2014年連続ドラマメゾン・ド・キノコ’sベストテン

December 31 [Wed], 2014, 8:23
ブログのテーマにしても、日々の「基本的な生活習慣」にしても、どうも続けられないキノコです。
一年が終わってしまう今頃は、なおさらその気分が強くなる…情けない。

これだけはどうやら毎年やっているので、今年も書きましょう。

2014年連続ドラマメゾン・ド・キノコ’sベストテン

ひところほど多くのドラマを見てないきのこですが、今年も満足感の高いドラマはいくつもありました。「これはイマイチ・・・」と思うと早めに見なくなってしまうので、いつもにぎわっていたワーストドラマ部門が書けないかも・・・。

以下、毎年書いてますが・・・。
基本的に、あくまで自分が見たドラマの中のベストテン。視聴率も専門的評価も関係なしで自分が「面白かった!」「毎週待ち遠しかった!」「ついつい夢中で見てしまった・・・」という観点のみです。
また自己ルールとして、見た回数が全体の半分に達しなかったドラマに関しては、ランキングに入れません。(「あのすばらしいドラマがなぜ入っていないの?」という疑問の答えはだいたいこれかと思います)

第10位『ごめんね青春!』(TBS)
日曜劇場最低の視聴率を記録してクドカンが落ち込んだという逸話のあるドラマ。
面白かったです。でも、視聴率につながらなかったのも十分わかります。
一声かければ出てくれそうなクドカンファミリーをほとんど使わず、無名の高校生役を多数出したのですから。
主演の錦戸君がハマっていて一番よかった。満島ひかりは声や演技の質があってなかった。生瀬さんの校長兼ラジオDJが素敵。

第9位『闇金ウシジマくんseason2』(TBS)
なんだかテレ東だと思っていたらTBSだったのね。
続編やシリーズものに点が辛くなるきのこですが、これを入れたのにはいろいろわけが。
Season2では、フリーター君の宇津井役の永野宗典、G10(ゴト)役の藤本涼らが好演(怪演)。これにピンときて、映画も見て、なおかつついに原作に手を出したら衝撃を受けてどっぷりハマった。ここ10年くらいで一番心に残る漫画になった。だけどドラマも好き。
原作の感想はこちら。http://yaplog.jp/kinoko2006kun/archive/1333

第8位第『花咲舞が黙ってない』(日テレ)
明るくて見やすくて面白かった!さすがは池井戸潤。
杏と上川隆也、コメディすごく行ける。シリーズ化希望。

第7位『家族狩り』(TBS)
第6位『ペテロの葬列』(TBS)
どちらもTBSお得意の小説原作ミステリー(宮部みゆき、天童荒太)。
ペテロは長塚京三の第一回に惚れすぎ。話も秀逸。家族狩りは重い話をよくぞドラマ化したと。松雪泰子と伊藤淳史も好演。

以下、五位以下の発表。
また、単発ドラマ、ワーストドラマ、期待外れドラマについてもちょっとずつ書いてます。
大晦日。用事を済ませてからお読みくださいませ・・・。
第5位『MOZUseason1〜百舌が叫ぶ夜〜』(WOWOW)
第一回の映画並みの衝撃は、いまだに忘れられない。西島さん、真木よう子、池松壮亮、みんな良かった。Season2は、長谷川さんの暴走が楽しかったものの、1よりはだいぶ落ちる。

第4位『グーグーだって猫である』(WOWOW)
一度も話題にできませんでしたが、WOWOWの四回連続ドラマ。
WOWOWの社会派ドラマは重くて少し敬遠しがちになってましたが、これは全く違う。大島弓子の同名エッセイ漫画を、犬童一心監督、宮沢りえ主演でオリジナルドラマ化。
不思議な空気感。都会で漫画を描きながら、一人で生きる女性の寂しさと幸福が非常に静かに丁寧に描かれていて、「人生の味わい」みたいなのがジンワリ来ます。特に素晴らしかったのは、第二回の幻想的な公園のシーン。
映像作品解禁した、宮沢りえはいい。『紙の月』もいいけれど、もっといいのはこのドラマ!と強く推したい。ホームレス老人役の田中泯もさすが。ありがちな哀愁や哀れっぽさに走らず、それでいてみていてたまらなくなる。二人のやり取りを是非。
以前に同じ犬童一心監督で、キョンキョン主演で映画化されてます。今度観てみよう。

