宇梶さんのスタパ・他

April 18 [Sat], 2009, 7:40

『陽炎の辻3』スタートを目前にして、『アタシんちの男子』『プチかげ』の記事にたくさんのコメントありがとうございます。

訪問者さん同士の横レスは歓迎ですのでどうぞ遠慮なく・・・・仕事や体調のために家主が記事やコメントレスの更新が定かでない間も、なんだか賑わっている感じがして嬉しいです。

ここのところネットめぐりをほとんどしていないので、おしゃべりの合間合間に、あちこちで拾ってきた新情報を入れてもらえるので、とても助かっています。
仕事中にコメントを見て、帰りの書店でチェックなどという楽しみも・・・。

あければ明日は、いよいよ『陽炎の辻3』初日。
そして待ちに待ったムック本の発売日でもあります。

勝手ながらここで皆様へのお願い・・・
当館では、『陽炎の辻』のネタバレ感想は、土曜日の本放送終了後とさせていただきたいのです。BSが見られない人もいまだ多いので。
また、『プチかげ』に関しても、NHK総合でのTV放映の後と言うことに・・・。ワンセグ見られないからなんですが
それから、原作に関してはドラマが進んだ部分まではネタバレOKということにさせていただきたいと思います。もちろん、「この部分は〇〇巻にあります」等の役立ち情報は大歓迎です。


磐音さまのスタッフブログ、放映開始を目前に、怒涛の更新が続いてますね。
居眠り猫さん、その姿(イラスト)がもう15日に登場してたんですね。この居眠り猫は「プチかげ」に出てるびびる猫さんとどこかしら通じているような・・・。
このところ音声部隊、撮影部隊、照明部隊の活躍やハイテク機器が紹介されていますね。スタッフに本気になって作品世界を作りあげようという気概が見えるのはすごくいいことだと思います!!

マグナムの方では嬉しいお知らせ・・・『ひとつ屋根の下』、来週から「1」の方も再放送みたいです。実は「2」は耕史君ファンになってからも何度か見ているのですが(この前も再放送したばかりだし)、「1」の頃の耕史君(確か15歳)は記憶が相当遠いしあまり真剣に見てなかったので、幼い文也君をとっくり見たいと思ってたんですよね〜〜。

【『ステラ』について続き】

前記事にて『ステラ』感想サワリだけになってしまいましたが、ちょっと続き。

「集大成」「シリーズを締めくくる激闘編」「これまで描かれてきた磐音の世界の最終型」・・・・やはり三部作のラストシリーズとしての位置づけのようです。
民放ならすぐ『帰ってきた居眠り磐音』『陽炎の辻リターンズ』など考えられるのですが・・・。それでもやはり出演者やスタッフがその気概で作っているのなら、ここでいったん〆るのもやむをえないかな。
それでも原作シリーズが続いている限り、耕史君が40歳前後くらいになった時に再び演じる、というのもアリだと思います。

気に入った逆井城址公園の撮影風景は、家基に同行するシーンなんですね。笠を小脇に、背筋を美しく伸ばして礼をする姿は、本当に美しい!
ほとんどNGなしで進むというのは耕史君の集中力が相当高まっているのでしょう。衣装も、藍と紺のコンビネーションといういい感じの着物、月代を剃るまで行かないけれど、なんだかとっても凛々しいスタイルで嬉しいです。

いい雰囲気・・・キャスト同士の和気あいあい、というのではなく、スタッフ・キャスト共にピリッとした緊張感の中で撮影が進んでいることを垣間見せてもらいました。
「スタッフが山本に全幅の信頼を寄せていることがわかる」もむべなるかな、です。

磐音様が衝撃の敗北をする、というのもちょっと驚き・・・・(ネタバレですよね)。
でも、おこんとうまく行ってすんなり夫婦になるのかと思いきや、磐音の生き方そのものを問われるシリーズになるかもしれないですね。江戸庶民の暮らしのままで居られるのか、武士に戻ることを考えねばならないのか。
「磐音と関わる人々をより深く掘り下げていく」というのも楽しみです。

