池袋でPangram

May 13 [Sat], 2017, 10:45
K.E.Sagittarius-Boldは、ヘルマン・ベルトルト(1831−1904)のベルトルド活字鋳造所が1896 年に発表した「アクチデンツ・グロテスク」をベースにして制作しました。この書体は、後に誕生したHelveticaのもとになったとも言われています。
背景の写真は、自由学園明日館です(パングラムとは無関係です)。




K.E.Capricornus-Boldは、碑文彫刻家のエリック・ギル(1882−1940)が1928年にモノタイプ社のために制作した「ギル・サン」をベースにして制作しました。ヒューマニスト・サンセリフに分類されます。
背景の写真は、立教大学モリス館です(パングラムとは無関係です)。




K.E.Aquarius-Boldは、1928年にパウル・レンナー(1878−1948)がバウワー活字鋳造所との共同作業によって制作した「フツーラ」をベースにして制作しました。ジオメトリック・サンセリフに分類されます。
背景の写真は、豊島区立雑司が谷旧宣教師館です(パングラムとは無関係です)。




  • URL:https://yaplog.jp/kinkido/archive/111
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:欣喜堂
読者になる
欣喜堂は活字書体設計をおこなっている会社です。日本・中国・欧米の書写と印刷の歴史にはぐくまれた活字書体の開発をめざしています。
2017年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/kinkido/index1_0.rdf