川越の明朝体、宇治の明朝体

November 20 [Wed], 2013, 8:11
南京国子監本『南斉書』と和刻本『南斉書』

漢字書体「金陵」のベースにしたのは、南京国子監本『南斉書』である。


●南京国子監本『南斉書』

わが国には、これとは別の『南斉書』がある。日本で覆刻されたので、これを和刻本『南斉書』と言っている。1703年(元禄16年)―1705年(宝永2年)に、川越藩柳澤家が南京国子監本『南斉書』を覆刻したものだそうだ。
 江戸時代には『二十一史』(南監本または北監本)を、返り点をつけたうえで覆刻している。汲古書院から出ている「和刻本正史シリーズ」は、これらの影印である。『和刻本正史 南齊書』(長澤規矩也 編、汲古書院、1984年)もこのシリーズに含まれている。

●和刻本『南齊書』

中国の原本と比べると日本の覆刻はかなり見劣りがする。もともと欣喜堂の「漢字書体二十四史」は中国の刊本のなかから選定しているものである。「金陵」は南京国子監本『南斉書』をベースにしており、和刻本『南斉書』は参考にしていない。
 とは言え、この川越の明朝体(和刻本『南斉書』)が、宇治の明朝体(鉄眼版『一切経』)ほどには知られていないのは、川越近隣の住民としては残念だ。私は川越の明朝体もけっして負けてはいないと思っている。
 いずれにせよ、どちらも中国の刊本の覆刻であることに違いはない。明朝体は中国で発展してきたものであり、中国から輸入されたものなのだ。


楞厳寺版『嘉興蔵』と鉄眼版『一切経』

漢字書体「嘉興」のベースにしたのは、楞厳寺版『嘉興蔵』である。楞厳寺版『嘉興蔵』を、1678年(延宝6年)に覆刻したのが、鉄眼版『一切経』である。鉄眼は、日本に流布している大蔵経がないので、隠元を訪ねて楞厳寺版『嘉興蔵』をもらい受けたという。この鉄眼版『一切経』の版木は萬福寺・宝蔵院に納められており、国の重要文化財に指定されている。


●楞厳寺版『嘉興蔵』(駒沢大学図書館所蔵)

●鉄眼版『一切経』
  • URL:https://yaplog.jp/kinkido/archive/12
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:欣喜堂
読者になる
欣喜堂は活字書体設計をおこなっている会社です。日本・中国・欧米の書写と印刷の歴史にはぐくまれた活字書体の開発をめざしています。
2013年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/kinkido/index1_0.rdf