犬たちとの邂逅 『南極大陸』最終回

December 21 [Wed], 2011, 6:07
『南極大陸』最終回

なんだかんだと前半は不評と視聴率低下を取り沙汰された『南極大陸』。
しかし、ここ3回は類例のない「犬たちの群像劇」ドラマとして、非常に見ごたえのあるドラマになりました。
そして、最終回はまた非常に感動的にして、美しく印象的な映像が続きました。見続けてよかった。

視聴率も、初回に次ぐ22%を記録。良かった!ホッとしました。

このドラマにかかったのは、巨額の金だけじゃないもんね。この奇跡的なスタッフワークが報われなかったらあんまりだもの。評判も終盤ずいぶん上がったことでしょう。

木村さんも、最終回非常に良かったと思います!!「キムタクの底力」みたいなものを感じました。
脚本演出には「ため」も「泣かせ」もあったけれど、演技にわざとらしさやうそ臭さなどなかった。
レーサーとかパイロットとかホッケー選手とか社長とか政治家とか、時代劇やSFに至るまでいろんな役をやってきたキムタクですが、これまでで今回の役が一番良かったかもしれない。(『華麗』の万俵鉄平さんとどっちか)

ええ、もちろんもともとイイ男ではありますが、役に乗せるとなんだか上滑りする感じが常について回っていたので・・・・。
『南極大陸』でも特に前半は、暑苦しい仲間意識や素のまんまのしゃべりかたが例によって鼻についた。
時代考証の方は、たとえば「てか(というか)」とか「全然大丈夫っす」とか「その時代の人間はまず使わないセリフ」は整理してほしいです。むしろその時代の流行語を入れればいい。

【犬たちの運命】

最終回冒頭の犬たち。これまでいつも空と雪原の間を元気に駆けていた犬たちが・・・リキ、タロ、ジロ、三匹とも走っていない。疲れきったように舌を出して歩いている。

政治家となった氷室は父に語る。
「もし生きていたら奇跡でしょうが、倉持は本気でそれを信じています。僕も同じです」

第三次越冬隊にも船の試練。
宗谷は大揺れ。経験者っぽくみんなを助ける倉持。新顔の佐藤隆太もいるんだね。(ROOKIESつながりが多い?)
揺れが収まり、南極圏に入り、白夜に大喜びする第三次隊。メンタリティは変わんないな。

接岸までは時間がかかる。
昭和基地が崩壊している可能性もある。
白崎の計らいで、倉持が、先発で確かめにヘリで行くことになる。
しかしなかなか飛ばせる状態にならない。

リキが氷の上に倒れる。
寄り添って悲しげに泣くタロジロ。
タロジロの目が赤い。
リキの目も濁っている。

いつしかタロジロと離れ離れになってしまうリキ。
一人ぼっちで歩く。
何かを思い出すかのよう。
風雪が容赦なくリキに吹き付ける。
倉持さん、早く来て・・・。

最終回のリキの演技がすごい。どうやって撮ったのかもう全然わからない。
これまでも凛々しかったリキだが、最終回ではもう老名優のような表情すらしている。

タロとジロは並んで沖を見る。この二匹はずっと昔から離れないと決めているかのよう。常に1メートルと離れず、いつも寄り添っている。リキについていてやれなかったのは・・・仕方がない。

沈痛な白崎さんの表情。回想の中でも、リキとたくさんの犬たちが走る。青い空。白い大地。活発に走る犬たち。
口に出すことは少なくても、犬たちに対する思いは深い。

また夜。とぼとぼとリキは歩く。
基地?
リキが目を大きく見開いて基地を見て、そして倒れる。
(リキの「まばたき」が先週からすごく説得力があるなぁ。
そして流れ続ける涙。犬ってこんな風に涙を流すの?それとも目だれ?)

雪に埋もれて、すぐそこの基地を見て、思い出す。
たくさんの仲間犬たちと、明るく暮らした日々。そりを引いて走った日々。
今は誰もいない。静かにそびえる基地。
どうして、どうして・・・・もうリキの気持ちになって孤独に押しつぶされそう。

最終回の白崎さん(柴田恭兵)もとてもよかった。
いつも静かで、気合を入れたときでも「成功させましょう」と丁寧な言い方を崩さない。しかし今回は南極を目の前にして、目を大きく見開き、、噛み締めた歯を剥いたような迫力の表情すら見せる。
白崎さんの苦しい決断と、そこへの後悔が綯い交ぜになっている。ただ自己憐憫にはけして陥らない。倉持よりはるかに大人で、孤独なリーダーとしての立場を貫いている。
この人なら戦時中でもいい上官だったろう。
日本で星野さんが「判断の引き出しをぎょうさんもってますから」という言葉に応えるように、白崎が前向きの判断をする。倉持をヘリで先遣させることにする。
(このドラマでは、関西弁のニコニコ星野さんより白崎さんがずっとステキでした)

【犬たちとの邂逅】

ついに倉持がヘリに乗り込む。
基地は、リキは?

