2016年夏ドラマひと月め

July 29 [Fri], 2016, 23:41
レギュラーネタだったテレビドラマのことも、ちょっと書いておこう。

オリンピックイヤーの夏ドラマ、というのは、とかく冷遇されるのだが(ちょっと前のSMAPや嵐の主演ドラマとかは入れない)、やっぱり4月期ドラマの勢いよりはだいぶ落ちますな。

【真田丸29回】

関係ないけど『真田丸』ずっと楽しく見てます。
年の初めは毎回感想を・・・と思ってたんですが、無理でした。(-_-;)
ここのところは、新納慎也さんが新鮮だった関白秀次の新解釈壮烈死、小日向の鬼気迫る老残秀吉ぶりで、大いに盛り上がってます。その前は北条氏康の幽鬼のごとき末路も凄かったし。

そんな中、最新の29回『異変』はツボでした。
『組!』で言えば、『友の死』のあとの『寺田屋大騒動』みたいな回じゃなかったかしら。
この後秀吉の最晩年を迎えるにあたり、こういう回は貴重です。

真田家が活躍、(史実的には特にはないけど)

薫が貴族ではなく侍女だということがばれ、それを気づかないように接するやさしい男性陣。
昌幸も、吉野太夫にべったりの通俗オヤジっぽくなってますが、それはそれでらしかったりして。

やはり、大泉信幸がいいですね。
こうと稲、前妻と今の正妻、どちらも愛しちゃってる・・・・というのは罪なことのはずなのに、なんだか憎めなく、またその気持ちに共感まで感じさせちゃうからすごいです。
稲が徳川の間者としての使命を果たそうとしているのを知り、身分も違うのに敢然とたちむかったこう、ここまで活躍する女性になると誰が想像したでしょう?目を見張りました。

女性と言えば、愛する信繁を二人の妻に奪われた立場のきりも、このドラマでまだまだ重要な役になりそう。若い春に「うっとうしいきりさんですね」なんて言われて、逆にこれはきりへの好感度が上がったかも。
一方信繁は・・・控えめな主演なのはいいけれど、三人も妻をめとって、なんだか情が乗らないのが心もとない。
梅への思いはあるにしても、梅が産んだ娘を思いだす様子もないし・・・・。人間的過ぎるお兄ちゃんに対し、どうなの?という感じが消えない。

小日向秀吉の悲劇も進行している。今回は寝小便と「三回言った」ことで、ちょっとコミカルにしあげつつも、それだけに一層老いの悲しみが募ります。
この場面、受けの三成がもう少し必死さというか、「クールの皮がはがれる」感じになってもいいと思うんですが。
秀吉が耄碌して、または死んで、一番立場が危うくなる家臣は三成なのだから・・・。三成が珍しく我を失う様子を見て「そっちの方が心配」と信繁に思わせたり・・・。
まだ走り出さない堺信繁と山本三成。『組!』コンビも、そろそろ魅せてほしい。

