2019年結果発表★総合★

November 15 [Fri], 2019, 18:00
それでは今回は「着てみたい」部門と「また見てみたい」部門を合計した結果をお知らせします
第十位から一位までの発表です。
総有効票は1,393票でした。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました


第十位 (47票)
同数で3点あります。
37番 メロンクリームソーダ色のお振袖

日本画のような描写の花々が美しいお振袖。
帯は古典的な模様の丸帯を文庫にしています。
帯留めは彩色象牙の桜でした。

30番 万年青の小紋にアールデコの帯

万年青(おもと)の小紋に野菜&アルファベットの帯を締め、普段着なのですが、洒落たコーデに仕上がっています。帯留の黒猫ちゃんも人気でした。


11番 藤の着物にバイオリンや楽譜の帯

藤の着物は淡い色合いなので、洗い張りと染み抜きをして仕立て直してあります。バイオリンと楽譜の帯にまず目がいくコーデですが、帯留が彩色象牙の鳩なのも密かなポイントでした。


第九位 (51票)
32番 光を放つような梅と椿の小紋

こちらは着物の地色の黄色が凍てつく冬に映えそうなトルソーです。梅が綺麗なターコイズブルーで、ありえない色使いをするのがいかにもアンティーク着物らしいです。龍村の帯を締めていますが実は昨年も使われています。ご来場いただいた方は覚えておられるでしょうか?



第八位 (54票)
31番 アール・デコの梅の小紋にお伽話のような小鳥や花の帯

八位、七位、六位は僅か一票差なのです!こちらのトルソーは可愛いのですが大人っぽさもあり、バランスのよいコーデになっていると思います。帯揚げが市松模様なのもポイントでした。



第七位 (55票)
25番 伊予縞に萩の単衣とおとぼけなヒヨ鳥昼夜帯

ヒヨドリのおとぼけっぷりにまず目が行きますが、伊予縞の着物にも入っている赤を随所に効かせたコーデです。帯揚げやグミのような帯留でも赤を追加しました。



第六位 (56票)
40番 ピンク色地に蘭や薔薇と蝶の振袖に薔薇の袋帯

こちらのお振袖は圧巻の可愛さです。薔薇や蘭といった洋花だけでなく、蝶々がいるのがまたポイントが高いのです!こちらの薔薇帯は実は愛好会メンバー内で4本存在しており、変わり結びの時に重宝されています。



第五位 (63票)
21番 朝顔の黒振袖にガチョウ帯

このお振袖は入手時はヨレヨレだったのですが、スーパー和裁士による洗い張りとお仕立て直しを経て見事復活しました。お花の帯を合わせても可愛いのですが、今回は生き物がサブテーマだったので、大変珍しいガチョウの帯をあわせました。



第四位 (67票)
33番 格子に椿の着物と椿と小鳥の刺繍帯

こちらのトルソーは帯と着物の色合わせの妙がポイントでした。また愛好会メンバーの間ではあわせた半襟の可愛さも話題になっていました。実物をご覧になった方、いかがでしたでしょうか。




第三位 (71票)
17番 縞に花菖蒲柄の小紋に波うさぎ柄帯

このコーデは直前に彫金の兎の帯留に変更したのですが、当初はオニキス様の黒石の帯留でした。それはそれで大人っぽくて素敵だとも思うのです。帯留はその時の気分によって最後に変えられる部分ですし、帯留の選択の楽しさもぜひ今後とも注目いただきたいです。



第二位  (127票)
35番  黒地に牡丹や鳥たちの振袖と菊の袋帯

圧巻の迫力のあるこのお振袖は、結婚式で花嫁さんが着るには妖しすぎ、パーティかイベントのために誂えたものであったのではと想像します。色使いに気圧されて妖艶に見えますが柄の描き方は繊細で正統派の日本画を見ているようです。



第一位  (148票)
7番 桜と菜の花と蝶と小鳥の小紋

春を身に纏う様な小紋と桜と藤の刺繍帯のトルソーが第一位でした。帯留は桜にハープがモチーフで、象牙に彩色をしてもらったものです。刺繍半衿も蒲公英や土筆、桜など春満開の嬉しさを表現してみました。

以上で2019年の人気投票結果の発表は終了です



また、一つお知らせがあります。
ヤプログは2020年1月末でサービス終了となります。
従い、このブログも12月末をめどにほかのブログへお引越し予定です。
また、移行後はブログをアーカイブとして残すのみ(新情報はインスタなどほかのSNSへ移行?)になる可能性があります。また詳細決まり次第、こちらのブログにてお知らせいたします。
よろしくお願いします。


アンティーク着物愛好会一同

2019年投票結果発表★また見てみたい部門

November 11 [Mon], 2019, 12:00
お待たせしました!
それでは次は「また見てみたい」部門です。
有効投票総数は692票でした。
今回は一位から発表しますねー