かつて見慣れた美しい南極の風景。美しいけれど、人を寄せ付けない風景。
昭和基地は・・・・あった。白一色の中に、赤くてオモチャのような基地。
基地の日章旗は半分以上千切れている。

倉持、別れたときの犬たちを思い出す。不安に泣いていた犬たち。首輪を締めなおしたときの記憶。
誰もいない。動くものは何もない。リキも・・・・。

倉持が手で雪を掻く。
「アンコ」の名札。さらに雪を掘ると首輪のみが出てくる。。
「ペス」の名札。
雪を手で掘っていく。氷の下にペスの死骸。ゴロの死骸。
「おまえたち、ずっとここで・・・」
ポチの死骸。紋別のクマの死骸。
ジャック。首輪が外れている。
アカ、クロの死骸。モクも。
7匹は鎖から抜けられずに基地で死んでいった。

デリー。外れている。
風連のクマ。鎖が切れている。
リキの名札。祈るように手繰る。首輪だけ。
タロの首輪は噛み切られている。ジロの首輪も。
倉持に希望。「生きててくれ」

死骸が見つかると、死に至るまでの犬の苦痛を思って悲しみに打ちひしがれる。
逆に外れた首輪が見つかると、倉持はハッと打たれたような表情になる。複雑な、でもこれしかないような表情。最終回のキムタクはいいなぁ・・・。

思いついて、基地の中に行ってみる。犬たちの名を呼ぶ。誰もいない。
ダウンジャケットに、犬の毛がこびりついている。匂いを嗅いでいたのだろう。倉持も犬たちを抱きしめるようにそれを抱きしめ、また外に出る。

倉持の動きが止まる。
少しはなれたところに茶色い耳。リキ・・・?
「リキ〜〜!!」と叫びながらめちゃくちゃに駆け寄る倉持。(このキムタクの一心不乱な顔と首筋が素晴らしい)
目をつぶり、黒ずんで小さくなって倒れているリキ。
目を開いてくれ。「まだおまえの体あったかいじゃないか」。
リキの運命はわかっていたけど、死に際に間に合うんじゃないかとも思っていた。「あったかい」ということがわずかに救い?

これで基地のそばに8頭。
タロ、ジロ、風連のクマ、ジャック、シロ、デリー、アンコが行方がわからない。
ようやく宗谷に連絡を取る倉持。
一人ぼっちの基地の夜、夢でタロジロの足音が聞えたような気がする。

倉持は一人で犬たちの死骸を掘り起こし(大変な作業)、並べて覆いをかけ、首輪をのせてやる。
倉持がリキの顔を見ると、急に顔が明るくなる。南極の朝日があたったのだ。倉持の顔にも朝日が当たる。

振り向くと、大きな太陽が白い大地から上るところ。
太陽の中に、小さな黒い犬のシルエットが映る。
倉持が目をこする。
「クマ?」うん、まさに「風連のクマ」のシルエット。
そのシルエットが、横を向き、二つに分かれる。

(このあたりの演出うますぎ!!!)

「タロ、ジロ?」
倉持を見つけ、タロ、ジロが猛然と走ってくる。元気な足取り。
しかし、一定の距離以上はちかづかない。警戒しているようにも見える。
ごめんな。迎えに来たんだよ。
タロジロはピタリと寄り添って、倉持を見つめる。
倉持、手袋を取って、二匹に投げる。
二匹、むさぼるように匂いを嗅ぐ。初めて会ったとき、倉持に噛み付いた時の思い出が甦る。
尻尾を振って、ようやく倉持のところへ。

タロジロ、ものすごく愛しいよ〜〜!!どっちかというとこれまで、演技しない方の二匹(いや、他の犬たちも別に演技しているつもりはないんだろうけれどさ・・)。あまり前に出ず、いつも二匹ぴたり寄り添って、小さな目でなにかためらっているような雰囲気を見せ、かすかに尻尾を振ることで感情を表す感じ。それゆえにか、最終回は視聴者の多大な感情移入衝動を全部受け止めてくれました。
このドラマ、どうして犬たちの演技の質の違いまで表現させられるのか、本当にわからない。

