華麗にじっくり(TVナビなど)

January 25 [Thu], 2007, 2:53
【視聴率低下にブレるな!】

「華麗なる一族」の第2回視聴率はだいぶ下がって21.8%だと言うけれど、想定内の範囲。というか、あの刺激的性愛シーンのドラマを国民の3割が見てるほうがおかしいわけで、今後もこのあたりをキープすればいいじゃないですか・・・。
ああいう性愛シーンを「おおっ!」と乗り出してみること自体、懐かしき昭和の感性ですよね。

己の乏しい欲望が萎えるのを恐れ、萌えることをひたすら夢見る平成の視聴者としては、あれはウンザリする。「シェフお薦めの気まぐれ小皿ランチ」を食べたいのに、「特大極上血の滴る神戸牛ステーキ」を出されたようなもので、ゲンナリするほうが多いんでしょう。
しかし、平成の食欲に合わせなかったことに拍手です。それをやってしまうのなら、「華麗」をやる意味がない。

下がってもいいからブレるんじゃない!!と心から思います。怒涛のように驀進せよ!!
世間的にバッシングが起これば、余計にこのドラマに入れ込めるかもしれない・・とまで思いました。

なんかね・・・この泥臭い作りがなんともいえないですよ。「白い巨塔」はなんてスタイリッシュだったんだろう、「のだめ」はなんてシャレた作りだったんだろう・・・と思います。
「華麗」は、金のかけ方は全然さりげなくなく、「見ろ!ここまでやったぞ!」という感じ。キャストも「どうだ!」衣装も「どうだ!」鯉だって一晩130万だぞ!床の大理石は数千万!というバブルっぷりを照れも恥じらいもなにもなく見せつける。

過激な表現は時代に合わせて抑え目にしようとか、そんな配慮はしない。
だから主演がキムタクなのは当然なわけだ。各種ランキング常時ナンバーワン。主演として一番視聴率が取れる男。周囲のキャストとの調和とか、浮くとかそんなチマチマしたことは考える必要もない。(追記)


・・・そのあたりが気に入ってきたんですよね。スタイリッシュでもおしゃれでもないけれど、とにかく視聴者の感性に迎合的なことはしない。

生と死を見つめて崇高な感動にまで導かれた「白巨」のテーマ性と比べると、「華麗」は中心テーマはどこへ行ったやら、印象としては首がめちゃめちゃに絡み合ったヤマタノオロチ。(八つの頭部を持つ大蛇。スサノオが酒を八箇所に置いたことにより、酔っぱらって絡まってしまう)。

言ってみれば究極ゴージャスな昼ドラ。「たわしコロッケ」に近い要素も多いかも。
しかし、原始、ドラマは昼ドラであった。「貫一お宮」、「君の名は」しかり。テーマがどうというよりも、一幅の華麗な地獄絵として堪能したいです。

心配があるとしたら、視聴率低下に上がビビッて「ほどほど表現にしよう」とか、「金ばかりでなく知恵を出しあっていこう」なんて日和ったときですね。今さらハンパなことをしたらミジメな結果になる。(追記2)

【充実のTVナビ】

今月のTVナビはなかなか店頭に並ばないなぁ・・・とやきもきしてましたが、ウェヘヘィ!(用法違うかも) 予想通りながら、これまで一番格好つけてないおキムタクの姿が表紙です。甘くなくて、これはまさに鉄平仕様。

これだけじっくり読み応えがあったTVナビは、あの、新選組!も終わりに近い、「ちょっと休憩」に局長副長対談が載り、香取君インタビューと新選組特集もあった2004年11月号以来じゃないでしょうか?(局長副長対談は組!!ムックにも載ってないので永久保存です)

【2日連続あたるさんショック】

「華麗」に行く前に・・・・一昨日の記事で、「レプリーク」の中村中にショックを受けてしまったのですが、また不意打ちのようにナビに見開きで登場!
しかし困ったことに、今回はどうも同性的な親近感も感じる。「ほっこり・・・」を繰り返す自分がちょっと気に入ったり、「(山本さんに対して)盗めるものは盗もうかと思っています。こんな私ってずるいかな(笑)」なんて語ったりするのを聞くとそんな感じ。
そしてここにある三葉の写真は、「レプリーク」で「あたるくん・・・」と感じた時とは微妙に違い、非常に宝塚的ながら女性という雰囲気がする。

