千字文断章「毛晋」(2015年8月)

August 19 [Wed], 2015, 19:31
今月は「毛晋」です。毛晋(1599−1659)は明末・清初の代表的蔵書家であり出版者として知られていて、毛氏汲古閣の出版物は良質のテキストとして広く流通しています。そのうちの『宋名家詞』(1626−1644)の、書写の風格のある明朝体をベースにしました。
この「書写の風格のある」というのがなかなか厄介で、書風をつかめないままに、「なんか違う」と思いながら制作をすすめました。正直言って、まだまだです。さらに筆法・結法・章法を詰めていかなければと思っています。



背景の写真は、史跡旧岡山藩藩学の泮池です。岡山藩藩学は寛文9年(1669年)に岡山藩主池田光政によって開設されました。他藩に先駆けて開かれた最古の藩校です。岡山空襲により泮池と石橋以外は全て焼失し、現在は岡山市立岡山中央中学校となっています。泮池は、中国の学制を基として藩学の孔子廟の前に造られたものです。旧閑谷学校の泮池は長方形ですが、この泮池のように半円形のものは完全に残っているわが国唯一のものだそうです。









  • URL:https://yaplog.jp/kinkido/archive/71
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:欣喜堂
読者になる
欣喜堂は活字書体設計をおこなっている会社です。日本・中国・欧米の書写と印刷の歴史にはぐくまれた活字書体の開発をめざしています。
2015年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/kinkido/index1_0.rdf