第一位
7番 桜と菜の花と蝶と小鳥の小紋


この部門で94票(13%強)を獲得しました。先日は着物についてコメントしたので帯について少々。
少し桃色がかった桜と藤が緻密に刺繍された帯は、実物を見ていただくとわかるのですが、本当に美しい艶があります。こちらの帯は、実は根津の弥生美術館で行われていた「谷崎潤一郎文学の着物を見る」で展示されていたもので、展覧会に合わせて出版された本に掲載されています。本をお持ちの方は探してみてください




第二位
35番  黒地に牡丹や鳥たちの振袖と菊の袋帯


第一位、第二位は「着てみたい」「また見てみたい」ともに同じトルソーが入りました!「着たい」着物と「見たい」着物は違うことが多いと思っていたのですが、意外にも一致しています。こちらも着物については前回コメントしたので、帯について。着物の雰囲気にあわせた菊の織帯を、羽を二枚取ったお太鼓系の変わり結びにしています。立ち姿も凛として美しいですよね。万年青の刺繍半衿や臙脂の伊達襟も雰囲気があっています。




第三位
40番 ピンク色地に蘭や薔薇と蝶の振袖に薔薇の袋帯

「また見てみたい」には振袖がランクインすることが多いのです。このお振袖は蘭や薔薇といった洋花に加え、蝶がいることでより浪漫チックになっていると思います。薔薇の織帯を大きめのふくら雀に結ぶことでより華やかに。上品なピンク地に真珠のような絞りの帯揚げをあしらい、舞妓さんのようなぽってりした彩色象牙の帯留めを添えていました。




第四位
21番 朝顔の黒振袖にガチョウ帯

こちらはお袖を短く織り込んでいますが元お振袖です。朝顔や鶏頭、秋海棠が描かれています、夏着物の黒はハッとするくらい美しいものが多いのです。合わせたガチョウの刺繍帯は、目にはガラス様のものが入っており、これが少し赤いので血走って見えるという風に話題になっていました。ガチョウというモチーフ自体がすでにあまり見かけることがないのですが、かつ目にこういった手仕事が入っている帯はほんとうにレアだと思います。




第五位
11番 藤の着物にバイオリンや楽譜の帯

白藤の着物は淡い桃色やグレーのぼかしの中で幻想的なたたずまいです。帯には古い時代の縮緬を仕立てた名古屋帯を合わせています(時期ははっきりしませんが、大正より古いものと思います)。バイオリンや楽譜をモチーフとしており、その時代にこういうモチーフが存在し、かつ染められていたことがすでに一つの驚きです。帯留は象牙の鳩を合わせています。




第六位
17番 縞に花菖蒲柄の小紋に波うさぎ柄帯


「着てみたい」部門でもランクインしていたトルソーがこちらにも入りました。目録をお持ちの方は読まれているかもしれませんが、「波うさぎ」の由来は謡曲の「竹生島(ちくぶしま)」にあるそうです。竹生島とは琵琶湖に浮かぶ弁財天で有名な島で、醍醐天皇の時代に宮廷に仕える一行が島へ向かう船から眺めた湖畔の景色を謡った一節「緑樹影沈んで 魚木に登る気色あり 月海上に浮かんでは 兎も波を奔るか 面白の島の景色や」が由来になっているそうです。




さて、では次回は総合部門を発表したいと思います。。6位以下まで発表できるよう準備してみますね

また、次回の「邸宅で見るアンティーク着物展」は2020年9月19日(土)〜22日(祝火)となっております。場所は今回と同じ松聲閣です。皆様のお越しをお待ちしております。


2019年投票結果発表★着てみたい部門

November 09 [Sat], 2019, 20:00
お待たせしました!
今回の「着てみたい」部門の総投票数は701票でした。ご参加くださった皆様、ありがとうございます



それでは「着てみたい部門」から発表します
第六位から順番にいきますー


まず第六位です。
31番 アール・デコの梅の小紋x物語のある帯
ともすれば和風になりがちな梅モチーフをアールデコに昇華させた捻りのある小紋です。地色が抹茶色で落ち着いているのも「着てみたい」と思わせるのではないでしょうか?合わせた帯は物語性を感じさせます。




第五位です。
25番 伊予縞に萩の単衣xおとぼけヒヨドリ帯
今回このおとぼけな鳥さん帯にハマった人が多かったようです。着物は伊予縞に萩の模様で、初秋をイメージしたトルソーです。「帯で遊ぶ」コーデは着やすいと思った方が多かったのかなと思います。



第四位です。
33番 格子に椿の小紋x椿に小鳥の刺繍帯
帯と着物の色のトーンが揃っていて、一緒に誂えたかのようなトルソーです。また帯留の形や色合いも着物や帯にぴったりなのです。刺繍帯のお太鼓には優しい表情の小鳥さんが止まっています。