【日曜日のみ見るものいっぱい】

7月もすでに末日ですが、今季は日曜日に見続けたくなるドラマが集中してる。
もちろんその前から見ている『真田丸』もWOWOWの大作『沈まぬ太陽』も日曜日だし。

『受験のシンデレラ』
BSプレミアムですが、これ面白いです。話自体はありがちで、『ビリギャル』『ドラゴン桜』を思わせますが、なんかこれ、好きです。
なんと言っても小泉孝太郎です。
「線の細いいい人」が長かったけれど、この頃役が多彩になりました。予備校のスター教師が死の宣告を受け、塾からも「必要ない」と追い出される。そこでヒロインの貧乏高校生・川口春奈に出会い、二人で東大を目指すことになる。
孝太郎さんが、飲んでホステスに札びらをばらまき、泥酔してゲロを吐く・・・・女子高生の上に倒れこむ・・・。こんな姿、想像してませんでした。またそれが色っぽい。端正な小さい顔に細いあご、鋭角的な横顔、まっすぐな目に可愛い笑顔は変わらず。なんか惚れちゃいそう・・・。
川口春奈も、こんなに良かったっけ?というほどいい。女子高生のズボラさとまっすぐさがうまくミックスされてる感じ。
それにしても母親はヒドイね!(話を面白くしてるけど)
日本全国貧しい方向に急激に傾斜しつつある時代の反映もしっかり。
『そして、誰もいなくなった』
フジタツの本格的なドラマ主演っていつ以来??
それも、このネタならフジタツ以外ありえない適役。
近年「クズ役」でブレイクしまくっているとはいえ(舞台以外)、もともとは『バトルロワイヤル』等の「ゲームで追い詰められるプレイヤー」が多かった。『インシテミル』とか『カイジ』とかね。(カイジは、「クズども!」と言われているけれど、人間的にはクズではない。クズの白眉は『藁楯』です)
期待満々で見てるのですが、話の展開は謎が焦点を結ばず解く気力が失せるのと、この手の話にしてはテンポが遅いので、上手く行ってるわけではない。フジタツは完璧なのに。脇キャラが意外とハネてない。滝藤とか緋田とか手塚とおる(みんな『半沢直樹』)とか揃えておけばよかったのにね。玉鉄もうちょっと面白くやってくれ。

あと二つは、かったるいから初回のみ・・・と思ってた2本。
『仰げば尊し』
TBS日9とはいえ、何このタイトル、新任教師が不良たちを部活に入れて更生させて仰げば尊しになるの?それも苦手な寺尾聡?
ゲロゲロ・・・・。30年前からあるドラマ。
つい見ちゃったのは、村上虹郎や真剣佑ら、青田買い対象者がいるからかな。でも、もっとちゃんとした理由で褒めてる人も居るので、優れたドラマなのかも。
ジジイ、とかオッサン、とか言わずに「おじいちゃん」と言ってるのがなんだか楽しい。

『期待ゼロの新入社員』
悲惨だった前の『OUR HOUSE』のあと。中島裕翔主演の「期待ゼロ」だったドラマ。
ただ1話目、2話目とも見ていて「じんわり」させられた。
ここまでは「期待ゼロのインターン」で、次(もう今夜)からが「新入社員編」。まだ見る気です。
キャストがいいのかも。上司、先輩になるエンケンさんと山内圭哉とのチームがピッタリ!来てます。同期になる3人(桐山照史・瀬戸康史)もいい。

この2本は、ストレートでアリガチでクッサイのは確かなのですが、「あえて」選択し「ちゃんと作ってる」のがいいのかもしれません。

【やっぱり全般的に低調・・】
他の曜日もちょっと。

『家売るオンナ』
新婚の北川景子、『ドクターX』路線を走り出した感じ。それがまずは成功で、(全般的に低い今季ながら)視聴率トップみたいです。
フツーに面白いです。ふにゃふにゃした男性チーム、どうしようもないのがアクセントのイモトアヤコ、ハマってる。

『はじめまして、愛しています』
江口洋介と尾野真知子が、被虐待児の親になるために奮闘する話。
今季唯一(?)オリジナリティのあるドラマに感じられる。
だって他は、良くて「ネタがないから王道を丁寧に行こう」って感じのドラマばかりに見えますもん。
だから、スルッとみられるわけではなく、時々ゴツゴツと突き刺さる。簡単に感動させようとはしていない。子役もけして天使顔ではない。しっかり見るつもりで入るが、視聴率につながるかは微妙。
『家政婦のミタ』の遊川和彦脚本。

『闇金ウシジマくんseason3』
原作漫画の大ファンです。ここ10年で読んだマンガのうち、一本あげるならコレというくらい。
ただ、ドラマ・映画はもろ手を上げて好きというわけではない。もっともっと文学的にも暗黒な話だと思うので。
今回は複雑なエピなので、2回まで見てまだストーリーが走り出さず、登場人物のクズどももまだバラバラ。
中村倫也の怖さがジワジワ出てるので、この人にかかってるでしょう。

以下はリタイア。または寸前。
『営業部長 吉良奈津子』
バブル臭が気になる。『美女か野獣』を思いだす。

『神の舌を持つ男』
堤さん、『トリック』路線コメディはもうやめたら・・・・『トリック』『スペック』の大ファンだっただけに、痛々しくて辛いです。もはや笑えないもの。向井さんも木村文乃も寒い。佐藤二朗大好きなんだけど、福田雄一脚本の時みたいな面白さはなく、空回り。
堤幸彦は、『天空の蜂』みたいなビッグプロジェクトを手掛けた方がいいと思う。「こんなの作っちゃいました」テイストをやりたい気持ちはわかるけど、笑えない喜劇はもうツラいです。

『ON異常犯罪捜査官』
残虐ネタすぎてリタイア。

『せいせいするほど、愛してる』『好きな人がいること』
・・・私は対象視聴者ではないようです。

他に「これを!」というドラマがありましたら、教えてください。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

nemoさん、お忙しい中、コメントありがとうございます。

多分、お仕事だけじゃなく家庭のこととか色々あるんだと思います・・・。
今まで生きてて一番自由な日々を送っている私とは大違い・・・(まあ、一時的な自由ではありますが)。

>たまったままの真田丸

『真田丸』は特に急いでみる必要もない堂々たるドラマ(たまに「今こそ見るべきドラマ」と言うのもあるので)なんで、溜めちゃってゆっくり見ればいいように思います。
むしろ、真田丸で初めて世に知られて、あちこちのドラマにも出るようになる役者さんが多くて、それが面白いです。

「水族館ガール」見てないです。
見事なすれちがい!

>「時をかける少女」つい見てしまいましたが、ケンソゴルがだめで速攻リタイヤ

わかります〜。私もチラ見で終わりました。
ということは、BSのnemoさんイチオシのアレはよほど良かったのですね。

とりあえず、今季はさほど・・・です。『受験のシンデレラ』の孝太郎さんを見るのが一番楽しいくらい。

by きのこ August 06 [Sat], 2016, 20:09

きのこ様 ご無沙汰です。
記事読んでいろいろ話したいけれど、無理・・と言う日々です。
ドラマもほぼ見れず、たまったままの真田丸・・辛い。
その中で、なんでか 「水族館ガール」だけ 見てます。
たまたまやっている時間にテレビがついてるだけですが。
特になんということはないですが、王道すぎるのに見れてしまうのは、ヒロインの可愛さかもと思います。
「時をかける少女」つい見てしまいましたが、ケンソゴルがだめで速攻リタイヤ
後は全くです。ゆっくり遊びに来れるようになりたいです

by nemo August 04 [Thu], 2016, 20:09
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:きのこ
読者になる
最新コメント
nemo
» ホームドラマ復活??2017年1月期ドラマ序盤戦 (2017年02月03日)
きのこ
» 2016年連続ドラマmyベストテン発表! (2017年01月31日)
nemo
» 2016年連続ドラマmyベストテン発表! (2017年01月24日)
nemo
» なぜ石田治部少輔はこんなにも嫌われるのか (2016年09月15日)
きのこ
» 2016年夏ドラマひと月め (2016年08月06日)
nemo
» 2016年夏ドラマひと月め (2016年08月04日)
きのこ
» 陛下の思いが実りますように (2016年07月24日)
レーズンパン
» 陛下の思いが実りますように (2016年07月22日)
2016年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
P R
旧館
としずきん妄想:「新選組!」再鑑賞日記
月別アーカイブ
ブログポリシー
コメント・リンク・トラックバック大歓迎です。過去記事へのコメントにも喜んで飛んでいきます。スパムに関しては予告なく削除させていただくことがありますのでご了解ください。
お友だちのお店です
サンウィッチハウス チーズアンドオリーブ