●おっと、18日はぐっさんの「ワンダー×ワンダー」第一回ゲスト耕史君。予約は・・・してあるよね。

●オダギリさんの『ぼくの妹』番宣もずいぶんあったようで・・・。見逃しちゃったけれど、貴重な生オダギリ、王様のブランチも録画しておこうっと。

【宇梶さんのスタパ】

今日はこれがメイン。
竹村武左衛門、宇梶剛士さんのスタパ。

・・・良かったです。仕事にも人生にも家庭にも、とても真剣に向き合ってる方なんですね。なんだか、これだけ真摯にスタパに臨んだ人って、あまりいなかったような気がしました。

耕史君とは、『ひとつ屋根2』『新選組!』と『陽炎』2&3、代表作にことごとく出てますから、ずいぶんとなじみです。
宇梶さんの「回を重ねるごとに組み敷かれていきますね・・・」に、思わず吹き出してしまいました。

ワープステーションのロケでは、「同じベッドで寝てるわけではないですが」一緒に寝泊りすることが多いんですね。
本当に芯のある男で・・・。10以上離れているのにだんだん上司と部下のように・・・」なって行くそうです。そんなことをサラッと言えちゃうかつての巨大「族」七代総長。
現場では駄洒落ばかり。「若い人は失うことを恐れて言わない」のだということで・・・。

ここで耕史君VTR!磐音様の格好で登場してくれました。
・・・・オヤジギャグ的なこともなんか言ってる記憶ありますけど、まんあんまりボク基本的に宇梶さんが言ってることに興味がないのでスルーしてますけど・・・うるさいんですよ。黙っててほしい

きゃ〜〜爆笑系で来てくれました!嬉しそうに照れちゃってる宇梶さん可愛い。
竹内さんが言ってるとおり、二人の関係がよーくわかりますね!それでもウルサイ「酔っ払い電話」は耕史君の方がかけてるそうで。

宇梶さんが小さい頃から憧れている金兵衛さん・・・小松政夫さん。
とてつもなく高度なことをサラリとやってくれている。まねしようとしてもできない。
スタンバイで待ってる間も何かやってくれないかとチラチラ見てる。製材所のギャグ・・・JAMでもやってくれましたね。気の太さを変えたり、釘が入ってたり。
確かに撮影所に小松さんが居たら一挙一動見逃したくなくてチラチラ見ちゃいますよね。

宇梶さんの怖いモノ・・・口に出すのもイヤなのはゴ〇〇〇。(本当に口にしたくないらしい)。
白昼の路上でゴキブリに脅えた巨人がパンツ一丁でおじさんに抱きついてしまった・・・という話も披露してくれました。

耕史君のいたずら。刀置き場にガムテープでリアルなゴキブリを作って置いておいたこと。
「2」の時に何度もやられて、「3」ではさすがにみんなオトナになってやらなくなったと思ってたら、この前やられたそうで。
ここでワイ本ケイ史さん再び登場。
ゴ〇〇〇は、ガムテープをめくった時に出る糸を足にして、小道具さんに黒いスプレーを借りて作るそうで・・・・細かい!
あんなおっきな人がこんな小さいものにあばれまくるというのは見ててとてもチャーミングでおちゃめで、僕はその姿をみんなに見せたいというか・・・本当になごませてくれる瞬間ですね
ステラで見た真剣な役者の姿とは全く別な、いたずらっ子耕史君でした。

「コワイ人」も居るんだそうで、渡辺えりさん。
「斜に構えてると台本の字面しか見えないよ」
「役者っていうのは、一瞬で汚れるんだよ」
まさに「ゾッとした」だろうセリフですね。役者でない私でもゾッとしました。

もう一人コワイ方は、叔父さん。裸で髭の写真、なんて似てるんでしょう!
今は髭は40センチで白髪で・・・まさにアイヌの男性。家を飛び出してた頃お世話になっていたらしい。
「おまえ、俳優の顔してないもん!」
「仕事というのは、言い訳しながらやるもんじゃない」
人に言われた言葉を、たいせつな心の糧として生きてるんですね。

