と驚くくらい、後釜もKAT−TUNの田中聖(こうき)。
お菊の調べによれば、仕立て屋の匳(れん)として、すでに「一人仕事人」として売り出し中だったという。
田中聖といえば、『マイボス マイヒーロー』や主演した『特急田中3号』が思い出されます。
生意気イメージはありますが今回は坊主頭がはまり役では。

脆さが印象的だった大倉君の哀れさがまだ心に残りますし、まえだまえだ兄の作太郎のその後を描いてくれないと困るんですが、源太のままで六月までやるよりは変化があってよいかもしれない。
半月前に買ったばかりの『必殺2009』公式ムック本に匳がいないのはどうするんだ〜〜〜とも思いますが、広い心でまずは見守ります。

【公儀振る舞い金】

話はまたまた必殺にはありがちな現代時事ネタ。定額給付金を「公儀振る舞い金」として江戸の町に置き換えています。しかし作りは良かったです。

人別帳に名前のないものは「帳外れ」として振る舞い金をもらえない。
要するに戸籍がない人々ですが、現在の、クビになって社宅も追われて住所を持たない人々等をも思い起こさせます。

大河原さん(今回なぜか大河原さんを大河内さんと記してしまい、ご指摘頂きました。すみません。この後も訂正いたします)の解説によれば、江戸では、年貢を払えずに逃げ出した農民達が帳外れになるそうで。彼らは口入屋に出向いても仕事が得られず、土手の掘っ立て小屋に集まって住み、女達が夜鷹をしてようやく生活している状態。

船で同行する渡辺さんが食べてないのに、何か丼みたいなものを抱えて食べてる大河原さんカワイイ!それでも「扶持を持つもの」として、振る舞い金は断り、下々のものへの同情心を持ってます。大河内さんが土手に出向いて、帳外れの人々に引き払うように指導したりするのですが、事件の後で後悔したりしていて、なんかイイ感じの役人なんです。
福士誠治君、NHKの『オトコマエ!』と同じ仕事で結構キャラもかぶりますが、「てめぇら、ぜってぇ、ゆるせねぇ!!」の藤堂君より、大河原さんの方がほんわかリアリティがあって好き(・・・です。私は)。
渡辺さん(ヒガシ)は例によってサボってますが、匳が渡辺さんを見破り、「土手の人々を見逃してくれれば裏の仕事を黙っててやる」と渡辺さんに取引を持ちかけたりする場面もあり、緊張感が漲りました。

いつもはお気楽渡辺さん、源太が死んでからやや食欲も落ちてるのか、中村さんがくれようとしためざしも断ってますね。
源太を失ってから、渡辺さんも少し変わりました。
「おまえらしくねぇな、そうか、仕事以外で人は殺したくないか」と中村さんに見抜かれているし。

【帳外れの悲劇】

今回泣かせてくれたのは、浅利陽介君演じる帳外れの若者伊助と匳の友情。
仕事が持てず恋人に夜鷹をさせねばならない境遇を嘆く伊助に、「仕立てを覚えれば仕事がもらえるかも」と、針に糸を通すことから手ほどきを始めてやる。
このシーンが良くって、後の悲しみが一層引き立ちました。(ウマイ)

悪代官と口入屋の松蔵が彼らを利用して金儲けを企む。
帳外れの人々に仕事と住居を与え、人別帳に名前を戻してやるとの話に、みんな「地獄に仏」と大喜び。
匳が怪しいと止めるのもまるで聞き入れてくれない。
「住むところも仕事もあるお前にはわからないんだ」と、伊助にすら離れて行かれる匳の孤独が身につまされる。

実は、ゆくえの知れない者の代わりに住居に住まわせ、何度も違う名前で引っ越させることで、彼らの分の振る舞い金を自分達の懐に入れる。
まあ、そんな露見しやすい面倒な悪事を企むものかどうかはともかくとして・・・帳外れの人々の哀れさには胸が詰まります。

渡辺さんは取引など乗らないが、匳には興味を持つ。
「待ちな!仕事にしねえんならなんで骨折りしてやがる」。
「仲間だからだ」
「言いてえことはいろいろあるが、まずは口の聞き方を教えてやるぜ」
対峙した途端、土手の小屋に集められた帳外れの人々が惨殺され始め、小屋に火がかけられる。

「オメエたちは最初からこの世にいない亡者だ!」
だから殺していいってわけ?すごい悪人・・・・。石丸謙二郎が憎々しい!