第3位『リバース・エッジ〜大川端探偵社〜』(テレ東)
テレビ東京深夜のドラマ24。このクール、『MOZU』『ロング・グッドバイ』など、ハードボイルド系良作が多かったのだが、意外にも(失礼)地味で登場人物の少ないこのドラマが一番ハードボイルドしてたんじゃないだろうか。
何といっても、オダギリさんの魅力をこれだけ引き出してくれて感謝感激。
所長の石橋蓮司、バイト事務員のメグミちゃんも良かった。川端を吹き過ぎる風の雰囲気、良かった。
ドラマの雰囲気づくりに貢献してた、オダギリさんの好きなEGO-WRAPPIN'のCD、買っちゃいました。

第2位『アオイホノオ』
(テレ東)
テレ東深夜ドラマ、絶好調。特にこの作品は、何度見てもスルメのように面白い。柳楽優弥がピッタリで適役だったけれど、私はヤスケンの庵野秀明にハマりすぎて・・・思い出すだけで笑ってしまう。MADホーリィのサトジロも。
作品を作り手が愛して作っている。ドラマの中やエンディングに著名人(岡田斗司夫、原作者島本和彦、ウルフルズ等等)が多数登場。最終回の気持ち悪い山田孝之も面白かった。
なかなかゆっくりは漁れないが、ネットで事情通の感想を読むのも面白い。

第1位『信長協奏曲』(フジ)
悩みました。世間的にも賛否両論、自分でもずいぶん褒めたしずいぶん批判もした『信コン』を一位にするのは、あまり「ない」かなと。『アオイホノオ』を1位にしといた方が・・・とか。
けれどあれだけ「毎週楽しみにし」「急いで帰ってリアルタイムで視聴し、その後平均二回録画も観てしまった」という事実を素直に認めると、今年はコレで行かせて下さい。
好きな点、心配な点、原作を読むと不満になる点、その他もろもろ、これまで書いてきましたので宜しければ・・・。

ベストテンなのに、視聴率の高いモノがなにも入ってない・・・?

いえいえ、『ドクターX』は毎週観てるし、『相棒』も『HERO』も半分近くは観てるんですが、新しいチャレンジを評価したいので・・・。

【11以下のドラマ、ワーストドラマなどなど】

以下、11位以下もちょっと書いてみます。

第11位『Nのために』(TBS)
湊かなえ原作連ドラでは、一番面白く見られた。特に野ばら荘の3人の青春時代が良かった。結末はなんだかスッキリしなかったけど。
第12位『BORDER警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』(テレ朝)
小栗君の高評価は嬉しかったけれど、話自体にあまり乗れなかったので・・・最終回は確かにすごかった。
第13位『ドクターX』(テレ朝)
マンネリではあるんだけど面白いので・・・。
第14位『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS)
あの登場人物の数にとっつきにくかったけど、さすが池井戸作品でした。今回も手塚とおるに1枚。
第15位『おやじの背中』(TBS)
オムニバス連ドラとして、成功したと思う。またぜひこういう企画をやってほしい。
第16位『地獄先生ぬ〜べ〜』(日テレ)
丸山君は、どうしても応援したくなるジャニーズ。チープなドラマの中でもぬ~べ~になりきってた。『ごめんね』錦戸君とともに、今年は関ジャニが楽しくてかわいくて赤丸急上昇中。主題歌もどちらもいい!
第17位『軍師官兵衛』(NHK)
一度リタイアした私を引き戻す力があった。『天地人』『江』よりはずっといい。
三谷『真田丸』のハードル上がっちゃったじゃないの・・・。
第18位『昼顔』
昼ドラを路線を堂々ゴールデンにパワーアップさせてヒット。古臭い話だとは思いつつ面白い。上戸、吉瀬、斎藤工、北村一輝、のエロっぷりに、ついつい目が行く。鈴木浩介はドラマを面白くするなあ。
第19位『ロング・グッドバイ』(NHK)
綾野剛と浅野忠信のエロティシズムに参りました(特に第1回)。チャンドラー原作を渡辺あやが脚本化。隅々まで凝った本格ハードボイルドが少し鼻につき、ハードボイルド対決は『大川端探偵社』の勝ち、とさせて頂きました。
第20位『明日、ママがいない』(日テレ)
あざとすぎる話題づくりのせいで炎上先行の尻切れトンボに終わってしまったが、ちゃんと当初の目論見通りの作品を見たかった。興味のあるテーマだったのでもったいない。芦田愛菜の貫禄に惚れ惚れ。アネゴ!