宇梶さんは40代半ば。いいおじさんなんですが、まだまだ青年ぽさがあり、失礼な言い方かもしれませんが現在まだまだ発展途上な感じがします。

このままでも出演依頼はひきもきらないだろうけれど、どっかで大化けすればぐっと大俳優への道も開けそう。
体格の割りに演技が軽めなのが使いやすい反面やや物足りない。いつか演技にミステリアスな重みが加われば、風貌や出自の生み出す茫洋としたロマンも光ってくると思うんですよね。
でも、宇梶さん史上(これまで見てきた中で)、竹村武左衛門がダントツ一番の当たり役だと思います。

宇梶さんの黄金バランス4対6・・・演技に向かう姿勢にしても、四割が自分好き。六割が自分嫌い。
このあたりは私生活が語られそうなコーナーですが、思っていたより(ゴメン)とことん芝居の好きな人なんですね!

質問コーナー。
Q:何を食べたらそんなに大きくなれますか?
A:生まれた時五キロ、牛乳は1日一升飲んでた。
Q:お酒の失敗談は?
A:道で地球の傾斜を計ってたりする。
Q:家ではどんなお父さんですか?
A:明るく居ようと。考え事してても目が合うとニコ〜〜っと。

無愛想じゃなく家族に笑顔を向けようとするんですね。人懐こい笑顔が可愛い。

気は優しくて力持ち。存在自体がユーモラスだけれど、すごく真面目。
ナイスガイだなぁと思います。
耕史君とは今後とも相性が良さそう。
以前から、「義経と弁慶」が合いそうだと思ってたんですよね。

従来の線の細い義経を弁慶がサポートすると言うパターンでなく、ゴキブリの怖い弁慶をいじるプチSな耕史義経。落ちこぼれ坊主弁慶が、大汗かきながら義経の無理な要求に応えてできもしないヒヨドリ越えだのなんだのやってしまう。

さて、今日(18日)は磐音様デー。
あいかわらず今日も休日出勤ですが、楽しみに頑張ります!

Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

かわうそさん、ちょっと保留にしましたが、後の楽しみを減らすネタバレには該当しないと判断させて頂きました。ドラマで描かれない可能性もありますし。

竹村さん、親の代から浪々の身、大変な苦労をしてきているだろうに「だらしないお気楽浪人」を看板にしているあたり、大人物ですね。今シリーズまだ2回目ですが、品川さん竹村さんがものすごく魅力的です。
第2回感想のほうにも書きましたが、竹村さんの方が娯楽時代劇ヒーローとしての資質が高いのでは・・・と、例によって磐音ファンにあるまじきことを思ってしまいました。

「かなしい見栄を張っている」というより、自分の持って生まれた運命に組み敷かれたままで終わってなるもんか!というポジティブ思考があるような気がします。わしなら品川家の傾いた拝領屋敷にでも、「しがみついて離れぬ」という哲学を見せつつも、磐音や品川さんに対して妬むようなところを見せないところがいい。

宇梶さん最大のはまり役、是非スピンオフで宇梶武左衛門主演のドラマを見て見たいと今は切に思っています。

ご先祖が冷や飯食いでも山賊でも、かすかに歴史が残っていることは貴重なことだと思います。誰のご先祖だって幕末や戦国時代を体験しているわけで、その時代を何とか生き抜いてくれたからこそ我々が存在しているわけですけど、わからなくなってる場合が多いですもんね。

by きのこ April 26 [Sun], 2009, 10:48

ネタバレではないと思いますが、原作の内容に触れていますので、このコメントの公表はきのこさんの判断でおねがいします。
勢津さんが磐音さまに打ち明けます。
武左衛門さんは「伊勢津藩藤堂家の浪人」と名乗っているが、実は親の代からすでに浪々の身。
もともと、津藩の出城の下士っていうか、郷士っていうか、けっして藩士ではなく、半農半武の下級武士の身分(陽炎の辻2で出てきた尾口とよく似た境遇)で、武左衛門さんはかなしい見栄を張っている。
私のご先祖さんも、普段は畑仕事をしていて、いざ戦のときは鍬を刀に持ち替えて戦った下級武士と聞いているので、武左衛門さんと同じだわ、と思って読みました。
もしかしたらご先祖さん、鳥羽伏見で幕府軍を裏切った戦いに足軽として戦場にいたかもしれませんね。
だからうちは、由緒ある、格式ある士族の家柄なんかじゃないです。
父は冷や飯食いの次男坊なので、蔵もありません。
夫のご先祖は山賊ですし。