匳が飛び込んだときは炎で包まれていて、伊助も虫の息。
「ごめんよ。おいら達を許して」。
自分で始めて縫った財布を匳に差し出す。「ごめん。おいら仕立て屋になれないや」
・・・ひー、泣かされちまった・・・!

渡辺さんも涼次も心配して成り行きを見守っている。炎に照らされて、このシリーズで初めて(多分)渡辺さんの目に涙が光る。キレイ。
炎の中に飛び込み、子供2人を小脇に抱えて助け出すヒューマンな渡辺さんがなんだか新鮮です。源太が死んだことで、非情を貫いていた渡辺さんの心も揺れが出ている。

「恨み花は咲かせねェ」と言っていた匳が、ついに頼み人になりにくる。「俺ひとりじゃ手に余る。頼む。この通りだ」。
お菊「その恨み、受け取った」

【仕立て屋の仕事】

さて仕事。
仕立て屋の殺し道具は、赤いしつけ糸。
糸だの針だの使うのは感覚的に苦手ですが、必殺らしいといえばその通り。クリクリクリ・・・と糸を操る手さばきもなかなかのものでした。

死ぬ瞬間、糸が首にあまり食い込んでないのがあれ?だけど、リアルに食い込ませたら役者の命が危ないから仕方ないのかな???
川の中での暗闘、水しぶきの粒に照明が当たってキラキラ光の粒のように見える演出が印象的で良かった。照明(必殺の光、と言うヤツ)がいつもいいですね。

田中聖、殺しの後の表情などなかなかセクシーです。ちょっと格好付け過ぎに見えるのがやや気になりますが、顔つきは仕事人として似合ってるかも・・・・。
坊主頭は、かつて緒形拳や山崎努を思い出させます。坊主頭に大きな輪っかのピアスって、なかなか合いますね。あまり好きなタイプではなかったのですが、慣れればなかなかしっくり来るかも・・・・。

涼次と匳は派手な衣装と言う点でかぶりそうな心配がありましたが、松岡君演じる、やわらかい部分としての涼次の役割・・・・情にほだされやすい表情などが、源太のいなくなった今余計貴重なものになって見えます。
匳が派手な衣装の他に、お菰さんの襤褸をよく着ていてそれが似合っていたのもグッド。

仕立て屋の「匳」と言う名前は、松岡君がつけたんだそうですね。「〇ン」という名前にしようとして語感から「レン」にし、さらにぴったりする漢字を探し、「匳」が田中聖の「顔に似てたから」という楽しいエピソード。

匳は多分、非情に見えながらも自分の生きる姿勢を崩したがらないタイプ。悪を憎むあまり「仕事」が「正義」になりそうな部分が危なっかしくも共感を呼ぶ若者としてキャラ立ちさせていくんじゃないかな。

中村さんが匳に諭す言葉がいい。これで匳も仲間入りですね。
「オメエ、てめえの分け前とらなかったそうだな」
「取んな。オメエも俺も神様じゃねえんだ。善悪を裁いてくれるのは地獄の閻魔様の役割だ。俺たちはな、銭もらって人の恨みを晴らす、うすぎたねえ裏仕事だ。おめぇ、それ忘れると人じゃなくなるぜ」
中村さんに言われて初めて少し晴れ晴れとした顔をする匳。

「人じゃなくなる」の意味は・・・・?神になったらいけないと言うことか。人間の癖に思いあがって正義を押し立てて人を裁くようになったらオシマイだよ、ということか。10回の「鬼退治の桃太郎」じゃない、というのにも表われてます。
金のための仕事としてあくまで薄汚い存在であることが、裏を返せばやっぱり格好良すぎるダンディズム。そのあたりが、必殺がアルコール入りだという由縁です。