○観れば面白かったけれど、視聴話数不足で載せられなかったのは、
『HERO』(フジ)『相棒13』(テレ朝)『素敵な選TAXI』(フジ)『すべてはFになる』(フジ)『聖女』(NHK)。

○ワーストは、
1位『失恋ショコラティエ』(フジ)
2位『若者たち2014』(フジ)
3位『S〜最後の警官〜』(TBS)
理由は以前書いたと思うのでパス。

○ワーストまではいかないんだけれど、期待はずれだったもの。
『続・最後から二番目の恋』(あの面白さが影を潜めた。フジ)
『新解釈日本史』(←福田+ムロだけどすべった。TBS)
『水球ヤンキース』(←男子レベルは非常に高かったのに『ウォーターボーイズ』再び、とはいかなかった。フジ)
『極悪がんぼ』(←面白くないはずはないと思ったんだけど・・・。フジ。)
『ファーストクラス』(評判を聞いて最初面白く見始めたんだけど、あまりのくだらなさに脱落した。フジ)

フジが多く、TBSがそれに続いてますが、フジの失敗を恐れぬチャレンジは面白くなってきたと思う。またワーストに入るというのはそれだけ観てる、ということでもあるのでいい方に取ってください。

【単発ベスト5】

ついでに、単発ドラマベストも。カウントダウンに戻ります。

5位『ほんとにあった怖い話15周年スペシャル』(フジ)
久々に面白くて楽しめた「ほん怖」。

4位『世にも奇妙な物語2014年秋の特別篇』(フジ)
久々に5本全部面白かった世にキミョ。「ファモナ」は特に。

3位『パンドラ〜永遠の命〜』(WOWOW)
堺さん主演の単発「パンドラ」耕史君が出ないのは残念だったけど、やはりレベルが高いので。

2位『相棒元日スペシャル・ボマー』(テレ朝)
相棒元旦スペシャルは毎年楽しみ。紅白に次ぐ定番。これは特に面白かった。カイト君と少年の逃亡劇にハラハラした。明日夜年はどうかな?

1位『影武者 徳川家康』(テレ東)
こんなに面白い正月長時間時代劇はちょっとなかった!!影武者+ホンモノ西田敏行と憎まれ者秀忠を演じきった山本耕史のおかげ!!

次点『このミステリーがすごい!(オムニバス)』『リーガル・ハイスペシャル』
『お家さん』『250億騙し取った男達』というところかな・・・。

◆◆◆

全体的に各局について語ります・・・。

○一度どん底まで落ちたフジテレビの、もがきにもがく試行錯誤の数々は、良くも悪くも注目できる。
○TBSは正統なドラマ作りに回帰しようとし、オムニバスやwowowとのコラボなど、同局らしい企画もある。
○テレ朝の一人勝ち、と言われる。確かに、高年齢者向きのキラーシリーズドラマを確保するのが上手い。かつて時代劇や刑事モノに力を入れていた同局らしい。私の興味にはあまり引っかからないが、路線は間違っていないと思う。
○日テレは・・・ドラマはあまり力を入れてないですね。他が好調だから、いいのかしら。
○テレ東ドラマにハズレが少ない??特に深夜は、作り手が楽しんで作っているから観る方も楽しめるいい循環。
○wowowも、『MOZU』や『グーグー』など、民放じゃ絶対作れないドラマ、今後も期待してます。
○忘れてた。NHK。朝ドラ好調が続き、大河ブランドも踏ん張ってる。しかしプライムタイムの他のドラマが、妙に女性向けを狙ってうまくいかなかったり、優等生的だったり、あまりピンと来なかった。新しい試みが欲しい。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

ツキコさん、こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。

退職されたとのこと、身体を悪くされたとかではないですよね?自由意志?会社都合?わからないけれど、いろんな思いがあったんでしょうねえ・・・。。

私は、おととしの暮れに9年正職員で勤めた事務所を退職しまして、今は最低賃金パートで週四日だけ働いてます。このままこの事務所にいたら、多忙と激務であっという間に65になってしまう・・・と思ったから・・・。
子供も大きくなったし、夫婦で過ごさねばならない(?)今後の人生を考えないといけない感じですよね。つくづく子供に頼ってた部分が大きかったなあと思います。

>「信長協奏曲」と「ごめんね青春」は楽しんでみてました
どちらも好きなドラマでしたが信長〜の映画はどうかな

私は応援していますが、あの脚本は心配ですね・・・。連ドラ第二部をやればいいのに・・・と思ってます。
ルパンの続編は、「ある」となんとなく信じてます。

『リバース・エッジ〜大川端探偵社』観てたんですね!嬉しいなあ。オダギリさんは最高にアーティスティックに美しい。他の役者さんとは明らかに何かが違います。

nemoさん激賞の『なぞの転校生』リメイクだと思って観なかったら、すごく良かったみたいで・・・いつかちゃんと見たいです。

『昼顔』は、ああいうのはあまり見ないんですが、斎藤君と北村さん(!)がエロ過ぎたし、心理描写が非常に説得力があり、面白く見ました。ストーリーはちょっと古いような気がしましたが・・・。

