なかよし冬ラブリー

December 19 [Sun], 2010, 20:16


なかよしラブリー発売中です〜。
17日に発売していて、うちにももう届いているはずだったのですが、
なぜか不在届けがポストに入っていたので(おかしい・・・ずっと家にいたのに;)
まだ読めていません。

明日届くように手配したので早く読みたいです〜

妖界ナビ・ルナ、番外編の後編が載っています。
これで本当の最終回ですね。
いろいろと中味の濃いお話になっています。
作画中にいろいろあって、途中で原稿を止めたり、
予定していた旅行をキャンセルしたりしなければならなかったのですが、
この原稿の締め切りには影響出なかったのがせめてもの救いでした。


光の蝶をやりたくて、扉絵のみCGでトーン貼ってます。
最近CGでもトーン貼ってたりしていますが、
実はコミスタなどのトーンのソフトを持っていない・・・というか、正確には
前にデリータのやつを持っていたのですが、使いこなせなくて消去した後に
CDがどこかにいってしまって、使えない状態です;
なんで消去したかなぁそしてなんでなくすかなぁけっこう高かったのに

でも使いこなせなかったので持ってても同じかもしれませんが・・・;

そんなわけでフォトショでやってます。まぁフォトショのみでもけっこうなんとかなるものですな。

なんで蝶なのかというと、原作の新ルナ3巻でルナが蝶の式神を作っていたからです。
本編でやろうとしていたけど、できなかったので扉でのみやってみました。

本誌の最終回と、この番外編が収録される7巻は2月発売予定です!
今ちみちみと進行しています〜お楽しみに!(^^)



※追記で本編の不足部分を自分なりに説明します。
漫画を読んでから読むのをおすすめします〜。ソルくんについてです。


ネタバレはしてないと思うけど、一応白文字で隠してます。隠してあるとすごい事が書いてありそうだけど、そんなに面白い事は書いてないよw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ソルについてはページの都合もあり、描ききれなかったなーという思いがあります。
沙李もそうですが、沙李については原作に深く描写されているので、そちらを読んでくださればいいかな、と思っています。

でも私は漫画の沙李の最後の台詞がソルの名前だった事に沙李の想いを込めたつもりです。

ソルの描ききれなかった部分はその生い立ちで、
彼は「いつ、どこで生まれて、どんな生活を送ってきたのか」って所です。
なのでざっと説明すると、

生まれたのは7年前で、場所は妖界。
妖界なのであちらの世界では数ヶ月前に生まれた事になり、
ソルは数ヶ月で人間の7歳くらいまで急成長している。

つまり成長のペースは人間と同じくらいって事です。
ソルはその間金羅国の王宮で生活してきたのですが、
自分が他の妖怪より成長が早い事は特に気にしていなかったと思うのです。

それは、ソルは月食の儀式に合わせて急成長していると沙李に教え込まれ、それを信じていたからだと思います。

ソルが沙李を慕っているのは、沙李がソルをそうゆう風に作ったというのもあるけど、
ソル個人の意思でもあると信じたいですね。

そのへんの事をページがあればもっとちゃんとやりたかったけど、
やりきれなかったのでここで補足説明します。

まぁ漫画の中でやらなければ何も意味がないのですが、何も言わないよりは・・・と思って。

あ、本誌でやったタイくんの腕のシーンはこの番外編のための振りだったりします。
後から偶然つなげたわけではないのだよ〜でも本当にできるか分からなかったのでできてよかったよかった。

ちなみに「ソル」という名前はイタリア語で「太陽」という意味です。
「ルナ」が同じくイタリア語で「月」なので合わせた感じです。

私はタイくんのタイは太陽のタイだと思っていたので・・・でもこれは池田先生に確認したわけではないので本当の所は分かりませんが(笑)
  • URL:https://yaplog.jp/kikudiary/archive/940
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
なずな
今日やっと読みましたぁああああ!
ソルくんカワユスでs((ちょ
めっちゃいい話すぎて、最後は、「あれっ?なんか印刷ボケてね?・・・あ、涙だった←」とかいう事態に^q^←
最後にあの2人がでてきたのもいいですねー♪超おっきくなってましたよねw
December 25 [Sat], 2010, 21:02
竜堂ルナ
私も、太陽のタイでタイくんだと思ってたww
ソルって太陽て意味なんだあw!
まぁタイくんもソルくんも同一人物みたいなものだよねb^^

最後ルナがタイの事を考えソルのブレスレットでタイの姿になり、とうもんさり を倒すことができてうれしかった・・^^
はじめはタイがでてきてびっくりした^^!
生き返ったのかと思って泣いちゃったよー;
でも、タイは自分の手で長年騙され続けてきた とうもんさり を倒したかったって思ったんだろうね・・
ルナは本当に優しいコだね*
私は菊田先生の絵が大好きです^^!
そして、、妖界ナビ・ルナという漫画がこのさきいつまでも・・どこまでも大好きですっ^^*
お手紙を前に送ったんですけど・・もう読んでくれましたか^^!?
竜堂ルナでコメントをしてます ってかきましたb
本名もかいたので絶対お返事ください^^!
もしくれたら、すごい喜びます*年賀状でかえしてくれるなら・・
ルナとタイ・・すねり、もっけ・・イラスト入りがいいですb

今宵も月に願いをかける

君の幸せが

今もこの世界の どこかに ありますように
December 23 [Thu], 2010, 11:16
前編よりは購入に苦労為無くて、直ぐに読めました(^-^)
妖界の服が更に出て来て、よかったです。沙李の頭飾りから梵字が消えてたのには、細かいなと思いました。
細かいといえば、モブの再登場にも驚かせられました(笑)でも黒髪の方はやっぱり外れだったんですね(苦笑)
チョーカーも原作のに変えたんですね。どうせなら、ベ(ry
そして伏線も素晴らしかったです。何かあるとは思いましたが、あの解答には行き着きませんでしたorz
小角さんが救われて、よかったです。家賃の滞納はたまったもんじゃないんですよ、……多分(おい
そしてサエとまなみの再登場も意表を突かれました。でも、まなみには髪を巻いて欲しかったなぁ……
表紙の蝶やソルにはそんな意味があったのですね! 未だ未だ勉強不足だなぁ……。ソルは妖界で育った? 前編の1p(ry
……後は何も言うまい。
あ、でも最後に一言。最終巻、楽しみにさせて頂きます。沙李も表紙に出られたら、いいなぁ(二言じゃねぇか
December 20 [Mon], 2010, 7:23
ぐおおお〜( ̄□ ̄;)
読みたい…けど7巻までガマンです(>_<)
というわけで7巻楽しみにしています
December 20 [Mon], 2010, 6:33
ソル君のこと詳しくしれて嬉しかったです。

本編もほんとにまじ面白かったです!!
コミックも楽しみです!!
December 19 [Sun], 2010, 22:06
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:菊田みちよ
読者になる
漫画・イラストを描いています。 【小学館】ぷっちぐみでプリパラ連載中。 【ポプラ社】ティンクルセボンスター(1)(2)発売中。
2010年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる