ひとり暮らし事始め

July 24 [Sun], 2016, 9:41
50代半ば過ぎにして、生まれて初めてのひとり暮らしがはじまりました!

ずーっと前に三カ月だけ、夫が長期研修の時に一人暮らしして以来・・・?しかしあのときは夫の住民票はそのままだったし、臨月近いおなかに長男が入っていて、すでにいろいろコミュニケーションしてたからなぁ・・・。

あまりプライベートなことは書かないようにしているのですが、初めてのひとり暮らしで気づいたことなどを、少しずつ書いてみたい。

子供たちが(いろいろ足踏みはあったものの)就職を機に家を出(一人は非正規だけど)、その1年後に夫4度目の単身赴任が決定。国内とはいえかなり遠方。
話を聞いた時は、一瞬ショックを感じた?のかどうか・・・?
あとはもうワクワク!

夫婦二人だけの生活になって1年あまり、実は結構ストレスもありました。「夫原病」がリアルなものとして感じられ、このままでは「仲良く老後」というのはムリでは・・・?そう思って自分なりにいろいろ関係改善に努力したり働きかけたりをしたものの、相手が思った以上に頭が硬化したオヤジになっていたということに驚いた。(年下夫とはいえ、3つしか違わないので)。

その「ちょっとした難問」はほんの数年だが先送りになった。
解放された気分とともに、「ああ、これまでの努力は水の泡で、戻ってきたらまた一から関係を築き直しになるなぁ・・・」というかったるい思いが沸いてくる。(真っ正直に書いているので許して。)

この一月あまり、私の仕事も配置転換になり、転勤準備の期間はいろいろ落ち着かない状態が続いた。
けれど、ようやく晴れてやってきました一人暮らし。
か・軽い・・・!身体が軽い。

片づけは大の苦手だったのに、今日ははここ、今日はここ、と物を捨て始めると気持ちがさっぱりし、モノが減れば当然掃除もすいすい進む。新たな収納スペースを発見したりもする。
二年前までは狭くモノがあふれていてウンザリするくらいだったわが家だが、一人で暮らせば夢のように広い。どんどんモノを捨てたくなる。

心配だったのは、一人になって、自分が自分を甘やかすこと。
私はかなりだらしないところがあると自覚している。
自分を自分で思うように動かせない、自己管理の苦手なところが欠点だと思っていた。

広いからと家中に物をはびこらせて収拾のつかないプチゴミ屋敷になったらどうしよう。
好きなように夜更かしをして睡眠をちゃんととらず生活リズムがガタガタになったらどうしよう。
意識としてはスッキリ暮らしたいと思いながらも、だらしない自分に引きずられ、またはだらしない自分と戦うのに疲れ、どんよりとした毎日になる可能性もあると・・・思っていた。

ところが、そんなこと、(いまのところは)ないんですよ。

一人分の料理だって、する。
なにしろ本気でできない(したくない)日はしなくていいんだから。
これまで何十年も「やらなくっちゃ」と首に縄をつけられるような感じだったのに、今は完全に自発的行動。
栄養バランスは問題ないが、困るのは食材が使い切れないうちに傷み始めること。
食材を無駄にしないために前より毎日弁当を作るようになった。今あるコメを食べきって新米が買えるのは、一体いつになるんだろう・・・?それでも何かしら工夫するのが楽しい。だんだん達人になって、廃棄も減ってシステム化できるかも。

仕事の帰りは、外で友人と食べて帰るのも自由だが、家で一人かと思うと足取りも軽く帰れる。
世の中には、「誰も待ってない真っ暗な家に帰るのがとてもいや」という人も多いらしいが、そうなんですか?
「早く帰って飯作れ」と待っている家族がいないと思うと、こんなに楽でいいのかと思うくらい楽。一番近く、都心に住んでいる娘には月2回くらい会える。会えればとても楽しいし、会えなければ節約になっていいか、と思う。(やたらおごらされるので)

他の家族のペースに気を使わずに自分で自分のペースを管理するのは、気持ちがいい。
夫がソトヅラのヒトで、「こんな汚い家に他人を入れるなんて気が知れない」というタイプだったから、本来人づきあいが好きなのにかなり遠慮していた。
しかしもう、「民宿○○」と公言して、早速子供の幼稚園時代からの友人グループを呼んで料理をふるまったりした。

自戒していることもある。
50代後半になった私にとって、もっとも気をつけるべきは火の元。戸締り。突然死。
実はすでに、危険な目に合っている。
鍋を火にかけたまま風呂の水を止めに行き、そのまま蛇口の汚れが気になって拭き始め、戻ってみたら鍋が空になりかけていたのだ。
おお怖い。物忘れが増えても当然な年ごろ。火事を出したら人生終わりだ。猛反省。
もう一つ。
浴室のカビ取りをかなり丁寧にやってたら、ふいに気分が悪くなってきた。塩素だ!ここで死んだら遠くで暮らす夫や子供にどれだけ迷惑か。
戸締りも、朝出かけて少し歩いてから「鍵ちゃんと締めたっけ・・・?」と不安になることが増えたから、「指さし確認」を徹底しないと。
とりあえず、朝のガスコンロ使用とアイロンがけは、もともと控えていたが、全面禁止にした。(朝の調理はレンジのみ)

まだ読んでいない本だが、「老後は一人暮らしが幸せ」という本の紹介を読んだ。
老後は、ひとり暮らしの方が生活の満足度が高く、余命も長いらしい。「自分を否定する同居人」がいないほうが健康上いいのだとか。
大きくうなずきつつ、ん・・・・?だとすると、夫婦の意味って何なんだろう?
かつて私は反動的だが「女はすべからく結婚すべし」という考えの持ち主だったのだが、最近どうもこれがぐらついている。(「女は可能であればすべからく出産・子育てすべし」、と言う考えはまだ捨てていないのだが、個人の考えなのでお許しを)
だって、一人暮らしの方がはるかに豊かで自由に感じるもの・・・・。若いうちならともかく、30代でしっかり自立して一人暮らしを成立させちゃった人は、結婚するの難しいだろうなぁ・・・。
まあこんなことを言えるのも、夫の経済力を地盤にしている奥さんだから言えること、それはまったく正しいんですけどね・・・。

家族のあり方がとんでもない曲がり角に来ている現在、一人暮らしの清澄な時間を楽しみつつ、いろんなことにトライしたり考えたりして生きたいと思っています。

そうそう、昨晩集まった友人たちも「ひとりぼっちで寂しそう」などという感想を言う人は一人もなく、「うらやましい!」の声も。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:きのこ
読者になる
最新コメント
nemo
» ホームドラマ復活??2017年1月期ドラマ序盤戦 (2017年02月03日)
きのこ
» 2016年連続ドラマmyベストテン発表! (2017年01月31日)
nemo
» 2016年連続ドラマmyベストテン発表! (2017年01月24日)
nemo
» なぜ石田治部少輔はこんなにも嫌われるのか (2016年09月15日)
きのこ
» 2016年夏ドラマひと月め (2016年08月06日)
nemo
» 2016年夏ドラマひと月め (2016年08月04日)
きのこ
» 陛下の思いが実りますように (2016年07月24日)
レーズンパン
» 陛下の思いが実りますように (2016年07月22日)
2016年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
P R
旧館
としずきん妄想:「新選組!」再鑑賞日記
月別アーカイブ
ブログポリシー
コメント・リンク・トラックバック大歓迎です。過去記事へのコメントにも喜んで飛んでいきます。スパムに関しては予告なく削除させていただくことがありますのでご了解ください。
お友だちのお店です
サンウィッチハウス チーズアンドオリーブ