ゆかた生地を考える

2006年05月27日(土) 12時41分
アップが遅れていました生地見本。
そしてその生地にまつわるあれこれを、HPに掲載
していますのでどうぞチェックしてみてくださいネ
2006年 キモノ・モダン夏のゆかた

今年のゆかたを製作をする時点で「生地は絶対紬!」と決めていたのですが、あげまきちゃんの手元に業者さんから紬のサンプルが届くまで、紬は紬でもこんなに沢山の種類があるなんて、知りませんでした。

通常紬とは先に染めて生地を織る「先染め」なのですが、今回のゆかたは紬糸を使って織り上げた白地の反物に後染めして仕上げるタイプのものです。

あげまき「どうしようかねぇ、ゆきちゃん。えらい沢山あるし、どれもかわいいよ〜」

ただ単に生地自体がかわいいだけではだめです。
染め上がったあと、柄と調和しているか。
柄のじゃまをせず、むしろ逆によさを引き立たせるものかどうか。

二人で悩んで、候補をしぼって、最後の最後には着物の専門家・
目効きのおばちゃんに(ハイ、うちの母です)見てもらう事に。

そうして最終的に選ばれた布が上写真の「さざ波」
生地が小さくてよく分からないかもしれませんが、
たてにゆるりと紬独特のライン、そしてランダムな「より」
きっと「流れ水玉柄」のよさをひきたててくれるものと

そんな訳で。凹凸感のある手触りと、見た目に涼やかな生地。
完成が楽しみです♪

◇ゆかた詳細はこちらから
ABOUT ME
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:キモノ・モダン*ゆき
読者になる
着物シーンの企画&デザインをしています。 海外から始まったキモノモダン。
10年のアメリカ生活&製作、
帰国後、日本の和風のアトリエでの
活動を経て、2013年リアルショップOPEN

今はアジアの国々を回りながら
海外の息吹を和に取り入れた
デザインの着物やキモノ周りの品を展開しています。
www.kimonomodern.com
(他、全国に9個所のお取り扱い店あり)

ブログではキモノ・モダンの着物や帯がどうやって生まれるか、デザインの過程や新作に向けてのワタシの活動やゆるりプライベートなコトをチョコチョコ書いています。

2013年4月福岡市にリアル店舗OPEN。素敵なスタッフに囲まれて日々楽しく妄想を形にしてみなさんにご提案したいナ、と思いながらお仕事しています。



◆キモノ・モダンHP
www.kimonomodern.com


KIMONO MODERN SHOP 福岡県福岡市中央区今川2-7-52-1F (050)1419-5886 金、土OPEN(不定休) OPEN日はHPのカレンダーでお確かめください。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

異国の地での着物づくり
海外で着物!への道
伝統につなげるというコト
同じ想いをもった人へ
ハンデが個性に変わる時
キッカケをくれた人
こんなのあったらいいナ、を形に


帯留め金具

2010/秋
メンズデニム着物、ハジメました


お知らせメール登録
発売開始のお知らせを
受け取るには、コチラ


-----------------------------
個展・雑誌掲載
-----------------------------


2006年7月 個展
アメリカ・ロサンゼルスにて
Japanese kimono modern

2006年11月 
『Nihon Style Photogapher From kyoto 〜デジカメでかわいいポストカードができる本〜』 掲載

2007年6月 
『大人の和生活』掲載

2007年8月
『きもの』掲載

2009年3月4日発売 
『かんたん可愛い もめんの着物 ~コーディネートとお出かけ案内』~ 君野倫子著 掲載




2010年1月21日発売 
『ごきげん和雑貨123』 君野倫子著 掲載




2010年3月発売 
『お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編

花島ゆき著 掲載

2010年3月発売 new!
『はじめての和のオーダーメイド』

花島ゆき著 掲載

-----------------------------

切らずに作る作り帯
お手持ちの結び難い帯、普段よく使う帯を作り帯びに変身。切らないから元に戻せて安心。
切らずに作る作り帯
作り帯ワークショップ開催情報
メッセージはこちらから

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/kimono/index1_0.rdf