う〜〜ん、かなり悩む。かなり刺激的な存在。
理屈で考えてもわからない。体験しようったってそう簡単には行かない。しかしもはや無視することはできないほど心が引っ張られる。
いっそ、恋しちゃうのはどうだろう・・・・?恋してしまって、その自分の気持ちを観察することができれば何か見えてくるものがあるかもしれない。
いや、そこまで行かなくとも、耕史君が中さんと舞台の上で見せてくれるものを心待ちにしようかな。

中「この舞台は頭をクリアにしていらしていただければ楽しんでいただけるかもしれません」
「ヘドウィグ」に関しては私の頭はクリアどころか蔦が生い茂って絡み合っている感じですが、まだまだ除草剤は撒くつもりはありません。けれど観劇前日にはクリアにして行きたいものです。

【ちょっと休憩】
「一族」登場を期待していたものの、今回のゲストは宝塚雪組の水夏希さん。今度沖田総司をやるということで、新選組の話も多い。
水さん、中さん、細面と切れ長の目が共通します。「耕史×水のツーショットに、耕史×中のツーショットを空想して重ねると、非常に似たようにも見えるけれど、決定的に違うような気もする。
歌舞伎で男が女を「演じ」、宝塚で女が男を「演じ」るのは、なりきるにせよ造型していくにせよ、大昔から伝統文化で、男が女以上に女らしく演じたとしても、ジェンダーパニックを私に起こさせることはない(だろう)。
そのあたり、「ヘドウィグ」は全く違うからね・・・。
「性の不思議」を垣間見せてくれるかもしれない・・・。

一箇所だけ、
>ぶっちゃけ、土方もドラゴンボールのベジータの動きとか角度とか参考にしてやってましたし(笑)
これは山本土方の役作りにおける、はじめて聞く真実です!!冗談でこの言葉は出ない。
DBファンだった私は、ベジータの孤独なたたずまいを良く覚えてます。よく腕組みをしていたし、上目遣いもクールだったし、鋭い目で振り返る角度も良かった。しかし猫背ではなかった。背が低めで胸を反らしていたので、猫背は歳三イメージで耕史君が発明したのに違いない(役作りね)。水さんの
>一見すごく計算しているタイプに見えるけど、多分、感覚人間なんだろうなぁって思いますね。
同感です!

【ナビの鉄平写真はすごい!】
さて、「華麗なる一族」特集です。
鉄平様とツートップで銀平様個別インタビューが有って嬉しい!

それにしても・・・・今月のキムタク写真の数々は、異様なまでにいいですね。さんざん文句をつけてしまったあの「キムタク笑い」が消えている。38Pグレイのスーツの自然な表情も良く、銀平の結婚式かな?という黒いタキシード姿の憂いを含んだ表情もいいし。始めのほうにあったインタビューの写真も、すべて鉄平仕様。・・・これで行きなさい!!!
表紙裏のWOWWOWの広告に、「キムタク笑いのキムタク」が居るんですが、違いが明確にわかります。

「華麗でもなんでもないですよ、この一族は」「僕は抵抗を覚えますね」
いや、このストレートな言い様はまさに鉄平お兄様。
「できれば大画面で見て欲しい」うん・・・そう思います。三雲頭取就任パーティに見るような、銀平様結婚式だの、画面の隅々を見たくなる場面が多そうですから・・・。


耕史君は写真が全部結婚式仕様。小さい方の二枚がいいです。万樹子と当然に並んだ写真を載せないのは、ナビ私の心を読んでるの?上のキャプションは今一つかな。「冷酷ともいえるほどの冷徹な人間」とは思えないし、土方歳三を「クールに演じた」とも思わない。でも、「端麗な容姿が鋭い氷の刃のように映る」は大きなはなまるあげます!

さすがの役作りです。
>銀平と言うのはある種一番透明できゃいけない。透明って、きれいという意味じゃなくて、気持ちがどこにも所属していないという意味で。
>透明な存在の仕方ができないかと、日々みなさんとの距離を測っています。

早速みんなの連絡先をゲットした盛り上げ係にして「距離を測る」という。
万俵家を「アダムスファミリー」「お化け屋敷」と言ってるのもなかなか面白いです。

後で気づいたけど、「アンタッチャブルな髪型」って・・・・「触れてはならない耕史君のデコ」ってこと?
この額、慣れたと思ったらどんどん好きになって行きます。
きっと、「何このデコ助、あぶね〜〜」と言ってた方も、あの秀でた額、眉と眉間の憂い感にすこーしずつ嵌まっていくことでしょう(確信!)。

◆◆
ロケ地巡り、万俵家セット、ファッションの研究も面白かったです。
特にファッション。鉄平がアメリカントラッドでジャケットはセンターベンツ、大介と銀平は英国風でサイドベンツ。ベストを合わせる3ピース仕様もこちら。そしてコートは・・・すごく勉強になりました。しっかり見ないと!