by かわうそ April 24 [Fri], 2009, 22:21

きみこさん、団扇の写真について再訪いただきありがとうございます。第二シリーズの第三話は、前回のムックにも出ていたようにヴィジュアル上等の回でしたね。
写真はちょっと捜して見ます。
新学期、お金(教育費)がものすごくかかりますが、なんとかドリアンのチケットを買うべく、ちょっと節約モードです。
またいろいろ教えて下さい!

by きのこ April 22 [Wed], 2009, 7:57

きのこさん、再びこんにちは!

マグナムさんの特典の団扇の写真ですが、
私が見た印象だと、第2シリーズの第3話で、磐音が、
鶴吉さんと居酒屋で話しているシーンの時の写真のように
見えました。あの時のような透明感のある雰囲気で写っている写真でしたよ。この団扇の写真を、ブログに載せていた方がいましたよ。gooで”山本耕史”でプログ検索すると、今だと4ページ目にそのブログがあります。そのブログは写真が表示されるので、すぐわかると思います。お時間のある時に、探してみてくださいね

それから、この団扇ですが、3の特典なのに、
なぜか「陽炎の辻2」と書いてありました(^^;)。

「プチかげ」について、私が書いたことは大丈夫だったんですね。安心しました〜。これからもネタばれに気をつけて、
コメントさせていただきますね

by きみこ April 20 [Mon], 2009, 11:43

きみこさん、いろいろ耕史君の番組が多くて、嬉しい悲鳴ですね。ワンダーワンダーもまだ見てません。夏川りみさんのJAMも・・・。
ガイドブック、マグナム予約でも早くついてよかったですね!
内容も、写真も、構成もすごくよい本に仕上がってましたね。オリジナル団扇、どういうのか見たかったです。写真は見たことのないものだったんでしょうか・・?

宇梶さん、本当におちゃめで可愛いですよね。
耕史君とのコンビネーションも良くて、又用心棒トリオの活躍が楽しみです。
宇梶さんの駄洒落紹介もサンクスです。
>”日本の夏・・・、香取!”耕史君の喜びそうなギャグですね。
耕史君はその日によってやせて見えたり丸く見えたりするのであまり気にしてませんでしたが、やはり忙しいのでしょうね。身体だけは大切にして欲しいです。
また、山本×宇梶の「義経と弁慶」に共感いただきありがとうございます!舞台でもギャグでもCMでもいいから実現しないかなぁ・・・。

コメントによるネタバレに関して。
基本的に訪問者さんの判断と言う事でおまかせしております。私自身がネタバレを書いてしまうこともあると思うので厳密には言えないのですが、一応の判断基準として載せて置きました。
きみこさんがプチかげについて書かれたことくらいは私は問題ないと思います。お気遣いさせてしまってスミマセン!

ルイスさん、第3シリーズもいい感じで始まり、一安心しています。それにしても『プチかげ』は、ファンには素敵なプレゼントですね!スピンオフが出来るドラマというのは人気の証明ですし、本編とあわせて大いに盛り上げて欲しいですね!本編についても、又ご意見お寄せ下さい。

by きのこ April 19 [Sun], 2009, 12:05

rukaさん、陽炎の辻3が始まって、スタジオパークもどんどん陽炎メンバーが出てくるかもしれないと思うと見逃せませんね!ついでにJAMや「ちょっと休憩」にも登場してほしいです。
宇梶さんがますます好きになりました。いいスタパでしたね。
耕史君が、ギャグやゴキブリの話であれほど距離のない言葉で宇梶さんに語りかけるとは、凄いなぁと思いました。
この雰囲気と撮影の時の緊張感のギャップがたまらないですよね。
私は夫の単身赴任でど田舎に住んでいた時、ゴキブリどころか大きな蛙が窓ガラスにびっしりと白い腹をくっつけて張り付き枕元をピョンピョンし、廊下をナメクジが這い(一度は生足で踏み潰し)、ムカデが畳を這い回ると言う環境に一度居たので、ゴキブリに関してだけは宇梶さんより強いかも・・・。
今はこんなにキュートで癒し系ですが、総長時代の宇梶さん、どんなに強かったんでしょうね。