「上戸彩の独り言」雰囲気ありましたね。

>男優はなんといっても長谷川博己さまです
>‘MOZUのチャオ〜♪がとても心に残りました

おお!!私も好きです。
いまだに何をしでかすかわからない俳優さんであります。

「ウルボロス」一番楽しみです!中村蒼くんゲストで出演なんですね。
小栗君と斗真君のバディ、嬉しいなあ!!

by きのこ January 11 [Sun], 2015, 8:08

きのこさん☆
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます
実は、昨年の12月に長年勤めていた
会社を退職しました
そんなことがあったためかドラマに対する
熱や思いが一時的に削がれてしまって、、、。
年が明けてやっと落ち着いてきたところです

ドラマに関しても昨年末は
じっくり見るとこができなかったんですが
「信長協奏曲」と「ごめんね青春」は楽しんでみてました
どちらも好きなドラマでしたが信長〜の映画はどうかな
ルパンの続編が見たいと思っていたので(笑)
1年をとおして好きだった作品は3つ
リバース・エッジ〜大川端探偵社
(オダギリさんのはまり役で続編を期待したいですね)
なぞの転校生、(中村蒼主演作品ですが
岩井俊二がどんな話にしてくれるかが見どころでした
彼の映画作品‘ラブレターがとっても好きだったので
幻想的でありながら青春のはかなさが良く出ている作品でした)
ごめんね青春、(クドカンがよくやる出演者たちの回想が
面白くて嵌りました
クドカンの低視聴率ドラマが痛く好きです(笑))
私は学園ものに弱いですね
でも、リピ回数が多かったのは‘昼顔かな
あの、上戸彩の独り言が好きでした
夫との改善できない関係にイライラして諦めながら
離婚には踏み出せないくせに不倫には
踏み出していける不可解さがなんとも可笑しくて
良く見ておりました
また今年、一等輝いていた女優は上戸彩でした
このドラマで彼女の良さに目覚めました
携帯電話のアドレスに姑を「シュトメ」とカタカナで
登録しているのもどうでもいい相手と解釈できて
芸の細かさに感心してました
男優はなんといっても長谷川博己さまです
‘MOZUのチャオ〜♪がとても心に残りました

今年も面白いドラマに出会いたいですね
「ウルボロスこの愛こそ正義」は1月16日からです
なんと、第1回目ゲストで中村蒼くんも出演します
楽しみです〜



by ツキコ January 08 [Thu], 2015, 8:40

nemoさん、コメントありがとうございます!
記事もコメントも大変遅くなりすみません。

相変わらずご多忙と拝察いたしますが、少しお気持ちの方は落ち着かれたことでしょうか。
キリスト教は喪中というモノがないんですね。喪に服している、という時期とあっても、正月を祝う、ということがそもそもないのかな。(失礼なことをすみません)

やっぱりnemoさんの今年は、『なぞの転校生』かな・・・と思ってました。再放送があれば観たいんですが、あの枠はあまりないですね。
「あの枠に年間大賞」は、大賛成です!

一昨年の、半沢直樹とあまちゃんと八重で湧いた頃と違い今年は特徴的なものはなかったですが、それなりにいろいろ楽しめました。

単発ドラマはあまり見ないのですが、意外に同じものを見ていたのが面白いです。相棒今年版は・・・かなり眠かったです。兄弟甥姪で見たのに一人一人睡魔に倒れていきました。(自分も)

>窪田君関連で、ST赤白・・も観たのでした。(窪田君は無駄遣いでしたが、藤原君と岡田君のバディは久々のヒットだった気がしました。変人やらせたら、天下一品。
STは第一回で脱落したんですが、その後意外に好評でよかったです。

かつての総司、藤原君は変人要員になってしまいましたね・・・。それもことごとくヒット作につながっているというからすごい。ゲームもの「カイジ」「インシテミル」の主人公ばかりやらされてた時代より良いと思う。

>映画のモンスターズも観て、映画としてはどういうこともなかったけれど、藤原君と山田君の対決は楽しめて・・

『モンスターズ』もですが、『藁の楯』の藤原君はクズ度がもっと凄いです。あそこまで行くと感心。『るろ剣』は顔が見えないけれど、彼の存在大きかったです。

映画のベストテンも書きますので、またお目通しください!

