宅島美香

2008年03月15日(土) 2時18分
宅島美香、桃子に「ちょっとでも近づきたい!」



ゴルフ国内女子ツアー第2戦の「アコーディア・ゴルフ レディス」の大会初日。アコーディア契約プロとしてのプレッシャーをはねのけた宅島美香が、トップと2打差の3アンダー、4位タイの好スタートを決めた。


上田桃子、諸見里しのぶと同世代の21歳。05年に日本女子学生を制した宅島だが、06年にプロ入りしてからは未だシード権を獲得出来ずにいる。昨年のQTはファイナルまで進んだが、本来の力を出し切れずに76位に終わり、アディダス今季出場できる試合は限られている。賞金女王を獲得した上田のことは、「本当に凄い!ちょっとでも近づけたら」と、今はまだ雲の上の存在といったところだ。

「QTの時から技術的には何も変わっていません。メンズ当時は何でもマイナス思考で考えていたので、それをプラス思考で考えられるように色々な話をしただけです」と、コーチの橋本大地氏は言う。プーマ片山晋呉の「この世界は自分を信じられなくなったら、弾き出される」という言葉を、2人は真摯に受け止めたという。

一番不安なのは体力だという宅島だが、シーズンオフには地道な筋力トレーニングを積み重ね、「ちょっとずつ(クラブを)振れるようになって、飛距離も伸びています」と、その効果も出始めた。

今季からナイキ国内女子ツアーのトーナメント出場規定に、「直近の試合で3位タイまでに入ったTPD登録者」という項目が加わった。「それを目指してやりたいです!」と、目を輝かせる宅島。橋本コーチは、「これまでは『そんなの私には関係ない』って感じだったけどスニーカー今はそれを聞いて『やったー』って喜べるようになった」と、そんな所にも宅島の精神的な成長を感じ取った。

  • URL:https://yaplog.jp/kimama77987/archive/41
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。