タロジロは、かつての仲間たちのところへ行く。リキに顔を近づけ、悲しそうにする。
二匹は南極で起こった事件を語れない。「風連のクマは一緒じゃなかったのか」という言葉に、視聴者は二匹に代わって語りたくなる。
犬たちだけになってからのドラマは、想像の部分が多いのだろう。しかしもっとすごいことがあったかもしれない。精一杯の想像をめぐらせて、彼らの辛苦の物語を描くことは、十分ありだと思う。

ずっと流れっぱなしの倉持の涙、とても良かった。カッコよさとは無縁の真剣そのものの表情も。このドラマ、感動的な場面にやたらと時間をかけるんだけれど、それがちゃんと持たせているのは彼の力。
キムタク、こんなにいい俳優だったんだ・・・・土の匂いのする、いい男だと思いました。

色黒も雪焼けっぽくていいし、スポーツマンっぽさも合っている。直情的で心熱い男、というのもいい。また動物との相性は抜群じゃないでしょうか。
もう都会のオフィスなんかのドラマに出なくていいよ。
今後は地方の工場の跡継ぎ。遭難救助。犬の訓練士。いっそ猟師役。昭和の土臭い男を演じて欲しい。

【後日談部分】

日本では二匹が見つかったニュースが、号外になって流される。
氷室さんに「くらもち〜〜〜!」と叫ばせた脚本だけはちょっと・・・・。
氷室さんがずっと一番ステキだったんだけど、最後は主役を立てまくって終わる、堺さんならではの一発?
倉持との昔の因縁話はちゃんと描かれた気がしないんだけど・・・まあ、いらないか。

「生きてゆく」というメッセージがずっとつながっていく。それは現代まで続く。犬塚は大学教授になり、鮫島の工場は大きくなり、海上保安庁の風景も変わる。スカイツリーの映像まで出る。
こういう終わり方は、あまり好きではないんだけれど・・・。
犬たちを見殺しにした人間の身勝手さを告発する方法だってあったと思うけれど、いや、これでいいのかもしれないな・・・。

あまりパッとしなかった越冬隊の仲間たちが、ワンショットずつとてもイキイキと描かれていたので良かった。志賀廣太郎の診察風景とか、川村陽介とか、岡田義徳とか、いい表情でした。

犬たちばかりに目が行っていたけれど、役者さんたちも良かった。また数々の困難な撮影を乗り越えてきたことでしょう・・・(いまさらながら)

◆◆◆◆◆

北海道ロケが中心だったと言うけれど、南極ロケ決行したかと思われるほど風景のマッチングが素晴らしかった。最終回はドラマはもちろんだけど、風景そのものに涙が出るほどでした。

そして、やっぱり犬たちだなぁ・・・・。彼らゆえに「一生忘れられないドラマ」になってしまった。
中盤まで脚本が幼稚だとか言ってシラっと見ていたのに、終盤は何度も再生して犬たちの姿ばかり追ってました。
犬たち中心のメイキング番組が見たいなあ。

あ、19日に公式ムックが発売されてた!!
全シナリオまではいらないけれど、犬たちの写真とメイキングがたっぷり載ってたら嬉しいなあ・・・。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

ツナさんへ。ちょっと遅れてごめんなさい。

私の言い足りなかった部分もすべて救い上げてくださって感謝です!

>氷室倉持カップルは絶対ブームになってるはずです!!

そうですよね。キムタクドラマの例に漏れず世間が叩き先行になってしまうのが悔しいですが、遅れてブームになってくれないかと思うくらいです。

>ボツヌーテンの頂上で倉持に抱きつかれ、有り得ないくらいに「なにするんだ!!!」と振りほどく氷室さん…(きっと心臓飛び出るくらい嬉しかった事でしょう!)

ここ、思わず赤面しちゃいましたねっ!

>倉持は氷室の熱い思いに全く気付かず無邪気に接するから、余計に氷室さんの心を掻き乱す…

時々、鈍感に見えて実はわかってる感じもするあたり、視聴者のくすぐり方が意外とうまいです。

>実は倉持、氷室さんの気持ちに気付いてる??」
とかね〜。

>何かと倉持に「氷室さんが一番心配してたんですよ!」とか「あの人は本当に不器用な人」とかフォロー入れてましたもんね!

