書物と活字の懇話会

April 14 [Sat], 2018, 19:11
2018年3月31日(土)、東京芸術劇場のMeeting Room 3で「書物と活字の懇話会」を開催しました。



少人数ならではのゆるい雰囲気で、あっという間の3時間でした。



まず、1986年から1995年まで発行していた個人雑誌「REJOICE!」を20年ぶりに継承した『REJOICE! 2018  typeKIDS—活字は踊る』のお披露目から。昨年の夏に開催されたFONTPLUS DAY セミナーの記録をまとめたものです。手動写植機PAVO-KYで簡易写植文字盤を使って作成した白澤明朝・白澤ゴシック・白澤アンチックのテスト印字を初公開しました。



つぎに、『文字の星屑』(1992年)、『タイプフェイスデザイン』三部作(2000年)、『欣喜堂ふたむかし』(2017年)につづく自家出版物『活字書体から愛をこめて[青春朱夏編]』の初校前段階の全ページ出力物。そこに掲載されている過去から現在に至る様々な書体の見本を見ながらのよもやま話で盛り上がりました。



さらに、これから制作する予定の『活字書体から愛をこめて[白秋玄冬編]』、『活字書体のできるまで』(『タイプフェイスデザインの手引書』から変更)の構想も話しました。



そして、これらの書物に掲載するために必要となる書体制作の計画について。「うえまつ龍爪」「にしき龍爪」、「ひふみ陳起」「こみなみ陳起」「こだいら陳起」、「はるか銘石」など、合成フォントでサイズを調整したテスト印字物を見てもらいました。



とても楽しかったので、いつか第2回をやろうかなと思っているところです。
参加していただいたみなさん、ありがとうございました!


  • URL:https://yaplog.jp/kinkido/archive/131
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:欣喜堂
読者になる
欣喜堂は活字書体設計をおこなっている会社です。日本・中国・欧米の書写と印刷の歴史にはぐくまれた活字書体の開発をめざしています。
2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
https://yaplog.jp/kinkido/index1_0.rdf