かわうそさん、「組み敷かれる」は、私もいけないことを思いました。宇梶さん狙ってますよね。ベッドは別とか・・・。
かわうそさんのお父さんと武左衛門さんのお父上に共通点があったんですか・・・・。歴史のあるお家でちょっと羨ましいです。古いものとかお蔵にたくさんあるのでしょうか・・・(ただの想像)?
「タリラリ〜ラリ〜♪」うんうん、それで通じますね。
今回は長屋のみなさんがより一層深く描かれているようで、それも楽しみです。おそめちゃんと幸吉君の成長が時の流れを感じさせますね・・・って、この正月にあったばかりなのに、この成長振りはすごいです。そして磐音様にもいろいろな変化が・・・。

by きのこ April 19 [Sun], 2009, 11:51

こんばんは。
先ほど本編一回目観ました!きのこ様の感想を待って後にいろいろ感想を書きますので。

プチかげも観ました。
柳さまだけでなく、磐音さまの意外な一面と言うのがあまりにもあからさまに・・・、ココまで描いていいのかな?と言う位楽しい時間になりそうです。まさか猫の声に“ビビる大木氏”とは・・・。(大汗)

by ルイス April 18 [Sat], 2009, 20:40

続きです(^^;)。

VTRの山本君、顔が痩せてましたね〜。少しやつれているように見えました。顔が一回り小さくなってしまったような・・・?先日の夏川りみさんがゲストのJAMでも同じことを思いました。ドラマを2本掛け持ちしていて、「陽炎」は殺陣が多いですし、かなり体力を消耗して大変なのかな?と山本君の体調が気になりました。大丈夫だとは思いますが、くれぐれも体には気をつけて、残りの撮影、頑張ってほしいと思いました。

山本君と宇梶さんの「義経と弁慶」、私も似合うと思います。プチSな山本君の義経と宇梶さんの落ちこぼれ坊主弁慶・・・。従来のパターンとは違った義経と弁慶が見られそうで、面白そうですね

それにしても宇梶さんとはけっこう共演が多いですね。
今日届いた「陽炎」のガイドブックの宇梶さん、川村君との対談で山本君が言っていたんですが、”何度も共演する人って、なぜか限られてくる。二人には(宇梶さんと川村君のことです)そういう不思議な縁を感じますねえ”と言ってました。


最近、rukaさんへのコメントをこちらでよく書かせていただいていたので、いいのかな〜?と思っていたので、きのこさんに、”訪問者さん同士の横レスは歓迎ですのでどうぞ遠慮なく・・・”と言っていただいて、安心しました。rukaさんへのコメントで、「プチかげ」の第2話で、磐音さんが出ないことを
書いてしまいましたが、こういうことも書かないほうがいいでしょうか?もし書かないほうがいいようでしたら、これからは控えますね。

それでは、また長々と(^^;)、失礼しました。

by きみこ April 18 [Sat], 2009, 12:06

きのこさん、こんにちは!

またまた長いコメントとなってしまったので(^^;)、
2回に分けて書き込みさせてください(^^;)。

休日出勤、お疲れ様です。

今日はいよいよ、「陽炎の辻3」がスタートしますね〜。
そしてガイドブックの発売日、山本君がゲスト出演するぐっさんが司会の「ワンダー×ワンダー」もあって、山本君ファンにとっては、楽しみなことがいっぱいの土曜日ですね

マグナムさんで予約していたガイドブック、先ほど届きました!マグナムさんで予約したものは、いつも発売日より2・3日は遅れるので、発売日当日に届いて驚きました〜。ザッと見てみましたが、読み応えがあって、面白そうでしたよ。山本磐音のグラビア写真という感じの写真の数々が、
どれもカッコよかったです。それから、宇梶さんと川村君との対談があるんですけど、それでの山本君が、なんだか女の子みたいでした(^^;)。特典の団扇の磐音さんの写真、透明感のある雰囲気で写っていて、素敵でしたよ〜

