千字文断章「宝玉」(2016年3月)

March 15 [Tue], 2016, 8:13
今月は「宝玉」です。



背景の写真は、北京土産のサンザシ(山楂)のお菓子です。



資料としたのは、『程甲本紅楼夢』(書目文献出版社、1992年)全6冊です。しかしながら『紅楼夢』は彫り方が粗雑なために、大きさや太さも不揃いで、寄り引きや回転なども多く、印圧が均一ではありませんでした。

そのままスキャンしての修整は不可能だったので、この書体では、まず解体作業からはじめることにしました。柱の一本一本を吟味し、その形状を確立したうえで再構築していくという方法となりました。原資料を参考にしながらも、現在においての使用にも耐えられるように、バランスをとりながら柱を組み立てていきました。





  • URL:https://yaplog.jp/kinkido/archive/88
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:欣喜堂
読者になる
欣喜堂は活字書体設計をおこなっている会社です。日本・中国・欧米の書写と印刷の歴史にはぐくまれた活字書体の開発をめざしています。
2016年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/kinkido/index1_0.rdf