>芝居もドラマも映画もできればいっぱいみられる年になればいいなあ・・

私は、ドラマを減らして、もっと本を読む時間を作りたいと思ってます。読書スピードも落ちてきたし・・・。

今年もよろしくお願いします。
回復したら、私がアワアワになるくらい、また熱いコメントもお待ちしております。
まあ、こちらのアップも間遠ですが、ボチボチやっていきます。

by きのこ January 08 [Thu], 2015, 7:34

rukaさん、あけましておめでとうございます。
大変遅れましてすみません。
記事もコメントもアップの遅い当ブログにいつもお付き合いいただきありがとうございます。
今年は、どんな出来事が待ってるかな・・・?
新しい出会い、おめでたいことがあったら教えてください!

by きのこ January 08 [Thu], 2015, 7:04

きのこさま で、私のベストはというのを書き忘れていました。
実は2014年 遅れずにほぼリアルタイム、遅れても1日程度で見たものは一本しかなくて。。
というわけで、頑張って観ようと思わせてくれただけで十分だったのは
「なぞの転校生」でした。
やはりTVじゃなきゃ見られない30分ドラマっていうものの可能性を信じさせてくれたのが大きいです。
姫を演じていた杉咲花も今が少女の旬ぎりぎりで。残酷なほど美しいし。。
ぎりぎりの淵にいる少年少女フェチなもんで(笑)
あとは似たり寄ったりで・・でもテレ東のこの枠は年間ベスト賞を上げたいです。

by nemo January 04 [Sun], 2015, 1:21

 あけましたね 本年もよろしくお願いいたします。
(一般的には喪中なので、おめでとうは無しで。※実家はキリスト教なので 喪中というものはないのです)
年末に娘がインフルエンザにかかり、家族で感染予防に自主隔離していました。
家族が罹患しても、出勤停止の職業ばかりの家族なので。(笑)

というわけで、たまっている本だの、テレビだの映画だの、頑張ってみていますが、とても追いつきません。
ベストテンは 8位 5位 3位 20位までは 12位しか見ていない それでも、遅れて必死で。。くらいで。ほんとにテレビ見なかった年だったなあ・・としみじみしています。単発ドラマは 1位 2位 3位 何とか見ていて。相棒今年版もさっき遅れてみました。3位もさっき見た・・(笑)
リーガルハイSP お家さん もみました。そう意識したわけではないけれど、小栗,堺主演のものを多く見たんだ。。とびっくり。
窪田君関連で、ST赤白・・も観たのでした。(窪田君は無駄遣いでしたが、藤原君と岡田君のバディは久々のヒットだった気がしました。変人やらせたら、天下一品。映画のモンスターズも観て、映画としてはどういうこともなかったけれど、藤原君と山田君の対決は楽しめて・・なんだか、役者を楽しめたけれど、これと言って観てよかったと思う映画にも当たっていません。(見た本数がとても少ないせいだと思います)
マレフィセントもこれから・・
2月には、なんとか「プルートゥ」のチケットとれたけれど、見に行けるか・・・・
芝居もドラマも映画もできればいっぱいみられる年になればいいなあ・・
今年も記事を楽しく読ませていただきます。どうぞよろしく。絡むこともいっぱいできればいいけれど、どうかな・・・出来たら、遊んでやってください。なんだか、きのこさんの記事とみなさんのコメント読んでると満足してしまったり(笑)

by nemo January 03 [Sat], 2015, 17:40

記事とは関係ないですが
新年のご挨拶をさせください
きのこさん
新年あけましておめでとうございます‼️
今年もどうぞよろしくお願いします

by ruka339 January 01 [Thu], 2015, 14:43
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:きのこ
読者になる
最新コメント
nemo
» ホームドラマ復活??2017年1月期ドラマ序盤戦 (2017年02月03日)
きのこ
» 2016年連続ドラマmyベストテン発表! (2017年01月31日)
nemo
» 2016年連続ドラマmyベストテン発表! (2017年01月24日)
nemo
» なぜ石田治部少輔はこんなにも嫌われるのか (2016年09月15日)
きのこ
» 2016年夏ドラマひと月め (2016年08月06日)
nemo
» 2016年夏ドラマひと月め (2016年08月04日)
きのこ
» 陛下の思いが実りますように (2016年07月24日)
レーズンパン
» 陛下の思いが実りますように (2016年07月22日)
2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
P R
旧館
としずきん妄想:「新選組!」再鑑賞日記
月別アーカイブ
ブログポリシー
コメント・リンク・トラックバック大歓迎です。過去記事へのコメントにも喜んで飛んでいきます。スパムに関しては予告なく削除させていただくことがありますのでご了解ください。
お友だちのお店です
サンウィッチハウス チーズアンドオリーブ