宇梶さんのスタパ、見ました
体がとても大きい人なのに、威圧感とか全くなくて、
穏やかで謙虚で、おちゃめで可愛いところのある人だなぁ〜と思いました。そんなおちゃめで可愛いところがあるので、
山本君、つい、いたずらしたくなっちゃうのかな(^^;)?って思いました。宇梶さんのダジャレ、「ひとつ屋根の下2」の頃の、フジテレビで、ドラマのNGを集めた番組で見たことがあります。「ひとつ屋根の下2」の、酒井法子さんとの場面で、
ちょっとはっきりとは覚えていないんですが(^^;)、宇梶さん、こんなギャクを言ってました。

”日本の夏・・・、香取!(蚊取り線香を元にしたギャクのようです(^^;)”、”草gの(g)って、粥っていう字に似てるよね”

みたいなことを言って、酒井法子さんを大爆笑させてました(^^;)。そんな酒井法子さんを見て、してやったりっていう感じの宇梶さんが、これまたとても可笑しかったです(笑)。これを見て、宇梶さんって面白い人だなぁ〜と思い、好感を持ちました

すみません(^^;)、話が横道に逸れました(^^;)。

ここで一旦書き込みさせてください(^^;)。

by きみこ April 18 [Sat], 2009, 11:59

「組み敷かれる」で、いけない画を思い浮かべてしまった
かわうそです。
原作を読んで、武左衛門さんのお父上がうちの父のご先祖さまと同じような身分(藩も同じ)で、親近感がわきました。
一足お先にBSで視聴しましたが、「タリラリ〜ラリ〜♪」が流れると、ああ、磐音さまが帰って来た、長屋の皆さん、今津屋の皆さんと同じぐらいにうれしいです。

by かわうそ April 18 [Sat], 2009, 11:07

きのこさんこんにちわ
昨日DVD録画した
「スタジオパーク」見ました
何やら宇梶さんゴキブリが怖いそうで
それを知った山本さん
スタッフさんと一緒にゴキブリを
作られたそうですね

宇梶さん作り物のゴキブリを見て
「うわあ〜」と叫んだそうで「笑」
もう〜山本さん本当いたずら侍ですね
さぞかし楽屋内にひびいたことでしょう

あと、山本さん酔っぱらい電話をされた
そうですね
確か新選組のころも同じことを
されてました
^^;直ってない
私も実はゴキブリが怖くて
何年か前に洗面所で手を洗った
後にタオルでふいたら
ひとさし指にゴキブリがついたんです!
それを見た私「きゃ〜〜」の声すら
出ませんでした
宇梶さんの気持ちわかります

今日いよいよ「陽炎の辻3」放送開始ですね
そしてガイド本も発売日です
忘れずに買わなくては!

山本さん宇梶さんがオヤジギャグを
おしゃってることに興味がないとか
またうるさいと、おしゃってましたね。

by ruka339 April 18 [Sat], 2009, 10:05
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:きのこ
読者になる
最新コメント
nemo
» ホームドラマ復活??2017年1月期ドラマ序盤戦 (2017年02月03日)
きのこ
» 2016年連続ドラマmyベストテン発表! (2017年01月31日)
nemo
» 2016年連続ドラマmyベストテン発表! (2017年01月24日)
nemo
» なぜ石田治部少輔はこんなにも嫌われるのか (2016年09月15日)
きのこ
» 2016年夏ドラマひと月め (2016年08月06日)
nemo
» 2016年夏ドラマひと月め (2016年08月04日)
きのこ
» 陛下の思いが実りますように (2016年07月24日)
レーズンパン
» 陛下の思いが実りますように (2016年07月22日)
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
P R
旧館
としずきん妄想:「新選組!」再鑑賞日記
月別アーカイブ
ブログポリシー
コメント・リンク・トラックバック大歓迎です。過去記事へのコメントにも喜んで飛んでいきます。スパムに関しては予告なく削除させていただくことがありますのでご了解ください。
お友だちのお店です
サンウィッチハウス チーズアンドオリーブ