鉄平のインタビューも良かったです。聞いたことがあることも多かったけれど、「なんでもできる」ように見えて、「負けず嫌いで」こっそり努力しているあたり、銀平の中の人とそっくりですね。

堺雅人さんや大泉洋さんのインタビューがあったり、「風林火山」で素顔も素敵にコキタナイ内野勘助と作り物みたいな美しさのガクト謙信が見られたり、今日はナビだけでお腹いっぱい。

Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

ゆりさん、いきなりズレた話ですが、北海道では内地で表紙がSMAP等のTV雑誌でも、時々大泉洋に差し替えられているって本当でしょうか?
大泉洋×篠原涼子(+孝太郎君)の「ハケン」は平日コメディの中で一番面白いです。他は途中で寝る事多し。

『偽りの花園』って、いかにもなタイトル・・・華麗はもう各自あの、狂った金遣いの狂った人間関係の世界で、妄想をたくましくするしかないと思います(それで行きましょう!)。造る方が狂気じみて本気なら、うそ寒い思いはしないかも。で、他の人の妄想にも興味津々です。

「それボク」まだ見てませんが、加瀬君とジョー君は気が合うみたいですね。ジョー君話も少しほっぽってましたが、「ゆれる」DVD「蟲師」など楽しみです。
で、「ポポロ」と「女性自身」ですね!明日早速読んできます。鉄平銀平の裏話は、もうホントに全部聞きたいので、感謝です!

by きのこ January 27 [Sat], 2007, 3:17

書き忘れました^^;
女性自身に、新旧華麗グラビア記事がモノクロで掲載されています。
ポポロのキムタク兄さんインタビュー。 記事タイトルからして…やっぱり二人はウマが合うのねぇ(笑)

by ゆり January 27 [Sat], 2007, 1:06

北海道では本日がnavi発売という事で買って来ましたが、まだ読んでません^^;
華麗は、まるで豪華な昼ドラだなー、とは私も思ってました。 実は『偽りの花園』という昼ドラで、大介と鉄平の確執の元になった例の秘密と同じ設定が使われてたりしました>パクリ?
きのこさんが描かれてる銀平の心情は、とても共感しましたv 私の爛れ妄想も吹き飛びそう…といいつつ、来週もぐるぐるしてそうですが(笑)
そうそう!暁さんの所で知った加瀬君のジョー君らぶv発言にニンマリしてますv>両思いかも(笑)
また別のジョー君ファンの方のブログで知ったんですが、『それボク』現場でも耕史君はムードメイカーだったらしいという事で、彼はどこでもそういう役目なのね(笑)と。
たぶん組!あたりから自然と身についてしまったのねぇ^^

by ゆり January 26 [Fri], 2007, 23:57
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:きのこ
読者になる
最新コメント
nemo
» ホームドラマ復活??2017年1月期ドラマ序盤戦 (2017年02月03日)
きのこ
» 2016年連続ドラマmyベストテン発表! (2017年01月31日)
nemo
» 2016年連続ドラマmyベストテン発表! (2017年01月24日)
nemo
» なぜ石田治部少輔はこんなにも嫌われるのか (2016年09月15日)
きのこ
» 2016年夏ドラマひと月め (2016年08月06日)
nemo
» 2016年夏ドラマひと月め (2016年08月04日)
きのこ
» 陛下の思いが実りますように (2016年07月24日)
レーズンパン
» 陛下の思いが実りますように (2016年07月22日)
2007年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
P R
旧館
としずきん妄想:「新選組!」再鑑賞日記
月別アーカイブ
ブログポリシー
コメント・リンク・トラックバック大歓迎です。過去記事へのコメントにも喜んで飛んでいきます。スパムに関しては予告なく削除させていただくことがありますのでご了解ください。
お友だちのお店です
サンウィッチハウス チーズアンドオリーブ