第三位です。
17番 縞に菖蒲の夏着物x波兎の帯
お太鼓の白い兎がパッと目を引くコーデです。赤や青など強い色を使いながらもすっきりと、かつ少し色気を含んだ夏着物に合わせることで大人っぽいトルソーになりました。帯留は開場直前に兎に替えています(時々あるんです、着付けてから変わること)。






第二位です。
35番 黒地に冬牡丹や鳥たちのお振袖
「着てみたい」部門は気軽に着やすい小紋への投票が多かったのですが、こちらが唯一ランクインしたお振袖です。振袖と言えば華やかで愛らしい柄が多い中で、この少し妖しい雰囲気の振袖はどんな方が誂えたのか。。?想像するのも楽しいですね。




第一位です。
7番 桜と菜の花と小鳥と蝶の小紋
「花リレー」というテーマに相応しい、麗かな春を告げるようなトルソーが選ばれました。地色の水色や淡い黄色の暈しも爽やかな青空を思わせます。着物のモチーフとして菜の花は珍しいのですが、更に小鳥も蝶々も詰め込んだ少し贅沢な着物です。






では次回は「また見てみたい」部門を発表いたします

今回の展示について ウラ話その2

November 08 [Fri], 2019, 18:00
今年の展示のテーマは「花リレー」で、松聲閣を会場としてから初めて、40体のトルソーを展示しました。


会場を少しでも広くするために、これまでと変わった点がもう一つあります(過去に見にきてくれていた方でも気づくかな?という微妙な差なのですが。。)。




こちら↑は今年の写真で、洋室の奥から入り口に向かって撮影したものです。









そしてこちらはいずれも2016年のもの。
実は洋室の入り口は前回まで半分しか開けられず、入り口とパーテーションで仕切った中に椅子やテーブルなどが隠してありました。そのため、洋室の一部のトルソーの写真を撮ると背景にどうしても無機質な白いパーテーションが映り込み、残念だなと思っていたのです。今年はそれを取り除くことに(少々強引ですが)成功いたしましたスペースができた分、余裕やトルソー数の増加にもつながっています。


予算との兼ね合いなので、来年以降も実現できるかわからないのですが(本当に貧乏なので)、少しでも「邸宅で見る」という雰囲気を感じて戴けるよう、改良しています


ただいま人気投票のカウントが完了しており、画像を準備しています。今週末には発表できると思いますので少々お待ちください


ありがとうございました!

November 06 [Wed], 2019, 18:00
邸宅で見るアンティーク着物展 VII 花リレー、先日無事に終了いたしました
まずはご来場くださった皆様、SNS等で応援してくださった皆様、ボランティアで場内スタッフや着付けをしてくださった皆様、すべての方々に心より御礼申し上げます!

今年はお天気に恵まれ、最終的には1,580人を超すご来場者数(目録数)を記録いたしました



お礼とともに、せっかくなので一つこぼれ話を。
今回の展示で変化している、細かい点について書いておきたいと思います。




上の画像が2017年、下の画像は2019年のトルソーです。
2つのトルソーを比べて見ていただくと、
肩回りの着物の模様がよりよく見えるようになっていませんか?
実は毎年の運営費用の中で、レンタルのトルソー代が占める割合はかなりあり、
節約するために洋装トルソーにみんなで補正を付け加えているのですが
(和装トルソーや腕付きのトルソーはお値段が高くて・・)、
今年は肩回りにも補正を加えました!!
ごくごく微妙な差なのですが、毎年こだわってより美しい着姿になるよう改良を重ねています
(今年は補正を加えすぎて、撤収に時間がかかるというデメリットも発生してしまいましたが


会場内で行っておりました人気投票の結果も後日発表いたします。
少々お待ちくださいませ。


また、来年の予定も決まっております。
2020年9月19日(土)〜 2020年9月22日(火祝
会場は同じく松聲閣様となっております。
よろしければ皆様のスケジュールの予定に加えていただけると嬉しいです

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:AKA
読者になる
こんにちは、アンティーク着物愛好会(AKA)です。邸宅で見るアンティーク着物展を毎年開催しています。
ツイッターアカウントは@AkaKimonopatraです❤
2019年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント
アイコン画像姫丸
» 邸宅で見るアンティーク着物展 VII 概要 (2019年10月18日)
アイコン画像AKA
» 目録の特典 (2017年10月26日)
アイコン画像せい
» 目録の特典 (2017年10月26日)
アイコン画像AKA
» 御礼 (2016年09月27日)
アイコン画像ぽん
» 御礼 (2016年09月27日)
アイコン画像Yoko
» 開催御礼 (2015年11月25日)
アイコン画像kimonopatra
» チケットについておさらい (2015年09月18日)
アイコン画像kimonopatra
» チケットについておさらい (2015年09月18日)
アイコン画像みっちゃん
» チケットについておさらい (2015年09月18日)
アイコン画像小牧
» チケットについておさらい (2015年09月18日)
P R
https://yaplog.jp/kimonopatra/index1_0.rdf