なるほど!
ツナさんは『新選組!』観てましたか?耕史くんと香取君の愛の物語として見返すと、(それに堺さんや藤原君たちが絡んできます)人生踏みはずくらいはまりますよね。

by きのこ December 28 [Wed], 2011, 22:34

>きのこさん

こんばんは

氷室倉持カップルは絶対ブームになってるはずです!!
私の中では今年の全ドラマの中での最高カップルです
倉持のあの少年ぽくあどけなさをのこしたハニカミ笑顔を、眉間にシワを寄せながらも熱く見つめる氷室さん…(その笑顔もう一度俺に向けてくれ!と言わんばかりに!!)
ボツヌーテンの頂上で倉持に抱きつかれ、有り得ないくらいに「なにするんだ!!!」と振りほどく氷室さん…(きっと心臓飛び出るくらい嬉しかった事でしょう!)
倉持は氷室の熱い思いに全く気付かず無邪気に接するから、余計に氷室さんの心を掻き乱す…
階段でのシーンの最後、倉持が氷室さんに向かって「ありがとう」と言うシーンでは、「ん?実は倉持、氷室さんの気持ちに気付いてる??」と思いました(思いましたっていうか全部妄想なんですけどね!)
きっと星野さんと緒形直人さん(役名ど忘れです)も、氷室さんの気持ちに気付いてたはず!!
だって何かと倉持に「氷室さんが一番心配してたんですよ!」とか「あの人は本当に不器用な人」とかフォロー入れてましたもんね!
犬達の高い演技力と南極にしか見えない素晴らしい映像、そして氷室さんの切ないまでの片思い…
何重にも楽しめるドラマでした

あっ昨日のさんま&SMAPのクリスマス特番、山本耕史さん出られてましたね
香取さんを大嫌いな芸能人として出られてましたが、逆に熱い愛を感じました仲良しなんですね

by ツナ December 26 [Mon], 2011, 22:41

ツナさんへ。
『南極大陸』最後のほうは良かったですね!
ミタさんには超ダブルスコアで負けたものの、雄大なスケールの企画を実現させたドラマ。映像の美しさと犬だけのドラマの素晴らしさは、観なかった人がもったいない!

>そこで倉持氷室カップルの記述を見てしまったからか、頭の中では敵対する二人のラブストーリーの妄想で一杯に…

そ・そうでしたか。でもまさに、そうでしたね!

>倉持を見つめる氷室さんの視線の熱さ
貫かれてましたね。ツンデレのお手本のような氷室さん。
木村さんと私生活でも仲良しだといいなぁ・・・。

>せっかく好きな気持ちを忘れようとしたのに…という心の中セリフが聞こえてました(すみません完全に私の妄想です)

わかりますわかります!わかり過ぎてもう・・・!
裏扉の中の世界で、この二人ってブームになってるんじゃないでしょうか・・・?またはシロ×氷室、リキ×倉持みたいなカップリングに走ってるんでしょうか?(まさかね

>みゆきちゃんと倉持のシーン
あんまりいらなかったですね。
>階段での二人のシーン
に、萌えでした。

>そういう辛い真実をお涙ちょうだい風ではなく、犬達の映像だけで丁寧に描いている所は素晴らしかったです!
>それにしても…リキ…どんだけ演技するの君は…!!

犬たちのドラマのメイキング番組が見たいですよね。
または犬たちの映像メインのスペシャル版とか・・・。

私、気分が盛り上がってせっかく公式ムックを買ったんですが、全シナリオとか木村さんインタビューのページが多く、メイキングや写真が少なくてちょっと残念でした。

by きのこ December 25 [Sun], 2011, 23:19

キノコさんこんばんは!

私は南極大陸はずっと録画してて、先週からやっと観はじめ今日最終回を見終わりました!!
実は、まだ観てない頃に我慢出来ずキノコさんの感想を読んでしまい……

そこで倉持氷室カップルの記述を見てしまったからか、頭の中では敵対する二人のラブストーリーの妄想で一杯に…
一話目から倉持を見つめる氷室さんの視線の熱さにやられてしまいました……
ボツヌーテンで遭難した時に氷室さんが「お前には二度と会いたくなかったのに、ぬけぬけと現れて…」みたいな台詞も、せっかく好きな気持ちを忘れようとしたのに…という心の中セリフが聞こえてました(すみません完全に私の妄想です)
階段での二人のシーンはなんかもうキュンキュンきちゃって大変でした!
「俺も生きてるって信じてるぞ!」
堺さん………素敵
その後のみゆきちゃんと倉持のシーン(待ってて欲しい)より氷室&倉持のシーンの方がキュンと来た私でした
すみません、脱線して!