最期は渡辺さん。障子から突き出した拳から、六枚の穴開き銭。
「閻魔様からの振る舞い金だ。三途の川の渡し賃は六両で十分だってよ」
狭い廊下で背中を向けた渡辺さんの後ろでドウと倒れる悪役人。『鏡花水月』のイントロがいつものように重なり、歩み去る渡辺さん・・・・・かぁっこいい・・・。

今年の大河ドラマが全然ハートに「来ない」(1,2回以外)けれど、磐音と必殺で時代劇にどっぷらこんとはまっています。

私の思惑通り(ってこともないけれど)好適なライバル作品があることでイイ感じの火花が散り、『陽炎』(+プチかげ)にも緊張感が出て満足感が高まり、さりとて『必殺』を見ると「ああ、これもいいよなぁ・・・」という感じ。

宇梶さんについては『陽炎』のダンナの方がはるかにいい役だけれど、エピローグの中越さんの若妻ぶりは可愛いです。中越さんの「心の夫」はさてどっち??

・・・と対立軸を作って煽りたがるのがきのこの趣味ですが、本音は「どっちも頑張れ!」ですからねっ。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

rukaさん、今回の必殺泣かせてくれましたね。
田中君は凄みもあり、鋭い目もいいので、意外にいい仕事人になるかもしれませんね。それにしても作太郎の店はどうなったのだ・・・と、毎回気になってしょうがないです。

そうです!浅利陽介くんといえば「組!」の近藤周平君です。
最近もルーキーズ、レスキュー、コード・ブルーとたくさん出てますが、あの弱さと一途さがいいですね。

by きのこ April 27 [Mon], 2009, 8:34

エムさん、はじめまして!
重要な間違いをご指摘いただき本当にありがとうございます!以前の記事(3月22日の分)を見返したら「大河原」で書いているのに、この記事全部間違っているのはどう記憶違いしたのか・・・・。いつも読んでくださる方、また福士さんファンの方と福士さんには本当に済みませんでした。
本文の該当箇所全部訂正させていただきます。書き間違いはこれまでも何度もあり、これからもなくなるとは言い切れませんが、特に人の名前などはなるべく気をつけたいと思います。

目にあまりましたら、またこの度のようにご指摘いただけるとありがたいです。

by きのこ April 27 [Mon], 2009, 8:26

きのこさんこんばんわ
金曜日の必殺仕事人2009」
見ました
*母も見てますが
源太の次の仲間
はジャニーズの
KAT-TUNの田中くんですね
母が言ってましたが
「この子よく見る子だね」と
言いってました
まあ〜CMなどで見てるからかな?

田中くんの鋭いお顔
なかなか必殺仕事人らしい
お顔ですからお似合いです

それとずーと見てたらどこかで
見たような子が・・・と
思ったら「組!」の浅利君出演してたんですね
いや〜びっくりしました
田中くんの仕事人としての活躍
期待したいですね。

by ruka339 April 26 [Sun], 2009, 21:56

大河内→大河原

by エム April 26 [Sun], 2009, 19:29
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:きのこ
読者になる
最新コメント
nemo
» ホームドラマ復活??2017年1月期ドラマ序盤戦 (2017年02月03日)
きのこ
» 2016年連続ドラマmyベストテン発表! (2017年01月31日)
nemo
» 2016年連続ドラマmyベストテン発表! (2017年01月24日)
nemo
» なぜ石田治部少輔はこんなにも嫌われるのか (2016年09月15日)
きのこ
» 2016年夏ドラマひと月め (2016年08月06日)
nemo
» 2016年夏ドラマひと月め (2016年08月04日)
きのこ
» 陛下の思いが実りますように (2016年07月24日)
レーズンパン
» 陛下の思いが実りますように (2016年07月22日)
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
P R
旧館
としずきん妄想:「新選組!」再鑑賞日記
月別アーカイブ
ブログポリシー
コメント・リンク・トラックバック大歓迎です。過去記事へのコメントにも喜んで飛んでいきます。スパムに関しては予告なく削除させていただくことがありますのでご了解ください。
お友だちのお店です
サンウィッチハウス チーズアンドオリーブ