この南極大陸、7話からが本当に良かったと思います!!
犬好きには辛くて見てられなかったりするシーンばかりでしたが、そういう辛い真実をお涙ちょうだい風ではなく、犬達の映像だけで丁寧に描いている所は素晴らしかったです!
一匹一匹の辛く想像を絶する孤独な最後を見たからこそ、最終回でのタロジロ2匹が朝日の前で立つ姿に鳥肌がたつ程感動できました!
それにしても…リキ…どんだけ演技するの君は…!!
リキの瞳のアップが続いたシーンも、全てが違うシーンに見えるくらい表情があるし、セリフもナレーションもないのに犬のシーンが何より真実を語っているなぁと感じました!
タロジロの幼さを感じさせるあどけない瞳も良かったですよね!
木村さんも本当に良かった!!
7話から最終回まではまだ録画を消せずにいるので、これからも繰り返し観たいと思います

by ツナ December 25 [Sun], 2011, 20:20

きのこさんこんばんわ
記事とは関係ないのですが
お知らせさせてください
先ほどお教えていただいた方からなのですが
来年1月放送の
ドラマ「くろねこルーシー」のことが
チバテレビのホームページに
お写真&ストーリーが出ていました

http://www.chiba-tv.com/030edit/2011-1422-7.html

あと、マグさんのスケジュールを見ましたら
12月25日日曜日
日本テレビ夜21:00〜23:24
「さんま&SMAPクリスマススペシャル」に
山本耕史さん出演されるようです
局長&副長2ショット見れますよ〜。

by ruka339 December 21 [Wed], 2011, 16:20

きのこさんこんにちわ
「南極大陸」最終回
22%になりましたよね!
やはりここは感動シーン満載とゆうことも
あっての記録だと思います

私も本当!本当涙が止まりませんでした
特にリキが昭和基地にたどりつき、
そのまま伏せて見つめるシーン!
リキは今まで犬ぞり犬仲間との
活躍ぶり、そして倉持さんと部屋で遊んだこと
うろ覚えかもしれませんが
リキの家族の子供たちのことを思い出す
そしてリキは心の中で
「倉持さん・・・会いたい・・・会いたいよ・・・」と
そう思いながら一筋の涙を流したんだと
思います
また、倉持さんが昭和基地につくなり、
中を見回ると、倉持さんのダウンジャケットかな?
そのダウンジャケットに犬の毛がついていたのを
見た倉持さんの表情から読み取ると
「あいつら・・・ここにいたのか。俺が帰るのをまっていたのか」と・・・・


倉持さんがそれぞれの犬達の名札と首輪
そして遺体を発見してるシーンで
倉持さん心の中で
「こんな風に犬達の首輪をきつしめなおしをしなければ
皆死なずにすんだのに!」と
とても悔しいそうな表情と自分でしてしまった罪の
深さを知ったのでしょうね


さらに!リキを見つけた時のシーン!
倉持さんリキに
「目え〜あけろよ!まだあったかいじゃねえ〜か!」
必死にうったえかけるあのシーンは
もう〜もう〜涙がボロボロ出ました〜

あと、
タローとジローとの再会シーン
2匹とも倉持さんのところへ
かけよろうとしたところで
2匹ともうなり声をあげて警戒してましたよね
きのこさんがおしゃるとおり、
第1話で倉持さんの手を噛んでるシーンを
思いおこしましたけど、
倉持さん自分の手袋を投げ、
タローとジローが匂いを確認したら
やっと思い出し、倉持さんに
ギュ〜〜〜!!!と抱きしめたシーン
ここでも涙ボロボロ出ました〜〜
*抱きしめた子はタロー?ジローかな?


リキの家族の子供たちからも
リキが亡くなったとゆう知らせが来たシーンで
愛葉ちゃんしっかりとリキが亡くなったことを
つらかったでしょうけど受け入れてくれたんだなあ〜と
思いました。

by ruka339 December 21 [Wed], 2011, 10:35
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:きのこ
読者になる
最新コメント
nemo
» ホームドラマ復活??2017年1月期ドラマ序盤戦 (2017年02月03日)
きのこ
» 2016年連続ドラマmyベストテン発表! (2017年01月31日)
nemo
» 2016年連続ドラマmyベストテン発表! (2017年01月24日)
nemo
» なぜ石田治部少輔はこんなにも嫌われるのか (2016年09月15日)
きのこ
» 2016年夏ドラマひと月め (2016年08月06日)
nemo
» 2016年夏ドラマひと月め (2016年08月04日)
きのこ
» 陛下の思いが実りますように (2016年07月24日)
レーズンパン
» 陛下の思いが実りますように (2016年07月22日)
2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
P R
旧館
としずきん妄想:「新選組!」再鑑賞日記
月別アーカイブ
ブログポリシー
コメント・リンク・トラックバック大歓迎です。過去記事へのコメントにも喜んで飛んでいきます。スパムに関しては予告なく削除させていただくことがありますのでご了解ください。
お友だちのお店です
サンウィッチハウス チーズアンドオリーブ